歌謡曲からインダストリアル・テクノまで、それがいまのテンテンコ!──メジャー第1弾ハイレゾ配信開始

BiS解散から2年の間、どこの事務所にも所属せずフリーランスで、ソロ活動をしてきたテンテンコ。まさに、さまざまなフィールドで活躍してきた彼女が、ここにきて〈トイズファクトリー〉の新たな事務所部門、MIYA TERRACEに所属することになった。そしてここに〈トイズファクトリー〉移籍、第1弾としてデジタル・シングル「放課後シンパシー」をリリース! アレンジには、illicit tsuboiを迎えたダーティかつパワフル、それでいて歌謡曲的なメロディを押さえたポップな楽曲。そしてカップリングには、TOKYO HEALTH CLUBのTSUBAMEを迎えた堀ちえみのビザールな宇宙音頭系テクノ歌謡「WA・ショイ」をカヴァー。

OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、新たな船出を迎えたテンテンコにインタヴュー。

テンテンコ / 放課後シンパシー

【Track List】
01. 放課後シンパシー
02. WA・ショイ!

【配信形態 / 価格】
左 : ハイレゾ版
24bit/48kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC
単曲 648円(税込) / 324円(税込)

右 : 通常ロスレス・圧縮版
16bit/44.1kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC
単曲 463円(税込) / 257円(税込)


INTERVIEW : テンテンコ

テンテンコ、〈トイズファクトリー〉移籍後、初のシングルとなった「放課後シンパシー」の話である。つまるところメジャー第1弾である。illicit tsuboiをアレンジャーに迎えて送り出された本作は、カチッとポップな構成ながら、しかしそれはダーティなガレージ・ロック・サウンド、さらに電子音の渦が暴れまわる。てか、これDEVO…… あ、DEVOがスレンテン(ダンスホール・レゲエの名曲)のカヴァーしたら? なんて妄言も出てきそうな痛快なサウンドでかっとばしている。2年のフリーなソロを経て、リリースされたメジャー1作目は彼女の自由な創作活動が、まさに身を結んだ楽曲なんじゃないだろうか。っということで、本人に話を訊いてきました。

インタヴュー : 河村祐介
写真 : 作永裕範

BiS解散、2年間のフリーランスを経て

──テンテンコさんはBiS解散の後、他のメンバーのように事務所に入って、どこかのグループに属するという形ではなく、2年間、フリーランスのソロでの活動という感じだったと思うんですけど。解散後のインタヴューなんかを見ると、やっぱり“フリーランスでやる”というのがひとつ大事なところだったと思うんですが。

そうです。私もBiSをやっていて、他のメンバーはわりとその延長線上というか。他の事務所に移られて、他のグループに入ったりとかが多くて。私も実はそういう話もあって、そのつもりだったんですけど。直前になって「ちょっとまてよ……」と、自分と向き合ってみたときに理想のアーティスト像というものが自分のなかにはあって。「やっぱりそれに近づきたい」と思って。私の性格的に、事務所が用意したものに流されて、自分の理想からは離れてしまうんじゃないかと。自分のそういう思いがありながらも、流されちゃうのは嘘つきだし、無責任だなと思って。それで思いとどまったんです。「自分のやりたいことがどこまでできるのかな」と、まずは自分がやりたいことを観てもらいたくて、まずはフリーでひとりでやっていこうと。

──さっき出た、アーティスト活動の理想像って、具体的な目標とか憧れの人とかいますか?

