熟考のための音楽──イーノ、アンビエントな新作『Reflection』をハイレゾ配信

故デヴィッド・ボウイのベルリン三部作、U2、トーキング・ヘッズやコールドプレイを手がけた名プロデューサーであり、アンビエント・ミュージックの提唱者、そしてひとりのアーティストでもあるブライアン・イーノ。昨年春に壮大なアルバム『THE SHIP』をリリースして以来、早くも新作をリリースする。本作は2012年の『Lux』以来、約4年ぶりのアンビエント・アルバムと言えるだろう。54分1曲の穏やかで極上のサウンドの連なりは、ぜひともハイレゾで体感するべきだ。後半には正月休みオススメのOTOTOY配信中の特選アンビエント作品も!


ハイレゾ版にはCD同様のライナーノーツPDF付き

Brian Eno / Reflection(24bit/44.1kHz)

【Track List】
01. Reflection

【配信形態 / 価格】
24bit/44.1kHz WAV / ALAC / FLAC / AAC
アルバム購入 2,571円(税込)




生成される音楽、制作の主体



ブアライン・イーノが「アンビエント・ミュージック」という言葉を自らの活動に用いたとき、彼は作る行為に重点を置くことをやめ、代わりに聴く行為に焦点を当てた。スポットライトはそれまで必ずクリエイターに当たってきた──デヴィッド・トゥープ『音の海』(水声社刊)

まさに本作もそうした彼の作品作りのコンセプチャルな姿勢が全面に出た作品だ。なにせ、タイトルは『Reflection』、反射や熟考を意味する言葉だ。サウンドを聴く、リスナーの反応を示す、そんなタイトルではないだろうか。1970年代に、それまでのロックンロールのスター制度さらっと変化させたアンビエント・ミュージック、その音響志向とも言える感覚は、その後のエレクトロニック・ミュージックを中心に多くの音楽に影響を与えた。ただただ静寂で、退屈なリラクゼーション音楽ではなく、ただそこにありながら、あるときにリスナー側が意識したときに音楽として芳醇な体験を与えてくれる音楽のことである。

サウンド的にはアンビエント・ミュージックの王道を行くスタイルで、まさに本人曰く、1975年の『Discreet Music』からアンビエント・シリーズ、そして最近では『Neroli』、『LUX』といった作品群に連なる作品だ。


このような作品を作る際、私の時間のほとんどは、聴く行為に費やされる。時には何日間にも渡って聴き込むことになる。異なるシチュエーションでどのようなことが生じるのか、またそれらによって、私がどのような気持ちになるのかを観察する。まず観察し、ルールを調整する──ブライアン・イーノ(注1)

先に引用したデヴィッド・トゥープが指摘した当時よりも、さらにブライン・イーノはなアンビエント・ミュージックの「聴く行為に焦点を当てた」制作方法を進化させている。現在は、ある種のアルゴリズムをセットしたアプリケーションによって、その音楽を生み出しているというのだ。楽譜ではなく、音の生成方法を示したアルゴリズムを組み合わせて本作は生成されているという。こうした生成された楽曲は、聴く行為からのフィードバックによって、このアルゴリズムを調整することで生まれた作品なのだという。つまるところ、演者から、さらによりリスナーに近い姿勢にて制作された楽曲ということだ(このアプリケーションに関しては、今作のプレミアム・エディションとして、iOS、Apple TV対応アプリでもリリースされることが明らかとなっている)。

サウンド的には幾重にも伸びていく電子音のドローン、それらが長大なループを作り、少しづつ変化しながら進んで行く。聴こえているが、思考を邪魔しない音楽の連なりが、意識を集中させていく。アンビエントものの前作にあたる『LUX』にあった軽やかな感じは後退して、どちらかといえば『The Ship』と同様の“重さ”が支配している。

メッセージとしてのアンビエント・ミュージック

『Reflection』と名付けたのは、今作が私に過去を振り返させ、物事を熟考するように働きかけるからだ。自分自身との内在的な会話を促す心理的空間を誘発するように感じるのだ。その一方で、他者との会話をするときの背景音としても機能すると感じる人もいるようだ──ブライアン・イーノ


