album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
レモネード  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:42
イジワルばかりしないで  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:38
ときどき、わからなくなるの  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:52
モナリザ  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:05
愛のせいで  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:45
WE SHOULD KISS  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:30
なんかムカツク  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 01:35
オニオンスライス  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:35
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 27:42
Album Info

ZOMBIE-CHANGが初の全楽曲バンドセットによる待望の3rdアルバム『PETIT PETIT PETIT』をリリース! メイリンのソロプロジェクト<ZOMBIE-CHANG>が初の全楽曲バンドセットによる3rdアルバム『PETIT PETIT PETIT』をリリース。 今までの楽曲ではトラック、リリック、レコーディングまで全て彼女が手掛けてきたが、今作はアレンジにベース、ドラム、ギターといったサポートメンバーを携え新たなZOMBIE-CHANGサウンドを作り上げた。 メイリン自身も初となる大人も子供も楽しめる曲をテーマに作成された「モナリザ」、新たなアレンジが加わりバンドサウンドへと変貌を遂げた「レモネード」「WE SHOULD KISS」や 存在感のあるリズム隊と彼女独特のボーカルとシンセサイザーが混ざり合う「ときどき、わからなくなるの」、彼女のキャリア初となるギター、ベース、ドラムの3ピースによる「愛のせいで」を含めた全8曲を収録。 ソロプロジェクトでは再現することが出来なかったであろう、彼女のインスピレーションをサポートメンバーと共に音を重ねることによりジャンルに捉われない独自の音楽性と、唯一無二な世界観を放つ今までにない新たなZOMBIE-CHANGの3rdアルバム『PETIT PETIT PETIT』が遂に完成。 ジャケット写真・デザインワークはメイリン本人が全てを担当。 レコーディングでは、エンジニアとしてペトロールズ、never young beachなどを手掛けるhmcの池田洋が担当。

Discography

Pop

ZOMBIE-CHANG “?”プロジェクトを経て遂に4th Album「TAKE ME AWAY FROM TOKYO」をリリース! Meirinのソロプロジェクト<ZOMBIE-CHANG>が4th album『TAKE ME AWAY FROM TOKYO』をリリース。前作の「PETIT PETIT PETIT」のバンドサウンドとは打って変わって、Meirinのバックボーンにある”デジタルサウンド”を全面に、TECHNO-HOUSE-ELECTEOといった彼女の頭の中にある音楽を絞って出た果汁100%ジュースのような、Meirinのここ数年がギュッと詰まったBPM60〜170まで”おいしい”100%フレッシュアルバムとなった。 コロナ渦の緊急事態宣言中に映像作家のRyuichi Onoと共に作り上げた「STAY HOME」、日常の中に佇むコーヒーとタバコ。日々流れるダークでスモーキーな気持ちを表した「CAFFEINE & NICOTINE」、彼女の身体の中から溢れ出るフランス愛。JUSTICE・BREAKBOT 所属レーベル“Ed Banger Records”を彷彿させるフレンチエレクトロ色満載の「JE NE SAIS PAS」、子供から大人まで体を揺らしながらグーチョキパー「ROCK SCISSORS PAPER」、彼女自身が好きなFPS(PUBG, COD)からインスピレーションを受けた「RESPAWN」、誰しもが“夢”と“現実世界”の狭間にある目覚まし時計「SNOOZE」、ー何色にでもなれるし、何色へも変われるー 自分が持っている“色”の大切さを歌った「GOLD TRANCE」、大都会東京の中にある誰もがふとした瞬間に感じる寂しさを表した「TAKE ME AWAY FROM TOKYO」、アジアンテイストが入ったサウンド共に“あいくるしさ”を表現した「GIANT PANDA」、朝昼晩 生活に溢れる愛すべき日常の日々を歌った「美しい愛の日々」を含めた全10曲を収録。