理想像でいうと…… わかりやすく例をあげると戸川純さんとPhewさん、あとは近い歳だと、DODDODOさんとか。ずっとひとつのことを貫いて、ひとつのことを続けているなと思って。それはいちばん難しくて、大事なことなんじゃないかなと。私もそうなりたいなと。

──2年間どうでしたか? 手応えとか。

ソロになったとき、実はなにも用意もせずにいきなり活動はじめたんですよ。BiSのときに曲つくりをしていたかというとほぼゼロで。

──でも、すぐにDJとかやってましたよね。

DJもなんの経験もなく、見よう見まねではじめて。もうやるしかないっていう状態でがむしゃらになんとか頑張って、でも自分的にはすごい満足でした。この2年間は「結構がんばったんじゃないかな、自分」って感じがわりとあって。まわりの人に無茶苦茶助けてもらったという印象もあって。ノイズとかインダストリアル・テクノとか、かっこいいと思って「やりたい!」ってやってみたら、最初のときはアイドルの現場ではさすがに反応ゼロだったこともあるんですけど(笑)。むしろマイナスというか。でもまわりの人に助けられて。例えば非常階段の美川さんとかが、おもしろがってくれて「一緒にユニット組まない?」とか言ってくれたり。最初はアイドルのイベントでやって、誰も反応してくれなくて落ち込んでたんですけど、当時〈BATICA〉のブッキングだった、いまのレーベルの齊藤さんもすごい現場でおもしろがってくれたりとか。Fragmentのkussyさんとかも反応してくれて、そういうみんなが協力してくれてdommuneに出させてもらったりとか。〈ササクレフェス〉も出演させてくれたり。

──場所が変わると出会う人たちもじょじょに変わってくるしね。

そうなんですよ。でもおもしろいのが、前にアイドルの現場とかで、あまり反応がなかったお客さんが〈ササクレフェス〉にもいて、そこでは盛り上がってくれたりしてて。それがすごいうれしくて。おもしろがってくれるまわりの人との出会いによって、自分のやりたいことを自信を持ってやっていいんだっていうのがわかって。

とにかく「自分でやってみる」ということができたのが楽しい2年

──OTOTOYで配信しているものだけでも、フロリダ、サエキけんぞうさんとのハルメンズとかあって、とにかく2年間ですごい多岐にわたる活動をしてますよね。さっきいったようなDJとかライヴの現場はまたちょっと違ったりもするだろうし。例えば普通のバンドなら2年間でアルバム1枚出てればいいというか。

たしかに。でもとにかく「自分でやってみる」ということができたのが楽しい2年だったので、とくにそういうことも考えてなくて。

──いい意味で行き当たりばったりというか。

それはフリーでやってたから、フットワークが軽くできたというのもあると思うんですよね。

──イベントとか、出会った人と思いつきでおもしろいことができるっていうのは結構、フリーランスの2年間で一番良かったこと?

そうですね。

──例えばKiller Bongさんと同じ現場にでてるとか、〈フォレストリミット〉で見かけるとか、dommuneもそうだけど、もともと自分はBiSとか全然知らない人だったから、ちょっとびっくりしたというか。 そういう現場に引き寄せられるっていうのはやっぱり音楽的にそっちも好きなのかなと。さっきインダストリアル・テクノとかの話が出ましたけど、どういう風に音楽を買っているの?

札幌にもともと住んでて、いつも通ってた〈ウィアード・メドル・レコード〉というレコード店があって。いまは実店舗がなくなってネットショップになっているですけど。そこでずっと買ってます。取り寄せてもらったりもして。でもインターネットの影響は大きいですね。SoundCloudとかでチェックして。

──え、じゃあ、取り寄せてって、お店にないものも? もうバイヤーじゃない(笑)。

好きなレーベルで「むっちゃかっこいい」って思うものはフォローして、取り寄せてもらうんですよ(笑)。もちろんお店が普通に入荷している品物も普通にチェックしてますけど。

一番チェックしているレーベルだと〈Trilogy Tapes〉と〈L.I.E.S.〉

──ぱっと好きなレーベルとかで思いつくのは?

いま一番チェックしているレーベルだと〈The Trilogy Tapes〉と〈L.I.E.S.〉。かならず情報をチェックしているのはこのへん。

──おー、もろにいまのインダストリアル・テクノとかロウハウスの発信地だよね。ってことはバリバリ12インチで買っていると。どこがおもしろい?

