Track TitleDurationPrice
拝啓グッバイさようなら alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:43  
曲番クリックで試聴できます Total: 03:43
作品情報

DAOKO 配信シングル「拝啓グッバイさようなら」TVアニメ 神撃のバハムート VIRGIN SOUL エンディングテーマ

ディスコグラフィー

  • 岡村靖幸の楽曲「カルアミルク」をDAOKO がカバー
  • 「血界戦線 & BEYOND」エンディング・テーマ
  • 米津玄師とDAOKO が出会い、映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』とDAOKO が出会った。 必然的に出会った彼らが『打上花火』を完成させた。彼らが奏でる音楽は、壮大なミディアムバラードに、夕暮れから花火が上がるまでの情景、せつない恋心を歌い上げる。DAOKO と米津玄師が掛け合い、その声の切なさ、印象的なトラックは、映画に花を添える。米津玄師プロデュースの本楽曲は、印象的なピアノのイントロリフから、ストリングスを入れつつも、エレクトロトラックを融合させた現代のバラードが完成。2曲目には、『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』挿入歌『Forever Friends』が収録。『Forever Friends』は、テレビドラマシリーズ “If もしも" の一作品として1993年に放送された際のREMEDIOS描き下ろし楽曲をカバー。DAOKOの印象的な声で、新たな『Forever Friends』を幻想的に歌いあげる。
  • 米津玄師とDAOKO が出会い、映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』とDAOKO が出会った。 必然的に出会った彼らが『打上花火』を完成させた。彼らが奏でる音楽は、壮大なミディアムバラードに、夕暮れから花火が上がるまでの情景、せつない恋心を歌い上げる。DAOKO と米津玄師が掛け合い、その声の切なさ、印象的なトラックは、映画に花を添える。米津玄師プロデュースの本楽曲は、印象的なピアノのイントロリフから、ストリングスを入れつつも、エレクトロトラックを融合させた現代のバラードが完成。2曲目には、『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』挿入歌『Forever Friends』が収録。『Forever Friends』は、テレビドラマシリーズ “If もしも" の一作品として1993年に放送された際のREMEDIOS描き下ろし楽曲をカバー。DAOKOの印象的な声で、新たな『Forever Friends』を幻想的に歌いあげる。
  • DAOKO 配信シングル「拝啓グッバイさようなら」TVアニメ 神撃のバハムート VIRGIN SOUL エンディングテーマ
  • DAOKO 配信シングル「拝啓グッバイさようなら」TVアニメ 神撃のバハムート VIRGIN SOUL エンディングテーマ
  • 2013年に発売されたdaokoのセカンドアルバム「GRAVITY」にリミックスを追加&リマスタリング、アートワークも生まれ変わった新装版が発売。アートワークはCHiNPAN、夢乃が担当。
  • 2ndシングルはTriple A Sideでのリリース! 「もしも僕らがGAMEの主役で」は、Cygames新TVCMタイアップに決定!!明るいポップでDAOKOらしさを兼ね備えたニュー・ダンスチューン。「ダイスキ with TeddyLoid」は、学校法人・専門学校HAL(東京・大阪・名古屋)の2016年度の新TVCMソングのDAOKOバージョン楽曲。「PALOW×吉崎 響×TeddyLoid×DAOKO」で担当している。「運命が、変わりたがっている。」という印象的なキャッチコピーは自分の気持ちに正直でいることの大切さが込められているが、楽曲は喜怒哀楽を表現し、寂しさや孤独を言葉にDAOKOから自己表現することの大切さを問いかける。脳を貫くヘヴィーロック&ウィスパー&シャウトなフラストレーション爆発系、「BANG!」は明るくPOPでCLAPを強調した楽曲に、いたずらな女の子のラブストーリーをDAOKOらしい心に突き刺さるワードで表現したニュー・ダンスチューン。「FASHION」は、Reebok CLASSIC Furylite WEB Movieイメージソングとして起用された楽曲。ライブではラップで盛り上がり、彼女のファッションに対する想いを歌詞にした、90年代前半アシッドジャズトラックミュージック。
  • 2ndシングルはTriple A Sideでのリリース! 「もしも僕らがGAMEの主役で」は、Cygames新TVCMタイアップに決定!!明るいポップでDAOKOらしさを兼ね備えたニュー・ダンスチューン。「ダイスキ with TeddyLoid」は、学校法人・専門学校HAL(東京・大阪・名古屋)の2016年度の新TVCMソングのDAOKOバージョン楽曲。「PALOW×吉崎 響×TeddyLoid×DAOKO」で担当している。「運命が、変わりたがっている。」という印象的なキャッチコピーは自分の気持ちに正直でいることの大切さが込められているが、楽曲は喜怒哀楽を表現し、寂しさや孤独を言葉にDAOKOから自己表現することの大切さを問いかける。脳を貫くヘヴィーロック&ウィスパー&シャウトなフラストレーション爆発系、「BANG!」は明るくPOPでCLAPを強調した楽曲に、いたずらな女の子のラブストーリーをDAOKOらしい心に突き刺さるワードで表現したニュー・ダンスチューン。「FASHION」は、Reebok CLASSIC Furylite WEB Movieイメージソングとして起用された楽曲。ライブではラップで盛り上がり、彼女のファッションに対する想いを歌詞にした、90年代前半アシッドジャズトラックミュージック。
