album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
Part Two -- SHANK  mp3: 16bit/44.1kHz 03:01
I Want to Be Wrong -- HOTSQUALL  mp3: 16bit/44.1kHz 02:41
Not Your Savior -- dustbox  mp3: 16bit/44.1kHz 03:30
Dumb Reminders -- OVER ARM THROW  mp3: 16bit/44.1kHz 02:12
Soulmate -- SpecialThanks  mp3: 16bit/44.1kHz 02:57
The Answer Is Still No -- LAST ALLIANCE  mp3: 16bit/44.1kHz 02:38
The Trumpet Player -- GOOD 4 NOTHING  mp3: 16bit/44.1kHz 03:29
Black Box -- FOUR GET ME A NOTS  mp3: 16bit/44.1kHz 02:38
Friends of the Enemy -- RIDDLE  mp3: 16bit/44.1kHz 03:03
Chasing Rainbows -- ALMOND  mp3: 16bit/44.1kHz 03:32
Pre-Medicated Murder -- COUNTRY YARD  mp3: 16bit/44.1kHz 02:22
Ontario -- LABRET  mp3: 16bit/44.1kHz 03:16
Let Me Down -- SNATCH  mp3: 16bit/44.1kHz 03:07
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 38:26
Album Info

日本を代表するバンドがここに集結!アメリカ西海岸のパンクレーベルFAT WRECK CHORDSの代表バンドとしてメロコア・シーンを牽引してきたNO USE FOR A NAME。彼らの功績に敬意を表するべく日本人アーティストが集結した前代未聞のトリビュートアルバム!

Discography

Rock

圧倒的なグッドメロディーと困難や数奇にも決して屈しない芯の強さを持つCOUNTRY YARD がPIZZA OF DEATHに移籍! 今年4月にはサポートとして支えていたShunichi Asanuma ( D r. )が正式加入。彼のプレイスタイルやノリは見事にハマっていたこともあり、いよいよ戦闘態勢が整ったと期待していたファンも多いだろう。その第一歩としてベストアルバム『Greatest Not Hits』がリリースされることになった。08年に東京で結成され、10年に1stフルアルバム『Modern Sounds』で鮮烈なデビューを飾った彼ら。それ以後もシングル3枚、ミニアルバム2枚、フルアルバム2枚を発表。The Vinesの曲からバンド名を引用しているように、海外のパンクロックやインディーロックからの影響も色濃く、ずば抜けたメロディーセンスと神秘的なムードさえ感じさせる立ち姿は唯一無二の存在だ。SATANIC CARNIVALやROCK IN JAPAN、京都大作戦、PUNKSPRINGといった大型フェスへの出演、New Found GloryやThe Offspringをはじめとした海外バンドとも共演も多く、アンダーグラウンドからシーンの最前線まで高い評価を受けてはいるが、彼らの実力やポテンシャルから考えれば、まだまだ物足りないのが実情。レーベル移籍のこのタイミングだからこそ、改めて彼らの魅力を伝えるアイテムとして届けられるのがこの『Greatest Not Hits』である。収録されたのは、まさに珠玉の名曲ばかり。輝かしいメロディーと何度でも立ち上がるんだという彼らの精神性が投影された「Don't Worry,We Can Recover」、まっすぐな歌が胸を離れない「I'll Be With You」、ドラマティックなM Vも印象的であり、感懐を覚える代表曲「Starry Night」、拳を握りしめるとともに叫びたくなる頼もしさを持ち合わせた「In Your Room」、メロディックを軸にしながらも様々なエッセンスを持つ彼らだからこその素養が味わえるバラード「Bed」、突き抜ける疾走感で心が持っていかれる「Orb」等々、聴けば''Greatest Not HitsにNotが挟まれた、シニカルとも言える作品タイトルの意味がわかるはず。もちろん、これまでの名曲たちを集めただけではなく、今の彼らを知ることができる新曲も収録。イントロから胸の高まりが止まらなく、想いのこもったひとつひとつの音に心を動かされる「Before I Crack」、多幸感とさらりとしながらもコクのあるメロディーがたまらなく、フェードアウトがこれからへつながる余韻を漂わすような「Smile For Miles」の2曲であるが、どちらも隙がない出来栄えだ。 先に記したように、何かを総括するアイテムではなく、COUNTRY YARDというバンドが持ち合わせる力を遺憾なく発揮し、輝かしい未来へと突き進むべく提示した改めての第一歩。これまで応援してきたファンのみならず、初めて触れた人にとっても、彼らに対する期待が裏切られることはないと確信できるに違いない。

