ゆるふわ乙女系ラップを粉砕する──Moe and ghosts × 空間現代コラボ作ハイレゾ独占配信

2012年に発売された異形のフィメール・ラップ・アルバムとして話題となった1st『幽霊たち』から、約4年振りの作品リリースとなる"Moe and ghosts"と、昨年はオヴァルやマーク・フェル、ZS、OMSBら国やジャンルを越えたリミキサーが参加したリミックス・アルバム『空間現代REMIXES』をリリースし、日本最大級の国際舞台芸術祭「フェスティバル/トーキョー」に出演するなど各方面で注目を集める"空間現代"のコラボ・アルバムがリリース。互いの音楽を研究し尽くし、寄り添いながら昇華する、刺激に満ちた今作をOTOTOYではハイレゾ独占配信する。

音作りに関して、空間現代の録音には、にせんねんもんだい等を手がける野口太郎(なお、ラップ録音はMoe and ghostsユージーン・カイム)、ミックス・マスタリングに砂原良徳やiLL等を手がける益子樹が携わった。この作品の先にはZAZEN BOYSと対バンする渋谷WWWでのリリース・パーティーも待っている。音楽的快楽に手招く彼らの作品を、いますぐ聴いてみてほしい。

Moe and ghosts × 空間現代 / RAP PHENOMENON

【Track List】
01. DAREKA
02. 不通
03. 幽霊EXPO
04. TUUKA
05. 新々世紀レディ
06. 可笑しい
07. 少し違う
08. TASYATASYA
09. 同期
10. DOUKI
11. 数字
12. ITAI

【配信形態】
[左]24bit/48kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC
[右]16bit/44.1kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC / MP3

【価格】
[左]単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)
[右]単曲 200円(税込) / アルバム 1,800円(税込)


Moe and ghosts × 空間現代『RAP PHENOMENON』trailer


彼らのコラボ・ユニットの名前を聞いたのは、たしか1ヶ月ほど前、どこかのイベントで話した〈BLACK SMOKER〉のJUBEの口からだった。根元敬からマヒトゥ・ザ・ピーポーまでリリースする彼の口から出た「おもしろい連中がいる」というような話であった(〈BLACK SMOKER〉が仕切る「コンタクト」での4月29日のイベントにも出演するようだ)。そして手にした本作は、彼らが反応するのも納得の刺激に満ちたコラボと言えるだろう。

フィメール・ラッパー、Moeとトラックメイカー、ユージーン・カイムによるヒップホップ・ユニット、Moe and ghostsと、オルタナ・ロックの荒野をひたすらミニマル&変拍子で突き進むバンド、空間現代によるコラボ・ユニット。Moe and ghostsによる1st『幽霊たち』からは4年ぶり、空間現代にしてもオリジナルは2012年の2nd『空間現代2』からであれば同様、目下の最新作となる2014年のライヴ・アルバム『LIVE』からも2年ぶりとなる作品だ。2015年に開催された〈HEADZ〉の20周年イベントにて、その全貌は初披露された。

Moe and ghosts

本作のコラボは大きく分けて2つのスタイル、さらに細かく言えば4つの作品スタイルに分けられる。冒頭の「DAREKA」のようにユージーン・カイムが空間現代の音源を使いリプロデュースをした楽曲たち(「TUUKA」「TASYATASYA」「DOUKI」「ITAI」)がひとつ。そしてMoe and ghostsと共に空間現代が演奏している楽曲たちだ。後者をさらに分けると、もともとMoe and ghostsのレパートリーにあった楽曲を空間現代とともにリモデルした「幽霊EXPO」「新々世紀レディ」、その逆で空間現代の楽曲にMoe and ghostsがラップを乗せた「不通」「少し違う」「同期」「数字」といった楽曲。さらにはお互いの作曲方法などに影響を受けた全く新しい楽曲「可笑しい」の3つのスタイルに分けられる。

レーベルから提供されたMoeによる制作メモによれば「原則は、空間現代は、空間現代のままでいること。自分たちの楽曲を寸分違わず演奏する。Moe and ghostsは空間現代の楽曲を完全に理解したうえで、どう自分たちなりにアプローチするか。これがプロジェクトの肝」とある。

そのサウンド、特に空間現代の演奏によるリズムたちは、ラップの言葉のグルーヴと対話するように力強くスウィングするように聴こえるのだが、これがどちらかと言えばMoe and ghostsからの歩みよりであるとすれば凄まじいコラボだ。

