album jacket
Add the Album to the Cart
TitleDurationPrice
1
Movin' In (Live On Soundstage)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 04:16 N/A
2
The Road (Live On Soundstage)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:17 N/A
3
Poem For The People (Live On Soundstage)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 05:41 N/A
4
In The Country (Live On Soundstage)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 06:41 N/A
5
Wake Up Sunshine (Live On Soundstage)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 02:52 N/A
6
Ballet For A Girl In Buchannon (Make Me Smile) [Live On Soundstage]  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:21 N/A
7
Ballet For A Girl In Buchannon / So Much To Say, So Much To Give / Anxiety's Moment / West Virginia Fantasies / Colour My World / To Be Free / Now More Than Ever (Medley) [Live On Soundstage]  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 09:24 N/A
8
Fancy Colours (Live On Soundstage)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 04:48 N/A
9
Memories of Love (Live On Soundstage)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:12 N/A
10
Better End Soon (Live On Soundstage)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 06:46 N/A
11
Where Do We Go From Here (Live On Soundstage)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 02:49 N/A
12
25 Or 6 To 4 (Live On Soundstage)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 05:49 N/A
Add the Album to INTEREST

Popular albums of same genre

Discography

Rock
シカゴ・ファン感涙のライヴ・コレクション! DISC1.2にはドアーズ、ジミ・ヘンドリックスと共にヘッドライナーを担当した1970年8月28日のワイト島フェスティバルでのパフォーマンスでスーパースターへの階段をかけのぼっているバンドを映し出し、デビュー・アルバムとセカンド・アルバムから楽曲をプレイする彼らの姿をとらえている。 DISC3.4には、50数年にわたる活動から選ばれたライヴ・パフォーマンスが収録。1969年パリの「ぼくらの詩」、「長い夜」、「開放」に始まり、1994年のビッグ・バンド・ツアーからの、「イン・ザ・ムード」、「ドント・ゲット・アラウンド・マッチ・エニモア」等収録。 DVDはその時点までのバンドのキャリアを見事に見渡すことが出来る1977年2月12日に行われたドイツのTV音楽番組、ロッカパラストでライヴを収録。
Rock
「スティル・ラヴ・ミー」(全米シングル・チャート第3位)、「長い夜」のニュー・ヴァージョン(同48位)、「フェイスフル」(同17位)を収録した通算18作目。1986年作品。
Rock
1978年作品。1978年に不慮の事故で他界したテリー・キャスの後任にドニー・デイカスが加入したアルバム。 このアルバムからプロデューサーが、ジェイムズ・ウィリアム・ゲルシオからフィル・ラモーンへとバトン・タッチされている。 時代を反映してディスコ調のナンバーも収録し、全体的にノリのいいアルバム。 「リトル・ミス・ラヴィン」には、人気絶頂にいたビー・ジーズも参加。
Rock
大ヒット曲「君こそすべて」(全米シグル・チャート第3位)、「忘れ得ぬ君に」(同第3位)、「いかした彼女」(同14位)「ステイ・ザ・ナイト」(同第16位)を収録した大ベスト・セラー・アルバム。全米アルバム・チャート4位。ピーター・セテラ在籍最後のアルバム。
Rock
1979年作品 賛否両論を呼び、シカゴ流のディスコ・アルバムとも言われたアルバム。 ディスコ・サウンドを意識してリズムに重点を置いた仕上がりになっている1枚で、洗練されたセンスを披露。 メイナード・ファーガソン、アイアート・モレイラがゲスト参加。
View More Discography Collapse
Collapse