前作にあたる『The Ship』は、第一次世界大戦、そしてタイタニック号の沈没をコンセプトとした。その根抵にあるのは、人類のおごりから生まれた歴史的な災禍、それを教訓とし、2度と繰り返さぬ様に前へ進むための警告といったところだろう。2016年は、UKのEU離脱問題、いわゆるブリクジット・ショックのUK、そして世界の政治的混乱、そしてトランプ米大統領当選など、まさかのことが起き続けた。イーノは、UKのEU残留を呼びかける声明を国民投票発表直前に発表、またトランプ当選に関しても、「トランプ当選は目覚ましとなる。アメリカのリベラル陣営は自らの姿を厳しく見直すことになるだろう」(注2)と、檄を飛ばしている。まさかのことが起き続ける世界にあって、彼はいまひとたび物事を、世界を考え直すように音楽以外でも問いかけている。またそれは、それほど世界は危機的状況に彼の目には写っているという証拠でもある。

そしてリリースされた本作『Reflection』。そのタイトルからして、そうしたこの作品が彼のアティチュードとは不可分ではないことは明確だろう。明らかな歌詞を用いたメッセージ・ソングだけでなく、インスト・アルバムでもそのあり方でメッセージを付託するということもまた可能だ。いま、ひとたび世界について熟考してみようというメッセージが込められているアルバムだ。

注1 : 本作に関する記事中のイーノ自身の発言はレーベルの作品紹介ページに掲載されているものからの引用。
http://www.beatink.com/Labels/Warp-Records/Brian-Eno/BRC-538/

注2 : https://twitter.com/dark_shark/status/796469295144280064

text by 河村祐介

特別付録 : お正月休みにじんわりと“効く”オススメ・アンビエント

選&文 : 河村祐介

Masayoshi Fujita / Stories

昨年はベルリンのエレクトロニカ・アーティスト、ヤン・イェリネック a.k.a. ファーベンとのすばらしいアルバム『Schaum』もリリースした、日本人ヴィブラフォン奏者で、自らサンプラー、エレクトロニクもこなすベルリン在住のアーティスト、藤田正嘉のソロ・プロジェクト。静寂の下、ヴァイブの音がマッサージのように浮遊する。

The Orb / COW / Chill Out, World!

DJカルチャー世代のアンビエントのイノヴェーターによる、昨年リリースのアンビエント・テクノ・アルバム。ある意味でイーノの作品とも共鳴するようなテーマ(リラックスして熟考せよ)を持った作品というのも世相を反映か。ま、こっちのがもうちょっと享楽的だけど。

CHARLES HAYWARD/GIGI MASIN / Les Nouvelles Musiques De Chambre Volume 2

1989年の幻のアルバムがついにリリース。Björkの「It's In Our Hands」、To Rococo Rotの「Die Dinge Des Lebens」、そしてNujabesの「Latitude」のネタとしても有名過ぎる名曲「Clouds」を収録したイタリア・ヴェネチア出身のGigi Masinによる最高傑作。美しいピアノの旋律に浸る。

Hakobune / apsidal motion

国内の注目のアンビエント / エレクトロニカ・レーベル〈White paddy mountain〉からリリースのHakobuneのソロ・アルバム。意識を取られると、恍惚のドローンが時間感覚を完全に抹消してくれる。

Shin Sasakubo & Akiyuki Okayasu / invisible flickers(24bit/48kHz)

現代音楽とアンデス音楽を演奏するギタリストとして世界各地で演奏する、“秩父前衛派”、笹久保伸と、デジタル音響処理に精通した作曲家、岡安啓幸による、美しいギターと繊細なエレクトロニクスによるアルバム。一瞬のギターの瞬きが、鮮烈な色彩を空気に刻みつける。

V.A. / romantic standard part.2(24bit/44.1kHz)

世界的に有名な日本のハウス / テクノ系レーベル〈mule musiq〉の珠玉の音源を、レーベルの看板アーティストでもあるKuniyuki Takahashiがハイレゾ・マスタリング。こちらはアンビエント〜チルアウト・サイドで、世界的に高い評価のエレクトロニック・ミュージックのマスターたちを中心にコンパイルされている。

INNER SCIENCE / Assembles 5-8

日本人トラックメイカー、INNER SCIENCEによる、電子音響 / コラージュなプロジェクト、Assemblesシリーズの2nd。電子音の喜悦に満ちた響きが、四方八方から聴こえてくる刺激的な内容。