空間現代

例えば既発の空間現代の楽曲にMoe and ghostsがラップを乗せた、「数字」あたりを聴くとおもしろい。むしろ空間現代の演奏が一歩一歩とラップの表現の側へと踏み込んだようなサウンドになっているように聴こえるのだ。言葉が司るイメージ、そして感情をさらにドライヴさせているのはスネアとハットの鋭い連打、ギターのカッティングといったバンド・サウンドたち。それは単なるバックバンド=伴奏というよりも、言葉を中心にした楽器表現といった方がいいような瞬間すらも現れる。連打される言葉を、まるで補完するかのようなイメージを空間現代の演奏が表現する。あるときはリズムが言葉の快楽のしもべとなる瞬間。そんなとき、はっとするほど鮮明な色がサウンドを包む。もちろんそれを色付けるのは言葉である。難解なリズム運びは言葉の快楽が補完する。しかもこれがMoe and ghostsによる空間現代楽曲の理解から生まれたのであればものすごいコラボと言えるだろう。

また山内マリコの「ここは退屈迎えに来て」のテキストを題材にした「可笑しい」。ある種グロテクスなサブカルチャーの選民的思想と、その感覚が通じない郊外の現実、そしてその間の苦悩をユーモラスに描くロードサイド・ストーリーなのだが、抑揚を抑えたMoeのポエトリー・リーディングなフロウと寄り添うミニマルな演奏が逸脱することで、景色を、感情を表現する。

前述のメモがすべての楽曲に適応されているのであれば、むしろ驚くのは「幽霊EXPO」のようなMoe and ghostsの既発曲をリメイクした演奏たちだ。やはりそこには、言葉を補完するかのような演奏がしっかりと楽曲を構成しているように聴こえるからだ。こうしたサウンドと言葉による二重らせんのダンスが、どこまでも音楽的な快楽を伴いながら登りつめていく。

またこうしたある種のカタルシスに満ちた空間現代の演奏によるトラックたちとは逆に、ユージーン・カイムによってリワークされたトラックたちは、ずたずたに解体されたリズムのグルーヴが持つ正調のおもしろさをすっと思い出させる。二重らせんの物語はアルバムの最後までさまざまな起伏を持ちながら続いていくのだ。また打ち込みトラックと生々しい演奏をアルバム1枚へとまとめ上げた益子樹のミックス・マスタリングもまた聴きどころのひとつだったりする。

雰囲気だけのゆるふわ乙女系ラップを粉砕する音楽的快楽にニヤリとする、そんな作品だ。

文 : 河村祐介

LIVE INFORMATION

"RAP PHENOMENON" release live
2016年5月30日(月)@渋谷WWW
出演 : Moe and ghosts × 空間現代 / ZAZEN BOYS
開場 : 18:30 / 開演 : 19:30
前売 : 3,000円(ドリンク代別)

過去配信作

Moe and ghosts

特集
>>噂のヒップホップ・ユニット。幽霊たちが、ついにベールを脱ぐ──Moe and ghosts メール・インタヴュー


空間現代

PROFILE

Moe and ghosts

ラップ担当の萌とトラック担当のユージーン・カイムによるゴーストコースト(彼岸)ヒップホップ。 2011年に本格的にラップ・トラック制作をはじめる。 2012年8月、初リリースにしてフル・アルバム『幽霊たち』発売。

>>Moe and ghosts Official HP


空間現代

野口順哉(Gt, Vo) / 古谷野慶輔(Ba) / 山田英晶(Dr)

2006年、現行メンバー3人によって結成。編集・複製・反復・エラー的な発想で制作された楽曲を、スリーピース・パンドの形態で演奏。これによるねじれ、 負荷が齎すユーモラスかつストイックなライブパフォーマンスを特徴とする。近年では演奏における一つの試みとして、並走する複数のグルーヴ/曲を行き来しながらも、ライヴに流れる時間全体が一つのリズムとして立ち現れてくる様なライヴ形態の構築と実践に取り組んでいる。

東京でのライヴを活動の中心としながらもECD / 飴屋法水 / 大橋可也&ダンサーズなど先鋭的なアーティスト達とのジャンルを超えたコラボレーションも積極的に行っている。現在は京都において 断続的に公演される演劇作品、劇団「地点」によるブレヒト戯曲作品『ファッツァー』の音楽を担当。