Pop

ZOMBIE-CHANGが初の全楽曲バンドセットによる待望の3rdアルバム『PETIT PETIT PETIT』をリリース! メイリンのソロプロジェクト<ZOMBIE-CHANG>が初の全楽曲バンドセットによる3rdアルバム『PETIT PETIT PETIT』をリリース。 今までの楽曲ではトラック、リリック、レコーディングまで全て彼女が手掛けてきたが、今作はアレンジにベース、ドラム、ギターといったサポートメンバーを携え新たなZOMBIE-CHANGサウンドを作り上げた。 メイリン自身も初となる大人も子供も楽しめる曲をテーマに作成された「モナリザ」、新たなアレンジが加わりバンドサウンドへと変貌を遂げた「レモネード」「WE SHOULD KISS」や 存在感のあるリズム隊と彼女独特のボーカルとシンセサイザーが混ざり合う「ときどき、わからなくなるの」、彼女のキャリア初となるギター、ベース、ドラムの3ピースによる「愛のせいで」を含めた全8曲を収録。 ソロプロジェクトでは再現することが出来なかったであろう、彼女のインスピレーションをサポートメンバーと共に音を重ねることによりジャンルに捉われない独自の音楽性と、唯一無二な世界観を放つ今までにない新たなZOMBIE-CHANGの3rdアルバム『PETIT PETIT PETIT』が遂に完成。 ジャケット写真・デザインワークはメイリン本人が全てを担当。 レコーディングでは、エンジニアとしてペトロールズ、never young beachなどを手掛けるhmcの池田洋が担当。

Pop

モデルとしても活動するメイリンのソロプロジェクト<ZOMBIE-CHANG>(ゾンビーチャング)がレーベルをBAYON PRODUCTIONに移し、1年ぶりとなる2ndアルバムをリリース。トラック、リリック全てを彼女が手掛けたオリジナル6曲にカバー1曲を含む全7曲収録。オリエンタルな音色のシンセサイザーが響くトラックに、キャッチーな歌メロとアンニュイな歌声。80’sニューウェーブ色を感じるテクノポップな「I CAN’T GET TO SLEEP」や、メランコリックな世界に胸を打つ「KOURAKUEN」〜「KABENOMUKOU」、そして1960年代のスタンダード・ポップス「Pretty Little Baby / かわいいベイビー」のカバーも収録。ファッション性の高いルックスに、アイドル性も兼ね備えたキャラクター、そしてジャンルに捉われない独自の音楽性と、無二な世界観を放つ一癖も二癖もある中毒性の高いアルバム『GANG!』が遂に完成。 エンジニアには、プロデュースやレコーディング・エンジニアとして、KOHH、SALU、Y’S、Rykey、般若などを手掛ける“JIGG”がミックスを担当し、彼女の潜在的な才能が開花されたサウンドに仕上がった。また今作のジャケット・アートワークは、THE YELLOW MONKEY、ケツメイシ、二階堂和美、◽︎◽︎◽︎(クチロロ)、clammbonなどのデザインや、RBMATOKYO、PARCOなどの広告アートディレクションを務めるデザインユニットNNNNYのメンバー “いすたえこ”が全てを手掛ける。写真は海外にも活動の場を広げる若手フォトグラファーとして注目の高い“嶌村吉祥丸”が担当。クリエイティブやビジュアル面でも彼女の魅力が充分に伝わる作品になっている。

Pop

先日、テンテンコやブスNY行きたい族と肩を並べてDOMMUNEに出演した際にあの宇川直宏氏が、「激ヤバい! 」と賞したヤバいヤツ。NEW WAVEな音源に、決して美声とは言えないがなんともクセになるヴォイス。彼女の魅力は、容姿や行動含めすべてのアンバランスで成り立っている。と言っても過言ではない! !相変わらずのオマケ価格☆聞いた瞬間、あなたはZOMBIE-CHANG WORLDに染まっていきます。チェキ☆

News

PhewとZOMBIE-CHANGの“DEEP ELECTRO SET”がWALL&WALLで共演

PhewとZOMBIE-CHANGの“DEEP ELECTRO SET”がWALL&WALLで共演

PhewとZOMBIE-CHANGがWALL&WALLで共演を果たす。   「Phew」は、1979年にパンクバンドAunt Sallyのボーカリストとしてデビュー、バンド解散後の1980年からソロ活動を開始。これまでに坂本龍一やコニー・プランク、山本精

ATFIELD×LIQUIDROOMがタッグ〈ROOMCAMP〉開催決定

ATFIELD×LIQUIDROOMがタッグ〈ROOMCAMP〉開催決定

今年20周年を迎えるロックエージェントATFIELDと、ロックからサブカルチャーまで最新の音楽シーンを発信するライブハウスLIQUIDROOMがタッグを組んで送る新企画 〈ROOMCAMP〉が開催決定。 野外オールナイト・ロックフェス、BAYCAMP (