Laraaji / Essence/Universe

ブライアン・イーノのアンビエント・シリーズの3番『Day Of Radiance』でも知られるララージ。1987にリリースされたレアなアルバムのリイシュー版。どこまでもぶっ飛んで行く気持ちE、アンビエント、天然由来の飛ばしモノ。

Bibio/ Silver Wilkinson(24bit/44.1kHz)

2016年はすばらしいアルバム『A Mineral Love』をリリースしたビビオ。とはいえ、そちらはR&B的なアプローチも濃かったので、アンビエントといえばこちらでしょう。ジャケット写真同様の美しい、春の花々を想起させる伸びやかな電子音が優しく空間を包む。

Jim Fassett / Symphony of the Birds

本物の鳥の声でつくられた交響曲、いまか五十年以上前、野鳥の声をテープ編集して作り上げた音楽史上類を見ないユニークな作品。現代音楽と、ポップな実験の間をいく作品。ほんと、これ聴くと思うのは、鳥の声ってシンセサイザーみたいなんです。

William Eaton / Music by William Eaton

弦楽器の世界的なデザイナー/ビルダーのひとりであるウィリアム・イートンが、自作の楽器を徒然に奏で録音し1978年に発表したオーガニック・ミュージック名盤1stソロ・アルバム。天国で聴こえる音ってこういう音なんでしょうね(恍惚)。

PROFILE

BRIAN ENO

ブライアン・イーノ(Brian Eno 本名:Brian Peter George St. Jean le Baptiste de la Salle Eno)。 1948年5月15日生まれ。イギリス・サフォーク州のウッドブリッジ出身。1970年代初頭にロキシー・ミュージックに参加、1973年に脱退(セカンド・アルバムまで制作に関わる)。以降ソロを中心に、さまざまなアーティストとのコラボレーションで多数の作品を発表していく。1978年『Ambient 1 / Music for Airports』にてアンビエント・ミュージックを提唱し、そのコンセプトは1990年代のクラブ・カルチャーを含め多大な影響を与える。故デヴィッド・ボウイの代表作でもある『Low』『 "Heroes"』『Lodger』の通称ベルリン三部作(イーノ三部作とも)、U2、トーキング・ヘッズ、ペンギン・カフェ・オーケストラ、ディーヴォ、コールドプレイなど数多くのプロデュースを手がけている。マイクロソフト社のオペレーティングシステム、「Windows 95」の起動音「The Microsoft Sound」は彼の作曲によるものである。