なんだろう…… 私は音楽性の移り変わりが早いところも好きだし。いまどんどん名前とかがわかってきてて。もともと趣向的に重い音とか、綺麗じゃない音が好きだったりするので。もろにそういう音が見つかるのが、さっきあげたようなレーベルの周辺で。

──このふたつのレーベルってダンス・カルチャーの最深部でトップ・ランカーのレーベルじゃない? やっぱりいま一方の軸足としてDJカルチャーみたいなものって、近くにいたいものって感じ?

触れていたいですね。遊ぶ現場としてもいまいちばん楽しいかも。単純にそういう現場に友だちができたからっていうのもあるんですけど。それ以上に「すげー、かっけええー」って単純に言えるのが楽しくて。大阪の日野(浩志郎 /YPY、goat)さんとかすごい好きで。

──行松陽介くんのDJとかも好きそうだよね。

行松さんもすごいかっこいい。

──そういえば彼らが〈フォレストリミット〉やってるときに見かけたんだ。DJ ソイビーンズのパーティ。なるほど。個人的な趣味の一方はいまそこにあるわけだ。

そうです、そうなんです。

〈トイズファクトリー〉でやることで、道が開けるところもある

──でも今回のシングルはそこをストレートに出したわけでもなくて。テンテンコっていうアーティストの持っているもうひとつのふれ幅というか。もちろん、ツボイさん(illicit tsuboi)さんを起用してあの音像でやるっていうのはまさにいまのインダストリアル趣味が結実してるとは思うけど。こっちはシンガーとしての部分というかさ。

私はそういうクラブ・カルチャーとか、そういう流れも好きなんですけど、歌謡曲もすごい好きなんですよ。そのふたつはどっちがすごいって比べられるものじゃないくらい好きで。どっちもやりたいと思ってて。だから「アイドルをやりたい」って思った時期があったくらいだし。その気持ちは自分で嘘じゃないなと思ってて。今回〈トイズ〉に入るにあたってもそういうところは話してて。歌ものはアレンジとかいろいろ自分ひとりでやるのはやっぱり難しいじゃないですか? そこはレーベルと一緒にやっていきたいなと。

──ポップ・ミュージックとしてちゃんと成立するようなものをレーベルと一緒にやっていくと。でもさっきいったようなインダストリアルとかノイズとかも自由にやらせてもらえるっていうのが、条件というか。

「あの人と一緒に曲を作ってみたい」というのは、ひとりでやっているとやっぱり限界があるじゃないですか。そこは〈トイズファクトリー〉とやると道が開けたという感じがして。

──MIYA TERRACEという〈トイズファクトリー〉の事務所に入ったのは、やっぱりいま〈A&R〉やってる齊藤さんが誘ってという感じだと思うんだけど、彼が〈BATICA〉時代にブッキングやなんかで信頼関係を気づいてたのが大きい?

はい、齊藤さんが〈トイズファクトリー〉に入るっていうのを知る前から、いろいろ企画とかで手伝ってくれたりとかあったんで。自分が「BiSをやっていたよ」ぐらいの情報しかないようなときに、現場で盛り上がらないときも、いろいろ言ってくれたから信用できるのかなと。

3時間雑談して30分で録って、また2時間雑談して終わって、次の日、高熱

──シングルをツボイさんにアレンジをお願いしようと思ったのは?

もともと私が元のベーシックなネタを作って、あとは歌謡曲的なメロディもというところで、D.N.A.INSTRUMENTALさんという作家さんにお願いして、それをツボイさんがアレンジするという。音に関しては、綺麗じゃない感じ、普段私が作ってる音みたいな感じにしたいなと、あまりメジャーっぽい感じじゃなくて作りたいなと。

──キラキラしたストレートなポップスじゃなくてね。サウンドとしては、さっきのインダストリアル好きみたいな感触の延長線にあるような。でもそれでいて、ポップスとして成立するみたいな。

それをレーベルの方々と話して「元の音自体はいいから、それを残しつつ、いいアレンジをできる人を探そう」っていうところで、一番最初に出たのがツボイさんだったんです。

──ツボイさんとの作業はどうでしたか?