>>空間現代 Official HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

WHITE ASH解散、"愛"に溢れた10年の歴史を飾るベスト・アルバムをハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年03月29日・WHITE ASH解散、"愛"に溢れた10年の歴史を飾るベスト・アルバムをハイレゾ配信 2016年末に突如解散を発表したWHITE ASH。解散ライブなどはおこなわず、このベスト・アルバムで10年間に渡る活動が終了となる。メンバーがセレクトした24曲には、最後の新曲「Stealth」や未発表曲も収録され、タイトルどおり"愛"に溢れた内容となっている。OTOTOYでは本作をアルバム購入されたかたから抽選で3名様に、メンバー全員のサイン入りポスターをプレゼント。後世まで残るその音をハイレゾで味わってもらいたい。 アルバム購入者の中から抽選で3名にメンバー全員サイン入りポスタープレゼント!WHITE ASH / LOVE'【Track List】DISC 101.Stealth / 02.Ray / 03.Thunderous / 04.Crowds / 05.Ledger / 06.Night Song / 07.Casablanca / 08.Number Ninety Nine / 09.Insight / 10.Kiddie / 11.Hello, Afternoon / 12.VelocityDISC
by 小野島 大
Especiaの5年間、マネージャー清水大充と振り返るーーラスト・ライヴは3月26日(日)、新宿BLAZEにて
[CLOSEUP]・2017年03月10日・Especiaの5年間、マネージャー清水大充と振り返るーーラスト・ライヴは3月26日(日)、新宿BLAZEにて 2012年4月より大阪・堀江を拠点に活動をはじめたEspeciaが、2017年3月26日(日)、新宿BLAZEのワンマン・ライヴをもって解散する。サウンド・プロデューサーSchtein & Longerこと横山佑輝の作る、80年代後半のバブル期をテーマにしたディスコやブラコン、シティ・ポップは高い評価を得た。船上ライヴやNegiccoとのコラボレーションNegipecia、メジャー・デビューなどを経験し、メンバーが卒業。冨永悠香、森絵莉加は東京に拠点を移し、Mia Nascimentoを加え3人体制で活動を行い最後まで走り抜ける。そんな彼女たちの歴史の一部を切り取り網羅したベスト・アルバム『Wizard』をリリースし、その活動に幕を下ろすEspeciaの歴史をマネージャーの清水大充とともに振り返る。 ファイナル・ベスト・アルバムを配信スタートEspecia / Wizard'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 200円(税込) アルバム 2,400円(税込)【
by 西澤 裕郎
strange world's end、渾身の2ndアルバム『やっぱり、お前が死ねばいい。』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年03月23日・心の闇を突き破る、現代のエモーショナルロックーーstrange world's end、渾身の2ndアルバムに迫る 2017年に結成10周年を迎えたオルタナティヴ・ロック・バンド、strange world's end。オリジナル・メンバーである飯田カヅキ(Vo,Gt)、平マサト(Ba)の2人に、不遣ノ雨のフルカワリュウイチ(Dr)をサポート・メンバーとして迎え、2ndアルバム『やっぱり、お前が死ねばいい。』を完成させた。現代に生きる様々な人間の生々しい感情をストレートに表現した歌詞世界と、瑞々しいロック・サウンドで、リスナーの心の闇を揺さぶる問題作。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信、そしてメンバーへのインタヴューを敢行した。 渾身の2ndアルバムをハイレゾ配信スタートstrange world's end / やっぱり、お前が死ねばいい。(24bit/96kHz)'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 324円(税込) アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''1. 敗北2.接触3.無知の感染4.カレイドスコープ5.残念6.喪失7.終了8.コロニー9.発狂の渦10.
by 西澤 裕郎
成熟した憂いを感じさせる歌声。SSWタグチハナの愛をテーマとした最新作配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年03月20日・成熟した憂いを感じさせる歌声。SSWタグチハナの愛をテーマとした最新作配信&インタヴュー 昨年2016年に20歳を迎えたタグチハナは、同年3月29日に渋谷クラブクアトロという自身最大規模でのワンマン・ライヴを敢行。そのライヴは素晴らしいものだったが、それ以降、ライヴの回数は以前より目に見えて減ってしまっていた。実はあの大きなステージに立つ少し前から、彼女はあるわだかまりを感じ、結果として歌うことも楽しめなくなってしまっていたという。 あのクアトロ公演から約1年。当時所属していたレーベルを離れ、3rdミニ・アルバム『Vividness & The Naked』を完成させた。さらにあの日以来となるワンマン・ライヴも実施。アルバムはタイトル通り、生まれ変わったように鮮やかで、まっすぐに愛を歌ったラヴ・ソングが詰まっていた。タグチはいかにして"壁"を乗り越えたのか。その間、どのような心境の変化があったのか。インタビューで紐解いた。 またタグチは、叔父の布袋寅泰をはじめ、両親がともに過去にメジャーを経験しているなど、ミュージシャンに囲まれた環境で育っている。そんな身近にいる"先輩"たちが、彼女の音楽活動をどう見ている
