album jacket
 How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
1
First, Consider The Lillys  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 07:00 N/A
2
Wireless MK2  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 05:41 N/A
3
Siren 33 (Orphee Mirror)  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:49 N/A
4
4am Exhale (Chill Out, World!)  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 06:04 N/A
5
5th Dimensions  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 05:15 N/A
6
Sex (Panoramic Sex Heal)  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 01:39 N/A
7
7 Oaks  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 02:20 N/A
8
Just Because I Really Really Luv Ya  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:22 N/A
9
9 elms over river eno (channel 9)  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:06 N/A
10
The 10 Sultans Of Rudyard (Moo Moo Mix)  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:58 N/A
11
Alpine Morning (Expanded)  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 08:03 N/A
Album Purchase Privilege

BRC_524_Liner_ol.pdf
Album Info

ピンク・フロイド、KLFへの至高のアンサー… ジ・オーブのキャリア史上最もアンビエントな傑作!「俺たちにとって今までで最も“アンビエント"なアルバムだ-アレックス・パターソン。2015年には名門【Kompakt】に復帰し、精力的に活動を続けるアンビエント~ダブ・テクノのパイオニア、ジ・オーブが早くもキャリア通算16作目となる最新作をリリース! 実に6年もの歳月を要した前作『Moonbuilding 2703 AD』とは打って変わり、わずか半年足らずで完成したという本作は、アレックス・パターソンとトーマス・フェルマンがツアーの合間に行ったというフィールド・レコーディングやライブ音源を取り溜め、ここ数年で300本には達したというライブ・パフォーマンスで育んだという即興感覚のもとに制作が進められた。出来上がった作品にはピンク・フロイドやKLFを連想させる『COW / CHILL OUT, WORLD!』というタイトルが付けられ、これは破壊的な消費活動を続ける現代社会に対して「いい加減チルアウトしやがれ! 」というステートメントだと二人は語る。また今作には、盟友であるユース(キリング・ジョーク)、そしてブライアン・イーノの実弟にして、作曲家・演奏家としても活躍し、映画音楽も手がけるロジャー・イーノが参加。アルバム・タイトルに相応しいミニマルなジャケット・デザインは前作に続いてザ・デザイナーズ・リパブリックが担当し、日本盤CDにはボーナス・トラックが追加収録される。

Note

CDパッケージと同内容の、河村祐介によるライナーノーツPDF付き

Add all to INTEREST

Discography

Dance/Electronica

エレクトニックの巨人、ジ・オーブの20カ月ぶりとなるアルバムが、Cooking Vinylよりリリース。過去2作と違いユース、ロジャー・イーノ、ホリー・クック、ガイ・プラット(ピンク・フロイド)、ジャー・ウォブル(PiL、ブライアン・イーノ)等、多彩なアーティストをフィーチャーした作品。

Dance/Electronica

ピンク・フロイド、KLFへの至高のアンサー… ジ・オーブのキャリア史上最もアンビエントな傑作!「俺たちにとって今までで最も“アンビエント"なアルバムだ-アレックス・パターソン。2015年には名門【Kompakt】に復帰し、精力的に活動を続けるアンビエント~ダブ・テクノのパイオニア、ジ・オーブが早くもキャリア通算16作目となる最新作をリリース! 実に6年もの歳月を要した前作『Moonbuilding 2703 AD』とは打って変わり、わずか半年足らずで完成したという本作は、アレックス・パターソンとトーマス・フェルマンがツアーの合間に行ったというフィールド・レコーディングやライブ音源を取り溜め、ここ数年で300本には達したというライブ・パフォーマンスで育んだという即興感覚のもとに制作が進められた。出来上がった作品にはピンク・フロイドやKLFを連想させる『COW / CHILL OUT, WORLD!』というタイトルが付けられ、これは破壊的な消費活動を続ける現代社会に対して「いい加減チルアウトしやがれ! 」というステートメントだと二人は語る。また今作には、盟友であるユース(キリング・ジョーク)、そしてブライアン・イーノの実弟にして、作曲家・演奏家としても活躍し、映画音楽も手がけるロジャー・イーノが参加。アルバム・タイトルに相応しいミニマルなジャケット・デザインは前作に続いてザ・デザイナーズ・リパブリックが担当し、日本盤CDにはボーナス・トラックが追加収録される。

Dance/Electronica

生ける伝説ジ・オーブが名門<Kompakt>へ10年ぶりに帰還し、リリースした『Moonbuilding 2703 AD』のリミックス集Pt1がリリース!リミキサーに<Kompakt>の共同創設者Wolfgang Voigtが参加!