Rock

結成20周年のdustboxが約2年ぶり、9枚目となるフル・アルバムをリリース! ライヴ会場限定シングル“Farley”、The Cardigansのカヴァー“Carnival”、2006年に3000枚限定で発売された『4our Cherries』より“Burning hope”の再録など、全13曲を収録。

2018年11月~12月に開催されるツアーに向けて製作され、Restructure = "再構築"と名付けられた、FOUR GET ME A NOTSの3rd SINGLE。

Rock

長崎発スリーピースバンドSHANK、約1年8ヶ月ぶりとなる4th MINI ALBUMをリリース!

Rock

01Unity!Freedom!Opportunity!( ユニティ ! フリーダム ! オポチュニティ !)遊び心をたくさん入れた曲です。団結、自由、機会を、俺たちが掴むんだ! って曲です。M.02 Fixed Star(フィックスド スター)Fixed Star とは「恒星」という意味です。太陽の光を浴びた星ではなく、自らが光を発する星の歌 です。星に願うのは何故だろう、それは夢に向かう自分が、自ら光放つからではないか?という事を歌った曲です。M.03 Let me Believe(レットミービ リーブ)色んな場所に嘘が溢れ、信じたいものも信じれず、疑う事ばかりです。嘘を警戒して、真実すらも疑ってしまう。そんな事はとても無駄な事で、 世の中に真実だけがあればいいのに。「信」と言う字は「人べん」に「言う」です。人の言葉、それを「信」じるんだと思いました。つまり「信じる」と いうことは、形が無いものを信じるんだと思います。もし色々な事を信じられたら、どれだけ未来を考えることができ、どれだけ夢が増えるんだろうか。 そんな願いが込められている曲です。 from OVER ARM THROW

Rock

メロディックパンク、ガールズギターロックファンマスト!必ずやファンを裏切らないメロディックキラーチューンは元より、このメンバーでしか出し得ないダンサブルチューン、そして哀愁漂うミドルナンバーまで、Vo.Gt. Misakiの聴く者全てを魅了する歌の力で不変のスペサンワールドに変えてしまう∞の魅力を詰め込んだ全音楽ファンの心を照らす今作品こそHEART LIGHT。

Rock

遂に完全決着、こんなにも待ち望まれた作品は(ハイスタは別として、、、)ないのではなかろうか?結成10周年に発売した2nd SLから約4年、2nd ALからは約6年、その間しばしの活動小休止期間もある。それでもライブハウスでは鳴り止まぬ、彼らのアンセムたち。類希なるライブバンドとしての実力はバンドマン、ライブキッズから一目も二目も置かれる存在である。そんな彼らの3枚目となるアルバムだ。メロディックパンクロックバンドと言ってはいるが “メロコア” だけが彼らの専売特許ではない。今までの作品もそうであるように、シンガロングに重きを置いた曲、ハードロックが基調にある曲、何故かシリーズ化する洋館をイメージした曲、バラードなどなど、纏まりに関しては一切ナシ。しかし、どこを切っても “OATメロディ” が颯爽と吹き荒れている。活動再開の切っ掛けとしてYOUTUBEにMVのみUPした 1st Miniから「05. Hand in hand」とファンの方々から“かけ声”の参加を募りMIXした 2nd SLから「07. Unity! Freedom! Opportunity!」を再収録。レコーディング期間中は《OATV》と題しストリーミング配信にて毎日の状況が伝えられたいたが、開始から2ヶ月、彼らの作品にはマストのボーナストラックを録り終えレコーディングは完結した。はじめにも記した通り、6年、4年リリースがない。ともすれば今の時代すぐに忘れ去られてしまう存在になりがちだが、彼らはそれをモノともしない。結成当初から変わらぬバンドとお客との対話をライブハウスで行ってきたからだ。この作品を機にもう一歩前へ進む時が来たようである。

