How To Buy
TitleDurationPrice
Irrational -- Dove  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:36
Feelin' Love -- lil soft tennis  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:05
angelnumber -- 玉名ラーメン  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:11
Tokyoite - Val Kilmer (Love Her) -- Karavi RoushiAquadab  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:29
人生最高のSSS (2020 Mix) -- valkneeANTIC  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:37
Labyrinth of Summer (KM Remix) -- NTsKiKM  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:09
よい -- seaketa  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:26
Lucky Guess -- Menace無  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:16
悪夢 -- lIlI  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:18
withoutu (feat. Itaq) -- CVNItaq  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:52
MLC -- S亜TOH  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:20
Ray -- Le Makeup  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:35
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 34:54
Album Info

デジタル・リリースがデフォルトの世代を核にした2020s新世代コンピレーション。JAPANESE INDIE LEFTFIELD最前線12曲が放つクリエイティヴィティが、現在のカオスの先にあるポスト・パンデミックの未来を照らす。

いつか名付けられるかもしれない日本の2020s音楽シーン。『S.D.S』はハイプの通用しないアンダーグラウンドのプロデュース現場に流れる一瞬の<空気>の可視化を試みる。17人のクリエイターと3人の裏方達の手になるセルフ・プロデュース作品12曲を収録し、サブスク/DL/Youtubeで音楽体験をしてきた世代の作品集となる。

『S.D.S』全作品はベッドルーム・ポップというタームを与える必要もないD.I.Y宅録が当たり前のベースで、エレクトロニック・ミュージック、トラップ、インディーポップ、ベースミュージック、EDM/ADMといった音楽言語が交錯。ヒップホップ的表現だが現行ヒップホップのメインストリームから立ち位置がズレたむしろエレクトロニック・ミュージック寄りのチューン、またはその反対、更に説明困難な異形作もあり、評論家を煩わせるような作品だらけだが、このアマルガムこそがリアリティの核心だ。この現象は『S.D.S』のクリエイター達に共通しており、だからこそ誰が今どんな音楽をやっているか個々に耳を傾けることが重要となる。センスとアイデアと心意気に賭ける、日本の現行アンダーグラウンド・シーンにあるクリエイティヴィティの空気、キレたひたむきさ、ふてぶてしい大胆さの裏に音楽を作っている情熱が潜む。

Discography

Dance/Electronica
CVN

トラックメイカー/プロデューサーでAVYSSを主宰するCVNによる約5年ぶりとなるフルアルバム『xeno』からの先行シングル。アルバムはアメリカ・オハイオのレーベル〈Orange Milk〉よりリリースされる。BBBBBBB、DAFTY RORN、π、Milky、RIAが客演で参加。アートワークはホラー/SFのゲームや映画、日本の漫画に影響を受けているデジタルアーティストAlfred Pietroniが制作。ロゴは〈Orange Milk〉のファウンダーの1人であるKeith Rankin(Giant Claw)が手掛けた。

1 track
HipHop/R&B

アンビエント/ミニマル/インディR&B、そしてジャパニーズポップを経由した新型シンガーソングライター/プロデューサーLe Makeup。 豪華客演陣を迎え、2023年2月にリリースしたアルバム「Odorata」に続き、1年3ヶ月ぶりにリリースされるアルバム「予感」。 ループされるギター/ピアノ・トラックに、南大阪での日々の生活、トラウマに向き合った日本語内省フォーク・クラウドラップ/アヴァンフォーク集。 マスタリングは、オノ セイゲン(Saidera Mastering)。

12 tracks
HipHop/R&B

アンビエント/ミニマル/インディR&B、そしてジャパニーズポップを経由した新型シンガーソングライター/プロデューサーLe Makeup。 豪華客演陣を迎え、2023年2月にリリースしたアルバム「Odorata」に続き、1年3ヶ月ぶりにリリースされるアルバム「予感」。 ループされるギター/ピアノ・トラックに、南大阪での日々の生活、トラウマに向き合った日本語内省フォーク・クラウドラップ/アヴァンフォーク集。 マスタリングは、オノ セイゲン(Saidera Mastering)。