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

カネコアヤノの音楽は生活を“ちょっとだけ”楽しくする──18歳の女子インターンとその魅力を語り合う
[CLOSEUP]・2017年04月26日・カネコアヤノの音楽は生活を“ちょっとだけ”楽しくする──18歳の女子インターンとその魅力を語り合う 飾らない言葉と心地よい歌声、ポップネス満載のメロディーを奏でるシンガー・ソングライター「カネコアヤノ」。昨年11月に発売した『さよーならあなた』では、ギタリストとして林宏敏(ex.踊ってばかりの国)がバンド・メンバーに加わった。それによってカネコアヤノの音楽性はさらに飛躍を遂げた。そんな彼女が2nd EP『ひかれあい』を4月26日にリリース。OTOTOYではハイレゾ配信もスタートしました。〈かわる! かわる! かわってく覚悟はあるはずだ〉と歌うリード曲「とがる」には、新たなフェイズへと躍進する彼女の強い意志と勢いを感じざるを得ない。 今回のリリースにあたり、過去2回カネコアヤノのライヴ・レポートを行ってきた女性インターンのYさん(18歳)に、今作を聴いてみてどのようなことを感じ取ったか、18歳の女性インターンにとっての「カネコアヤノの魅力」とは何なのかを訊いてみた。どうせならカネコアヤノ本人も呼んで、その話を聞いてもらうことに。 カネコアヤノの2nd EPをハイレゾ配信中! カネコアヤノ / ひかれあい'【配
by 西澤 裕郎
さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る
[CLOSEUP]・2017年04月26日・さよならだけが人生さと唄う18歳ーーシンガー・ソングライター、山﨑彩音の心の底に迫る 18歳のシンガー・ソングライター、山﨑彩音が4曲入り音源『キキ』をリリース。15歳から東京・神奈川のライヴハウスで活動をはじめ、16歳のときに声と言葉、全曲詩先による作風、唄とギターのみの一発録音、6曲中2曲がカセットテープ・レコーディングされた1st E.P『Yer』をライヴ会場と通信販売のみで発表。2016年には仲井戸“CHABO”麗市、GLIM SPANKYのオープニング・アクトを務め、〈FUJI ROCK FESTIVAL 2016〉にシンガー・ソングライター史上最年少で出演するなど話題を集めてきた。〈さよならだけが人生さ〉と唄い出す今作は、言葉と空間を響かせる、余計なものが一切入っていない。削っていく、捨てていくというよりは、鳴っているべき、必要な音しか入れない、声と音の間の空気や静寂を鳴らしている。西野カナ、aiko、ハナレグミ等のエンジニア / マニュピュレーター / キーボーディストとして活躍する山本哲也と共に作り上げられた本作をOTOTOYではハイレゾ配信し、山崎彩音への初インタヴューを掲載する。 同世
by 岡本 貴之
名門Ghostly Internationalから、Bathsが放つGeoticのカラフルなテクノ・アルバム
[CLOSEUP]・2017年03月30日・Bathsのアンビエント・プロジェクト、Geotic、待望の新作をハイレゾ&特別ライナー&インタヴューPDF付きで配信 先日のWWWやCIRCUS TOKYOでの来日公演での熱演も記憶に新しいLAを拠点に活動しているビートメイカー、Bathsことウィル・ウィーゼンフェルド。そのサイド・プロジェクトとしてこれまでにコンスタントに自主制作で作品をリリースしてきた名義、Geoticとしてアルバム『Abysma』をリリースする。リリースはエレクトロニック・ミュージックの名門、昨年グラミーにノミネートされたティコなどを擁する〈Ghostly International〉。これまでGeotic名義では10作以上のアンビエント作品を自身のBandcampで発表してきたが、名門レーベルからの本名義で初のオフィシャル・リリースとなる(日本では〈Tugboat〉からのリリース)。これまで彼がアンビエント的なアプローチで展開してきた穏やかなメロディのシンセに、緩やかなグルーヴがミックスされたカラフルなテクノ・アルバムとなっている。日本先行となる本作をOTOTOYでは独占ハイレゾ&特別版のライナーノーツ&インタヴューPDF(LAビ
by 寺島 和貴
DÉ DÉ MOUSE、祝活動10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信
[CLOSEUP]・2017年04月12日・DÉ DÉ MOUSE、祝10周年──6thアルバムのハイレゾ版、1ヶ月独占配信 〈RAW LIFE〉からインディ・ロック・シーンまでに届いたアンセム「baby's star jam」も収録のマスターピース、1st『tide of stars』から10年、DÉ DÉ MOUSEの通算6枚目のアルバムがここに完成した。きらびやかなカットアップ・シンセ・サウンドによるポップなエレクトロ・トラックは、まさに彼の真骨頂にして、そのスタイルの最新型とも言えるサウンドに仕上がり、ここ数年の活発なリリースの勢いをそのまま封入したようなエネルギッシュな作品とも言える。OTOTOYでは本作のハイレゾ版を1ヶ月独占で配信開始する。またリリースを記念して、こちらのアルバムから「pump it up (feat. Anamanaguchi from NY)」を2週間限定フリーダウンロードを開始(4月26日19時まで)! デビュー10周年を迎え、名義も新たに「DÉ DÉ MOUSE」と改めた、彼に話を訊いた。 6thアルバムのハイレゾ版1ヶ月独占配信DÉ DÉ MOUSE / dream you up(24bit/48kHz)'【T
by JJ