Rock

ガールズメロディック・ギターロックファン必聴!スピーディなメロディックチューンから珠玉のエモーショナルミドルナンバーまで緩急織り交ぜた今なお進化し続ける彼らのキラーテイクのみを収録した2017年型スピーディー&キャッチーにロールする待望の3rdアルバム「Anthem」がスペサン自らのアンセム(=代表作)となる。★録りおろし新曲12曲の今作は、今までの英語中心の歌詞がすべて日本語歌詞となり、珠玉のメロディと相まって、メッセージが直に心に響く、彼らの新たなるステージの幕開けを予感させる様々なリスナーを取り込むスピーディなメロディックチューンから珠玉のエモーショナルミドルナンバーまで緩急織り交ぜたサウンドは過去最大の広がりを見せ、今までの耳の肥えた洋楽系ファンは元より新たな層のファンを獲得するには余りあるハイクオリティなポップロックアルバムに仕上がった。★唯一無二の孤高の歌とルックスまでも兼ね備えたボーカルMisakiが奏でる英語中心の歌詞が、すべて日本語歌詞となりメッセージが珠玉のメロディと相まって、ストレートに心に響くようになり、より多くのリスナーに響くこと必至。

Rock

1曲目の導入的楽曲「サウザンド ミラクルズ」に始まり13曲目「トワイライト」まで、まったくもって息つく暇がないほど全ての楽曲の完成度が高い。今までの全ての作品にも言えるがVo.&Gt. SUGA曰く、「最後の曲を聴き終えて、また1曲目から何度もリピートできるアルバム」の真骨頂を感じる作品に仕上がっている。通算8枚目となるアルバムではあるが、新ドラムのYU-KIが加入しライブと音源制作の両面で共に時間を費やし作り上げられた今作は、2006年に発売されダストボックスに視線が注がれるきっかけとなった「13Brilliant Leaves」を彷彿、または凌ぐ楽曲が揃い踏みとなっている。2016年2月発売の「skyrocket」から「ライズ アバーヴ」と2014年7月に行った15周年晴海埠頭野外ワンマンで無料配布された「ヒア カムズ ア ミラクル」の再収録2曲は既にライブでも馴染みとなっているが、それ以外の新たな楽曲全てが、ダストファン、メロディックパンクロックファンの心に突き刺すことができるほどの、力強く、迫力のある(ヤカマしい!?)楽曲に加え日本人特有な哀愁感漂うメロディラインを全てに揃え、バンド結成から続く初期衝動と今日まで培ってきた技術と経験をあふれんばかりに詰め込んだダスト史上最強アルバムとして完成した。

Rock

長崎発、スリーピースバンドSHANK! ! フルアルバムとしては約3年ぶりとなる新作を発売! !

Rock

ガールズメロディックパンク・ギターロックファン必聴必見!スペサン待望のミニアルバムは最新ワンマンライブベストテイク収録DVDセット!2016年スピーディー&キャッチーにロールする彼らの今こそheavenly!録りおろし新曲6曲のCD音源と2015年11日1日下北沢GARDENにて行われた東京初ワンマンライブの模様を17曲収めたDVD映像作品を1つの作品にコンパイルした今までのファンは元より新たなファンを獲得するには余りあるお得感満載の豪華スペシャルエディション!今作のリリースに伴い発売記念ライブツアーが決定!

Rock

2015年3月よりドラマーにYU-KIを迎え、再出発を切ったdustboxのミニ・アルバム。結成から16年、彼らが歩んできた経験とセンスを存分に詰め込んだ、2016年ダスト節が満載。新生ダストの決意表明とも受け取れる「Rise Above」、ザ・ビージーズの名曲「若葉のころ」をメロディック・パンクでダスト流にカヴァーした「First Of May」などを収録。

Rock

SHANKの約2年振りとなる作品をエイベックス内の新レーベル“BAiTFiSH RECORDS“より第1弾リリース!スティービーワンダーの名曲「Isn`t She Lovely」のカヴァー等を収録。

