TOKYO HEALTH CLUB

HipHop/R&B

プロフィール

"TSUBAME(DJ/BEATMAKER) 、JYAJIE(MC)、DULLBOY(MC)、SIKK-O(MC)からなる多摩美術大学の同級生で結成された 3MC 1DJのHIP HOPグループ。2010年に活動を開始。2013年5月1st Album「プレイ」を自主レーベルOMAKECLUBから発表リード曲""TOKYOGAS""が話題となり、3ヶ月で限定500枚が完売となるカルトヒットを記録。2014年7月 2nd Album「HEALTHY」を自主レーベルOMAKE CLUBから発表。MUSIC MAGAZINE HIP HOP アルバムコーナーにおいて、最高得点を獲得。2015年11月マンハッタンレコードから""CITYGIRL2015""の7inchをリリースし即日完売を記録。2016年自主レーベルOMAKE CLUBからManhattan Records(LEXINGTON)へ移籍し、6月に3rd Album「VIBRATION」をリリース。9月には渋谷WWWでワンマンライブを行い大盛況をおさめる。同月にはWEGOとコラボしTHCが企画をした『WE GOOD TOKYO』が始動。第一弾は""いいね!""を着る「TOKYO CITEE」が発売される。現在さまざまな角度から注目を浴びる存在になってきている。"

ディスコグラフィー

  • 夜を感じるラグジュアリーなジャジートラックに載せ、週末のクラブへ向かう女性達の心情をマイクリレーで描いた本楽曲は、ミニアルバム『MICHITNOSOGU』の中でも人気の1曲。カップリングには、90's〜2000's R&B Classic感溢れるRemixを収録。フィーチャリングにR&Bシンガー嶋野百恵を迎え、よりラグジュアリーでアーバンな仕上がりとなっている。
  • TSUBAME(DJ,Beatmaker)、SIKK-O(MC)、JYAJIE(MC)、DULLBOY(MC)からなる多摩美術大学の同級生で結成されたHIP HOPグループ。2016年自主レーベルからマンハッタンレコードに移籍し心機一転、ネクストレベルに進化を遂げ、様々な角度から注目を浴びるアーティストに成長。3rd アルバム「VIBRATION」のリリース後”彼らならではのカッコイイ(笑)スタイル”に磨きをかけ続けて早1年、、。”現”等身大のTOKYO HEALTH CLUBが露わになったミニアルバム「MICHITONOSOGU」が遂に完成。先行シングル”supermarket”はテレビ東京系『モヤモヤさまぁ〜ず 2』エンディングテーマ(4〜6月O.A.)で、リスナーの期待を裏切らないTHCらしさが滲み出たふんわり余韻漂う心地良〜い楽曲。MVは古屋蔵人氏が監督を務める。他、西海岸アンダーグランドを連想させるど太いヒッホップビートが印象的な表題曲”未知との遭遇”、WEGOとコラボしTHCが総合監修を務める企画『WE GOOD TOKYO』第1弾テーマソング”東京Swingin'”など、計6曲を収録。”ニュータイプ(笑)”が”ニュータイプ”へ進化と変化した!?集大成。
  • 3rdアルバムリリースから約10ヶ月、コミカルヘッズやサブカルガール達から熱い支持を受けるウワサのニュータイプ、TOKYO HEALTH CLUBがついに新曲をリリース。生きていく中で苦悩はあるけど、結局意味のない欲(人間の性)には勝てない日々を彼らの日常目線で描いた楽曲。これからの季節にぴったりな春の余韻漂うヒップホップトラックにも注目。テレビ東京系【モヤモヤさまぁ~ず2】のエンディング曲!
  • やぁ、ファーストアルバム“プレイ”が売り切れちゃって調子に乗っちゃってるTOKYO HEALTH CLUBのニューアルバム“HEALTHY”が出来たよ、リッスン★