ライム、ビーツ&若大将——加山雄三リミックス集をハイレゾ配信

2015年にリリースされヒットとなったPUNPEEによる「お嫁においで2015」に続いて、加山雄三の名曲を、さまざまなアーティストたちがリミックスした作品『加山雄三の新世界』がここにリリースされた。前述のPUNPEEをはじめ、ECDやライムスター、スチャダラパー、サイプレス上野とロベルト吉野などなど、ヒップホップ系アーティストを中心に、ももいろクローバーZ、水曜日のカンパネラなども参加、まさに多彩なメンツが集合となったコンピレーションだ。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信。レヴューとともにお届けしよう。


V.A. / 加山雄三の新世界

【Track List】
01. お嫁においで2015 feat. PUNPEE
02. 蒼い星くず feat. ももいろクローバーZ×サイプレス上野とロベルト吉野×Dorian
03. 夜空の星 feat. KAKATO×川辺ヒロシ
04. ブラック・サンド・ビーチ〜エレキだんじり〜 feat. スチャダラパー
05. 旅人よ feat. RHYMESTER
06. 夕陽は赤く(yah-man version) feat. RITTO×ALTZ
07. 海 その愛 feat. 水曜日のカンパネラ
08. 君といつまでも(together forever mix) feat. ECD×DJ Mitsu The Beats

【左 : 配信形態 / 価格】
24bit/44.1kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC
単曲 399円(税込) / アルバムまとめ購入 2,500円(税込)

【右 : 配信形態 / 価格】
16bit/44.1kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC
単曲 258円(税込) / アルバムまとめ購入 1,800円(税込)

REVIEW : ひとりの音楽家をあぶり出す最新のビート&ライム


テキスト : 河村祐介


加山雄三
加山雄三といえば、1960年代の“若大将”シリーズを中心にヒットを飛ばした国民的な映画スターであり、そしてここに収録されている楽曲を中心に、多くのヒット曲を持つシンガーでもあります。1960年代当時の他の銀幕スターの歌というのは、というか当時の他の流行歌手の歌にしても、そのほとんどが作曲家・作詞家といった専業作家の制作による歌でありました。そんな時代にあって、彼はその楽曲を自ら作曲し、自ら歌う、いわば俳優とともにシンガーソングライターの先駆けとも言えるスタンスも作り出していくわけです。映画出演以前にも歌手活動を行っていましたが、なんといっても『エレキの若大将』で自ら作曲の「君といつまでも」と「夜空の星」などをヒットさせ、その活動は本格化するわけです。ちなみに作曲の際のクレジットは、自らの作曲家としてのペンネームである弾厚作名義だったりします。また、そのヒットの曲の多くは、岩谷時子——越路吹雪のマネージャーで「愛の讃歌」の訳詞を、そしてザ・ピーナッツ「恋のバカンス」、弘田三枝子「夢見るシャンソン人形」などなどを手がける作詞家でもある——の作詞とのタッグで作られております(今回収録された楽曲もそうですね)。

そしてご存知のように加山は現在も現役の歌手であり続けていて、全国ツアーこそ2014年で終了したものの、現在でもコンスタントにコンサート自体は行っており、ギターに、歌に、現役バリバリで活躍。とにかく映画“若大将”を中心とした俳優、加山雄三の隣には、濃くて長い音楽キャリアが横たわっています。ちなみに、自宅にはスタジオがありプロツールズを作っているだとか、日本でピンポン宅録をはじめて行った男という逸話まであったりします。

ももいろクローバーZ

そんな本作は加山雄三が作曲した国民的なヒット曲たちのリミックス企画であります。さて。その参加面子を並べたときに、コンセプトとしてはラップというのがひとつ浮かんでまいります。ヒップホップ系のアーティストが多くを占め、ヒップホップではないものの、水曜日のカンパネラもまた、ラップ(的なもの?)をひとつ表現手段にしているアーティストですからね。