CUBERS、1st EP『シアン』をハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年04月20日・【REVIEW】“聴けるボーイズユニット”CUBERS、音楽的実験を見せた1st EPをハイレゾ配信 “聴けるボーイズユニット”CUBERSが1st EP『シアン』を完成させた。ブラックミュージックを軸に制作された1stアルバム『PLAY LIST』から一歩足を踏み出し、本作ではアイドル・ポップ然とした楽曲から、ギターリフが印象的なロック調、キャッチーなメロディとアレンジで構成された楽曲まで、バラエティに富んだ6曲を収録。そんな本作をOTOTOYではハイレゾ配信し、レビューとともにお届けする。 聴けるボーイズユニット、1st EPをハイレゾ配信スタートCUBERS / シアン'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 200円(税込) アルバム 1,080円(税込)【収録曲】''1. Circus2. NANDE3. サイケ4. Today5. Tic Tac6. 神様は忙しい REVIEW : 「聴けるボーイズユニット」だと思わず膝を叩かざるをえない 先日「はじめての男性グループ特集ーーまずはこれだけ押さえておくべし」という記事を公開した。 これは、男性グループに詳しい
by 西澤 裕郎
【ライブ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ
[REVIEW]・2017年04月19日・【ライヴ・レポート】京都の若きノスタルジー・バンド、バレーボウイズ いま京都では、ギリシャラブや本日休演、台風クラブなど、ノスタルジックなサウンドで懐かしさを醸し出しているバンドが1つのムーヴメントになりつつある。京都のインディー・シーンは今、彼らの話題で持ち切りなのだ。かつてくるりやキセルなど、京都の音楽シーンに注目が集まっていた時代があった。そんな時代の再来を期待させるような火種が、京都には転がっている。そしてその火種の1つに名乗り上げようとしているのが、超若手の7人組ノスタルジック・ロックバンド、バレーボウイズである。avex、DUM DUM LLP.、HOT STUFF、lute、ULTRA-VYBEが合同で開催し、特別審査員として中尾憲太郎(ex.ナンバーガール、Crypt City)、松田“CHABE”岳二(LEARNERS、CUBISMO GRAFICO)、MC.sirafu(片想い、ザ・なつやすみバンド)が参加した無差別級ライヴ・オーディション「TOKYO BIG UP! 」ではグランプリを獲得するなど、着々とその名を広めるバレーボウイズのライヴ・レポートをお届け。 テキスト : 水上健汰
【ハイレゾ配信】8年ぶりの新作『async』について訊く──坂本龍一メール・インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年04月17日・坂本龍一『async』について語る──メール・インタヴュー 8年ぶりの新作アルバムとしてリリースされるや、OTOTOYでも一気にチャートを駆け上がった坂本龍一の『async』。往年のファンはもちろんのこと、現在のアンダーグラウンドな電子音響のファンまで、広く聴かれるべき刺激的な作品となっている。OTOTOYでは本作をハイレゾで配信するとともに、アルバムまとめ購入には坂本龍一自らが書き下ろしたライナー、そしてクレジットなどが掲載された、CDと同様の内容のPDFライナーが付属している。そして、ここに坂本龍一からのメール・インタヴューが到着した。 24bit/96kHzハイレゾ+ブックレトPDF付きで配信坂本龍一 / async(24bit/96kHz)'【Track List】01. andata 02. disintegration03. solari04. ZURE05. walker 06. stakra 07. ubi08. fullmoon09. async10. tri 11. LIFE, LIFE12. honj13. ff14. garden【配信形態 / 価格】''24bit/96kHz WA
by 八木 皓平
白昼夢のミニマル・グルーヴ──D.A.N、ミニ・アルバム『TEMPEST』リリース
[CLOSEUP]・2017年04月19日・白昼夢のトロピカル・ミニマル・グルーヴ──D.A.N.の新作『TEMPEST』を巡って 1stアルバム・リリースからわずか1年、あれよあれよという間に、フジロック・フェスなど各種フェスに出演、さらにはリキッドルーム・ワンマンのチケットは即完……そんなバンドへと成長したD.A.N.。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの彼らから、まとまった作品としては1年ぶりとなるミニ・アルバム『TEMPEST』が届いた。すでに昨年末のデジタル・リリース & MVの公開でヒット、さらにはライヴでは定番となっている「SSWB」に加えて、こちらもすでにライヴで披露されている「Shadows」、「Tempest」といった新録曲が収録。今回ミックスを手がけているAOKI takamasaとFumitake Tamura(BUN) のユニット、Neutralの再構築による「Tempest」エデット・ヴァージョンも。またハイレゾ版デジタル・パッケージには、すでに完売となっている12インチ・シングルに収録されていたAOKI takamasaの「SSWB」リミックスがボーナス・トラックとして収録されている。さて本作から、半野喜弘、Jazztronik、
by 河村 祐介
筆者について
同じ筆者による他の記事