  • 2015年3月、1stアルバム「DAOKO」にて、女子高生にしてメジャーデビューを果たしたDAOKO。そのハイクオリティな楽曲と、彼女のセンセーショナルな歌詞はたちまち音楽シーンで注目を集め、デビューアルバムにしてロングヒットを記録。その勢いを決定づける、1stシングル「ShibuyaK/さみしいかみさま」の両A面シングルリリースが決定!
  • 2015年3月、1stアルバム「DAOKO」にて、女子高生にしてメジャーデビューを果たしたDAOKO。そのハイクオリティな楽曲と、彼女のセンセーショナルな歌詞はたちまち音楽シーンで注目を集め、デビューアルバムにしてロングヒットを記録。その勢いを決定づける、1stシングル「ShibuyaK/さみしいかみさま」の両A面シングルリリースが決定!
  • わずか16歳にして、m-floに見出され2013年9月映画の主題歌に起用。さらに、中島哲也監督の目に止まり、2014年公開映画「渇き。」では挿入歌に抜擢。同年11月には庵野秀明監督率いるスタジオカラーそしてドワンゴが贈る短編映像シリーズ「日本アニメ( ーター)見本市」第3話に抜擢され各界から注目されているdaoko。遂に始動!
  • わずか16歳にして、m-floに見出され2013年9月映画の主題歌に起用。さらに、中島哲也監督の目に止まり、2014年公開映画「渇き。」では挿入歌に抜擢。同年11月には庵野秀明監督率いるスタジオカラーそしてドワンゴが贈る短編映像シリーズ「日本アニメ( ーター)見本市」第3話に抜擢され各界から注目されているdaoko。遂に始動!
  • daokoとLOW HIGH WHO?によるラストアルバム。「次元」を意味する「Dimension」。多角的センスを持った彼女の更に深みを増した楽曲が連なっている本作。POPSの要素を前提に、淡いメロディラインを主軸に、無機質の中の感情を巧く表現した新しい「daoko」がここには在る。女子から女性へと変化した成熟と未完の彼女の集大成。このリリースでLHW?での活動を終了する彼女のラストアルバムはとても美しく、儚くある。まるで蝶が飛び立つ瞬間のようだ。
  • 花、蝶、和、宙。。。彼女のイマジネーションが、センセーショナルに解き放つ、待望のセカンドアルバム。低音による幕開け、囁き、宙に浮いた様に舞うフロウ。唯一無二なモノへと昇華し、初期衝動の様に皆を歓喜に満たしてくれる。彼女が住む、東京を謳い、抜け殻を被って言葉を吐く。等身大であり、背伸びもした、今ここに存在するのは「daoko」だ。
  • ファーストアルバム「HYPER GIRL-向こう側の女の子-」のヒットから9ヶ月。Pigeondustをプロデュースに迎えた超ドリーミーラップナンバー「UTUTU」をリードに、カップリングにはLHW?過去楽曲の中から彼女の目線でリリックを再構築した2曲「蛇の心臓(オリジナル = Paranel)」「ぐちぐち(オリジナル = Jinmenusagi)」。他、LHW?メンバーによるリミックス3曲、新曲「真夏のサイダー」をコンパイルしたスペシャル盤EP。
  • 既にネット上で話題の15歳の少女「daoko/だをこ」によるファーストアルバム "HYPER GIRL:向こう側の女の子" 完成!アルバムタイトル「HYPER」とは「向こう側/超越」という意味で、彼女のリアルを飛び越えた想像世界との交差が描かれている。ポエトリーリーディング、美しいコーラスワーク、ラップ、バランス良く絡む絶妙な彼女の表現は圧巻。ティーンエイジャーらしく初々しい言葉を軽やかに並べたかと思えば、不意に「ドキっ!!」とさせられるような大人びた言葉を囁く。さらに中毒性の在る彼女の「声色」が最強の武器として魅了する。Yuji Otaniや観音クリエイションらが作り出す叙情的でありながらカラフルなトラックの上で歌う少女の姿は不可思議/wonderboyの望んだ未来なのだろう。2012年も歩みを止めることなく、その圧倒的なクリエイティヴィティを発揮してきたLOW HIGH WHO?10作目にして、2012年を締め括るに相応しい、ときめく傑作。

Features

【REVIEW】DAOKO、アニメのエンディングテーマを書き下ろした配信シングルリリース

【REVIEW】DAOKO、アニメのエンディングテーマを書き下ろした配信シングルリリース

希望と葛藤に生きる主人公に重ねた想いーーDAOKO、アニメのエンディングテーマを書き下ろしラップシンガーDAOKOが、配信シングル「拝啓グッバイ…

16歳JKラッパーdaokoのスペシャル盤EPがリリース!12月にセカンドアルバムも控えているdaokoの成長は止まらない!

16歳JKラッパーdaokoのスペシャル盤EPがリリース!12月にセカンドアルバムも控えているdaokoの成長は止まらない!

前作『HYPER GIRL –向こう側の女の子-』で、軽やかに、そして年齢相応の痛みを伴ってデビューした16歳の女性ラッパー、daokoが新作『…