VISUALSHOCK! SPEEDSHOCK! SOUNDSHOCK!

Moe and ghosts / 新世紀レディ

ラップ担当の萌とトラック担当のユージーン・カイムによるゴースト・コースト(彼岸)・ヒップホップ。2011年に本格的にラップ、トラック制作をはじめる。2012年8月、初リリースにしてフルアルバム『幽霊たち』発売。今作はアルバムには収録されず、配信限定の1stシングル。

【価格】
mp3 : 150円

ゴースト・コースト・ヒップホップ

ジャパニーズ・ヒップホップの潮流とは一線を画す。

彼岸のヒップホップ・ユニット、Moe and ghosts。

先行配信シングル。

21曲収録のフル・アルバム『幽霊たち』は8月リリース。

硬直した音楽シーンに風穴を開ける。

'ラップ担当、萌。'

日本語スレスレの濃密ラップ。

ソリッド&ハイパー・ジェンダー・ヴォイス。

圧倒的。

様々な時代、ジャンル。

'ユージーン・カイム制作によるトラック。'

ラップに呼応。

ヒップホップの枠に囚われない。

さまざまなヴァリエーションのリズム。

カラフルな音色。

アルバム全体を彩る。

「スカボロー・フェア」のカヴァーにはテニスコーツの植野隆司がサックスで参加。

マスタリングはINNER SCIENCEこと西村尚美が担当。

7月18日発売のファースト配信シングル「新世紀レディ」はアルバム未収録。

キーワードは「VISUALSHOCK! SPEEDSHOCK! SOUNDSHOCK!」。

PROFILE

Moe and ghosts
ラップ担当の萌とトラック担当のユージーン・カイムによるゴースト・コースト(彼岸)ヒップホップ。2011年に本格的にラップ、トラック制作をはじめる。2012年8月、初リリースにしてフルアルバム「幽霊たち」発売。また、萌は大谷能生と劇作家・中野成樹の共同プロデュース作『みずうみのかもめ』(2010年『長短調(または眺め身近め)』公式サウンドトラック)に限定ユニット「みずうみ」のメンバーとして参加。同じく大谷能生が音楽担当した生西康典の舞台作品『Momo,Momoko,Moe et……the silence between dreams』にも参加。他にもテニスコーツの植野隆司、今井和雄、ククナッケ等とライヴ共演している。

Moe and ghosts official HP