album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
ステップアップLOVE -- DAOKO×岡村靖幸  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 04:13
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 04:13

Discography

Pop

2018年12月にリリースされた3rd ALBUM『私的旅行』以来、約1年半ぶりのフルアルバムは、メジャー1stアルバム『DAOKO』以来、片寄明人 (GREAT3) と自身の共同プロデュース!2018年 12月にリリースされた3rd ALBUM『私的旅行』以来、約 1年半ぶりとなるフルアルバム『anima』のリリースが決定。本アルバムは、1stアルバムのプロデューサー・片寄明人と再度タッグを組み、DAOKOと片寄明人の共同プロデュースの作品となっている。今年DIGITAL RELEASEされた「御伽の街」「おちゃらけたよ」に加え、アルバム『DAOKO ×ドラガリアロスト』の初回限定盤のみに収録されているスチャダラパーとのコラボ曲「ハイセンスパイセン」も収録。

Pop

2018年12月にリリースされた3rd ALBUM『私的旅行』以来、約1年半ぶりのフルアルバムは、メジャー1stアルバム『DAOKO』以来、片寄明人 (GREAT3) と自身の共同プロデュース!2018年 12月にリリースされた3rd ALBUM『私的旅行』以来、約 1年半ぶりとなるフルアルバム『anima』のリリースが決定。本アルバムは、1stアルバムのプロデューサー・片寄明人と再度タッグを組み、DAOKOと片寄明人の共同プロデュースの作品となっている。今年DIGITAL RELEASEされた「御伽の街」「おちゃらけたよ」に加え、アルバム『DAOKO ×ドラガリアロスト』の初回限定盤のみに収録されているスチャダラパーとのコラボ曲「ハイセンスパイセン」も収録。

Pop

今年2月に、前作「御伽の街」を携えて名古屋・大阪・東京の三都市 を巡るワンマンツアー「DAOKO 二〇二〇 御伽の三都市 tour」を 開催した DAOKO。早くも 2020 年の第 2 弾となる配信限定シングル「おちゃらけたよ」 のリリースが決定!インドネシアのビートメーカー pxzvc が参加し、国境を超えた次世代のクリエイションが実現した。本楽曲はDAOKOが、東京で進む都市開発のスピードに対し、反する自分の歩む速度への言葉にできない焦燥感を表現した楽曲となっている。ますます表現の幅を広げる DAOKO の新曲は、すべてのファン必聴の1曲だ。

Pop

今年2月に、前作「御伽の街」を携えて名古屋・大阪・東京の三都市 を巡るワンマンツアー「DAOKO 二〇二〇 御伽の三都市 tour」を 開催した DAOKO。早くも 2020 年の第 2 弾となる配信限定シングル「おちゃらけたよ」 のリリースが決定!インドネシアのビートメーカー pxzvc が参加し、国境を超えた次世代のクリエイションが実現した。本楽曲はDAOKOが、東京で進む都市開発のスピードに対し、反する自分の歩む速度への言葉にできない焦燥感を表現した楽曲となっている。ますます表現の幅を広げる DAOKO の新曲は、すべてのファン必聴の1曲だ。

Pop

DAOKO、最新楽曲「御伽の街」を配信リリース。 サウンドプロデューサーに小袋成彬を迎えた本作は、小袋が制作したシンプル且つ洗練されたトラックに、ノンフィクションとフィクションの狭間を行き来する“御伽的な”リリックとリリカルなフロウで繰り広げられるDAOKOのラップが、インディ時代のスタイルを彷彿とさせつつも進化を感じさせる二人のコラボレイトが化学反応を起こし、令和に相応しい新しいクラブミュージックに仕上がっている。

Pop

DAOKO、最新楽曲「御伽の街」を配信リリース。 サウンドプロデューサーに小袋成彬を迎えた本作は、小袋が制作したシンプル且つ洗練されたトラックに、ノンフィクションとフィクションの狭間を行き来する“御伽的な”リリックとリリカルなフロウで繰り広げられるDAOKOのラップが、インディ時代のスタイルを彷彿とさせつつも進化を感じさせる二人のコラボレイトが化学反応を起こし、令和に相応しい新しいクラブミュージックに仕上がっている。

Pop

任天堂とCygamesが共同開発運営するアクションロールプレイングゲームアプリ『ドラガリアロスト』の1周年を記念し、DAOKOとドラガリアロストのコラボレーションによるアニバーサリーアルバムの発売が決定!収録内容は、ゲームの主題歌である小林武史プロデュース「終わらない世界で」、挿入歌である中田ヤスタカプロデュース「僕らのネットワーク」など。江島啓一(サカナクション)、神山羊、小島英也(ORESAMA)、きくお、Yunomiなどの様々なアーティストやクリエイターが制作に参加した話題の楽曲を多数収録。