冨田勲:ドクター・コッペリウス、ハイレゾ配信スタート
[CLOSEUP]・2017年03月22日・冨田勲の遺言ともいえる舞台作品ーードクター・コッペリウスをハイレゾ配信 2016年11月11日、12日、渋谷のBunkamuraオーチャードホールで冨田勲の追悼特別公演として開催された「ドクター・コッペリウス」は、冨田が他界前に上演を夢見て、亡くなる1時間前まで創作を続けてきたまさに遺言ともいえる舞台作品。冨田が長年追い求めてきた「宇宙への夢と希望」に満ち溢れた壮大なストーリーが、オーケストラとシンセサイザー、そして冨田の遺したオリジナルのエレクトロニックサウンド、さらにバレエと3DCGを伴いながら展開。終演後は大きな歓声と鳴り止まない拍手で幕を閉じた公演のライヴ・レコーディング。冨田の遺した電子音とオーケストラ・サウンド、そして初音ミクの歌が三位一体となった、これまでにない音楽の全貌がハイレゾ音源にて世に解き放たれる。 待望のライヴ音源をハイレゾ配信V.A. / 冨田勲:ドクター・コッペリウス (96kHz/24bit)【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 3,000円(税込)【収録曲】1. 第0楽章 飛翔する生命体 (96kHz/24bit
*祝! 高校卒業! KOTOが新シングルをリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年03月17日・祝! 高校卒業! KOTOの新シングル&シャオチャイポン1stシングルをハイレゾ配信開始 この3月に無事高校を卒業したKOTOが3曲入りシングル『JK卒業PACK』をリリース。さらに、”ゆり丸”の愛称で親しまれる平野友里とのユニット、シャオチャイポンの1stシングルもリリース。OTOTOYでは、この記念すべきタイミングでKOTOへのインタヴューを敢行。これまでの芸能生活を振り返ってもらうとともに、今後の活動についても語ってくれた。 KTOTO高校卒業記念シングルがハイレゾで登場! KOTO / JK卒業PACK(24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 540円(税込)【収録曲】1. PoisonGirl2. るっぱっぱ3. 甘い果実の物語 シャオチャイポン初となるシングル シャオチャイポン / URAHARAろまんちっく'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 500円
ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』
[CLOSEUP]・2017年03月09日・ニヤつくほど中毒性高しなシンセポップ——もう、あなたはZOMBIE-CHANGの音から逃れられない! モデルとしても活躍しているメイリンのプロジェクト、ZOMBIE-CHANG。80年代のニューウェイヴ・シンセ・ポップを彷彿とさせるローファイ・エレクトロ・サウンドと、脱力ラップ、歌謡曲などなど、声色の表現もゆたかな彼女の歌声がのる……、いやはやなんだかこれではその音楽のおもしろさをちょっとも語っていない。とにかく、これがなんだか、とてもとても中毒性のあるメロディと言葉のセンス、そして音色も含めてそのサウンドが頭をぐるぐると駆け回っていくのだ。1年ぶりにリリースした彼女の新作『GANG!』もまた、そんな彼女の音楽の魅力がしっかりとつまった作品となっている。OTOTOYは『GANG!』を配信するとともに、インタヴューを行った。 ZOMBIE-CHANG / GANG!'【Track List】01. I CAN’T GET TO SLEEP02. TARINAI03. TOKIDOKI04. KOURAKUEN05. KABENOMUKOU06. WEEKEND07. KAWAII BABY【配信形態 / 価格
by 河村 祐介
浅見北斗が語るハバナイ、そして音楽シーンの現状とは──新シングル『Fallin Down』をリリース
[CLOSEUP]・2017年03月16日・浅見北斗が語るハバナイ、そして音楽シーンの現状とは──新シングル『Fallin Down』をリリース 昨年11月に『The Manual (How to Sell My Shit)』をリリースしたHave a Nice Day! 。その勢いを止めることなく新作『Fallin Down』がリリースされる。今作は新曲「Fallin Down」に加え、「スカーフェイス」と「巨大なパーティー」の新録音、さらにリミックス・ヴァージョンという6曲収録。さらに今回は、 安孫子真哉(ex.銀杏BOYZ)がチーフ・プロデューサーを務めるレーベル〈KiliKiliVilla〉からのリリースとなる。なぜ〈KiliKiliVilla〉からのリリースに至ったのか、そしてHave a Nice Day! 、さらに言えば音楽シーンの現状ついて、浅見北斗の考えを訊いた。 勢いが止まらないハバナイ、新シングルを予約受付中! Have a Nice Day! / Fallin Down(24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】アルバム 1,080円