Rock

メロディックパンク、ガールズギターロックファンマスト!スピーディ&キャッチーにロールするキラーナンバーでオールウェイズ・ノンストップで疾走してきたスペサン、渾身の2ndフルアルバム遂に完成!メロディック、ガールズギターロックファンマスト!傑作フル「SEVEN LOVERS」から4年、更なる進化を遂げるスペサン渾身の2ndアルバム待望のリリース!必ずやファンを裏切らない2ビートメロディックキラーチューンは元より、この4人のアンサンブルでしか出し得ない様々なタイプの楽曲もVo.G Misakiの聴く者全てを魅了する歌の力で普遍のスペサンワールドに変えてしまう∞の魅力!今回の楽曲は英語歌詞は元よりイチオシの日本語詞楽曲Love begets loveにてMVを製作予定。そしてMisakiがリスペクトするPERSONZのカバー楽曲7 COLORS(Over The Rainbow)やJR西日本のCMソングSpecialDayをも含む全15曲を収録!

Rock

メロディックパンク、ガールズギターロックファンはマスト! 傑作「SEVEN LOVERS」から3年、即完売した「Campanula ep」から1年、再び4人バンドとして初の作品に込め、彼らの新たなる歴史がスタート! 進化するスペサンワールド全5曲収録のCDに、代表曲をベストセレクトした最新ワンマンライブを11曲収録したDVDをプラスした豪華スペシャルエディション! 2013年春、再び4人組となりスタートを切ったSpecialThanks、現メンバーでの初レコーディング作品遂にリリース。今作は2014年夏に予定するセカンドフルアルバムへの期待も否応無しに膨らむ、スペサン健在をアピールするには充分なミニアルバムに仕上がった。傑作「SEVEN LOVERS」リリース直後の人気絶頂の時期に震災ぼっ発、その年の12月、メンバー2名脱退という最大の危機を乗り越え、遂に鉄壁のメンバーでフル稼働する準備が整った!新たなる布陣での新曲は、必ずやファンを裏切らない2ビートメロディックキラーチューン、新しい4人のアンサンブルでしかできない新境地とも言えそうなひねくれブリットポップ的楽曲、哀愁漂うミドルテンポナンバー等、進化するスペサンワールド全5曲収録。更には今までの彼らの代表曲をベストセレクトした最新ワンマンライブの模様を11曲収録したDVDもプラスし、今までのファンも納得する内容である事は勿論、初めて聴くファン層にも入門編と成り得る豪華スペシャルエディション。バンド史上今が最も充実し、自信に満ち溢れ輝く彼らを今作で高らかに宣言し、過去と未来をつなぐ重要作「Move on」。

Rock

locofrank、HAWAIIAN6とのスプリット共作『THE ANTHEMS』から、早くも次のステージを目指す、7枚目のフルアルバム。This is dustbox !!! 日本メロディックの新たな金字塔アルバムだ。 前作『starbow』より2年8ヶ月、驚愕の3BANDスプリット作品から早1ヶ月、“ダスト節” 満載な彼らにしか作る事の出来ない“音”で溢れた15曲を収録。 2012年9月に東北で開催された AIR JAM 2012 にメロディックバンドとして唯一の出演を果たし、経験をする事でメンバー自身も大きく成長を遂げ、この作品の制作に十二分に活かされることとなった。 そして6月に発売される locofrank HAWAIIAN6 とスプリット作品では1歩間違えば取り込まれてしまう危機感の中で、十二分に存在感を引き出した4曲を収録。ZEPP TOUR 最終日(7.4 ZEPP TOKYO)直前の作品発売とあって、実に楽しみな展開が期待出来る。

View More Discography Collapse
Collapse

News

〈RSR FES'2019 in EZO〉King Gnu、 Dragon Ash、 LiSAなどGYAO!にてライヴ配信

〈RSR FES'2019 in EZO〉King Gnu、 Dragon Ash、 LiSAなどGYAO!にてライヴ配信

8月16日、17日に開催される野外オールナイトロックフェス〈RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO〉の、動画配信サービス「GYAO!」での配信アーティストが決定した。 King Gnu、Dragon Ash、LiSAなど

〈RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO〉第2弾出演アーティスト発表

〈RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO〉第2弾出演アーティスト発表

8月16日(金)、17日(土)に21回目の開催を迎える北海道のオールナイトの野外ロック・フェス〈RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO〉第2弾出演アーティストが発表された。 昨年、衝撃的な復活を遂げたELLEGARDEN