Dance/Electronica

2703年宇宙の旅、高まるイマジネーションは最高潮へ。再び、神のミラーボールが廻りだす。果てしなく広がる至福のアンビエント、どっぷりと旋回する至高のダブワイズ。生ける伝説ジ・オーブ、名門<Kompakt>へ10年ぶりに帰還!!

Dance/Electronica

2703年宇宙の旅、高まるイマジネーションは最高潮へ。再び、神のミラーボールが廻りだす。果てしなく広がる至福のアンビエント、どっぷりと旋回する至高のダブワイズ。生ける伝説ジ・オーブ、名門<Kompakt>へ10年ぶりに帰還!!

Dance/Electronica

祝結成25周年!アンビエントとダブ、そしてSFを愛するアレックス・パターソンとジミー・コーティ(The KLF) の2人が1988年に結成したテクノ・ユニット、ジ・オーブ。25周年のアニバーサリーを記念したスペシャルベスト盤の続編は90年代のアイランド・レーベル時代の後、21世紀に入ってリリースされたトーマス・フェルマン、ユースなどとの楽曲を含む全27曲!

News

The Master Musicians of Joujouka、The Orbと共に再来日決定

The Master Musicians of Joujouka、The Orbと共に再来日決定

The Master Musicians of Joujouka (ザ・マスター・ミュージシャンズ・オブ・ジャジューカ) の再来日が決定した。 その妖しい魔術的なグルーヴは、ティモシー・リアリー、ウィリアム・バロウズ、オーネット・コールマン、ブライアン・

重鎮3テクノ・アーティストのライヴ!──トーマス・フェルマン、バーント・フリードマン、ザ・フィールド

重鎮3テクノ・アーティストのライヴ!──トーマス・フェルマン、バーント・フリードマン、ザ・フィールド

明日の開催に迫った代官山UNITでのイベント〈UBIK presents LIVE IN CONCERT〉。 まさにその名の通り、イギリス、そしてドイツの重鎮テクノ / エレクトロニック・ミュージック・アーティスト、3人がライヴで登場する。 その3人とは

Articles

OTOTOY AWARDS 2015──クラブ / エレクトロニカ編──

コラム

OTOTOY AWARDS 2015──クラブ / エレクトロニカ編──

綺羅星、ジェイミー・エックス・エックス! OTOTOY AWARDS 2015──クラブ / エレクトロニカ編──ハウスのダンスフロアとインディ・ロックを結んだジェイミー・エックス・エックスの綺羅星のような存在感は“ある”として、クラブ系は2014年に出揃…

ジ・オーブ、6年ぶりとなる新作をハイレゾでリリース

レヴュー

ジ・オーブ、6年ぶりとなる新作をハイレゾでリリース

2703年、月面、神様のミラーボール、強烈なるダビー電子トリップーージ・オーブの最新作をハイレゾで配信開始UKダンス・シーンのベテラン、ジ・オーブ。ここ数年はリー・ペリーやデヴィッド・ギルモアなど超が付く大物たちとのコラボが続いたが、単独としてはひさびさと…

The Orb『Baghdad Batteries』 text by 田口和裕

インタヴュー

The Orb『Baghdad Batteries』 text by 田口和裕

1989年のデビュー以降、常にダンス・ミュージック界の最前線で活躍してきたテクノ/アンビエント界の重鎮The Orb(=アレックス・パターソン)。約2年振りにリリースされたアルバム『』は、2005年に独KOMPAKTからリリースされた「Okie Dokie…