その内容を急ぎ足ではあるが順番に。すでにスマッシュ・ヒットとなっている「お嫁においで 2015」は、カリビアン〜ハワイアンなムードの原曲をファンキーなヒップホップへとファニーに落とし込んだ、PUNPEEのリミックス。こちらは加山本人登場のMVも話題になりました

ライムスター

「夜空の星」とともに双璧をなすサーフ・ロック系の楽曲「蒼い星くず」はテクノ系のプロデューサー、Dorianによって軽快なラテン・ブレイクスへとリモデル。そこには、おそらくサ上によるリリックで、ももクロもキレッキレにラップ、掛け合いをキメていおります。サ上とロ吉、双方のラップ、スクラッチも鮮やか。もう1曲、サーフ・ロック系の代表曲「夜空の星」、こちらのトラックを手がけているのはTOKYO No.1 SOULSETの川辺ヒロシ。SOULSETの初期を彷彿させるたくみな大ネタ・サンプル使いは、どこか原曲のサイケデリックなガレージ・ロック感を抽出。環ROYと鎮座DOPENESSによるラップは、HOW TO夫婦な内容で、どこか「お嫁においで 2015」の続編のよう。

お次はスチャダラパーの「ブラック・サンド・ビーチ〜エレキだんじり〜」は、ダイナミックなサーフ・ギターとビートの掛け合い、ラップのハマり具合はさすがといったところ。こちらは2013年の〈ARABAKI ROCK FEST.〉での共演に端を発した、スチャも参加するユニット、THE King ALL STARの作品としてもリリースされた作品でもあります。ある意味で今作の発端となった曲でしょうな。さてこちらもJ-POPフィールドへもヒップホップを持ち込んだベテラン・ユニットのひとつ、ライムスターによる、ゴリゴリのビッグビート〜ファンキー・ブレイクビーツの上でラップする「旅人よ」。

RITTO

沖縄のラッパー、RITTO、そして大阪のALTZによる「夕陽は赤く」は、ALTZによる極上のレイドバック感を携えたサイケデリックでダビーなバリアリック・トラックとともに、RITTOのブルージーなラップが重なっていく。水曜日のカンパネラは、「海 その愛」をトラップなトラックとともに、原曲の壮大なスケールの加山の歌唱とストリングスを携えたわりとストレートなカヴァー。水曜日のカンパネラのストレートなカヴァーは、ラップは使えど(本作では封印している)、他のユニットのヒップホップ的アプローチとはまた違った感覚で、逆にこのメンツのなかで自らの表現を胸を張って示しているようで、それはそれでなんとも清々しい。

そしてラストは、闘病発表後にリリースされたものとしては2曲目(1曲目は『T.R.E.A.M. PRESENTS 〜田中面舞踏会サウンドトラック〜 「LIFE LOVES THE DISTANCE」』収録の「2030」)となったECD参加曲。ビートはMitsu The Beats。そのリリックの、音楽への深い愛情がとにかく胸を打ちます。ヒップホップ〜クラブ・ジャズ文脈で世界的にも高い評価を受けるMitsu The Beatsによる、ストリングスを印象的に使ったトラックは感動的でもあり、そんなリリックに花道を作っていきます。

ecd

その多彩がオリジナル曲とはまた違ったアプローチでさまざまな音楽的実験を行っている部分がとにかく楽しい。例えばRITTOとALTZの、まさかの加山雄三作品から抽出した南国のサイケデリアにはただただ驚くばかり、こうした過去の楽曲を新たな見せ方で最新の音楽として蘇らす、サンプリングの妙をそれぞれの展開するサウンドの豊かさは言わずもがな。原曲の歌詞との掛け合いの遊び心(PUNPEE)や、ラップのリリックによって、原曲の歌詞に新たな解釈をほどこす(ECD)といった、こういったトリビュート的な作品で、ヒップホップが持ち出す詩的な豊かさにも触れられる作品と言えるだろう。

