News

2018年12月20日14時33分

 
長澤知之、デジタル・リリースを皮切りに2019年3月にミニ・アルバムをリリース、4月にはアコースティック・ツアーも決定
 

2017年にデビュー10周年を迎え、ソロ活動と共にバンドAL(小山田壮平×長澤知之×藤原寛×後藤大樹)としても精力的に活動している長澤知之の新曲「Close to me(クロース・トゥー・ミー)」が12月19日(水)に各配信サービス上でデジタル・リリースされた。

アルバム『Archives #1』収録の前作「蜘蛛の糸」から約1年半ぶりとなる今作は、野外イベント〈Augusta Camp 2018〉(9月23日@富士急ハイランド コニファーフォレスト)で初披露され、会場限定販売だったダウンロード・カード(Mカード)は即完売。ストレートで純粋なメロディと歌詞が印象的なバラード。淡々と歌い始めながらも、徐々に熱量が零れていく歌唱、アレンジと歌詞、そして本人の手書きによる配信ジャケットにも注目してほしい。

来年2019年3月にミニ・アルバムのリリース、翌月4月からはアコースティック・ツアーも決定、今回のデジタル・リリースをスタートとし、ミニ・アルバム発売までの4か月、毎月新曲の連続単曲配信があることも明らかになった。加速する長澤知之の活動に注目していきたい。 (内)

「Close to me」リリック・ビデオ
https://www.youtube.com/watch?v=0n7GGFga8g8

あわせて読みたい