こどもたちが歌う坂本慎太郎、坂本慎太郎が歌う野口五郎!——こども合唱団によるカヴァー&昭和歌謡を新録カヴァーなシングル登場!

坂本慎太郎の衝撃のコンセプチャル・アルバム『ナマで踊ろう』リリースから約半年。アルバム楽曲からの新録、そして往年の名曲カヴァーをカップリングした、7インチ・ヴァイナル&配信限定のシングルが登場です!

今回はなんと、『ナマで踊ろう』から陽気なバンジョーとともにとんでもなく”怖い”社会を描いた、あの「あなたもロボットになろう」のセルフ(?)カヴァー的作品、なんですが、なんと歌っているのはこどもたち! 神奈川県は三浦市を拠点に活動するかもめ児童合唱団のこどもたちが歌っております。歌声はかわいいのに、歌詞とともになんだかうっすら怖い! そしてもう1曲は、野口五郎の1978年、レコード大賞金賞受賞の「グッド・ラック」の坂本慎太郎によるカヴァー!

同日にリリースされる限定7インチと配信のみのリリースで、CDでのリリースはありません! ということで7インチを買う予定のない方や買い逃した方、さらには7インチを買ったんだけど手軽に聴きたい! という方はこちらでご購入ください。ちなみにCD音質(16bit/44.1kHz)での配信は、実質OTOTOYの独占となります!

あなたもロボットになれる feat. かもめ児童合唱団

【配信価格】
ALAC / FLAC / WAV / mp3 : 単曲 250円 / アルバム 500円(各税込)

【Track List】
01. あなたもロボットになれる feat. かもめ児童合唱団 / 02. グッド・ラック

ディストピア童謡!

コンセプト・アルバム『ナマで踊ろう』、そのなかでもしゃれにならないSFのようなディストピアな風景を、擬似プロパガンダ・ソングとしてポップに歌いあげる「ロボットになろう」。底抜けに陽気なポップ・ソングで、歌詞ではロボトミー管理社会の理想郷を歌う。隙のないポップ・ソングと、そんな社会を肯定する歌詞は、それはどこか不穏でいて怖い。それこそアルバム・ジャケットでも語られているような『ナマで踊ろう』が掲げているコンセプトをある種、わかりやすく象徴する楽曲でもある。

この曲を、こどもの合唱団が歌う……。まさにアルバム・コンセプトをそのままさらにつきつめた、いわばディストピア童謡、ディストピアみんなのうたとでもいいましょうか。ユーモラスな荒唐無稽さで、うすら寒い管理社会やファシズムを卑近な恐怖として画いてしまう、そのイメージは、こどもに歌わせ、坂本慎太郎自身の筆によるアクリル絵具によるアニメMVで補完され、ひとつコンセプト・アートとも言える、そんな完成した世界観にまで到達した感覚すらある。それこそ、星新一やヴォネガットなどが画く、ユーモラスでいて怖い、一級品のディストピアSFのような趣すらある。


坂本慎太郎本人のアクリル絵具アニメによるMV

かもめ児童合唱団とは?

さて、ここで歌っている「かもめ児童合唱団」に関しても、音楽的にもおもしろい存在なので紹介しておこう。かもめ児童合唱団の楽曲はOTOTOYでも配信しているのでぜひとも聴いて欲しいのだが、作品がリリースされているあたりでわかるように、これがただのこども合唱団というわけではないようだ。

この合唱団は、三浦市在住の声楽家、小島晁子(ちょうこ)が1972年に結成した、三浦市の合唱団。公式ホームページによれば、4歳から6年生までの合唱団で、地元三崎出身の作曲家、小村三千三先生の昭和20年代の童謡など地元ゆかりの歌を語り注ぎたいという、小島晁子の思いではじまったのだという。お聴きの通り、いわゆるストイックな”合唱”というよりも、元気いっぱいに歌うこどもたちの無垢な歌声の、そのエネルギーをストレートに伝えるそんな歌声で、実際ひとりひとりがのびのびと個性そのままに歌うことがひとつ、この合唱団のスタイルなのだそうだ。