〈METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2019〉第4弾出演アーティスト発表

〈METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2019〉第4弾出演アーティスト発表

2019年5月18日(土)・19(日)に大阪、2019年5月25日(土)・26日(日)に東京で開催される〈METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2019〉の第4弾出演アーティストが発表された。 新たに発表されたのは、King Gnu (大

名古屋野外春フェス〈YONFES2019〉最終出演アーティスト発表、BiSH、ナードマグネットなど5組追加

名古屋野外春フェス〈YONFES2019〉最終出演アーティスト発表、BiSH、ナードマグネットなど5組追加

2019年4月6日(土)・7日(日)愛知県・モリコロパーク(愛・地球博記念公園)にて行われる野外フェス〈YON FES 2019〉の最終出演アーティストが発表された。 今回発表されたのはBiSH、ENTH、SUNNY CAR WASH、ナードマグネット、

SPARK!!SOUND!!SHOW!!新曲「感電!」のMV公開、会場限定シングルの詳細も解禁

SPARK!!SOUND!!SHOW!!新曲「感電!」のMV公開、会場限定シングルの詳細も解禁

SPARK!!SOUND!!SHOW!! 通称スサシの新曲「感電!」のミュージック・ビデオが公開された。 こちらの新曲は会場限定シングルに収録されており、発売は2月17日渋谷milky wayにて行われる〈SPARK!!SOUND!!SHOW!! pre

〈METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2019〉第3弾出演アーティスト&日割り発表

〈METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2019〉第3弾出演アーティスト&日割り発表

2月5日、〈METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2019〉第3弾出演アーティストと日割りが発表された。 新たに出演が発表されたのは、打首獄門同好会、四星球、sumika、BLUE ENCOUNT、山本彩、SHANK、dps、Nulbar

View More News Collapse
SPARK!!SOUND!!SHOW!!来年2月の東名阪自主企画にSHANK、Hump Back、THE THROTTLE出演決定

SPARK!!SOUND!!SHOW!!来年2月の東名阪自主企画にSHANK、Hump Back、THE THROTTLE出演決定

スサシことSPARK!!SOUND!!SHOW!!が、来年2019年2月に行う東名阪企画〈NU BLACK〉公演のゲスト・アーティストが解禁された。 全て2マン公演になっており東京公演にHump Back、大阪にSHANK、名古屋に THE THROTT

SHANK、今年の主催イベントは“日本のオランダ”長崎ハウステンボスで!

SHANK、今年の主催イベントは“日本のオランダ”長崎ハウステンボスで!

長崎発・在住の3ピース・バンド、SHANKが、6月9日(土)に主催イベント〈BLAZE UP NAGASAKI 2018 in HUIS TEN BOSCH〉を開催することを発表した。 これは1月13日(土)に行なわれたワンマン・ライヴ〈The Heav

トリプル・ギター&ツイン・ヴォーカル編成、BACKDATE NOVEMBERが楽曲を無料配信

トリプル・ギター&ツイン・ヴォーカル編成、BACKDATE NOVEMBERが楽曲を無料配信

BACKDATE NOVEMBERがニュー・シングル『Summer Rust』を7月15日(水)に新レーベル〈CROSS RECORDS〉よりリリース。それに伴い、OTOTOYでは同作より楽曲「Just Don’t Stop」の無料配信を行っている。 B

岡山の野外フェス〈hoshioto'15〉第2弾でSCOOBIE DO、鶴、金佑龍ら8組決定

岡山の野外フェス〈hoshioto'15〉第2弾でSCOOBIE DO、鶴、金佑龍ら8組決定

日本三選星名所の2番目に選ばれた岡山県井原市美星町で、5月30日(土)に開催される野外フェスティバル〈hosioto'15〉の第2弾アーティストが発表された。 日本で2番目に星が美しい町として知られている岡山県井原市美星町でおこなわれ4回目の開催を迎える

アニメ「オオカミ少女と黒王子」OP&ED曲の配信限定シングル発売

アニメ「オオカミ少女と黒王子」OP&ED曲の配信限定シングル発売

TOKYO MXなどで放送中のアニメ「オオカミ少女と黒王子」のエンディング・テーマ「オオカミハート」(ORESAMA)と、オープニング・テーマ「LOVE GOOD TIME」(SpecialThanks)をセットにした配信限定シングルが、12月3日に発売

〈ボロフェスタ2014〉タイムテーブル発表!!

