News

2019年06月05日15時00分

 
フライング・ロータス、アルバムの世界的ヒットを記念し、初長編監督作品『KUSO』まさかの再上映決定
 

底なしの創造力でシーンの大ボスとして君臨するFLYING LOTUS(フライング・ロータス)が、マグマのごとく燃えたぎるイマジネーションを詰め込んだ超大作『Flamagra』。

アンダーソン・パーク、ジョージ・クリントン、サンダーキャット、トロ・イ・モワ、ソランジュら、錚々たるゲスト・ヴォーカルに加え、デヴィッド・リンチまでもがナレーションで参加するなど、豪華客演も話題沸騰中の本作の世界的ヒットを記念して、フライング・ロータスが初映画監督を務めた作品『KUSO』が渋谷・シネクイントにてまさかの再上映が決定した。

『Flamagra』には、もともと『KUSO』のサウンドトラックとして起用された音源が多く収録されるなど、非常に関連の深い二作品。
2017 年のサンダンス映画祭での公式上映の際には多数の観客が上映途中に席を立ち、“史上最もグロテスクな映画”とも称された本作品は、昨年8月に渋谷・シネクイントで公開され、再び6月14日(金)より一週間限定で上映される。 (内)

【上映情報】
『KUSO』
上映期間 : 6月14日 (金) 〜 6月20日(木) レイトショー
会場 : 渋谷・シネクイント (渋谷区宇田川町20-11 渋谷三葉ビル7階)
料金 : 通常料金 (R18指定)
*チケットは6月7日 (金) 21:30よりシネクイントHP にて発売。
残席のある場合は6月8日 (土) 劇場オープン時より劇場窓口でも販売開始。
*内容はすべて予定です。いかなる事情が生じましても、ご購入後の鑑賞券の変更や払い戻しはできません。
*場内でのカメラ(携帯電話を含む)・ビデオによる撮影・録画・録音等は、固くお断りいたします。

<STORY>
ロサンゼルスでの大地震後、人々は奇病におかされながらの生活を送っていた。首に喋る“こぶ”ができた女、ある“とんでもない虫”で人を治療する医者、常にお腹を下している男の子、コンクリートを食べる女性...様々な人々が織りなす、それぞれの狂気のストーリーが描かれた 94 分間。もはや最後には感動すら覚えるこの作品、あなたは耐え抜くことが出来るだろうか...!

監督 : スティーヴ
音楽 : フライング・ロータス、ジョージ・クリントン、エイフェックス・ツイン、山岡晃
出演 : ハンニバル・バーエス、ジョージ・クリントン、デヴィッド・ファース
2017年/ 94 分/アメリカ/英語/カラー/ DCP
原題 : KUSO R18+
配給 : パルコ
宣伝協力 : ビートインク

あわせて読みたい