album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
メッセージ  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 03:18
小さな恋のうた  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 03:49
ホンマツテントウ虫  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 02:48
ひこうき雲  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 03:20
永遠の夕日  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 04:02
大宴会  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 04:29
渡良瀬橋  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 03:49
教訓1  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 03:18
 alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 04:05
クレイジーラブ  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 02:53
おいらの船  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 04:43
おなじ話 feat.キセル  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 04:26
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 45:00
Album Info

ハンバート ハンバート結成20周年記念!サポートなし、2人っきりの「FOLK」シリーズ、第2弾の登場です。人気曲「虎」「おいらの船」から、カバー曲「ひこうき雲」「小さな恋のうた」「渡良瀬橋」、新曲「永遠の夕日」まで。ゲストにキセルを迎えた、「おなじ話」スペシャルバージョンも収録。「FOLK」をテーマにギター弾き語りのみで構成したパート1に続き、今作ではピアノやフィドルなど、ライブでおなじみの楽器も登場。そして、テーマは変わらず、2人きりによるレコーディングとなっています。「虎」「おいらの船」「ホンマツテントウ虫」などのオリジナル曲群は、ライブ活動を経て練られた決定版アレンジで再録。そして、荒井由実「ひこうき雲」、加川良「教訓1」など2人が影響を受けたルーツ的フォークソングから、MONGOL800「小さな恋のうた」、森高千里「渡良瀬橋」などのJ-POPといった多彩なアプローチのカバー曲に加え、待望の新曲「永遠の夕日」も収録。また、ゲストに盟友・キセルを迎え、代表曲「おなじ話」を辻村豪文×佐野遊穂で歌ったスペシャルバージョンも!

Discography

Pop

 「平日しかライブをしません」と宣言した、2019年。フェス出演はほぼなく、ワンマンライブがメインとなる今年は、ハンバートハンバートにとって本業と自負するライブ(=WORK)が中心となる年とも言えます。ライブごとにアレンジが変わってゆく楽曲。その場所だからこそ引き出されるパワー溢れるパフォーマンス。そこは、ハンバート ハンバートの魅力が最大限に広がる空間です。けれど、「音源は聴くけどライブには行ったことがない」という人はまだまだ多い。そこで今回、みなさんの元へ「ライブ」をお届けしたいと思ったのです。 これまでの「FOLK」シリーズのカテゴリには収まらなかった“泣けるバラード”をメインに据えた今作は、単なるライブ盤という枠を超え、「セルフカバーによるバラードベスト」な内容となっています。代表的な人気曲「ぼくのお日さま」「まぶしい人」「おべんとう」などに加え、「喪に服すとき」「ひなぎく」などファンの間では長らく評価の高かった曲を多数収録。音源は、“平日だけライブ”の幕開けとなった、東名阪クラブクアトロツアー「ハンバート家の正月 2019」全6公演から厳選した録音となります(すべて、サポート無しの2人編成)。 さらにこのアルバムでは、今作のために書き下ろしたスタジオ録音の新曲「小さな声」も併せて収録。世間との折り合いがつかず、もがき、苦しみながら生きる人々の心に迫った本作は、佐野遊穂のボーカルが印象深く響く、ハンバート ハンバートにとっての新たなる名作となることでしょう。

Pop

ハンバート ハンバート結成20周年記念!サポートなし、2人っきりの「FOLK」シリーズ、第2弾の登場です。人気曲「虎」「おいらの船」から、カバー曲「ひこうき雲」「小さな恋のうた」「渡良瀬橋」、新曲「永遠の夕日」まで。ゲストにキセルを迎えた、「おなじ話」スペシャルバージョンも収録。「FOLK」をテーマにギター弾き語りのみで構成したパート1に続き、今作ではピアノやフィドルなど、ライブでおなじみの楽器も登場。そして、テーマは変わらず、2人きりによるレコーディングとなっています。「虎」「おいらの船」「ホンマツテントウ虫」などのオリジナル曲群は、ライブ活動を経て練られた決定版アレンジで再録。そして、荒井由実「ひこうき雲」、加川良「教訓1」など2人が影響を受けたルーツ的フォークソングから、MONGOL800「小さな恋のうた」、森高千里「渡良瀬橋」などのJ-POPといった多彩なアプローチのカバー曲に加え、待望の新曲「永遠の夕日」も収録。また、ゲストに盟友・キセルを迎え、代表曲「おなじ話」を辻村豪文×佐野遊穂で歌ったスペシャルバージョンも!