そんな合唱団だが、やはり三崎の活性化にも関わる音楽プロデューサー、音楽プロデューサー・藤沢宏光が出会い、2008年よりCDなど音源の制作も行っている。彼は、THE BOOMや小野リサ、小椋佳のアルバム制作にも関わっていた音楽業界のまさに中心にいた裏方でもある。彼のプロデュースによって、2010年にはアルバム『焼いた魚の晩ごはん』(配信パッケージは権利の関係で数曲少ない『骨まで食べて、ほめられた。』)をリリースしている。このアルバムには、かもめ合唱団の真骨頂とも言える小村三千三の童謡「まっててね」、地元ゆかりの「城ヶ崎の雨」などとともに、おそらく藤沢の手腕ではないだろうか、矢沢永吉「アイラブユーOK」、スピッツ「田舎の生活」、THE BOOM「故郷になってください」、さらにはブラジル音楽の至宝、ミルトン・ナシメント「トラベシア」(!!!!!)などの楽曲を、そのピュアすぎる歌声で披露。これがまたいいのだ。これまでも2013年春の人気ドラマ「泣くな、はらちゃん」(日本テレビ系列)の劇中歌「私の世界」、「初恋は片思い」を歌いヒットを飛ばしたのも記憶に新しいのではないでしょうか。

坂本慎太郎が歌う珠玉の筒美京平ワーク

そして2曲目「グッド・ラック」は、なんと野口五郎のカヴァー。この曲は、1978年にリリースされ、第9回日本歌謡大賞放送音楽賞、第20回日本レコード大賞金賞を受賞し、まさに野口五郎のキャリア、その全盛期を象徴する楽曲でもあります。


野口五郎「グッド・ラック」

作詞家に中村雅俊「ふれあい」、矢沢永吉「時間よ止まれ」といった名曲を手がけている山川啓介、そして作曲は筒美京平。筒美京平と野口五郎といえば「甘い生活」や「哀しみの終るとき」、「19:00の街」など多くのヒット曲を量産。そしてもちろん、その他、多くの歌手に楽曲を提供し、まさに昭和歌謡曲やアイドル楽曲を象徴する作曲家というのはご存知の通り。いまでも多くのアーティストやプロデューサーにもリスペクトされ続けておりますな。

今回はなんでも坂本慎太郎のカラオケ(想像ができません)の十八番とのことでカヴァー。フィリー・ソウル的な美しいストリングスの楽曲を、スティール・ギターとオルガンが絡み合う、ギロとコンガによるリズムが印象的なトラックで、坂本慎太郎が歌いあげております。『ナマで踊ろう』とも地続きの、どこか涅槃な臭いが支配する、これがまたサイケデリックAORともいうべきポップスになっております。

PROFILE

坂本慎太郎

1967年 : 9月9日大阪生まれ。
1989年 : ロックバンド、ゆらゆら帝国のボーカル&ギターとして活動を始める。21年間で、3本のカセットテープ、10枚のスタジオ・アルバム、1枚のスタジオ・ミニ・アルバム、2枚のライヴ・アルバム、1枚のリミックス・アルバム、2枚組のベスト・アルバムを発表。
2006年 : アートワーク集「SHINTARO SAKAMOTO ARTWORKS 1994-2006」発表。
2010年 : ゆらゆら帝国解散。解散後、2編のDVDBOXを発表。
2011年 : salyu×salyu「s(o)un(d)beams」に3曲作詞で参加。自身のレーベル、zelonerecordsにてソロ活動をスタート、1stソロ・アルバム『幻とのつきあい方』を発表。
2012年 : 以前から交流のあるYO LA TENGOのジェームズ・マクニューのソロ・プロジェクト”DUMP”の「NYC Tonight」にREMIXで参加。NYのOther MusicとFat Possum Recordsの新レーベル”Other Music Recording Co" から、『幻とのつきあい方』がUSリリース。
2013年 : 1月11日シングル『まともがわからない』(「まほろ駅前番外地」のエンディング曲) と同ドラマ劇中音楽を手掛ける。「攻殻機動隊ARISE」エンディング曲や、冨田ラボのアルバム「Joyous」に作詞で参加。舞台「高校中パニック! 小激突!!」では作曲で参加。
2014年 : Mayer Hawthorneとのスプリット7inch vinylを、4月19日の全米 / 全欧のRecord StoreDay限定でリリース(zelone / Republic)。5月28日に2ndソロ・アルバム『ナマで踊ろう』をリリース。