ZOMBIE-CHANG、外出自粛へ向けた新曲"PLEASE STAY HOME"を発表

ZOMBIE-CHANG、外出自粛へ向けた新曲"PLEASE STAY HOME"を発表

ZOMBIE-CHANGのオリジナル楽曲“PLEASE STAY HOME”を使用したショートムービーが公開された。 新型コロナウイルスが猛威を振るう中、不要不急の外出をする人々に対して、ZOMBIE-CHANGからの「お願いだから、家にいてください」と

“未来のHelsinki Lambda Club”がテーマの新曲を本日配信リリース&ライヴ生配信決定

“未来のHelsinki Lambda Club”がテーマの新曲を本日配信リリース&ライヴ生配信決定

Helsinki Lambda Clubが本日3月20日(金)に、新曲“午時葵”を配信限定でリリースした。 前作「Good News Is Bad News」は原点回帰とも言える、ロックンロールリバイバルに影響を受けた初期のヘルシンキが垣間見える作品であ

生配信音楽ライヴ〈ROOF TOP LIVE:TOKYO〉第2弾にGOOD ON THE REEL、第3弾にD.A.N.、Yogee New Waves、ZOMBIE-CHANG決定

生配信音楽ライヴ〈ROOF TOP LIVE:TOKYO〉第2弾にGOOD ON THE REEL、第3弾にD.A.N.、Yogee New Waves、ZOMBIE-CHANG決定

東京都が運営する動画プラットフォーム「東京動画」のコンテンツとして、東京都の魅力を発信する生配信音楽ライヴ〈ROOF TOP LIVE:TOKYO〉。 3回に渡り開催されるライヴの、第2弾アーティストとしてGOOD ON THE REEL、第3弾アーティ

〈SYNCHRONICITY2020〉第5弾に35組。toe、オウガ、D.A.N.、downy、THE NOVEMBERS、tricot、羊文学  and more

〈SYNCHRONICITY2020〉第5弾に35組。toe、オウガ、D.A.N.、downy、THE NOVEMBERS、tricot、羊文学 and more

2020年4月3日(金)〜4月5日(日)に東京・渋谷にて開催の都市型フェスティバル〈SYNCHRONICITY2020 - 15th Anniversary!! -〉。 その第5弾ラインナップが発表となった。 発表されたのは、4月4日(土)、4月5日(日

View More News Collapse
いとうせいこう×s-ken、11/23〈東京ニューソース〉にLicaxxx、TIGER参加決定

いとうせいこう×s-ken、11/23〈東京ニューソース〉にLicaxxx、TIGER参加決定

いとうせいこう×s-ken presents 11/23(土)〈東京NEW SOURCE vol.2〉に、DJにLicaxxx、そしてボーカルTIGER追加出演が決定した。 「東京ソイソース」の21世紀版としてプロデューサーs-ken(エスケン)と、いと

Homecomings × 羊文学 × ZOMBIE-CHANG、3マン開催決定

Homecomings × 羊文学 × ZOMBIE-CHANG、3マン開催決定

Homecomings × 羊文学 × ZOMBIE-CHANGによるスリーマン・ライヴの開催が決定した。 日程は2019年12月13日(金)、会場は愛知・名古屋APOLLO BASEにて。本日よりオフィシャル先行予約の受付がスタートした。  Homec

ZOMBIE-CHANG、初のワンマン公演開催決定

ZOMBIE-CHANG、初のワンマン公演開催決定

メイリンの音楽プロジェクト"ZOMBIE-CHANG"の初となるワンマンショーが、10月28日に開催決定した。 7月にはUKのレーベルより昨年リリースしたアルバムのVinylをリリースし、6月にはフランスのフェスにも出演と、海外での評価も高まる中、国内で

〈東京ニューソースvol.2〉11/23開催決定、ZOMBIE-CHANG,BimBamBoom,xiangyu他が出演

〈東京ニューソースvol.2〉11/23開催決定、ZOMBIE-CHANG,BimBamBoom,xiangyu他が出演

80 年代クラブシーンを牽引したエポックなイベント〈東京ソイソース〉の21世紀版として今年6月に立ち上げられた〈東京ニューソース〉。 プロデューサーs-ken(エスケン)と、いとうせいこうを中心にゲストに町田康を迎え、超満員大盛況のうちに幕を閉じ、次回開