12 tracks
HipHop/R&B

アンビエント/ミニマル/インディR&B、そしてジャパニーズポップを経由した新型シンガーソングライター/プロデューサーLe Makeup。 豪華客演陣を迎え、2023年2月にリリースしたアルバム「Odorata」に続き、1年3ヶ月ぶりにリリースされるアルバム「予感」から先行SG「なんで」。マスタリングは、オノ セイゲン(Saidera Mastering)。

1 track
HipHop/R&B

アンビエント/ミニマル/インディR&B、そしてジャパニーズポップを経由した新型シンガーソングライター/プロデューサーLe Makeup。 豪華客演陣を迎え、2023年2月にリリースしたアルバム「Odorata」に続き、1年3ヶ月ぶりにリリースされるアルバム「予感」から先行SG「なんで」。マスタリングは、オノ セイゲン(Saidera Mastering)。

1 track
HipHop/R&B

valkneeの4/10にリリースされた1stアルバムの中から、リード曲「OG」に客演としてKAMIYAを迎えたバージョンをリリース。

1 track
HipHop/R&B

valkneeの4/10にリリースされた1stアルバムの中から、リード曲「OG」に客演としてKAMIYAを迎えたバージョンをリリース。

1 track
Dance/Electronica

2021年10月20日にリリースされたMaika Loubtéのアルバム『Lucid Dreaming』のRemix版『Lucid Dreaming: The Remixes』が、2022年6月15日にデジタルアルバムとしてリリース。参加リミキサーは、Cwondo、Dai Ishio、ermhoi、EXPCTR、Kan Sano、lIlI、LISACHRIS、Primula、Risa Taniguchi、Small Circle of Friends、Sountrive、TiMT、80KIDZ、食品まつり a.k.a foodmanら総勢14名。個性豊かなクリエイター達が自由に楽曲を再構築した。 『Lucid Dreaming』は日本語で”明晰夢”(自分で夢であると自覚しながら見ている夢 のこと)を意味し、夢と現実が1つの物語としてクロスオーバーするようなコンセプトアルバムとなっているが、Remix版では更に深い夢、第二階層から第三階層と夢の深層部分へ深く深く落ちていけるような感覚を楽しめる。

15 tracks
HipHop/R&B

valkneeの1stフルアルバム。自身を「Ordinary(平凡)である」と定義し、等身大の自分・自分達を誇るアティチュードが表現されている。 ダンスミュージックを軸に多様な音楽性を一貫したラップスタイルでまとめ、現在のvalkneeを象徴する作品となった。 プロデュースにはNUU$HI、hirihiri、ピアノ男、SEKITOVA、バイレファンキかけ子、KUROMAKUが参加。

10 tracks
HipHop/R&B

valkneeの1stフルアルバム。自身を「Ordinary(平凡)である」と定義し、等身大の自分・自分達を誇るアティチュードが表現されている。 ダンスミュージックを軸に多様な音楽性を一貫したラップスタイルでまとめ、現在のvalkneeを象徴する作品となった。 プロデュースにはNUU$HI、hirihiri、ピアノ男、SEKITOVA、バイレファンキかけ子、KUROMAKUが参加。

10 tracks
HipHop/R&B

tamanaramen史上初となる爽やかなブレイクビーツにPikamのシグネチャーである囁くような歌声が重なり、溶け出す氷に遠い思い出の光が反射するような心象風景が立ち上がる。10ヶ月ぶりとなる今作では、この一年精力的な活動を続けてきたtamanaramenが新しいゾーンに入ったことを証明している。

1 track
HipHop/R&B

NTsKiの2ndアルバム。フィールド・レコーディングされた自然の音、揺らぎのあるリズムや声、オーガニックなサウンドが暖かく親密でありながら、NTsKi特有のメランコリックな歌声が、どこか懐かしさや古き良き時代の日本歌謡をも思い起こさせる。今作ではアルバム全編を通して、これまでになく日本語詞が多く使用されていることも印象的。昨年最愛の母を亡くし、幼少期から現在に至るまでの幸せな思い出を辿るなかで、母への思いや思い出、愛について紡いだ言葉が歌われた曲たちが収録されている。聴く人それぞれが自身の経験をもって親密さを感じられる、愛をキャプチャーしたアルバムが完成した。

