ゆるふわ乙女系ラップを粉砕する──Moe and ghosts × 空間現代コラボ作ハイレゾ独占配信

2012年に発売された異形のフィメール・ラップ・アルバムとして話題となった1st『幽霊たち』から、約4年振りの作品リリースとなる"Moe and ghosts"と、昨年はオヴァルやマーク・フェル、ZS、OMSBら国やジャンルを越えたリミキサーが参加したリミックス・アルバム『空間現代REMIXES』をリリースし、日本最大級の国際舞台芸術祭「フェスティバル/トーキョー」に出演するなど各方面で注目を集める"空間現代"のコラボ・アルバムがリリース。互いの音楽を研究し尽くし、寄り添いながら昇華する、刺激に満ちた今作をOTOTOYではハイレゾ独占配信する。

音作りに関して、空間現代の録音には、にせんねんもんだい等を手がける野口太郎(なお、ラップ録音はMoe and ghostsユージーン・カイム)、ミックス・マスタリングに砂原良徳やiLL等を手がける益子樹が携わった。この作品の先にはZAZEN BOYSと対バンする渋谷WWWでのリリース・パーティーも待っている。音楽的快楽に手招く彼らの作品を、いますぐ聴いてみてほしい。

Moe and ghosts × 空間現代 / RAP PHENOMENON

【Track List】
01. DAREKA
02. 不通
03. 幽霊EXPO
04. TUUKA
05. 新々世紀レディ
06. 可笑しい
07. 少し違う
08. TASYATASYA
09. 同期
10. DOUKI
11. 数字
12. ITAI

【配信形態】
[左]24bit/48kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC
[右]16bit/44.1kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC / MP3

【価格】
[左]単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)
[右]単曲 200円(税込) / アルバム 1,800円(税込)


Moe and ghosts × 空間現代『RAP PHENOMENON』trailer


彼らのコラボ・ユニットの名前を聞いたのは、たしか1ヶ月ほど前、どこかのイベントで話した〈BLACK SMOKER〉のJUBEの口からだった。根元敬からマヒトゥ・ザ・ピーポーまでリリースする彼の口から出た「おもしろい連中がいる」というような話であった(〈BLACK SMOKER〉が仕切る「コンタクト」での4月29日のイベントにも出演するようだ)。そして手にした本作は、彼らが反応するのも納得の刺激に満ちたコラボと言えるだろう。

フィメール・ラッパー、Moeとトラックメイカー、ユージーン・カイムによるヒップホップ・ユニット、Moe and ghostsと、オルタナ・ロックの荒野をひたすらミニマル&変拍子で突き進むバンド、空間現代によるコラボ・ユニット。Moe and ghostsによる1st『幽霊たち』からは4年ぶり、空間現代にしてもオリジナルは2012年の2nd『空間現代2』からであれば同様、目下の最新作となる2014年のライヴ・アルバム『LIVE』からも2年ぶりとなる作品だ。2015年に開催された〈HEADZ〉の20周年イベントにて、その全貌は初披露された。

Moe and ghosts

本作のコラボは大きく分けて2つのスタイル、さらに細かく言えば4つの作品スタイルに分けられる。冒頭の「DAREKA」のようにユージーン・カイムが空間現代の音源を使いリプロデュースをした楽曲たち(「TUUKA」「TASYATASYA」「DOUKI」「ITAI」)がひとつ。そしてMoe and ghostsと共に空間現代が演奏している楽曲たちだ。後者をさらに分けると、もともとMoe and ghostsのレパートリーにあった楽曲を空間現代とともにリモデルした「幽霊EXPO」「新々世紀レディ」、その逆で空間現代の楽曲にMoe and ghostsがラップを乗せた「不通」「少し違う」「同期」「数字」といった楽曲。さらにはお互いの作曲方法などに影響を受けた全く新しい楽曲「可笑しい」の3つのスタイルに分けられる。

レーベルから提供されたMoeによる制作メモによれば「原則は、空間現代は、空間現代のままでいること。自分たちの楽曲を寸分違わず演奏する。Moe and ghostsは空間現代の楽曲を完全に理解したうえで、どう自分たちなりにアプローチするか。これがプロジェクトの肝」とある。

そのサウンド、特に空間現代の演奏によるリズムたちは、ラップの言葉のグルーヴと対話するように力強くスウィングするように聴こえるのだが、これがどちらかと言えばMoe and ghostsからの歩みよりであるとすれば凄まじいコラボだ。