RECOMMEND

いとうせいこう & リビルダーズ / 再建設的

こちらは日本語ラップ史において重要ないとうせいこう&TINNIE PUNX『建設的』の発売30周年(2016年時)を記念したトリビュート盤。こちらはヒップホップのみならず、さまざまな方向性へと展開。

サ上と中江 / ビールとジュース

本編では、ももクロとともにラップを披露しているサ上。アイドルとラップということで、思い出すのはコチラ。5人組ダンス&ボーカルグループ「東京女子流」中江友梨に よる異色コンビ。

SCHEDULE

加山雄三

1937年4月11日神奈川県生まれ。慶應義塾大学法学部卒業後、'60年東宝入社。「男対男」で映画デビュー。'61年、映画『大学の若大将』に主演し、大人気となった「若大将シリーズ」がスタート。黒澤明監督の『椿三十郎』『赤ひげ』にも出演。歌手としては'65年に「君といつまでも」が大ヒット。以後も『お嫁においで』など数々のヒット曲を世に送り出す。幼少より作曲を始め、弾厚作のペンネームで、ロック・ポップスからクラシックまで幅広いジャンルの楽曲を創作し続けている。芸能生活45周年においてはニューヨーク・カーネギーホールでのコンサート、50周年には東名阪アリーナコンサートツアーを実施。2014年には若大将EXPOと題して、77歳にして日本武道館単独公演 最年長記録を樹立し、47都道府県全県でのツアーを成功裡におさめた。また、同年秋の叙勲にて旭日小綬章を受賞した。2016年は芸能生活55周年を記念し、「音楽は時代や世代を超える」をコンセプトにした若大将FESを二日間に渡って開催。様々な年代のアーティストを招き、幅広い世代の観客を大いに沸かせた。THE King ALL STARSとしての活動も注目され、全国のロックフェスにも参戦するなど79歳を越えた現在も現役で活躍中である。音楽活動の他に、59歳から油絵を始め、陶芸や漆器などの作品を精力的に創作。現在、BS朝日「歌っていいだろう」(毎週木曜よる11:00~11:30)に司会として出演中。ミュージシャンのゲストを招き、音楽にまつわる楽しいトークを繰り広げている。

「加山雄三の新世界」公式ページ

o

 
 