思ったよりも自分が作った音を残してくれて、それでいてすごくかっこよくしてくれて。自分が作ってきた、電子音のベースラインみたいなやつとか。

──あのレゲエのスレンテンみたいな、ちょっとだけ音が変えてある。

スレンテンをちょっと真似しました(笑)。

──スレンテン・オマージュは意図的なんだ(笑)。

それでギターはKashifさん(Pan Pacific Playa所属、スチャダラパー、一十三十一、(((さらうんど)))などのライヴや作品に参加するギタリスト)がいれてくれて。カシーフさんのギターは現場で見ててかっこよくて、自分の希望でもあって。

──ツボイさんとのやりとりみたいなのは?

音を渡して、できたものにお願いしたりとかはやって。最終的に自分でOP-1(シンセ)を重ねていて。それはツボイさんのスタジオに行って録ったんですけど。そのときは3時間雑談して、30分で録って、あと2時間また雑談して、終わり。そしたら、次の日、高熱出して。

──すごい、いろんな意味でツボイ・マジックにあてられたんだ(笑)。

ひさびさに熱出したんですよ(笑)。

──カップリングはカヴァーで、堀ちえみさんの楽曲で。こっちはツボイさんは絡んでないんですよね。

こっちは、TOKYO HEALTH CLUBっていうヒップホップ・グループのTSUBAMEさんにアレンジをお願いしてて。

──まさに歌謡曲好きサイドのテンテンコさんの趣向ですよね。

いつかは歌いたいって思うぐらい本当に好きで。TSUBAMEさんがすごいいい感じにアレンジしてくれて。

──ということはタイトル・トラックだけが今回、作詞を自分でやっているということですよね?

学校の曲を作ろうというのが最初にあって。自分がかわいいと思う女の子を書こうと思って。でもそれはちょっとストーカーっぽかったりとか。そういう子をモチーフに書いてみようと。テンション高めのストーカーの子の曲です。C-C-Bの歌詞とか勉強して書きました。

──表記とかそうっすね(笑)。

あまり世に出てないから知られてないんですが、実は元ネタ的なものがあって。ソロになってから、あるときの決めたことで「1ヶ月に1枚はCDRをリリースする」というのがあるんですよ。だからそれ用にめっちゃ書いてる曲があって。実は微妙に「放課後シンパシー」も、その前に出した楽曲のなかに元ネタになるようなところもあって…… でも持ってる人はすごい少ないです(笑)。

──それはレアですな(笑)。いろいろとまとめると、今回のシングル、サウンドの観点からも、そういうネタ元、人の出会いも含めて、ある意味で〈トイズファクトリー〉から出すというのも、実は本人の2年間のソロ活動の集大成だよね。

まさにそうですね。

「アイドル」だって言われる分には別に嫌じゃない

──アルバムも今後は作っていくと思うんですけど、活動としては、さっきのアンダーグラウンドなサウンドとかDJと、もっと歌謡曲とかポップス、このふたつの間というか、このふたつの軸足があって、どちらもってことですよね?

そうです、そうです。

──いま現在で、アイドルって紹介されることはどう思う? やっぱり元BiSって言われることが圧倒的に多いじゃないですか。

でも、私はそういうのは別に嫌じゃなくて。言われる分にはそこまで気にしてない。もう自分では「アイドルです」とは言わないんですけど、そういう風に思われたり、言われるのは嫌じゃないというか。私のファンの人でも「アイドルじゃない」って見ている人もいるし、「アイドルだ」って見ている人もいる。どっちもおもしろいなと思っていて(笑)。

──自分の活動をより広くしってもらえるなら、入り口が「アイドル」でもいいってことですよね。

そうですね。

──アルバムの予定とかはどうでしょうか?