空間現代

例えば既発の空間現代の楽曲にMoe and ghostsがラップを乗せた、「数字」あたりを聴くとおもしろい。むしろ空間現代の演奏が一歩一歩とラップの表現の側へと踏み込んだようなサウンドになっているように聴こえるのだ。言葉が司るイメージ、そして感情をさらにドライヴさせているのはスネアとハットの鋭い連打、ギターのカッティングといったバンド・サウンドたち。それは単なるバックバンド=伴奏というよりも、言葉を中心にした楽器表現といった方がいいような瞬間すらも現れる。連打される言葉を、まるで補完するかのようなイメージを空間現代の演奏が表現する。あるときはリズムが言葉の快楽のしもべとなる瞬間。そんなとき、はっとするほど鮮明な色がサウンドを包む。もちろんそれを色付けるのは言葉である。難解なリズム運びは言葉の快楽が補完する。しかもこれがMoe and ghostsによる空間現代楽曲の理解から生まれたのであればものすごいコラボと言えるだろう。

また山内マリコの「ここは退屈迎えに来て」のテキストを題材にした「可笑しい」。ある種グロテクスなサブカルチャーの選民的思想と、その感覚が通じない郊外の現実、そしてその間の苦悩をユーモラスに描くロードサイド・ストーリーなのだが、抑揚を抑えたMoeのポエトリー・リーディングなフロウと寄り添うミニマルな演奏が逸脱することで、景色を、感情を表現する。

前述のメモがすべての楽曲に適応されているのであれば、むしろ驚くのは「幽霊EXPO」のようなMoe and ghostsの既発曲をリメイクした演奏たちだ。やはりそこには、言葉を補完するかのような演奏がしっかりと楽曲を構成しているように聴こえるからだ。こうしたサウンドと言葉による二重らせんのダンスが、どこまでも音楽的な快楽を伴いながら登りつめていく。

またこうしたある種のカタルシスに満ちた空間現代の演奏によるトラックたちとは逆に、ユージーン・カイムによってリワークされたトラックたちは、ずたずたに解体されたリズムのグルーヴが持つ正調のおもしろさをすっと思い出させる。二重らせんの物語はアルバムの最後までさまざまな起伏を持ちながら続いていくのだ。また打ち込みトラックと生々しい演奏をアルバム1枚へとまとめ上げた益子樹のミックス・マスタリングもまた聴きどころのひとつだったりする。

雰囲気だけのゆるふわ乙女系ラップを粉砕する音楽的快楽にニヤリとする、そんな作品だ。

文 : 河村祐介

LIVE INFORMATION

"RAP PHENOMENON" release live
2016年5月30日(月)@渋谷WWW
出演 : Moe and ghosts × 空間現代 / ZAZEN BOYS
開場 : 18:30 / 開演 : 19:30
前売 : 3,000円(ドリンク代別)

過去配信作

Moe and ghosts

特集
>>噂のヒップホップ・ユニット。幽霊たちが、ついにベールを脱ぐ──Moe and ghosts メール・インタヴュー


空間現代

PROFILE

Moe and ghosts

ラップ担当の萌とトラック担当のユージーン・カイムによるゴーストコースト(彼岸)ヒップホップ。 2011年に本格的にラップ・トラック制作をはじめる。 2012年8月、初リリースにしてフル・アルバム『幽霊たち』発売。

>>Moe and ghosts Official HP


空間現代

野口順哉(Gt, Vo) / 古谷野慶輔(Ba) / 山田英晶(Dr)

2006年、現行メンバー3人によって結成。編集・複製・反復・エラー的な発想で制作された楽曲を、スリーピース・パンドの形態で演奏。これによるねじれ、 負荷が齎すユーモラスかつストイックなライブパフォーマンスを特徴とする。近年では演奏における一つの試みとして、並走する複数のグルーヴ/曲を行き来しながらも、ライヴに流れる時間全体が一つのリズムとして立ち現れてくる様なライヴ形態の構築と実践に取り組んでいる。

東京でのライヴを活動の中心としながらもECD / 飴屋法水 / 大橋可也&ダンサーズなど先鋭的なアーティスト達とのジャンルを超えたコラボレーションも積極的に行っている。現在は京都において 断続的に公演される演劇作品、劇団「地点」によるブレヒト戯曲作品『ファッツァー』の音楽を担当。

>>空間現代 Official HP

o

 
 