レヴュー

【REVIEW】生活を彩る音楽隊、フィクションに誘い込むトイ・ポップ──Ribet towns『フラッシュフィクション』
[CLOSEUP]・2017年10月11日・フィクションに誘い込むトイ・ポップ──生活を彩る音楽隊・Ribet townsの『フラッシュフィクション』 渋谷系や北欧音楽への憧憬を、京都という街から鳴らす12人組ポップ・バンド、Ribet towns。今年2月にファースト・ミニ・アルバム『ショートショート』を発売したばかりの彼らが、配信限定となるEP作品『フラッシュフィクション」をリリース。前作に収録されていた「メトロ」「ショートシネマ」のリアレンジと新曲2曲の全4曲を収録した今作を、OTOTOYでは発売日に先駆け、先日より配信スタート。ハイレゾでの配信もOTOTOYのみということで、これから要注目となるであろう彼らのサウンドをぜひ良い音で楽しんでいただくとともに、レヴューを掲載。カラフルなフィクションの世界へどうぞ。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!Ribet towns / フラッシュフィクション'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 185円(税込) / アルバム 750円(税込)【収録曲】01. ベッドタウン02. ショートシネマ03. caravan04.
by 中の人
原稿ライオット2017結果発表!!ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年10月12日・原稿ライオット2017結果発表ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』をリリース。ディスコ〜ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信スタート!! そして、本作のレビュー記事を募集する原稿の登竜門コンテスト「原稿ライオット2017」の結果を発表する!! 審査委員長は、南波一海!! ライターを目指している人はもちろん、CUBERSを世に広めたい人、プロのライターまで、数多くの応募作の中から選ばれたグランプリのレビューをお楽しみください。 2nd EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / マゼンタ【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 1,500円(税込
峯田和伸が歌う「恋とロック」とは? 銀杏BOYZ3ヶ月連続リリースを読み解く!
[CLOSEUP]・2017年10月12日・青春に別れを告げた峯田和伸が歌う「恋とロック」とは? 銀杏BOYZの3ヶ月連続リリースを読み解く! 日本武道館での公演を目前に控えたバンド活動はもちろん、連続テレビ小説「ひよっこ」への出演などで、お茶の間の幅広い世代にもその存在感を示した銀杏BOYZ・峯田和伸。そんな銀杏BOYZが「恋とロック」をテーマとして3ヶ月連続で「エンジェルベイビー」「骨」「恋は永遠」というシングルをリリースした。今回の3ヶ月連続リリース第1弾の「エンジェルベイビー」で〈ロックンロールは世界を変えて〉と叫んだ銀杏BOYZ、そして峯田和伸は、きっとこれからもぼくらの世界を変え続けてくれるはず! あなたの世界を変えるかもしれない3作品を、「岡村詩野音楽ライター講座」講座生によるクロス・レヴューとともにお届けします。 3ヶ月連続リリース、3部作配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】それぞれ 単曲 200円 / まとめ購入 400円 REVIEW : 銀杏BOYZ「エンジェルベイビー」「骨」「恋は永遠」 峯田和伸の、変わらないピュアネス(額田大志)ノイジーなバンド・サウンドの上
『23区』以降のメロウ・グルーヴ──bonobos、ニュー・シングルをリリース
・2017年10月13日・【REVIEW】『23区』以降のメロウ・グルーヴ──bonobos、ニュー・シングルをリリース メンバーの大幅な更新を経て昨年リリースされたアルバム『23区』で、その表現をネオ・ソウル〜R&Bのグルーヴへとシフトさせたbonobos。その長いキャリアのなかで大きな転換となったアルバムから1年、ここに新たなシングル『FOLK CITY FOLK .ep』を発表した。先行ですでにリリースされている、彼らの代表曲「THANK YOU FOR THE MUSIC」のリアレンジ・ヴァージョンも含む6曲は、まさに彼らの『23区』以降の現在の勢いを感じさせるものだ。端的にいえば『23区』でバンドが獲得した表現をさらに一歩推し進めた作品となっている。OTOTOYでは本作を、DSD、そしてハイレゾ版にて配信中。そしてレヴューにてその内容を紹介します。 bonobos / FOLK CITY FOLK .ep'【配信形態 / 価格】'【左パッケージ】DSD(5.6MHz) + MP3データ付きシングルまとめ購入のみ 1,800円(税込)【右パッケージ】24bit/96kHz WAV / FLAC / ALACAAC単曲購入 3
聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』をハイレゾ配信!! 南波一海によるレビュー掲載
