夏の夕暮れどきを彩る、郷愁のバレアリック・チューン――Language、ニュー・シングルをハイレゾ独占先行配信

真夏の真昼の狂おしいまでの喧噪、そしてその熱狂をどこか懐かしむような夕暮れ時のメランコリックなチルアウト。ふたつの時、それぞれを楽しむ、それぞれの音楽というものがある。そう、夏には、ふたつの音楽の楽しみがある。Languageの新作『Nagi』は、まさしく今夏、後者のフィーリングにすばらしく機能すること、それは間違いないだろう。美しきチルアウトなメランコリック・ポップとでも言おうか、まさに夏の夕暮れときを彩る、サウダージな作品だ。

3ヶ月連続の通称”RGBシリーズ“シングルに続いて、矢継ぎ早にリリースを続けるLanguage。まさにリリース・ラッシュな彼らだが、ここにきて、早くもシングル『Nagi』をリリースする。メランコリックな空気感が広がっていく、郷愁のバレアリック・ポストロック・チューン。OTOTOYでは、本作のハイレゾ・ヴァージョンを独占先行配信。今夏必携のサウンドは、いまここでしか買えない。

Language / Nagi(24bit/48kHz)

【配信フォーマット / 価格】
wav / alac / flac : 単曲240円 まとめ購入499円

【Track List】
01. Nagi
02. Free

INTERVIEW : Language

テクノやハウスといったエレクトロニック・ミュージックの要素と、ポストロック的なバンド・サウンドを結び合わせた、ある種の上質なポップ・ミュージックを生み出しているユニット、Language。ローファイ的な電子音とバンド・サウンドの、バレアリック・ムードを押し進めた昨年のアルバム『magure』に続いて、今夏、前述のように3枚の「エレクトロ・ポップ」をフィーチャーしたコンセプチャルなシングル・シリーズ“RGB”をリリースしたばかりだが、早くもニュー・シングル『Nagi』をリリースする。

本作「Nagi」は、“RGB”よりも『magure』の路線を継承したもので、ポストロック的なバンド・サウンドの要素が強いものだ。そして特筆すべきは、珍しくそのヴォーカルをYosuke Kakegawaが務めている。伸びやかな、KAORIのヴァーカルと違ったその抑制の効いた歌声は、メランコリックな楽曲とともにサウダージな質感を増している。その空気感は、”喧噪の夏”が一歩退く、夕暮れ時が似合う、そんな感覚のものだ。

さて、本作、そしてここ最近のリリース・ラッシュに関して、メンバーたち――国内外でDJ、プロデューサー、シンガーなどで、それぞれ活躍している、DJ SynthesizerことYosuke KakegawaとNaoyuki Honzawa、KAORIに話を訊いた。

インタビュー&文 : 河村祐介

左から、Yosuke Kakegawa、KAORI、Naoyuki Honzawa

——Languageは、昨年のアルバム『magure』以降約1年ほどで、リミックス盤、そしてRGB3部作シリーズと本作、じつはすごいリリース・ラッシュというイメージがあるんですが。

Yosuke Kakegawa(以下、Kakegawa) : それはたぶん(制作とリリースの)“時差”が関係してるんだと思います。というのも、実際には2年ぐらい前から、Language自体、多作なサイクルになっている気がするんですが、去年出たアルバム『magure』が全曲映像付きだったことで、曲を作ってからリリースするまでに1年近くの時間を使ったんです。そういったところで『magure』をリリースするころにはすでに次に発表したい作品のイメージができあがっていました。その後のリリースは今のところ全作デジタルのみなので、比較的速いペースで出すことができた、というかんじです。

——デジタルでシングルを連続してリリースするおもしろさに目覚めたとかはありますか?

Naoyuki Honzawa(以下、Honzawa) : そうですね。アルバムだとどうしても作品の全体像を意識したり、曲想の配分を考えたりしますけど、シングルはその点シンプルで自由度が高いので。しかもデジタル・リリースだと、曲が完成したらたいして時間を置かずに発表できるのが魅力です。「こんな曲作ったんですけどどうですか?」みたいな感じで。

——では、そろそろ本題の『Nagi』について。本作『Nagi』の曲はどちらかと言うと、ランゲージのポストロック・サイドが大きく表に出ている作品の気がしますがいかがでしょうか?