レヴュー

愛乙女☆DOLL、2タイトル同時リリースのニューシングル独占ハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年08月15日・愛乙女☆DOLL、2タイトル同時リリースのシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 7人組アイドル・グループの愛乙女☆DOLL(らぶりーどーる)が約1年ぶりのシングル『夜明け前、虹が差す』『光のシンフォニー』の2タイトルを同時リリース、OTOTOY独占ハイレゾ配信がスタートした。グループ新体制後初の作品をひっさげて、夏恒例でもあるアイドルイベント / フェスに続々出演中のらぶどる。もう夏も終わりに近づいてますが… メンバー全員から夏フェスへの意気込みコメントをもらいました! 2タイトル同時リリース!愛乙女☆DOLL / 夜明け前、虹が差す'【収録曲】1. 夜明け前、虹が差す2. Brand-New-World 3. 夜明け前、虹が差す (Instrumental)4. Brand-New-World (Instrumental) 【配信形態】24bit/48kHz WAV / FLAC / ALAC / AAC【配信価格】単曲 257円(税込) / まとめ価格 1,000円(税込)愛乙女☆DOLL / 光のシンフォニー'【収録曲】1. 光のシンフォニー2. Lion〜孤高の騎士〜3. 光のシンフォニー (
OPNによる映画『Good Time』のサウンドトラック・アルバムをハイレゾ配信開始!
・2017年08月15日・REVIEW : 鬼才、OPNが手がけた本年度カンヌ・サウンドトラック賞受賞OSTをハイレゾ配信 もはや2010年代の電子音楽を象徴する存在といっても過言ではない、ダニエル・ロパティンによるプロジェクト、ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー(以下、OPN)。2015年のアルバム『Garden Of Delete』リリース以降の2年間も、オリジナルのアルバム・リリースはないものの、アノーニのアルバムをハドソン・モホークと手がけたり、FKAツイッグスとのコラボの噂などなど、その話題には事欠かない。そんなOPNの新作は、映画『Good Time』(日本は11月公開)のOSTとなっている。映画はNYで銀行強盗を企てる兄弟、その弟が逮捕され…… という、1文の映画紹介と、すでに公開されているトレイラーから伺い知ることしかできないものの、映画自体はおそらくかなりスリリング&物騒な内容ではないかと。またOSTとしての本作はすでに、本年度カンヌ・サウンドトラック賞受賞。すでにOSTとして高い評価を受けて話題になっている作品。さて鬼才OPNが手がけたOSTとは? OTOTOYでは本作をハイレゾ配信するとともに、CDと同内容
by 八木 皓平
【REVIEW】色彩をもたらす原風景の起源──haruka nakamura PIANO ENSEMBLEが築いた箱庭音楽の究極『光』
[REVIEW]・2017年08月08日・色彩をもたらす原風景の起源──haruka nakamura PIANO ENSEMBLEが築いた箱庭音楽の究極『光』 過去にはNujabesとも共作を果たし、ポストクラシカル・シーンのみならず多彩な活躍を続けるharuka nakamura。4th『音楽のある風景』(‘14)、LP+CD『CURTAIN CALL』(‘16)に続き、haruka nakamura PIANO ENSEMBLEの飽くなき挑戦の最高到達点ともいえるライヴ録音集がリリース。夕暮れを切り取ってきたこれまでのアルバムから、光そのものに焦点を当てた新作。静謐な序盤からクライマックスに向けて荘厳で壮大になっていく崇高な展開には息を呑むことだろう。そんなポストクラシカルの新たな名盤をOTOTOYでは独占ハイレゾ配信のスタートとともにレヴューをお届けする。 ポストクラシカルの新たな名盤をハイレゾ配信! haruka nakamura PIANO ENSEMBLE / 光'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC【配信価格】 単曲 432円(税込) / アルバム 2,700円(税込)【収録曲】''01.
by 中の人
【REVIEW】ローザ・ルクセンブルグの過去作3タイトルがハイレゾ・リマスタリングによって再発!!
[REVIEW]・2017年08月07日・ハイレゾで生々しく蘇る、どんと活動初期の歌声──ローザ・ルクセンブルグの過去作リマスタリング再発!! どんと(Vo.Gt)、玉城宏志(Gt)、永井利充(Ba)、三原重夫(Dr)からなる伝説のロック・バンド、ローザ・ルクセンブルグ。短い活動期間ながら強烈なインパクトを残したそのバンドは後にボ・ガンボスをはじめとしたバンドへと枝分かれしていく。そんな彼らが残したオリジナル・アルバム2枚とラスト・ライヴを収録したライブ盤がこの度ハイレゾ配信用にオリジナルのアナログ・マスター・テープからリマスタリングが施された。中でもラスト・ライヴを収録した『LIVE AUGUST』に関しては、アナログLP3枚組の当時の構成を完全再現するため、CD再発以降の同タイトルのものと比較するとフェードアウトのタイミングなどの変更が施されるなど、今までこのアルバムを楽しんで来た人も改めてこのアルバムの魅力に気付けるような仕様となっている。OTOTOYでは今作を24bit/96kHz及びDSD 5.6MHz/1bitの2つのフォーマットで配信がスタート。レヴューと共に改めて、彼らが残したそのサウンドに触れてみてください。 86年リリースのデビ