14 tracks
HipHop/R&B

NTsKiの2ndアルバム。フィールド・レコーディングされた自然の音、揺らぎのあるリズムや声、オーガニックなサウンドが暖かく親密でありながら、NTsKi特有のメランコリックな歌声が、どこか懐かしさや古き良き時代の日本歌謡をも思い起こさせる。今作ではアルバム全編を通して、これまでになく日本語詞が多く使用されていることも印象的。昨年最愛の母を亡くし、幼少期から現在に至るまでの幸せな思い出を辿るなかで、母への思いや思い出、愛について紡いだ言葉が歌われた曲たちが収録されている。聴く人それぞれが自身の経験をもって親密さを感じられる、愛をキャプチャーしたアルバムが完成した。

14 tracks
HipHop/R&B

ラッパーのvalknee、masaboyとプロデューサーのhirihiriとのタッグで送るハロウィンチューン。

1 track
HipHop/R&B

ラッパーのvalknee、masaboyとプロデューサーのhirihiriとのタッグで送るハロウィンチューン。

1 track
View More Discography Collapse
Collapse

News

LAUSBUB、新曲が〈札幌国際芸術祭2024〉テーマソングに決定&4都市ツアーゲストも発表

LAUSBUB、新曲が〈札幌国際芸術祭2024〉テーマソングに決定&4都市ツアーゲストも発表

札幌を拠点として活動するニューウェーブ・テクノポップバンドLAUSBUBの新曲”Dancer in the Snow”(発売日未定)が、来年2024年1月20日(土)から開催される〈札幌国際芸術祭2024〉のテーマソングとなることが決定した。 本楽曲は札

〈ボロフェスタ2023〉第4弾でリンダ&マーヤ、浪漫革命、Brown Basket、思い出野郎Aチーム、クリトリック・リス、NaNoMoRaLら17組決定

〈ボロフェスタ2023〉第4弾でリンダ&マーヤ、浪漫革命、Brown Basket、思い出野郎Aチーム、クリトリック・リス、NaNoMoRaLら17組決定

2023年11月3日(金・祝)4日(土)5日(日)京都で行われる音楽フェス〈ボロフェスタ2023〉。 その第4弾出演アーティストが本日発表された。 第4弾では、京都から全国区となった浪漫革命、名盤「Parade」をリリースしたばかりの思い出野郎Aチーム、

〈ボロフェスタ2023〉第3弾で梅田サイファー、ゆっきゅん、Dos Monos 、水曜日のカンパネラ、Superfriends、w.o.d.、ニーハオ!!!!、The Slumbers、ZOOZら19組決定

〈ボロフェスタ2023〉第3弾で梅田サイファー、ゆっきゅん、Dos Monos 、水曜日のカンパネラ、Superfriends、w.o.d.、ニーハオ!!!!、The Slumbers、ZOOZら19組決定

2023年11月3日(金・祝)4日(土)5日(日)京都で行われる音楽フェス〈ボロフェスタ2023〉。 その第3弾出演アーティストが本日発表された。 第3弾では、2024年に日本武道館での単独公演の開催が決定している水曜日のカンパネラ、話題沸騰中、ボロフェ

〈ボロフェスタ2023〉第2弾で怒髪天、サニーデイ、かまってちゃん、ASP、Homecomings、Apes、バンもん、ズーカラデル、PK shampooら豪華出演者決定

〈ボロフェスタ2023〉第2弾で怒髪天、サニーデイ、かまってちゃん、ASP、Homecomings、Apes、バンもん、ズーカラデル、PK shampooら豪華出演者決定

2023年11月3日(金・祝)4日(土)5日(日)京都で行われる音楽フェス〈ボロフェスタ2023〉。 その第2弾出演アーティストが発表された。 今回の第2弾では、結成40周年を目前としている怒髪天、ドキュメンタリー映画が上映中のサニーデイ・サービス、結成