〈BAYCAMP〉第4弾で石野卓球、Rei、ネクライトーキーら17組決定

〈BAYCAMP〉第4弾で石野卓球、Rei、ネクライトーキーら17組決定

ドキドキとロックだけを発信する〈BAYCAMP〉は、今年初の2DAYS開催。その出演アーティスト第4弾が解禁された。 すでに日割り解禁を行なっているが、今回、タイムテーブルを前にヘッドライナーも解禁となった。追加アーティストは17組。 初登場となるのは、

新イベント〈THREEMAN〉に4s4ki、AAAMYYY、ZOMBIE-CHANG出演

新イベント〈THREEMAN〉に4s4ki、AAAMYYY、ZOMBIE-CHANG出演

レーベル“ 術ノ穴 ”や“ SAD15mg ”を運営する「ササクレクト」と「WOMB LIVE」による新イベント〈THREEMAN〉の開催が決定した。 第一回目は、女性アーティストたちによるスリーマンを7月23日(火)渋谷WOMB LIVEにて行われる。

〈加賀温泉郷フェス2019〉第3弾アーティスト発表、さらに前夜祭、アフターパーティー出演アーティスト発表

〈加賀温泉郷フェス2019〉第3弾アーティスト発表、さらに前夜祭、アフターパーティー出演アーティスト発表

7月20日(土)に石川県加賀市山代温泉の旅館、瑠璃光を貸し切りで開催される、今年8回目を迎える〈加賀温泉郷フェス2019〉。 その第3弾アーティストと前夜祭、アフターパーティー出演アーティストが発表された。 第3弾アーティストは以下の14組。 amiin

6月に開催されるフランスのフェス〈ラ・マニフィック・ソサエティ〉に日本人アーティストが多数出演決定

6月に開催されるフランスのフェス〈ラ・マニフィック・ソサエティ〉に日本人アーティストが多数出演決定

フランス・ランス市のシャンパーニュ公園で2019年6月13日~15日に開催されるインターナショナルなフェスティバル、〈La Magnifique Society〉(ラ・マニフィック・ソサエティ)。 前身は2003年から2016年まで行われていたエレクトロ

〈ゴールデンサーキット2019〉GEZAN、クリトリック・リスら出演で2日間にわたり開催

〈ゴールデンサーキット2019〉GEZAN、クリトリック・リスら出演で2日間にわたり開催

沖縄県那覇市にあるライブハウスOutputとG-shelterで開催する沖縄県内、県外のインディペインデントのミュージシャンによるサーキットイベント『ゴールデンサーキット2019』を8月10日、11日の2日間各日2公演で開催される。 本日、出演者が発表と

台湾インディ・シティポップの至宝、4ピースバンドEVERFOR、渋谷でリリース・パーティー開催決定

台湾インディ・シティポップの至宝、4ピースバンドEVERFOR、渋谷でリリース・パーティー開催決定

台湾のインディ・シティポップバンドEVERFORの7インチ『浪漫的中華街』のリリースを記念して、東京でリリース・パーティーを行うことが決定した。 2月20日のリリース以降各所で好評を博している本作は、そのキャッチーさとインディ感の絶妙なバランスで徐々に中

カネコアヤノ、両A面シングル『愛のままを/セゾン』発売決定

カネコアヤノ、両A面シングル『愛のままを/セゾン』発売決定

カネコアヤノが1年ぶりとなる全国流通作品にして、初の両A面シングル『愛のままを/セゾン』を4月17日に、CD、7インチ、配信の3形態で発売する。 CDは2枚組仕様となっており、DISC1には「愛のままを」と「セゾン」の新曲2曲を収録し、DISC2にはライ

リキッドルームの〈NEW YEAR PARTY 2019〉タイムテーブルを最終確認

リキッドルームの〈NEW YEAR PARTY 2019〉タイムテーブルを最終確認

恵比寿liquidroomで行われる年越しライヴ・イベント〈NEW YEAR PARTY 2019〉のタイムテーブルが12月26日より公開されている。 今年はOGRE YOU ASSHOLE、女王蜂、D.A.N.、TeddyLoidなどの豪華アーティスト

2018年、さらなる飛躍を見せたD.A.N.の出演が決定、LIQUIDROOMのカウントダウン第4弾/最終発表アーティスト

2018年、さらなる飛躍を見せたD.A.N.の出演が決定、LIQUIDROOMのカウントダウン第4弾/最終発表アーティスト

全方位なセレクションで話題を呼んでいるLIQUIDROOMカウントダウン・イヴェント、ついにこれが最後のアーティスト発表となる。 今回発表となるのは、D.A.N.。待望の2ndアルバム『Sonatine』をリリースし、アジア~日本ツアーを成功させた彼らの