by 岡本 貴之
【REVIEW】fhánaがTVアニメ「ナイツ&マジック」のOP曲を収録した12枚目となるシングル『Hello!My World!!』をリリース!!
[REVIEW]・2017年08月02日・自らの手で作り出す、「新しい世界」──fhána12枚目となるシングルのハイレゾ配信がスタート!! 4月にリリースしたシングル『ムーンリバー』の話題も冷めやらぬまま、fhánaが早くもニュー・シングル『Hello!My World!!』を発売。今回のシングルは7月より放送が始まったアニメ「ナイツ&マジック」のオープニング・テーマとして放送中。今回もアーティスト盤、アニメ盤の2つの仕様でリリースされており、それぞれ異なるカップリング曲を収録。OTOTOYでは今回のシングルも、もちろんハイレゾで配信開始! レヴューと共にお楽しみください。 2つの仕様で異なるカップリング曲を収録!!fhána / Hello!My World!!'【Track List】01. Hello!My World!!02. 君の住む街(アーティスト盤)reaching for the cities(アニメ盤)03. Hello!My World!! -Instrumental-04. 君の住む街 -Instrumental-(アーティスト盤)reaching for the cities-Instrumental-(アニメ盤)【配信形
by 純三
アイドル界にセンセーションを巻きおこせ! つばきファクトリー2ndシングルをハイレゾ配信
[REVIEW]・2017年07月26日・アイドル界にセンセーションを巻きおこせ!つばきファクトリー2ndシングルをハイレゾ配信 モーニング娘。'17やアンジュルムなどが所属するハロー! プロジェクト(ハロプロ)から、ハロプロ研修生内新ユニットとして2015年4月に結成、今年2017年2月にメジャー・デビューした9人組ユニット、つばきファクトリーの2ndシングルがハイレゾで到着! つばきファクトリーの「たくましさ・かわいさ・せつなさ」が注入された3曲は、この夏大注目の作品です! 最新シングルをハイレゾ配信!「就活センセーション/笑って/ハナモヨウ」つばきファクトリー'【配信形態】(24bit/96kHz) WAV / ALAC / FLAC / AAC【配信価格】(税込) 単曲 540円 【Track List】 ''01. 就活センセーション02. 笑って03. ハナモヨウ REVIEW : 就活センセーション/笑って/ハナモヨウ 今年2017年2月22日に、メジャー1stシングル「初恋サンライズ/Just Try!/うるわしのカメリア」のトリプルA面シングルでメジャー・デビューを果たしたつばきファクトリー。それから5ヶ月、待望の2ndシングルは
【REVIEW】15年目に突入のNegicco──2作目となるベスト・アルバムをハイレゾ配信
・2017年07月20日・【REVIEW】15年目に突入のNegicco──2作目となるベスト・アルバムをハイレゾ配信 新潟在住の3人組アイドル・ユニットNegiccoが、キャリア15年目に突入した2017年7月20日、2作目となるベスト・アルバム『Negicco 2011~2017 -BEST- 2』をリリース。「光のシュプール」「ねぇバーディア」といったシングル曲はもちろん、作詞・作曲堀に堀込高樹、編曲にKIRINJIを迎えた書き下ろしの新曲「愛は光」、Homecomingsのギタリスト・福富優樹作詞の「ともだちがいない!」、《SIDE B楽曲から1曲を選ぶTwitterファン投票企画》にて圧倒的票数で選ばれた「さよならMusic」も収録。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信!! 大人のしなやかさと可愛らしさを持ち合わせたNegiccoの現在をお楽しみください。 2作目となるベスト・アルバムをハイレゾ配信Negicco / Negicco 2011~2017 -BEST- 2【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC単曲 201円(税込) / まとめ 2,401円(税込) 【収録曲】1. 愛は光
by 鈴木 雄希
【REVIEW】《12ヶ月連続配信企画》──goodtimes、十人十色は時に人を傷つける
[CLOSEUP]・2017年07月17日・【REVIEW】《12ヶ月連続配信企画、第5弾》──goodtimes、十人十色は時に人を傷つける 突如、アーティスト写真もなく素性も知れない2人組ギター・ロック・バンドが現れた。彼らの名前は「goodtimes(グッドタイムス)」。まだほとんど情報がないにも関わらず、2017年3月より《12ヶ月連続音源配信》をOTOTOYで行うことになった。そんな思い切った企画をスタートさせた彼らによる第5弾音源「灰色」を配信、レヴューを掲載する。 goodtimes12ヶ月連続配信、第5弾goodtimes / 灰色 '【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC>>ハイレゾとは? '【配信価格】価格 250円【収録曲】1. 灰色 REVIEW : 自分の立ち位置が不明瞭なものになってゆく 誰とでも仲良くなれて、周囲にも認められるあなたが憎たらしくてたまらない。何かを極めていたり、何かに振り切ることができる人が羨ましい。性格や容姿の系統、カースト、周りからの評価。様々な要素がその人の色を決定付ける。しかし、それを考えれば考えるほど、自分の立ち位置がむしろ不明瞭なものに思えてくる。鮮やかな
by 宮尾茉実