一応、目標は配信ではなくてフィジカルで年内にEPを出して、来年、アルバム出せたらいいなと思ってます。

RECOMMEND

滝沢朋恵 / a b c b(アベコベ) (24bit/44.1kHz)

テンテンコとともに、フィールド・レコーディング〜インダストリアル音響系ユニット、フロリダを組む、滝沢朋恵のソロ作品。こちらは丁寧に紡がれるアコースティック・ギター・サウンドを基調とし、彼女のもの寂しい声によって不思議な世界観の歌詞を展開している。インタヴューはコチラのページに

Florian Kupfer / Unfinished(24bit/44.1kHz)

文中でテンテンコがフェイヴァリットにあげている、NYのロウ・ハウス〜アヴァン・エレクトロニクスの最新鋭レーベル〈L.I.E.S.〉からもリリースする、ベルリンのテクノ・あアーティストの作品。ゴリとひややかな、ヘヴィー・インダストリアル・テクノ。

DJ NOBU / Nuit Noire

〈L.I.E.S.〉や〈The Trilogy Tapes〉に象徴される、アヴァン・エレクトロ二クス〜ロウハウス〜インダストリアルの文脈をDJプレイとして高次元に表現した1枚。最近の、そのDJも、海外からの高い評価もうなづける内容。

PROFILE

テンテンコ

1990年8月27日生まれ。北海道出身。身長142cm。18歳で進学と共に上京し、大学で民俗学を専攻、色々思う事が有り、2013年にBiSにオーディションを経て加入。2014年BiS解散と共に特定の事務所との契約を結ばず完全フリーランスとして活動。2016年よりトイズファクトリー/MIYA TERRACEとマネージメント契約。シングル「good by good girl」のリリース、非常階段美川氏とのノイズユニット、MikaTen結成、またDJとして全国各地を巡り、DOMUNEにて5時間DJの決行など…… 多彩な活動を行っている。まさに…… 「90年代からの日本の"インディー霊"を全て背負っているといっても過言ではない、ヴァリエーションに富んだアヴァンギャルド表現者」オーバグランドとアンダーグランドを自由に行き来し、型にはまらない聖域なき活動を行っている。現在は「歌」「LIVE」「DJ」「ノイズ演奏家」「執筆」「タレント」活動に加え、テレビや雑誌等に活動の幅を広げ、2016年はリリース面でも充実した一年が期待されている。

>>テンテンコ アーティスト・ページ

o

 
 