[REVIEW]・2017年10月04日・南波一海によるレビュー掲載ーー聴けるボーイズユニット、CUBERSの2nd EP『マゼンタ』ハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが、2nd EP『マゼンタ』をリリース。ディスコ〜ブラック・ミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』、そこから一歩踏み出しアイドル・ポップ然とした楽曲からロック調の楽曲まで幅を見せた1st EP『シアン』、本作はそのどちらも取り入れったCUBERSの真骨頂とも言えるEPとなっている。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信スタート!! 南波一海のレビューを掲載する。さらに本作のレビュー記事を募集する原稿の登竜門コンテスト「原稿ライオット2017」も引き続き絶賛開催中!! 審査委員長は、南波一海!! ライターを目指している人はもちろん、CUBERSを世に広めたい人、プロのライターまで、応募は自由。本作を隅から隅まで味わいつくそう!! 2nd EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / マゼンタ【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【価格】単曲 250円(税込) / まとめ 1,500円
【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の1stソロをハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年10月04日・【REVIEW】Okada Takuro(ex 森は生きている)の鮮明な登場──1stソロをハイレゾ配信開始 2枚のアルバムをリリースし、2015年に突如解散をした“森は生きている”の岡田拓郎が、2017年10月4日、ソロ名義“Okada Takuro”としてのデビュー・アルバム 『ノスタルジア』をリリースする。マルチ楽器奏者であり、作曲家であり、更に“森は生きている”ではミキシングやジャケット写真までも手がけた、いわば芸術的創造力の塊ともいえる、岡田拓郎。そんな彼のデヴュー・アルバムは、ボブ・ディランからボン・イヴェールなど数々の名作を手掛けたグラミー賞ノミネート経験もあるエンジニア、グレッグ・カルビがマスタリングを担当。さらに、増村和彦(ex. 森は生きている)、谷口雄(ex. 森は生きてい る)、大久保淳也(ex. 森は生きている)の他に、西田修大(吉田ヨウヘイgroup)、三船雅也(ROTH BART BARON)、水谷貴次(peno 他)、優河、石若駿など彼と繋がりのある様々なアーティストも参加。多様な楽器が紡ぐ音、静かに漂う歌声がすっと心に沁み込む傑作『ノスタ
by ai
【REVIEW】大野雄二トリオ、5年ぶりのジャズ・アルバムをハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年09月27日・ジャズ・ピアノの奥深さにハマる秋! 大野雄二トリオ、5年ぶりのジャズ・アルバムをハイレゾ配信 2017年は大野雄二特別活動年といっても過言ではないでしょう。今年に入ってなんと3作目となる作品は、5年ぶりとなるトリオ名義でのジャズ・アルバム! 現編成のトリオでのリリースは初でもある。スタンダード・ジャズナンバーから、もちろんルパンの曲まで12曲収録。これから深まる秋の夜長にハイレゾ音質でじっくり耳を傾けてはいかがでしょうか。 YUJI OHNO TRIO / LET'S FALL IN JAZZ'【Track List】01. LET’S FALL IN JAZZ feat.Lyn02. SWEET SUE, JUST YOU03. MISTY TWILIGHT04. LET’S FALL IN LOVE05. LOVE SQUALL06. LET’S FALL IN JAZZ -interlude-07. MY ONE AND ONLY LOVE08. LET’S FACE THE MUSIC AND DANCE09. A FOGGY DAY10. LOVE THEME11. THEME FROM LUPI
【REVIEW】最高傑作の呼び声高い、ホラーズの新作をハイレゾ配信
・2017年09月26日・【REVIEW】バンドの実験性の歴史を内包、そして新たなる質感も備えたホラーズの新作──ハイレゾ配信 リリースから約1週間、UKの『The Gardian』誌では満点のレヴューが掲載されるなど、すでに海外メディアでは大きな話題となっているザ・ホラーズの5thアルバム『V』。作品ごとにさまざまな方向性へと、その音楽性を変え、その登場以来、高い評価を受けてきたUKのバンド。デビューから10周年目の作品となる『V』ではこれまで挑戦してきたさまざまな音楽性を内包し、さらなる新たな一歩へと進み、バンドのポテンシャルそのものがさらに一段高い位置にあることを知らしめた、そんな作品となっている。OTOTOYではハイレゾ配信と、若干お得な、CDと同等音質のデータにて配信中(1500円!)。 ハイレゾ版&お得なCDと同様音質のWAV / FLAC / ALAC版を配信中The Horrors / V'【左パッケージ : ハイレゾ版】'【右パッケージ : CD音質版】'【Track List】01. Hologram02. Press Enter To Exit03. Machine04. Ghost05. Point Of N
by 尾野 泰幸
筆者について
同じ筆者による他の記事