Honzawa : そう思います。ドラムもライヴ・メンバーの小林くんに声をかけて生を録音しました。

——わりとパワフルでエネルギッシュだった『magure』に比べて、夏の終わりというか郷愁がすごいですよね? これはなにかあったんですか?

Kakegawa : なにもないです (笑)。でも、作ったのわりと最近だし、たしかに夏は反映されてます。ただ、イケイケの夏よりもメランコリックな“夏”や“悲しき熱帯”のほうに惹かれる性分なんだと思います。前回やそれ以前のいくつかの曲にもその傾向はありますね。

——「Nagi」というのは具体的にどんなイメージがあって作ったのでしょうか?

Kakegawa : 無風状態の凪のことです。時間が止まってしまったようなスタティックな風景、という視覚的なイメージが以前から頭の中にあって。この曲の歌詞を書いてるときに、ふと、数年前に知った杉本博司さんの「海景」という写真のシリーズを思い出したんです。世界中のいろいろな場所の海と空を写したその一連の作品は、被写体が海と空だけなので、どこそこの風景っていう場所性が無意味になっていて、しかも海と空という何十億年も前からあり続けた風景が今もまだ眼前にあるっていう時間感覚の無風状態が写ってる。その写真を観たときにぐっときた体験がよみがえり……みたいないきさつになります、大まじめに言うと (笑)。

——この曲のヴォーカルってKAORIさん? ではないですよね……。

KAORI : ギターの人(Kakegawa)です (笑)。当初はわたしが歌う予定だったんですが、いろいろ試した結果、こうなりました。デモの段階で入ってた彼の仮ボーカルが、わたしも含めて、みんなのイメージに近かったので。

——「Free」に関しては、どんなテーマの曲なのでしょうか?

Honzawa : 曲に関しては、フル・ヴォーカルのいわゆる歌ものではなくて、余白の多い、ゆったりとしたタイム感とKAORIちゃんのミニマムで伸びやかな歌の取り合わせを生かしたいという。

KAORI : 歌詞は、単調でストイックなイメージの曲調に対してメロウなものを載せたいと思いました。夏の世界に浮かされた様な雰囲気が出せたらいいなと思って書いたんですが、結果的にはLanguageではあまりやらないラヴ・ソング的な内容になりました。

——ジャケットのイメージに関して、コンセプトがあればお教えください。

KAORI : 味わい深い風景画を描くイラストレーター、出雲あす香さん(メガナイ)にタイトルを告げて、海と空の絵を描いてくださいってお願いしました。想像以上に凪いでて、いいかんじだと思います。

今作『Nagi』のジャケット

——RGBのシングル・シリーズに関しても良い機会なので質問させて下さい。ああしたエレクトロ・ポップ的なアプローチにしようと思ったのはなぜですか?

Honzawa : ギター・サウンドやインディー・ロック的なトーンが前景に出た『magure』の反動っていう面もあると思いますけど、去年の後半ぐらいからアナログ・シンセやリズムマシンの音色が、何度目かのブームになってたんです、メンバー内で。それで、次はひさしぶりにシンセ中心でいこうということになりました。ただ、今回はあくまで“バンド”としてのシンセ・サウンドというテーマを設定したんです。それが“テクノ”や“エレクトロニカ”ではなくて、“エレクトロ・ポップ”や“シンセ・ポップ”が出来上がっていった理由だと思います。そのへんの感覚は新鮮でした。

——RGBと3枚のリリース・シリーズにしたのはなぜでしょうか?