Pop

映画「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」挿入歌

Pop

映画「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」挿入歌

Pop

DAOKO×MIYAVIによるコラボ曲「千客万来」 蜷川実花監督の映画『Diner ダイナー』主題歌

Pop

任天堂/Cygames アクションロールプレイングゲームアプリ『ドラガリアロストTM』主題歌「終わらない世界で」収録の3rd アルバム発売決定! 2017年、DAOKO×米津玄師「打上花火」を映画主題歌としてリリースするやいなや、各種配信チャート1位、サブスクリプション1位、Billboard Chartでは日本人としては初の1位、そしてミュージックビデオの再生回数は1億8千万回(2018 年8 月30 日現在)を超えるなど、大ヒットを記録した。その後、岡村靖幸とのコラボレーション「ステップアップ LOVE」では、ジャケットビジュアル、そしてミュージックビデオではMIKIKO氏振付のもとELEVENPLAYメンバー全員と共演し話題を集め続けたDAOKO。昨年12月に発売した2nd アルバム「THANK YOU BLUE」より約11ヶ月、待望の3rd アルバムの発売が決定! 任天堂とCygamesが協業を発表し、2018年9月27日(木)にサービスが開始されるアクションロールプレイングゲームアプリ『ドラガリアロストTM』の主題歌に起用されている「終わらない世界で」を収録予定。「終わらない世界で」は小林武史がプロデュースを担当。彼女の特徴的な声・リリックを印象的なモータウンサウンドに乗せて展開され、ゲームとの親和性も高いエバーグリーンな曲に仕上がっている。その他未発売の新曲を収録予定の最新アルバムは、すべての音楽ファン必聴の1枚だ。

Pop

任天堂/Cygames アクションロールプレイングゲームアプリ『ドラガリアロストTM』主題歌「終わらない世界で」収録の3rd アルバム発売決定! 2017年、DAOKO×米津玄師「打上花火」を映画主題歌としてリリースするやいなや、各種配信チャート1位、サブスクリプション1位、Billboard Chartでは日本人としては初の1位、そしてミュージックビデオの再生回数は1億8千万回(2018 年8 月30 日現在)を超えるなど、大ヒットを記録した。その後、岡村靖幸とのコラボレーション「ステップアップ LOVE」では、ジャケットビジュアル、そしてミュージックビデオではMIKIKO氏振付のもとELEVENPLAYメンバー全員と共演し話題を集め続けたDAOKO。昨年12月に発売した2nd アルバム「THANK YOU BLUE」より約11ヶ月、待望の3rd アルバムの発売が決定! 任天堂とCygamesが協業を発表し、2018年9月27日(木)にサービスが開始されるアクションロールプレイングゲームアプリ『ドラガリアロストTM』の主題歌に起用されている「終わらない世界で」を収録予定。「終わらない世界で」は小林武史がプロデュースを担当。彼女の特徴的な声・リリックを印象的なモータウンサウンドに乗せて展開され、ゲームとの親和性も高いエバーグリーンな曲に仕上がっている。その他未発売の新曲を収録予定の最新アルバムは、すべての音楽ファン必聴の1枚だ。

Pop

DAOKO、新曲「終わらない世界で」

Pop

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』主題歌、DAOKO × 米津玄師「打上花火」が、iTunes週間ソングランキングではリリースから6週連続1位を達成。それに続くTVアニメ『血界戦線 & BEYOND』エンディング・テーマ、DAOKO × 岡村靖幸「ステップアップLOVE」も大きな話題となっているDAOKO。様々なアーティストやクリエイターからのプロデュースやコラボレーションを重ねてきたDAOKOが、10代から現在までの集大成となるセカンド・アルバムを発売する事が遂に決定!

Pop

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』主題歌、DAOKO × 米津玄師「打上花火」が、iTunes週間ソングランキングではリリースから6週連続1位を達成。それに続くTVアニメ『血界戦線 & BEYOND』エンディング・テーマ、DAOKO × 岡村靖幸「ステップアップLOVE」も大きな話題となっているDAOKO。様々なアーティストやクリエイターからのプロデュースやコラボレーションを重ねてきたDAOKOが、10代から現在までの集大成となるセカンド・アルバムを発売する事が遂に決定!

Pop

インディーズからこれまでのDAOKOの印象的な楽曲をリアレンジし、楽曲を様々なアーティストがプロデュース。インディーズ時代の代表曲「BOY」をstarRo、DAOKO自身の自己紹介ソング「ぼく」を STUTS、映画『渇き』の劇中歌「Fog」をGOTH-TRADが手掛け、DAOKOファンには待ち焦がれた、Mummy-D(RHYMESTER)がプロデュースする「okay!」を収録。

View More Discography Collapse
Collapse