>>坂本慎太郎 OFFICIAL HP

PROFILE

かもめ合唱団
かもめ児童合唱団は神奈川県三浦市在住の声楽家、小島晁子先生の指導のもと、約40年前に結成され、現在4歳から13歳までの約30名のメンバーで構成されています。地元である三浦半島最南端の港町三崎に所縁のある北原白秋や小村三千三の作品を中心に歌い、三浦市内や近郊でのイベントや老人施設や空き地ライヴと称した自主ライヴを行っています。
2008年よりCD制作を始め、現在までにアルバム「焼いた魚の晩ごはん」など、3枚のオリジナルCD作品が発売されています。
2013年春、ドラマ「泣くな、はらちゃん」(日本テレビ系列)の劇中歌「私の世界」、「初恋は片思い」を歌い、音楽配信サイトで1位となり大きな話題になりました。
「みんなで歌えば、それが合唱!」というコンセプトのもと、大きな声で伸び伸びと歌う独特の合唱スタイルが魅力で全国に感動の輪が広がっています。
今まで共演したアーティスト : 由紀さおり、杉田二郎、ゆず、レ・フレール、他。

>>かもめ児童 合唱団 OFFICIAL HP

o

 
 

"Close Up"の最新アーカイヴ

WHITE ASH解散、"愛"に溢れた10年の歴史を飾るベスト・アルバムをハイレゾ配信
[CLOSEUP]・2017年03月29日・WHITE ASH解散、"愛"に溢れた10年の歴史を飾るベスト・アルバムをハイレゾ配信 2016年末に突如解散を発表したWHITE ASH。解散ライブなどはおこなわず、このベスト・アルバムで10年間に渡る活動が終了となる。メンバーがセレクトした24曲には、最後の新曲「Stealth」や未発表曲も収録され、タイトルどおり"愛"に溢れた内容となっている。OTOTOYでは本作をアルバム購入されたかたから抽選で3名様に、メンバー全員のサイン入りポスターをプレゼント。後世まで残るその音をハイレゾで味わってもらいたい。 アルバム購入者の中から抽選で3名にメンバー全員サイン入りポスタープレゼント!WHITE ASH / LOVE'【Track List】DISC 101.Stealth / 02.Ray / 03.Thunderous / 04.Crowds / 05.Ledger / 06.Night Song / 07.Casablanca / 08.Number Ninety Nine / 09.Insight / 10.Kiddie / 11.Hello, Afternoon / 12.VelocityDISC
by 小野島 大
Especiaの5年間、マネージャー清水大充と振り返るーーラスト・ライヴは3月26日(日)、新宿BLAZEにて
[CLOSEUP]・2017年03月10日・Especiaの5年間、マネージャー清水大充と振り返るーーラスト・ライヴは3月26日(日)、新宿BLAZEにて 2012年4月より大阪・堀江を拠点に活動をはじめたEspeciaが、2017年3月26日(日)、新宿BLAZEのワンマン・ライヴをもって解散する。サウンド・プロデューサーSchtein & Longerこと横山佑輝の作る、80年代後半のバブル期をテーマにしたディスコやブラコン、シティ・ポップは高い評価を得た。船上ライヴやNegiccoとのコラボレーションNegipecia、メジャー・デビューなどを経験し、メンバーが卒業。冨永悠香、森絵莉加は東京に拠点を移し、Mia Nascimentoを加え3人体制で活動を行い最後まで走り抜ける。そんな彼女たちの歴史の一部を切り取り網羅したベスト・アルバム『Wizard』をリリースし、その活動に幕を下ろすEspeciaの歴史をマネージャーの清水大充とともに振り返る。 ファイナル・ベスト・アルバムを配信スタートEspecia / Wizard'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 200円(税込) アルバム 2,400円(税込)【
by 西澤 裕郎