〈ボロフェスタ2014〉タイムテーブル発表!!

10月24日(金)25日(土)26日(日)の3日間にわたり京都を舞台に開催される音楽フェスティバル〈ボロフェスタ2014〉の最終発表としてステージ割およびタイムテーブルが発表された。 24日(金)大前夜祭のトップバッターとして出演するのはSKA FREA

〈ボロフェスタ2014〉第6弾でTRIPMEN、ぱいぱいでか美、愛しの愛DOLL BiS、OAに本日休演

〈ボロフェスタ2014〉第6弾でTRIPMEN、ぱいぱいでか美、愛しの愛DOLL BiS、OAに本日休演

10月24日(金)25日(土)26日(日)の3日間にわたり京都を舞台に開催される音楽フェスティバル〈ボロフェスタ2014〉の出演者第6弾が発表された。 今回発表となったのは〈ナノボロフェスタ2014〉にも出演したTRIPMEN、地上波への登場で世間を賑わ

〈ボロフェスタ2014〉第2弾でtricot、SEBASTIAN X、七尾旅人ら10組決定

〈ボロフェスタ2014〉第2弾でtricot、SEBASTIAN X、七尾旅人ら10組決定

10月24日(金)25日(土)26日(日)の3日間にわたり京都を舞台に開催される音楽フェスティバル〈ボロフェスタ2014〉の出演者第2弾が発表された。 今回新たに発表されたのはイギリスでPixiesのオープニング・アクトを務めたことも話題のtricot

The Get Up Kids来日ツアー、全ゲスト・アーティストが決定

The Get Up Kids来日ツアー、全ゲスト・アーティストが決定

11月6日(水)に大阪BIGCAT、7日(木)に名古屋BOTTOM LINEで行われるThe Get Up Kidsの来日ツアー。そのゲスト・アーティストがすべて決定した。 これまで大阪公演にはChoir touched teras chord、名古屋

青森の市場で開催される音楽フェスに10-FEET、ATATA、GOOD4NOTHINGら

青森の市場で開催される音楽フェスに10-FEET、ATATA、GOOD4NOTHINGら

青森県八戸市にある大規模市場「八食センター」にて、音楽フェス〈八食SUMMER FREE LIVE〉が8月3日(土)、4日(日)に開催される。 このイベントに出演するのは、10-FEET、ATATA、FOUR GET ME A NOTS、NUBO、du

自称クソバンド、忘れらんねえよがニュー・シングル発売

自称クソバンド、忘れらんねえよがニュー・シングル発売

いま最も注目を集める3ピース・バンドのひとつ、忘れらんねえよ。彼らが最新シングル『この高鳴りをなんと呼ぶ』を、来年1月30日(水)に発売することが決まった。 ライヴ音源を含む全4トラックが収録される今回のシングル。なかでも、アイゴンこと會田茂一氏をプロ

観客は学生証必須! ねごとの学生限定対バンツアーにN'夙川BOYSら

観客は学生証必須! ねごとの学生限定対バンツアーにN'夙川BOYSら

4月4日に2枚目のシングル“sharp ♯”をリリースするねごと。彼女達が4月から開催する学生限定対バンツアー〈お口ポカーン?! 学生限定ツアー ~end of studenTOUR~〉の出演者が明らかとなった。 今回アナウンスされたのは、活動休止

日本最大級の無料フェス〈COMIN'KOBE’12〉出演者第1弾発表

日本最大級の無料フェス〈COMIN'KOBE’12〉出演者第1弾発表

5月5日(土)に神戸ワールド記念ホール&神戸夙川学院大学特設会場で行われる、日本最大級の入場無料チャリティーフェス〈COMIN'KOBE〉。同フェスの出演アーティスト第1弾が発表された。 出演が決まったのは、dustbox、FLiP、FOUR GE

Collapse