Pop

ハンバート ハンバート結成20周年記念!サポートなし、2人っきりの「FOLK」シリーズ、第2弾の登場です。人気曲「虎」「おいらの船」から、カバー曲「ひこうき雲」「小さな恋のうた」「渡良瀬橋」、新曲「永遠の夕日」まで。ゲストにキセルを迎えた、「おなじ話」スペシャルバージョンも収録。「FOLK」をテーマにギター弾き語りのみで構成したパート1に続き、今作ではピアノやフィドルなど、ライブでおなじみの楽器も登場。そして、テーマは変わらず、2人きりによるレコーディングとなっています。「虎」「おいらの船」「ホンマツテントウ虫」などのオリジナル曲群は、ライブ活動を経て練られた決定版アレンジで再録。そして、荒井由実「ひこうき雲」、加川良「教訓1」など2人が影響を受けたルーツ的フォークソングから、MONGOL800「小さな恋のうた」、森高千里「渡良瀬橋」などのJ-POPといった多彩なアプローチのカバー曲に加え、待望の新曲「永遠の夕日」も収録。また、ゲストに盟友・キセルを迎え、代表曲「おなじ話」を辻村豪文×佐野遊穂で歌ったスペシャルバージョンも!

Pop

3年ぶり、9枚目となるオリジナルアルバムに描かれているのは、いくつもの「家族」の姿。細野晴臣、長岡亮介、We Banjo 3 をはじめ、多彩なゲストに囲まれた幸せな作品ができ上がりました。広がるのは、アコースティック楽器が印象的に響くハンバートハンバートの新境地。悲しくて、楽しくて、忘れたくて、噛みしめたい。家族の行進曲。ここに完成です。         今作での佐野遊穂は、近年の力強さをあえて抑え、繊細で清廉な歌声を追求。佐藤良成は、ギターを始め、フィドル(バイオリン)、バンジョー、マンドリン、ピアノといったアコースティック楽器を総動員。心の機微を描いた歌詞とサウンドに磨きがかかり、歌の力にあふれた名作となりました。 ライブで大反響を集め、音源化リクエストが多数寄せられた待望の新曲が、リード曲である「がんばれ兄ちゃん」。細野晴臣氏がベースを務め、長岡亮介氏がカントリーミュージック的アプローチのエレキギターを演奏する本作は、かわいらしい兄弟のつながりに、じんわりと胸が熱くなります。 シリーズを通して佐藤良成がエンディングソングを担当する、300万部を超えるメガヒット原作のアニメ化作品、「この素晴らしい世界に祝福を!」。2017年1月から放映された最新作のエンディングテーマ「おうちに帰りたい」に対して、「ハンバートバージョンも聞きたい!」という声が多く、それに応えたセルフカバーを収録しました。 M4、M12に参加したアイルランドの若手バンジョーグループWe Banjo 3は、パワフルなパフォーマンスで注目を集め、オバマ前大統領からも絶賛される人気の伝統音楽グループ。一昨年の初来日時はハンバート ハンバートと一緒にツアーを回り、各地を席巻しました(2017年10月に再来日予定)。バンジョーの音がこれほど合うグループは、日本中を探してもハンバート ハンバートしか見つかりません(たぶん)! 他ゲストミュージシャンとして、岩見継吾、尾崎博志、エマーソン北村、久下惠生、関島岳郎、西内徹が参加(敬称略)!