strange world's end、渾身の2ndアルバム『やっぱり、お前が死ねばいい。』をハイレゾ配信&インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年03月23日・心の闇を突き破る、現代のエモーショナルロックーーstrange world's end、渾身の2ndアルバムに迫る 2017年に結成10周年を迎えたオルタナティヴ・ロック・バンド、strange world's end。オリジナル・メンバーである飯田カヅキ(Vo,Gt)、平マサト(Ba)の2人に、不遣ノ雨のフルカワリュウイチ(Dr)をサポート・メンバーとして迎え、2ndアルバム『やっぱり、お前が死ねばいい。』を完成させた。現代に生きる様々な人間の生々しい感情をストレートに表現した歌詞世界と、瑞々しいロック・サウンドで、リスナーの心の闇を揺さぶる問題作。OTOTOYでは本作をハイレゾ配信、そしてメンバーへのインタヴューを敢行した。 渾身の2ndアルバムをハイレゾ配信スタートstrange world's end / やっぱり、お前が死ねばいい。(24bit/96kHz)'【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 324円(税込) アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''1. 敗北2.接触3.無知の感染4.カレイドスコープ5.残念6.喪失7.終了8.コロニー9.発狂の渦10.
by 西澤 裕郎
成熟した憂いを感じさせる歌声。SSWタグチハナの愛をテーマとした最新作配信&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年03月20日・成熟した憂いを感じさせる歌声。SSWタグチハナの愛をテーマとした最新作配信&インタヴュー 昨年2016年に20歳を迎えたタグチハナは、同年3月29日に渋谷クラブクアトロという自身最大規模でのワンマン・ライヴを敢行。そのライヴは素晴らしいものだったが、それ以降、ライヴの回数は以前より目に見えて減ってしまっていた。実はあの大きなステージに立つ少し前から、彼女はあるわだかまりを感じ、結果として歌うことも楽しめなくなってしまっていたという。 あのクアトロ公演から約1年。当時所属していたレーベルを離れ、3rdミニ・アルバム『Vividness & The Naked』を完成させた。さらにあの日以来となるワンマン・ライヴも実施。アルバムはタイトル通り、生まれ変わったように鮮やかで、まっすぐに愛を歌ったラヴ・ソングが詰まっていた。タグチはいかにして"壁"を乗り越えたのか。その間、どのような心境の変化があったのか。インタビューで紐解いた。 またタグチは、叔父の布袋寅泰をはじめ、両親がともに過去にメジャーを経験しているなど、ミュージシャンに囲まれた環境で育っている。そんな身近にいる"先輩"たちが、彼女の音楽活動をどう見ている
冨田勲:ドクター・コッペリウス、ハイレゾ配信スタート
[CLOSEUP]・2017年03月22日・冨田勲の遺言ともいえる舞台作品ーードクター・コッペリウスをハイレゾ配信 2016年11月11日、12日、渋谷のBunkamuraオーチャードホールで冨田勲の追悼特別公演として開催された「ドクター・コッペリウス」は、冨田が他界前に上演を夢見て、亡くなる1時間前まで創作を続けてきたまさに遺言ともいえる舞台作品。冨田が長年追い求めてきた「宇宙への夢と希望」に満ち溢れた壮大なストーリーが、オーケストラとシンセサイザー、そして冨田の遺したオリジナルのエレクトロニックサウンド、さらにバレエと3DCGを伴いながら展開。終演後は大きな歓声と鳴り止まない拍手で幕を閉じた公演のライヴ・レコーディング。冨田の遺した電子音とオーケストラ・サウンド、そして初音ミクの歌が三位一体となった、これまでにない音楽の全貌がハイレゾ音源にて世に解き放たれる。 待望のライヴ音源をハイレゾ配信V.A. / 冨田勲:ドクター・コッペリウス (96kHz/24bit)【配信形態】WAV / ALAC / FLAC / AAC【価格】単曲 540円(税込) アルバム 3,000円(税込)【収録曲】1. 第0楽章 飛翔する生命体 (96kHz/24bit