Languageが今年4月〜6月の3ヶ月に渡ってRed, Green, Blueの3タイトルをリリースした、RGB3部作













〈エレクトロ・ポップなシングル3部作〉
ここ最近のテクノ・ハウス・シーンでの、ロウ・ハウス・ブームやインダストリアルやクラウト・ロック・リヴァイヴァルとも共通の感覚がありそうな、Languageの”電子音楽”3部作。クラフトワーキッシュなエレクトロ「Red」、ニューウェイヴ的な質感も取り入れた「Green」、さらにはシューゲイズ・エレクトロ・ポップとも言えそうな「Blue」の3作。

Kakegawa : まず、シンセをフィーチャーした曲をいくつか発表したい、ということで5~6曲ぐらいがちょうどよかろうと。そうすると、ヴォリューム的にはミニ・アルバムでもよかったわけですけど、一時期にまとめて全曲をつくるより、2曲入りのシングルを少し間隔をあけながらつくって3作出す。シリーズ的なやり方の方がおもしろいと思ったんです。冒頭で触れた「時差」の話にもつながりますけど、その方がリアルタイム感ありますから。

——やはりRGBの3枚で電子音楽を追求したから、今回ロック的なアプローチになったのでしょうか?

Kakegawa : そうですね、反動の反動かもしれません (笑)。シンセ中心の曲、6曲やったんで気がすんだのはたしかです。

——『magure』の次作にあたるアルバムの予定はメンバー間でなんとなく話したりとかはしてますか?

Kakegawa : いえ、予定はまだなにも。このところ、ちょっと突っ走ってた感があるんで、少し休みたいです (笑)。もし次にアルバムを制作するとしたら、バンド風にセッションで曲つくってみたらどうなるんだろう? みたいな漠然とした興味はあります。時間がたつと、またコロッと気が変わってしまうかも知れないけど (笑)。

Languageの過去作はこちら

PROFILE

Language

KAORI : Vocal
Yosuke Kakegawa : Guitar / Computer
Naoyuki Honzawa : Bass / Computer

2009年8月上旬、アルバム『Slower Than Summer』を発表。その自由で解放的な音楽性が話題となり、DJ、イベントオーガナイザー、アーティストなどの音楽関係者たちから積極的な支持を得る。同月下旬、WIRE09に出演。色彩豊かなサウンド・スケープと高揚感あふれるライヴ・パフォーマンスでオーディエンスを沸かせた。その後もコンスタントにライヴ活動を続け、江ノ島”TheLive”、葉山”Café de ROPE La mer”、逗子「音霊2010」、DOMMUNE、京都Blue Eyesをはじめとした多様なクラブ / ライヴ・イベントに出演してきた。2011年3月、2作目のアルバム『Northern Lights』をリリースし、ジャンルにとらわれない奔放な音楽性をさらに印象付ける。エレクトロニック、ポストロック、グローファイの要素が溶け合う現在のランゲージ・サウンドは、かつてのバレアリックの流儀のような、音楽に対する彼らの開かれた姿勢を反映している。

>>Language OFFICIAL HP

o

 
 

