album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
Spiral  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:49
Flying High  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:58
Now or Never  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:11
Downfall  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:49
Hand in hand  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:43
cave chair  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:38
Unity! Freedom! Opportunity!  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:24
Frankenstein  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:11
Way home  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:45
TONIGHT  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:15
BLUE  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:00
Upside down  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:11
Fight for life  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 01:55
Keep making the road  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:35
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 40:24
Album Info

遂に完全決着、こんなにも待ち望まれた作品は(ハイスタは別として、、、)ないのではなかろうか?結成10周年に発売した2nd SLから約4年、2nd ALからは約6年、その間しばしの活動小休止期間もある。それでもライブハウスでは鳴り止まぬ、彼らのアンセムたち。類希なるライブバンドとしての実力はバンドマン、ライブキッズから一目も二目も置かれる存在である。そんな彼らの3枚目となるアルバムだ。メロディックパンクロックバンドと言ってはいるが “メロコア” だけが彼らの専売特許ではない。今までの作品もそうであるように、シンガロングに重きを置いた曲、ハードロックが基調にある曲、何故かシリーズ化する洋館をイメージした曲、バラードなどなど、纏まりに関しては一切ナシ。しかし、どこを切っても “OATメロディ” が颯爽と吹き荒れている。活動再開の切っ掛けとしてYOUTUBEにMVのみUPした 1st Miniから「05. Hand in hand」とファンの方々から“かけ声”の参加を募りMIXした 2nd SLから「07. Unity! Freedom! Opportunity!」を再収録。レコーディング期間中は《OATV》と題しストリーミング配信にて毎日の状況が伝えられたいたが、開始から2ヶ月、彼らの作品にはマストのボーナストラックを録り終えレコーディングは完結した。はじめにも記した通り、6年、4年リリースがない。ともすれば今の時代すぐに忘れ去られてしまう存在になりがちだが、彼らはそれをモノともしない。結成当初から変わらぬバンドとお客との対話をライブハウスで行ってきたからだ。この作品を機にもう一歩前へ進む時が来たようである。

Discography

Rock

01Unity!Freedom!Opportunity!( ユニティ ! フリーダム ! オポチュニティ !)遊び心をたくさん入れた曲です。団結、自由、機会を、俺たちが掴むんだ! って曲です。M.02 Fixed Star(フィックスド スター)Fixed Star とは「恒星」という意味です。太陽の光を浴びた星ではなく、自らが光を発する星の歌 です。星に願うのは何故だろう、それは夢に向かう自分が、自ら光放つからではないか?という事を歌った曲です。M.03 Let me Believe(レットミービ リーブ)色んな場所に嘘が溢れ、信じたいものも信じれず、疑う事ばかりです。嘘を警戒して、真実すらも疑ってしまう。そんな事はとても無駄な事で、 世の中に真実だけがあればいいのに。「信」と言う字は「人べん」に「言う」です。人の言葉、それを「信」じるんだと思いました。つまり「信じる」と いうことは、形が無いものを信じるんだと思います。もし色々な事を信じられたら、どれだけ未来を考えることができ、どれだけ夢が増えるんだろうか。 そんな願いが込められている曲です。 from OVER ARM THROW

Rock

遂に完全決着、こんなにも待ち望まれた作品は(ハイスタは別として、、、)ないのではなかろうか?結成10周年に発売した2nd SLから約4年、2nd ALからは約6年、その間しばしの活動小休止期間もある。それでもライブハウスでは鳴り止まぬ、彼らのアンセムたち。類希なるライブバンドとしての実力はバンドマン、ライブキッズから一目も二目も置かれる存在である。そんな彼らの3枚目となるアルバムだ。メロディックパンクロックバンドと言ってはいるが “メロコア” だけが彼らの専売特許ではない。今までの作品もそうであるように、シンガロングに重きを置いた曲、ハードロックが基調にある曲、何故かシリーズ化する洋館をイメージした曲、バラードなどなど、纏まりに関しては一切ナシ。しかし、どこを切っても “OATメロディ” が颯爽と吹き荒れている。活動再開の切っ掛けとしてYOUTUBEにMVのみUPした 1st Miniから「05. Hand in hand」とファンの方々から“かけ声”の参加を募りMIXした 2nd SLから「07. Unity! Freedom! Opportunity!」を再収録。レコーディング期間中は《OATV》と題しストリーミング配信にて毎日の状況が伝えられたいたが、開始から2ヶ月、彼らの作品にはマストのボーナストラックを録り終えレコーディングは完結した。はじめにも記した通り、6年、4年リリースがない。ともすれば今の時代すぐに忘れ去られてしまう存在になりがちだが、彼らはそれをモノともしない。結成当初から変わらぬバンドとお客との対話をライブハウスで行ってきたからだ。この作品を機にもう一歩前へ進む時が来たようである。

Rock

4年ぶり3枚目のフルアルバム、以上。2009年5月、前ドラムの脱退後、新ドラマーEIJIの加入と共にバンドの核となるライブ活動に重点を置き、全国各地を駆け巡ってきた OVER ARM THROWのアルバムが前作『Oath and Night War』から4年の歳月を経て、やっと発売されることをご報告いたします。

V.A.

日本を代表するバンドがここに集結!アメリカ西海岸のパンクレーベルFAT WRECK CHORDSの代表バンドとしてメロコア・シーンを牽引してきたNO USE FOR A NAME。彼らの功績に敬意を表するべく日本人アーティストが集結した前代未聞のトリビュートアルバム!