*祝! 高校卒業! KOTOが新シングルをリリース&インタヴュー
[CLOSEUP]・2017年03月17日・祝! 高校卒業! KOTOの新シングル&シャオチャイポン1stシングルをハイレゾ配信開始 この3月に無事高校を卒業したKOTOが3曲入りシングル『JK卒業PACK』をリリース。さらに、”ゆり丸”の愛称で親しまれる平野友里とのユニット、シャオチャイポンの1stシングルもリリース。OTOTOYでは、この記念すべきタイミングでKOTOへのインタヴューを敢行。これまでの芸能生活を振り返ってもらうとともに、今後の活動についても語ってくれた。 KTOTO高校卒業記念シングルがハイレゾで登場! KOTO / JK卒業PACK(24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 540円(税込)【収録曲】1. PoisonGirl2. るっぱっぱ3. 甘い果実の物語 シャオチャイポン初となるシングル シャオチャイポン / URAHARAろまんちっく'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム 500円
ZOMBIE-CHANGの中毒性高しなシンセ・ポップ『GANG!』
[CLOSEUP]・2017年03月09日・ニヤつくほど中毒性高しなシンセポップ——もう、あなたはZOMBIE-CHANGの音から逃れられない! モデルとしても活躍しているメイリンのプロジェクト、ZOMBIE-CHANG。80年代のニューウェイヴ・シンセ・ポップを彷彿とさせるローファイ・エレクトロ・サウンドと、脱力ラップ、歌謡曲などなど、声色の表現もゆたかな彼女の歌声がのる……、いやはやなんだかこれではその音楽のおもしろさをちょっとも語っていない。とにかく、これがなんだか、とてもとても中毒性のあるメロディと言葉のセンス、そして音色も含めてそのサウンドが頭をぐるぐると駆け回っていくのだ。1年ぶりにリリースした彼女の新作『GANG!』もまた、そんな彼女の音楽の魅力がしっかりとつまった作品となっている。OTOTOYは『GANG!』を配信するとともに、インタヴューを行った。 ZOMBIE-CHANG / GANG!'【Track List】01. I CAN’T GET TO SLEEP02. TARINAI03. TOKIDOKI04. KOURAKUEN05. KABENOMUKOU06. WEEKEND07. KAWAII BABY【配信形態 / 価格
by 河村 祐介
浅見北斗が語るハバナイ、そして音楽シーンの現状とは──新シングル『Fallin Down』をリリース
[CLOSEUP]・2017年03月16日・浅見北斗が語るハバナイ、そして音楽シーンの現状とは──新シングル『Fallin Down』をリリース 昨年11月に『The Manual (How to Sell My Shit)』をリリースしたHave a Nice Day! 。その勢いを止めることなく新作『Fallin Down』がリリースした。今作は新曲「Fallin Down」に加え、「スカーフェイス」と「巨大なパーティー」の新録音、さらにリミックス・ヴァージョンという6曲収録。さらに今回は、 安孫子真哉(ex.銀杏BOYZ)がチーフ・プロデューサーを務めるレーベル〈KiliKiliVilla〉からのリリースとなる。なぜ〈KiliKiliVilla〉からのリリースに至ったのか、そしてHave a Nice Day! 、さらに言えば音楽シーンの現状ついて、浅見北斗の考えを訊いた。 勢いが止まらないハバナイの新シングル! Have a Nice Day! / Fallin Down(24bit/48kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 270円(税込) / アルバム
筆者について
同じ筆者による他の記事