インタヴュー

その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信
[CLOSEUP]・2017年08月10日・その男、天才につき──折坂悠太、この世と別世界を繋ぐ歌声、ライヴ音源をハイレゾ独占配信 新しい才能が世の中に羽ばたく。折坂悠太のことだ。独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせ、それをポップスとして消化した稀有なシンガー。そんな彼が、彫刻家・平櫛田中の旧邸にて収録したライヴ・レコーディング音源『なつのべ live recording H29.07.02』をリリース。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を8月23日より独占配信、発売日に先駆けて予約スタートする。そして折坂悠太へ初めてとなるロング・インタヴューを敢行した。その歌い方、歌詞の描き方、折坂の歌への向かい合い方とともに、ぜひその才能の片鱗を目の当たりにしてほしい。 平櫛田中の旧邸にて収録の音源、ハイレゾ独占配信折坂悠太 / なつのべ live recording H29.07.02'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 250円(税込) / まとめ 1,000円(税込) 2017年8月23日(水)より配信スタートになります。配信日に先駆けて予約販売もスタート。>>ハイレ
by ?
callme、挑戦的なパフォーマンスが冴えわたる6曲入りEPをリリース
[POWERPUSH]・2017年08月13日・挑戦的なパフォーマンスで「今」を感じる2017年夏ーーcallme、最新シングルをリリース 3人組ガールズ・ユニットのcallmeが今年2作目のシングル『One time』をリリースした。ポップに振り切った前作『Bring you happiness』のカラーは踏襲し、歌唱少なめ& ダンスが映える表題曲「One time」、この夏のアイドルイベントやフェスでも話題となった、超攻めの1曲「Way I am」、そして3人それぞれが制作を担当した楽曲も含め、全部で6曲も新曲がうまれた。CDは各盤ごとに収録曲が異なるが、配信ではすべての曲が収録されたEPタイプでのリリース、OTOTOYではもちろんハイレゾ・通常と配信中。 新陳代謝のごとく次々に新曲を作り出す意味、そして、制作の裏話から気になる共同生活のこと(!)まで南波一海がインタビュー。 【まとめ購入者対象】抽選でポスタープレゼント!callme / One time -EP-'【配信形態】24bit/48kHz ALAC / FLAC / WAV / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 1,800円(税込)【Track List】01. One t
いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作の2ndアルバム
[CLOSEUP]・2017年08月09日・いまはもの作りが楽しくてしょうがないーー鈴木茂や伊賀航らも参加、南壽あさ子が作り上げた最高傑作 2017年に活動5周年を迎えたシンガー・ソングライター南壽あさ子が、ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバム『forget me not』を完成させた。絵本作家・酒井駒子による描き下ろしジャケットも印象的な本作は、南壽自身が初めてセルフ・プロデュースした作品性の高いアルバムに。リード・トラックとなる「勿忘草の待つ丘」、「八月のモス・グリーン」はロサンゼルスでヴォーカル・レコーディングとミックスを敢行、エンジニア / プロデューサーとしてグラミー賞を12回獲得しているラファ・サーディナがレコーディング&ミックスを担当するなど、サウンド面においてもこだわり抜いた作品となっている。プレイヤーには、鈴木茂や伊賀航など名うてのミュージシャンたちが参加。南壽あさ子史上最高傑作と言っても過言ではない本作をハイレゾ配信とともに、南壽へのロング・インタヴューを掲載する。 ヤマハ移籍第1弾となる2ndアルバムをハイレゾ配信南壽あさ子 / forget me not【通常盤】'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96k
by 西澤 裕郎
あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子の最新作配信開始
[CLOSEUP]・2017年08月08日・ゆっくり、しかし着実に船を漕ぎ出す──あらゆる周りの環境にビビットに感化された、竹上久美子 このインタヴューのなかで「幼少より音楽に囲まれた環境で育ち、職業としての“音楽家"を意識する前に、呼吸や排泄と同じように作曲を開始した」と語ってくれた竹上久美子。自然と音楽をつくり続けていた彼女が6年ぶりとなるフル・アルバムを完成させた。京都の片隅で粛々と制作された今作『Slow boat』は、オーヴァーグラウンドとアンダーグラウンドの垣根を自由に飛び越え、ルーツ・ミュージックを主軸に、USインディ / オルタナ / プログレ / チルウェイヴなどの絶妙なフレイヴァーを散りばめた渾身のアルバム。今回はOTOTOYでの配信とともに、竹上久美子へのインタヴューを掲載する。 様々なジャンルのフレーヴァーを散りばめたアルバム竹上久美子 / slow boat'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC単曲 230円(税込) / まとめ 2,300円(税込) 【収録曲】''1. Good bye, girl2. many many many3. roundabout4. FESTIVAL
