なんてことのない「心の風景」を、あえて、渡してみたい──長澤知之、デビュー10周年目の渾身の作、ハイレゾ配信

2016年前半、ALとしてのリリースとパフォーマンスでロック・シーンの話題をさらった長澤知之が、デビュー10周年の節目に渾身のソロ作品をリリース! 共同サウンドプロデューサー益子樹(ROVO)による、本人の鼓動に寄り添ったプロダクションを軸にもう死んだ人たち、ジム・オルークバンドなどでベーシストとして活動する須藤俊明、大柴広己のサポート他で知られるドラム・吉本ヒロ、ゲスト・コーラスに一色徳保(つばき)が参加。「風鈴の音色」では新鋭の女性シンガー・ソングライター、村上紗由里をメイン・ヴォーカルに添える大胆な試みも披露。今までにない実験性と彼の持つ普遍性が融合した意欲的な作品に仕上がった。OTOTOYではCDの発売に先駆け、ハイレゾ配信をスタート。

デビュー10周年を迎えて渾身のソロ・アルバム、先行ハイレゾ配信!!

長澤知之 / GIFT
【Track List】
01. 時雨
02. 舌
03. アーティスト
04. 君だけだ Acoustic Ver.
05. ボトラー
06. 風鈴の音色
07. 無題

【配信形態 / 価格】
24bit/96kHz(WAV / ALAC / FLAC) / AAC
アルバム 2,800円(税込)

REVIEW : 長澤知之『GIFT』

わたしたちにはそれぞれ、どんな「心の風景」があるだろう。たとえばそれは、自分のふるさとの景色かもしれないし、夜道で遠くから聞こえる電車の音かもしれない。あるいは、惨めさを感じた夕方。寝起きに聞こえた雨音。イヤホンコードの絡まりを解きながら家を出る瞬間。いつの間にか、あんなに欲しかったものが溜息にかわってしまっていたこと。どうにも名前のつけられない、「無題」と呼びたくなるような心の隙間。


長澤知之 / 無題

長澤知之の新譜『GIFT』は、自身のブログで宣言していた通り「流れる水みたいな」アルバムだった。常に流れているからこその澄み切った美しさや諦め、そして流れの中でも揺るがない信念。日常や、感情にしても、たくさんの思い出にして“流れていく”ということは、きっと滞ることよりも難しいことだろう。流れるために必要なのは、緩急と挑戦。それが、アルバム全体の構成や、言葉選び、感情の波、音の一つ一つによって表現されている。特に、今回自身初の取り組みとして日本のダンス・ミュージックを牽引してきたROVOの益子樹を共同サウンド・プロデューサーに迎えたことによって、音の配置が整理され、言葉とサウンドが絶妙に絡み合うよう研ぎ澄まされていったように感じられる。

でもきっと、それだけではない。流れるために必要なのは、自分ではない“誰か”の存在じゃないだろうか。ひとりでは滞ってしまうような日常が、“誰か”の些細な一言で、いとも簡単に流れていくこともあるのだ。それがとてもよく表れているのは、2曲目「舌」のあちこちに散りばめられた「ただいま」「おかえり」「おはよう」「おやすみ」といった不特定多数の“誰か”の声。その様々な声には、自分ひとりでは成立し得ない空気と温度が宿っている。それは、きっと誰しもが頷ける、普遍的なもの。冬の日のお鍋のような、あたたかな感触だ。

「あなたがくれた思い出がよみがえる」(6曲目「風鈴の音色」より)

そんな流れゆく日常の中でも、たしかに残っていく「心の風景」。『GIFT』には、誰かに、あるいは自分に、リボンをかけて渡したくなるような、自分だけの心の風景を見ることができる。それはおそらく、他人の目から見ればなんてことのないものだ。でもそれを、あえて、渡してみたい。『GIFT』という名の通り、この作品は聴く人それぞれに特別なものを感じさせる、彼からの、そしてあなたからの、唯一無二の贈り物だ。ただのセンチメンタルではなく、流れるように、ずうっと聴いていられる、澄んだアルバムだ。(text by 角萌楓)

関連作品

AL / 心の中の色紙

世代を代表するソングライター、小山田壮平と長澤知之から生み出される珠玉のリリックとメロディー。確固たるパートナーシップで築かれたハーモニーが鳴り響き、藤原寛と後藤大樹による鉄壁のグルーヴが加わるALの傑作アルバム。

>>ALのインタヴューはこちら

LIVE INFORMATION

Nagasawa Tomoyuki Live 'Gifted' 2017
2016年1月21日(土)@東京キネマ倶楽部
2016年1月24日(火)@umeda AKASO
2016年1月31日(火)@福岡LIVE & 喫茶 照和
2016年2月1日(水)@福岡LIVE & 喫茶 照和

PROFILE

長澤知之

2006年「僕らの輝き」でデビュー。以降コンスタントにライヴ活動を行いながら、2011 年4月に発表した自身初のフル・アルバム『JUNKLIFE』が各所で評判となり、活動の幅が一気に広がる。2013年11月には、多様なアーティストをゲストに迎えた楽曲を含むセカンド・アルバム『黄金の在処』をリリース。

2015年、自身の活動と並行し、プライベート・プロジェクトとして楽曲制作やライヴを断続的に行っていたユニット、AL(小山田壮平×長澤知之)をバンドとして正式に活動発表。2016年4月13日にファースト・アルバム『心の中の色紙』をリリースし、全国ツアー「AL 1st Tour 2016」を開催した。

7月からは「Nagasawa Tomoyuki Acoustic Live 2016」をスタート、11月3日(木・祝)には渋谷 duo MUSIC EXCHANGEでのファイナル公演を迎え、12月7日にミニ・アルバム『GIFT』をリリース。来年1月にはツアー「Nagasawa Tomoyuki Live 'Gifted' 2017」の開催が決定している。

>>長澤知之 オフィシャル・サイト

TOP