2011/05/29 00:00

ホテルニュートーキョーからのフリー・ダウンロード曲が到着!



——今までやってきた事を、今あるべきカタチで。 / ホテルニュートーキョー従業員一同

>>ホテルニュートーキョー「切り取られた時代のフェイク、その先にあるモノ。」
のフリー・ダウンロードはこちら

今谷忠弘のソロ・ユニット、ホテルニュートーキョーが、2010年にリリースした『トーキョー アブストラクト スケーター ep』に収録されている「Dawn」を元に再構築した楽曲「切り取られた時代のフェイク、その先にあるモノ。」を発表した。本作は、たたみかけるドラム、随所にちりばめられたスティールパン、メロディー・ラインを奏でるホーンが音の洪水を生み出すアグレッシヴな原曲から一転して、凪のように穏やかなギターの音色から始まり、メロディーが広がっていく叙情的な作品となった。そして何より驚かされたのは曲の終盤。曲の情景に浸り、空想に耽っているところでふっと現実に呼び戻される仕掛けには、「切り取られた時代のフェイク」が、「その先にあるモノ」が何なのかを考えさせる力がある。美しい世界と現実の両方を提示することによって、今自分がいる場所を再確認させるのだ。ただ美しいだけの曲では終わらせないホテルニュートーキョーの手腕に脱帽してしまう。

震災後、ホテルニュートーキョーは、Candle Juneを中心に立ち上げられた、アクションを起こす/伝えるプロジェクト「LOVE FOR NIPPON」に参加している。彼の今後の活動にも注目していきたい。

ホテルニュートーキョー PROFILE

2003年、今谷忠弘のソロ・ユニットとして始動。
その後、バンド編成によるライブ活動を展開。
2006年5月、12inchシングル『東京ワルツ』(須永辰緒、曽我部恵一REMIX含む)でデビュー。
同年8月、アルバム『ガウディの憂鬱』をリリース。メランコリックでシュールな世界観が多方面で話題となる。
2009年3月には、toeの柏倉隆史が全面参加した2ndアルバム『2009 spring/suumer』を、2010年6月にEP『トーキョー アブストラクト スケーター ep』をリリース。

TOP