【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー
[CLOSEUP]・2017年07月27日・【祝! カクバリズム15周年企画第1弾】角張渉×谷ぐち順レーベル・オーナー対談&カクバリズム作品レヴュー カクバリズム設立15周年記念! 2002年の3月にYOUR SONG IS GOODの1st7inch single『BIG STOMACH, BIG MOUTH』をリリースし、それ以降もシーンの最前線に立ち続けている“メジャーなインディ・レーベル”カクバリズム。15周年を迎えるにあたり、OTOTOYでは4つの企画とともにお祝いします! まず第1弾企画として設立15周年を迎えるカクバリズム代表である角張渉と、今年25周年を迎えるLess Than TV主宰の谷ぐち順のアニバーサリー対談を敢行! 長年シーンを支え、共闘してきたふたりが思う“インディ・レーベル”とは…… を語ってくれています。そしてさらに、さらに〈オトトイの学校 村詩野音楽ライター講座〉より、これまでにカクバリズムからリリースされた楽曲のレヴューをお届け! 8月には第2弾インタヴューも掲載予定! カクバリズムを昔から知っている方、最近知った方、そしてカクバリズムを知らなかった方もこのページを見ればカクバリズム通に?! >>15周年をたど
diskunionからの刺客〈第3弾〉──発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?
[CLOSEUP]・2017年08月02日・発酵業界に名乗りをあげる人力ミニマル楽団“東京塩麹”とは?──ディスクユニオンからの刺客〈第3弾〉 人力サラウンド楽曲や、ミニマル × ジャズなどで新たな音楽の可能性を追求する、人力ミニマル楽団“東京塩麹”。まず目につくのが“東京塩麹”という、そのバンド名! さらに塩麹を然した食品サンプルを入れたビンに音源のダウンロードコードを入れた“ビン詰め音源”『21世紀の塩麹』の発売や人力 Remix ライヴなどなど、なにやらよくわからない活動もしているという。この東京塩麹ってバンドは一体何者なんだ?! 実はこの東京塩麹、2016年に開催されたディスクユニオン主催による初の本格的オーディション〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉の合格者なんです。これまでunizzz…、ペドラザとインタヴューを行ってきた〈DIVE INTO MUSIC.オーディション2016〉特集も今回で第3回目、そして最終回です。オーディション合格者として8月9日(水)に1stフル・アルバム『FACTORY』をリリース、OTOTOYでは今作を1週間の先行ハイレゾ配信! さらにリード曲「Tokio」を8月10日(木)までの1週間
by 岡本 貴之
ローレル・ヘイロー、『DUST』を語る
・2017年07月17日・ホコリには特定の場所や原点がない──ローレル・ヘイロー『Dust』を語る 〈Hyperdub〉からリリースされたローレル・ヘイローのニュー・アルバム『Dust』。新たな境地へと達した感のある作品で、キュートなエレクトロ・ポップ、電子音響、さらにはフリー・ジャズやアフロ・パーカッションなどがゆるやかに結びつき、アルバムを構成している。穏やかな表情でいながら、その背景に広がるイメージはよくよく見てみると奇怪、さまざまな要素のプリコラージュで構築されている。そんな濃密でいながら、軽やかなポップさも持っている質感のアルバム。まぁ、とにかくいい塩梅のアルバムなのだ。これがあまり日本で話題になっていないのは正直どうかと思うぞ! ということでOTOTOYではローレル・ヘイローの貴重なインタヴューをここで公開。ハイレゾ配信中の『Dust』、いまからでも遅くはないのでぜひとも聴くべきではないかと思いますぞ。いや、とにかくその音響の世界観は気持ち良いのです。 ハイレゾ版はCDと同様のライナーノーツ付きで配信Laurel Halo / Dust(24bit/44.1kHz)'【Track List】01. Sun To Sola
by 河村 祐介
KUNIYUKI TAKAHASHI──インダストリアルの新たな響き
・2017年07月26日・KUNIYUKI TAKAHASHIのルーツにして、新たな側面をプレゼンする冒険的な新作──ハイレゾ独占配信 海外のハウス〜テクノ・シーンでも高い評価を受けるレーベル〈mule musiq〉。そのアーティスト・ラインナップは、現在でこそ海外シーンともシームレスなメンツが並ぶが、そのその設立当初から本レーベルを象徴するこの国のアーティストといえばこの人だろう。札幌のマエストロ、KUNIYUKI TAKAHASHI、その人だ。ジャズやソウルが豊かに溶け込んだディープ・ハウスを中心にしたこれまでの作品は、国内外で高い評価を受け続けている。そんな彼が、今回新作を発表するわけだが、そのサウンドはこれまでと趣向の違う質感を宿したものとなった。彼のルーツのひとつであるニューウェイヴやエレクトロニック・ボディ・ミュージック、インダストリアルといったサウンドを前面に出したプロジェクトとなっている。その名も「NEWWAVE PROJECT」。OTOTOYではこちらのハイレゾ独占配信をスタートする。サウンド・エンジニアとしての側面も持つ彼のそのサウンドの冒険をぜひともハイレゾで楽しんでいただきたい。 ハイレゾ独占配信KUNIYU
by 河村 祐介
筆者について
同じ筆者による他の記事