SOCORE FACTORY 9周年記念〈FOREVER YOUNG 2023〉開催

SOCORE FACTORY 9周年記念〈FOREVER YOUNG 2023〉開催

大阪・南堀江から独自の音楽を発信しているライブハウス「SOCORE FACTORY」が9周年を迎えるにあたり、アニバーサリーパーティー〈FOREVER YOUNG 2023〉として2023年6月11日(日)に開催される。 主催メンバーはSOCORE FA

トラックメイカーuku kasai、YUKI最新ALで"tonight"リミックス

トラックメイカーuku kasai、YUKI最新ALで"tonight"リミックス

気鋭のトラックメイカーuku kasaiが、アーティストYUKIの公式リミックス曲"tonight (uku kasai Remix)"を配信リリースした。 uku kasaiは、プロデューサー / シンガー。2020年から現在の名義で音楽活動をスタート

View More News Collapse
りんご音楽祭ウォームアップライブが渋谷で開催決定&16組追加

りんご音楽祭ウォームアップライブが渋谷で開催決定&16組追加

2022年9月23日(金・祝)、24日(土)、25日(日)の3日間に渡り、長野県松本市〈アルプス公園〉にて開催される〈りんご音楽祭2022〉。 本日、新たに16組のアーティストの出演が発表。さらに、8月13日(土)に〈りんご音楽祭ウォームアップライブ v

Kamuiが荘子it、ゆるふわギャング等参加の最新ALリリース決定

Kamuiが荘子it、ゆるふわギャング等参加の最新ALリリース決定

6月には自身のイベント&ワンマンラライヴを2夜連続で渋谷WWWにて開催し大成功を納めたラッパー/プロデューサー・Kamuiがデラックス・アルバム『YC2.5』をワーナーミュージック内レーベル+809から8月よりリリースすることを発表した。 また収録曲から

valknee、ハードなダンス・ミュージックを極めるEP「vs.」をリリース

valknee、ハードなダンス・ミュージックを極めるEP「vs.」をリリース

valknee(バルニー)が、新作EP「vs. 」を2022年7月6日(水)にリリースした。 valkneeは、Base Ball Bear、 んoonといったバンドへの客演や、和田彩花、lyrical schoolの作詞など、ジャンルを越えて活動を行

KamuiとJUN INAGAWAが共同主宰する新感覚パーティ 【感電 -KANDEN-】がContactにて開催

KamuiとJUN INAGAWAが共同主宰する新感覚パーティ 【感電 -KANDEN-】がContactにて開催

クラウドファンディングを300%オーバーで達成し、DXアルバムが待望されるラッパーKamuiと、原案「魔法少女マジカルデストロイヤー」がTVアニメ決定と常に話題の気鋭アーティストJUN INAGAWAが共同主宰となり新たなパーティ【感電 -KANDEN-

valkneeから季節の便り、EP『SPRING2022..u_u..vV』が本日リリース

valkneeから季節の便り、EP『SPRING2022..u_u..vV』が本日リリース

Zoomgalsへの参加やBase Ball Bear・んoonといったバンドへの客演、lyrical schoolへの楽曲提供など、ジャンルを越えて活動を行うラッパー valknee (読み : バルニー) 。 そんな彼女が半年ぶりに自身の楽曲をリリー

第5回〈APPLE VINEGAR -Music Award-〉ノミネート12作品発表

第5回〈APPLE VINEGAR -Music Award-〉ノミネート12作品発表

ASIAN KUNG-FU GENERATION 後藤正文が設立した〈APPLE VINEGAR -Music Award-〉第5回となる2022年のノミネート作品12アルバムを本日2月10日(木)2022年版の特設サイトで発表された。 〈APPLE V