インタヴュー

ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る
[CLOSEUP]・2017年11月13日・ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風が吹く? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る 湘南在住、ザ・ビートルズ、オアシス、ザ・フーなどの英国音楽をはじめ、ザ・コレクターズなどのモッズ・ミュージックの影響も感じさせる4人組バンド・Layne。9月に先行リリースした7インチをきっかけに早耳リスナーの中で話題を呼んだLayneが、満を持して〈Youth Records〉から1stアルバム『Be The One』をリリース! 狂おしいほどのロックンロール・サウンド満載の10曲が収録されています! andymoriなどを輩出した〈Youth Records〉からの、新たな才能の誕生に、絶対に立ち会うべきです! このインタヴューを読めば、Layneがどんなバンドなのか丸わかり! ぜひアルバムとともにお楽しみください。 ニッポンの音楽をアップデートする、記念すべき1stアルバム! Layne / Be The One'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. ステ
by ?
世界を旅した音楽家・谷澤智文、長編3部作の第2部完成! 第1部とともに独占ハイレゾ配信開始 & 自宅兼スタジオ、農園に潜入!
[FEATURE]・2017年11月11日・音楽と農業のあるライフスタイル──谷澤智文の農園、自宅兼スタジオに潜入! 最新作の独占ハイレゾ配信も! かつてはメジャー・レーベルに所属し、アニメの主題歌なども手がけていた音楽家・谷澤智文。東日本大震災を経たことで彼の価値観は大きく変わり、2012年に彼は今までの活動をなげうって世界放浪の旅に出た。帰国後は生活のサイクルを変え、現在は東京を離れて埼玉県加須市にて新たな生活をしながら音楽活動を続けている。昨年2016年にはアコースティック宇宙奏楽長編3部作「”ぼくらはみんな”シリーズ」と銘打った第1作目『ぼくらはみんなスペーシー(We Are All Spacy)』をリリース。そしてこの度、制作期間1年半の時を経て第2部となる『ぼくらはみんなエイリアン(We Are All Alien)』が遂に完成した。 自身の演奏に加え、これまでの活動や旅で出会った仲間たちのサポートによって産まれた今作は、壮大な世界観と細部までこだわり抜かれた彼の美学が込められた渾身の1作。アートワークは前作に引き続き、気鋭の漫画家・panpanyaが担当、アルバム特設サイトには詩人・谷川俊太郎からのコメントも寄せられているので、
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第3弾
・2017年11月11日・ATAK過去作配信第3弾、今回は渋谷慶一郎の1stソロ、そして渋谷の原点となったアーティストの作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第3弾は、2004年リリースの渋谷慶一郎の1stソロ・アルバム『ATAK000』にボーナス・トラックが2曲加わった、2011年の『ATAK000+』。そして渋谷慶一郎が音楽の道を志すきっかけとなった、実験音楽の巨星、高橋悠治の関連作2作。『ATAK002』での共演から親交をさらに深め、〈ATAK〉からのリリースとなった、高橋悠治のソロ作で、電子音楽作品によるフル・アルバムとしては12年ぶりとなった『ATAK006』。そして、こうした交流が渋谷慶一郎とmaria、そして高橋悠治との共演ライヴへと結実、凄まじい緊迫感の中繰り広げられたこのライヴのドキュメントとなった『ATAK007』の3作品だ。インタヴュー : 八木皓平 ミニマリズムは結構強力な乗り越える対象としてあって ──いま、パ
by 八木 皓平
大西順子、バラッド集&ピアノ・トリオ新作を先行ハイレゾ配信スタート
・2017年11月10日・大西順子、待望の8年ぶりのレギュラー・トリオと、初のバラッド集をリリース──先行ハイレゾ配信 2度の活動休止(2012年には引退宣言も)からの復活を遂げ、昨年は菊地成孔プロデュースによるニュー・アルバム「Tea Times」をリリース「Tea Times」をリリースするなど、ここにきてまた活動を活発化させているジャズ・ピアニスト、大西順子。そんな活動の勢いを象徴するように2枚のアルバムを同時にリリースする。まずはファン待望、8年ぶりとなる待望のピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして彼女が10年以上、そのアイディアを温め続けてきたという初のバラッド集『Very Special』の2枚だ。OTOTOYではこの2作を、11月15日のCDリリースを前に、24bit/96kHzのハイレゾ音源データにて、先行配信開始いたします。さらには本作を巡るインタヴュー敢行。『Jazz The New Chapter』監修のジャズ評論家、柳樂光隆によるインタヴューを掲載いたします。また次週には同インタヴューの後編として、往年の名ジャズ・ピアニストに関して、柳樂が大西に問う特別企画も掲載予定です。そちらもお
