album jacket
TitleDurationPrice
青い海岸線から  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 05:41
夢をみたくて  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 05:29
回想  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:45
昼下りの情事  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 06:04
八月の詩情  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 06:08
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 28:07
Album Purchase Privilege
digital_book.pdf
Album Info

染谷大陽、 永井祐介、 榊原香保里によって結成。 耳に残る心地よいメロディーは、 ボサノヴァなどの柔らかいコード感や、 ソウルやシティ・ポップスの持つ洗練されたサウンドをベースにし、 永井と榊原の奏でる美しく切ないハーモニーが、 胸を締めつけられるような雰囲気を作り出している。 新たなポップスの世界へ。

People who bought this album also bought

Popular albums of same genre

Discography

News

ミツメの自主企画〈WWMM〉にスカート出演! ミツメの4人交えたスペシャル編成披露

ミツメの自主企画〈WWMM〉にスカート出演! ミツメの4人交えたスペシャル編成披露

ミツメがライヴ・イベント〈WWMM〉を2月2日、恵比寿 LIQUIDROOM、KATAにて開催。その追加アクトが発表された。 LIQUIDROOMには、スカートの出演が決定。佐藤優介、シマダボーイに加え、ミツメの4人を交えたスペシャル編成で演奏を行う。ま

毎年恒例のミツメの自主企画イベント〈WWMM〉、来年2月に開催決定

毎年恒例のミツメの自主企画イベント〈WWMM〉、来年2月に開催決定

毎年恒例となっているミツメの自主企画イベント「WWMM(わくわくミツメまつり)」が、2019年2月2日(土)に開催されることが決定した。 4回目の開催となる今回は、台湾のバンドdeca joinsと、初共演となるLampの出演が決定している。 出演者やフ

Articles

「好きなことをやり続ける感覚」──待望のニュー・アルバム『彼女の時計』完成への道筋

インタヴュー

「好きなことをやり続ける感覚」──待望のニュー・アルバム『彼女の時計』完成への道筋

「好きなことをやり続ける感覚」──待望のニュー・アルバム『彼女の時計』完成への道筋様々な音楽的ルーツと自らの感覚を貫き、心地いい音楽を作り出す「Lamp」が、2018年5月15日に、4年ぶりの新作『彼女の時計』をリリースした。先日開催された、LIQUIDR…

時代を繋ぐ成熟された楽曲──Lamp、4年ぶりの新作『彼女の時計』をリリース

インタヴュー

時代を繋ぐ成熟された楽曲──Lamp、4年ぶりの新作『彼女の時計』をリリース

時代を繋ぐ成熟された楽曲──Lamp、4年ぶりの新作『彼女の時計』をリリース様々な音楽を織り交ぜ、複雑かつ洗練された心地いいサウンドが特徴の3人組バンド、Lamp。4年ぶりのリリースとなる新作『彼女の時計』の配信に先駆け、本日より予約受付が開始。ハイレゾ音…

Lamp『東京ユウトピア通信』

レヴュー

Lamp『東京ユウトピア通信』

若いコロニイによる「音楽の自由解放区」 by渡辺 亨かつて、珈琲屋のひび割れた玻璃ごしに“摩天楼の衣擦れが舗道をひたすのを見た”のは、はっぴいえんどの松本隆だ。それから約40年後にLampは、“捻れた摩天楼を定刻通りの汽車が走る君を乗せて”(「恋人と雨雲」…

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

連載

アイドル・グループ構成員増殖計画ーアイドル・グループの作り方ー

BiS初のフル・アルバム『Brand-new Idol Society』が、2011年3月23日発売決定!自給自足がテーマです。オープン・ソースD.I.Yのアイドル・グループBiSが、初のアルバムを3月23日にリリースする事が決定した! タイトルは『Br…

LAMP『八月の詩情』より「八月の詩情」フリー・ダウンロード&インタビュー

インタヴュー

LAMP『八月の詩情』より「八月の詩情」フリー・ダウンロード&インタビュー

Lampの8月に発売された『八月の詩情』。その完璧なまでのソング・ライティングとアレンジング、そして音像の素晴らしさに耳を奪われてしまった。こんなバンドがまだ日本にいたなんて! 熱心なLampファンには申し訳ないのだが、本当にびっくりしてしまったのだ。だか…