Lil Soft TennisとkZmが新曲「I Feel On You」をリリース

Lil Soft TennisとkZmが新曲「I Feel On You」をリリース

関西発のコレクティブ”HEAVEN”のメンバーとしても活動し、11月に行われたHEAVENの1st Mixtape『AiR』の東阪リリースパーティーを完売させ今勢いに乗っているLil Soft Tennisと、「TEENAGE VIBE」のバイラルヒット

tamanaramenの新曲「The light behind my eyelids」が空間オーディオでリリース、MVも同時公開

tamanaramenの新曲「The light behind my eyelids」が空間オーディオでリリース、MVも同時公開

姉妹オーディオビジュアルユニット・tamanaramenが新曲“The light behind my eyelids”、そのMVを11月17日にリリース。瞼を閉じた時奥にある光、希望の予感。「未来への光」をテーマに、ウィッチ・ハウスからテクノまで自由に

〈ボロフェスタ2021〉第3弾でLIL SOFT TENNIS、PK shampoo、KING BROTHERS、KONCOS出演決定

〈ボロフェスタ2021〉第3弾でLIL SOFT TENNIS、PK shampoo、KING BROTHERS、KONCOS出演決定

2021年10月29日(金)30日(土)31日(日)11月5日(金)6日(土)7日(日)に 京都で開催される〈ボロフェスタ2021 〜20th anniversary〜〉が第3弾出演アーティストを発表した。 今回の第3弾発表では、今年のナノボロフェスタに

3DCGバーチャル音楽ライヴ番組「WONDER WHEEL」にNTsKi、miida、見田村千晴、白キャン他ゲスト出演

3DCGバーチャル音楽ライヴ番組「WONDER WHEEL」にNTsKi、miida、見田村千晴、白キャン他ゲスト出演

YouTube LIVEにて配信中の3DCGバーチャル音楽ライヴ番組「WONDER WHEEL」はサイプレス上野と奥津マリリ(フィロソフィーのダンス)がMCを担当し、毎回ゲストアーティストによる3DCGバーチャルライヴとトークを展開する。 番組は、You

〈ナノボロフェスタ2021〉第1弾で浪漫革命、Cody・Lee(李)、後藤まりこ、YMB、リミエキら25組

〈ナノボロフェスタ2021〉第1弾で浪漫革命、Cody・Lee(李)、後藤まりこ、YMB、リミエキら25組

秋に開催される〈ボロフェスタ〉のプレイベント、〈ナノボロフェスタ2021〉が2021年8月28日(土)、29日(日)に京都KBSホールにて開催される。 その出演アーティスト第1弾が発表された。 今回発表されたのは、浪漫革命、Cody・Lee(李)、Lim

valkneeが30歳の節目を自分で祝福するニューシングル「Sweetie30」をリリース

valkneeが30歳の節目を自分で祝福するニューシングル「Sweetie30」をリリース

valkneeが自身の30歳の誕生日を迎える3月21日にニューシングル「Sweetie30」をリリースした。 「20歳の誕生日より、今の自分のほうが断然好き」 (valknee)と語るように、底抜けの自己愛で自画自賛する自分自身を祝福するために制作した一

〈SPEED〉が主催するシークレット野外レイヴ〈PURE2000〉、最終ラインナップ発表

〈SPEED〉が主催するシークレット野外レイヴ〈PURE2000〉、最終ラインナップ発表

東京を拠点に定期的なパーティーのオーガナイズやレーベル活動を行うアーティスト・コミュニティ〈SPEED〉が、11月14日(土)にオールナイトでの野外レイヴ〈PURE2000〉を開催。 3月の〈MAX SPEED〉以来約半年ぶりとなる有観客のイベントには、

ATFIELD×LIQUIDROOMがタッグ〈ROOMCAMP〉開催決定

ATFIELD×LIQUIDROOMがタッグ〈ROOMCAMP〉開催決定

今年20周年を迎えるロックエージェントATFIELDと、ロックからサブカルチャーまで最新の音楽シーンを発信するライブハウスLIQUIDROOMがタッグを組んで送る新企画 〈ROOMCAMP〉が開催決定。 野外オールナイト・ロックフェス、BAYCAMP (

ラッパーvalkneeが新作EP『Diary』をリリース、収録曲 “Super Kawaii Oshi”のMVも同時公開

ラッパーvalkneeが新作EP『Diary』をリリース、収録曲 “Super Kawaii Oshi”のMVも同時公開

valkneeが、先日リリースされたシングル曲"Super Kawaii Oshi"を含む新作EP『Diary』をリリース。同時に、Super Kawaii OshiのMVも公開された。 コロナの影響で家に篭もりがちな生活の中で製作されたEP『Diary