10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月08日・10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 PLAGUES、PEALOUT、ZEPPET STOREといった90年代中盤以降のギター・ロック・シーンを担ってきたメンバーを中心にHisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)が加わり2007年に結成されたドリーム・バンド、GHEEE(ギー)。個人やその他のバンドでの活動と共に4枚のアルバムを発表しつつ、今年で結成を10周年を迎えた彼らですが、この度5枚目のアルバムとなる『CINQ(サンク)』を完成! OTOTOYでは今作をハイレゾ独占配信すると共に、フロントマンである近藤智洋と深沼元昭へのインタヴューを掲載。10年の歩みを感じる、今までのアーティスト写真やライヴ写真と共にお楽しみください! 結成10年目のアニヴァーサリー作!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!GHEEE / CINQ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3,780円(税込)【収録曲】''01.
H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント──メンバーへのメール・インタヴュー!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・キラキラとワクワクが空から降ってくる!!! H ZETTRIOから全音楽ファンに送る最高のクリスマス・プレゼント ルックスと人柄の良さ、人並み外れた演奏力で子供から大人まで幅広い層から支持を集め、人気沸騰中のピアノ・トリオ、H ZETTRIO(エイチ・ゼットリオ)。着々と年末へのカウントダウンもはじまりつつある11月8日に、聴くとたちまち笑顔が溢れ、踊れる、そんなアレンジをほどこしたクリスマス・アルバム『H ZETTRIOのChristmas Songs』をリリース。誰もが耳にしたことのある定番曲の数々をカヴァー、さらにオリジナル楽曲も2曲収録された贅沢この上ない1枚に仕上がっている。OTOTOYでは今作のハイレゾ配信を実施するとともに、キラキラときめくクリスマスへの思いを馳せる、新定番のアルバムについて訊いた、メンバーへのメール・インタヴューを掲載します! 笑って踊れるウィンター・アルバム!! H ZETTRIOのChristmas Songs / H ZETTRIO'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 432円(税込) /
by 岡本 貴之
いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズって?!
[CLOSEUP]・2017年11月08日・いま聴くべきはこいつらだ!! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”を謳うバレーボウイズってナニモノ?! “合唱系ノスタルジック青春歌謡オーケストラ”…… というキャッチコピーとともに7人全員がマイクをとって歌い、昭和歌謡もアイドル・サウンドもフォークもロックもパンクも飲み込んだ“ナツカシイサウンズ”を展開する京都のバンド「バレーボウイズ」。もう、これ、あなたの心を鷲掴みにすること間違いなしです! まずはOTOTOY大プッシュということで、とにかく聴いて欲しいのです。なのでフリー音源「真夜中のレコォド」を用意しました、まずは聴いてください! しかも、そんな彼らの1stをハイレゾで配信しているのはOTOTOYだけ。 ということで、興奮してなにがなんだかわからないかもしれませんが、とにかく聴いて欲しい一心でインタヴューも掲載します。「ひとりバレーボウイズ」としてソロ活動もしているネギ(guitar / vo)に登場してもらいました。先日開催された〈ボロフェスタ2017〉で撮影されたライヴ写真とともにぜひ。 まずはこれをダウンロード!!! 収録曲「真夜中のレコォド」期間限定で無料で配信中! バレーボウ
by JJ
東京のハードコア・パンク・バンド、V/ACATIONが新体制初となる音源を先行配信 & インタヴュー掲載!
[CLOSEUP]・2017年10月26日・自分たちだけで完結しない「+何か」──東京のハードコア・バンド“V/ACATION”、新体制初音源をリリース! 東京のハードコア・パンク・バンド、V/ACATIONが2年ぶりとなる音源『Your Name Here』をドロップ。2010年に〈Less Than TV〉より1stアルバム『with vacation』、2015年に自主でカセットテープ『Vacant or Action』をリリースしてきた彼らですが、その間に2度のメンバー・チェンジを経て現在はメロディック・パンク・バンド、Shipyardsでギター / ヴォーカルを務める篠沢がベースで加入し、今作はその体制で初となる音源。リリースは彼らとも古くから親交があり、海外バンドの招聘なども手がける〈imakinn records〉。OTOTOYでは11月に7インチで発売予定の今作を発売に先駆けて配信開始するとともに、メンバー・チェンジなどを経た今のV/ACATIONに話を訊いた。 11月のリリースに先駆け、先行配信開始!!V/ACATION / Your Name Here'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) /