OGRE YOU ASSHOLEが特別セット披露! リキッド年越しイベント第3弾アクト発表

OGRE YOU ASSHOLEが特別セット披露! リキッド年越しイベント第3弾アクト発表

12月31日、カウントダウン・イベント〈NEW YEAR PARTY 2019〉が恵比寿LIQUIDROOMにて開催。その出演者第3弾が発表された。 今回明らかになったのは、OGRE YOU ASSHOLE、小袋成彬(DJ)、Tempalayのドラマー藤

石野卓球、toe、KEITA SANO、ZOMBIE-CHANGら出演! YEBISU YA PRO presents EXTRAVAGANZA

石野卓球、toe、KEITA SANO、ZOMBIE-CHANGら出演! YEBISU YA PRO presents EXTRAVAGANZA

岡山のヴェニュー〈YEBISU YA PRO〉主催のイベントが〈UNIT / SALOON〉で開催される。 開催日は2月17日(土)。 〈YEBISU YA PRO〉にてレギュラー・イヴェントを行なっている石野卓球がDJで出演する他、toeやKEITA

1年5ヵ月ぶりの〈CULPOOL〉、第4回は視点を変えてくれる新しさ“NEO”をテーマに開催

1年5ヵ月ぶりの〈CULPOOL〉、第4回は視点を変えてくれる新しさ“NEO”をテーマに開催

2月23日(金)にLIQUIDROOMで〈「CULPOOL -wave 04-」NEO〉が開催されることが決定した。 2015年夏に恵比寿リキッドルームを拠点にスタートした“トレンドカルチャーと音楽の中で自由に遊ぶ、特別なパーティ”〈CULPOOL(カル

どついたるねん、BBQライヴ中にメジャー1stシングルの発売をアナウンス

どついたるねん、BBQライヴ中にメジャー1stシングルの発売をアナウンス

どついたるねんが、9月30日(土)にタワーレコード渋谷店の屋上TOWER RECORDS SKY GARDENで〈新曲お披露目!どついたるねんBBQ大会!〉を開催した。 タワーレコード渋谷店屋上TOWER RECORDS SKY GARDENで行なわれた

若者のファッションが生まれる場〈OPEN PARTY 003〉、ゲストはZOMBIE-CHANG

若者のファッションが生まれる場〈OPEN PARTY 003〉、ゲストはZOMBIE-CHANG

6月2日(金)に中目黒solfaで、ファッションやカルチャーを通じてコミュニティーの創造を図る〈OPEN PARTY 003〉が開催。3回目となる今回は若者に絶大なる支持を獲得し、ファッション・モデルとしても活躍する女性アーティスト、ZOMBIE-CHA

Collapse

Articles

OTOTOY的、買い逃し厳禁な20枚──2020年レコメンド20

コラム

OTOTOY的、買い逃し厳禁な20枚──2020年レコメンド20

OTOTOYでは今年も邦楽を中心にたくさんの音楽を紹介してきました。そんななかでもキラリと光ったアルバムたちを20枚をレコメンドいたします。まさに買い逃し厳禁な20枚、2020年の作品たちをこちらでお届けいたします。 ''OTOTOYレコメンド2020 …

ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』

インタヴュー

ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』

モデルとしても活躍しているメイリンのプロジェクト、ZOMBIE-CHANG。80年代のニューウェイヴ・シンセ・ポップを彷彿とさせるローファイ・エレクトロ・サウンドと、脱力ラップ、歌謡曲などなど、声色の表現もゆたかな彼女の歌声がのる……、いやはやなんだかこれ…

80's日本ニューウェイヴの精神を引き継ぐ新鋭アーティスト3組

レヴュー

80's日本ニューウェイヴの精神を引き継ぐ新鋭アーティスト3組

現在20歳の私が数年前、初めてヒカシューと出会ったときの衝撃は大きかった。ポップでひょうきんなサウンドが耳を捉えつつ、どこか冷めた佇まい。歌詞は不可思議で引っかかる。更に「びろびろ」のようなサイケなPV演出、「パイク」のような演劇調、「モデル」PVのクラフ…