S亜TOHが今を生き抜くプロジェクト〈2021survive〉より新曲「I'm not」、MVを公開

S亜TOHが今を生き抜くプロジェクト〈2021survive〉より新曲「I'm not」、MVを公開

Lingna(Vo.)とkyazm(Gt.)からなる「亜種」を自称するネオハイパーポップデュオS亜TOH。Lingna、Ken Truths、SALICHANMODEを中心に立ち上げられた今を生き抜くプロジェクト〈2021survive〉より、新曲“I'

valknee、EP『Diary』から「Super Kawaii Oshi」をシングルリリース

valknee、EP『Diary』から「Super Kawaii Oshi」をシングルリリース

valkneeが、9/23(水)リリースのニュー・EP『Diary』に先駆けて「Super Kawaii Oshi」をシングルカットでリリース。 田島ハルコ、なみちえ、 ASOBOiSM、Marukido、あっこゴリラと結成したZoomgalsの楽曲“Z

LIQUIDROOMメッセージTシャツにxiangyuと玉名ラーメンが参加

LIQUIDROOMメッセージTシャツにxiangyuと玉名ラーメンが参加

これまで電気グルーヴ、坂本慎太郎、サカナクション、女王蜂などが参加してきた、LIQUIDROOMとアーティストたちによる新型コロナ・ウィルス影響下のメッセージTシャツ・プロジェクト〈We will meet again〉。 今回は新世代のオリジナルな才能

Collapse

Articles

REVIEWS : 018 ダンス〜エレクトロニック(2021年3月)──佐藤 遥

連載

REVIEWS : 018 ダンス〜エレクトロニック(2021年3月)──佐藤 遥

毎回それぞれのジャンルに特化したライターがこの数ヶ月で「コレ」と思った9作品+αを紹介するコーナー。今回は、OTOTOYが注目するライター、佐藤遥に国内外のダンス・ミュージックの良質な9作品を書いてもらいました。 ''OTOTOY REVIEWS 019'…

OTOTOY各スタッフ+αがそれぞれ選ぶ、2020年の10作品

コラム

OTOTOY各スタッフ+αがそれぞれ選ぶ、2020年の10作品

今年もやってきましたOTOTOYスタッフによる個人チャート。いろいろ大変だった2020年、なにを聴いてOTOTOYを作っていたのか? 今年は新人、梶野に加えてインターン、そしてコントリビューター枠としていろいろと関わっているライター陣の方にも書いてもらいま…

買い逃し厳禁な厳選EP〜シングル20枚──2020年のOTOTOYレコメンド

コラム

買い逃し厳禁な厳選EP〜シングル20枚──2020年のOTOTOYレコメンド

2020年、OTOTOYレコメンド、こちらはEP編と題しまして、シングル〜EP〜ミニ・アルバムなどなど、2020年にリリースされたアルバム以外の作品群から20枚厳選しました。いまやアルバムというフォーマットにとらわれない作品リリースがここ数年、グングン存在…

OTOTOY的、買い逃し厳禁な20枚──2020年レコメンド20

コラム

OTOTOY的、買い逃し厳禁な20枚──2020年レコメンド20

OTOTOYでは今年も邦楽を中心にたくさんの音楽を紹介してきました。そんななかでもキラリと光ったアルバムたちを20枚をレコメンドいたします。まさに買い逃し厳禁な20枚、2020年の作品たちをこちらでお届けいたします。 ''OTOTOYレコメンド2020 …

valknee+ANTIC、ギャル憧れ世代のギャルサーを──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」第31回

連載

valknee+ANTIC、ギャル憧れ世代のギャルサーを──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」第31回

2020年、ギャル文化の再評価の波がキています。しかしコギャル、マンバギャルといった90年代のリバイバルではなく、個性的なファッション・センスと物怖じしないマインドを持つ女性が、“ギャル”として注目を集めているのではないでしょうか。思うにマイノリティが声を…