Pop

デビュー15周年を記念した今作は、その名も「FOLK」。代表曲「おなじ話」を始め、ライブ活動の中で磨かれたアレンジが光る定番曲たち。高田渡など、影響を受けたルーツ的フォークソングから、たま、電気グルーヴといった青春時代を共に過ごしたJ-POPまでを、ハンバートハンバートらしい「FOLK」で解釈したカバー曲たち。そして、「ちいさな冒険者」のセルフカバー(アニメ『この素晴らしい世界に祝福を!』エンディング主題歌)に、待望の新曲「横顔しか知らない」も。原点に立ち返ること。けれど、未来を向くこと。サポートを入れず、ふたりだけの音と声で録音した決意のFOLK、ここに完成です。

Pop

1970年代に作詞家荒木とよひさ氏、作曲家クニ・河内氏のふたりの巨匠によって生み出されたミサワホームCMソング「いついつまでも」。長い間、歌い継がれてきたこの楽曲は2014年に大幅リメイクされました。2015年春から、ハンバートハンバートが歌うバージョンがCMなどで流れ、話題となりました。ファンの要望に応え、ライブでも披露するようになり、ますます多くの人に親しまれている名曲です。

Pop

ハンバートハンバート4 年振りのフル・アルバムは、深くて、染みて、泣けて、笑えて、カッコイイ!!スタジオが軒を連ねる音楽の街、ナッシュビル。その空気感が存分に出た本作は、サウンドプロデューサーにグラミー賞アーティスト、ティム・オブライエンを迎えました。ライブでコツコツと磨いてきたファン待望の新曲群を、最高のミュージシャンたちと共に録音。レコーディング時に第3 子妊娠中だった佐野遊穂の歌声は、これまで以上に伸びやかで力強く、魂がこもっています。涙なしには聴けない「ぼくのお日さま」は、佐藤良成のソングライティングセンスが発揮された、ライブでも人気のイチオシ曲。「ホンマツテントウ虫」「ポンヌフのたまご」の2 曲は、NHK E テレ「シャキーン!」「おかあさんといっしょ」に提供した楽曲のセルフカバー。「何も考えない」「オーイ オイ」は、知る人ぞ知る音楽業界の怪人、故・あべのぼる氏による自由奔放な楽曲をカバーした傑作です。

Pop

2002年から2008年の間にリリースされた共作名義を含むすべてのシングルを集め、2枚組・2時間超のフルボリュームにまとめたシングルコレクションアルバム(’10年リリース)。ライブでも人気の『おなじ話』をはじめ表題曲のほとんどがシングル・ヴァージョンのため、これまでのアルバムには未収録のヴァージョンであるだけでなく、カップリング曲もほぼすべてがアルバム未収録となっています。さらに、、、、ボーナストラックとして本邦初収録となる未発表曲『蝙蝠傘』、プロモーション用に配布された未発売音源 、オムニバス参加曲、そして『罪の味』(日本テレビ系「2クール」のエンディングテーマ)の門外不出のデモトラックなどを収録。まさにハンバートをあますところなく網羅したコンプリートコレクションです。ハンバート・ファンの入門編としても楽しめ、ディープなファンも満足できるクオリティの待望の作品集です。

Pop

9月公開の映画「プール」主題歌原曲「妙なる調べ」、小田急電鉄CM曲「待ち合わせ」を収録。スコットランドのフィドラーズ・ビドを迎えてレコーディングされたこれらの曲はすでにコンサートでは人気曲でファン待望のリリース。SHIBUYA-AXでのワンマンライヴも目前、注目の男女デュオ。

Pop

これまでのルーツ・ミュージックに加え、ロックやポップスのエッセンスも採り入れたナンバーを披露。1年の時間を掛けて、じっくりと制作した力作です!

Pop

2007年公開の映画、『包帯クラブ』(監督/堤幸彦)のオリジナル・サウンドトラック盤。佐藤良成の曲に佐野遊穂のスキャット、ハミング的なヴォイスがそれぞれの作品をチャーミングにしている。全編書き下ろしに加え、映画に使用されなかった楽曲や別ヴァージョンも収録。14、15、16はボーナストラック。

Pop

通算5枚目のアルバム。前作から引き続き固定バック・メンバーによる作品。スタジオでのライブ・レコーディング感はよりアーシーなサウンドで、ザ・バンドのごとき雰囲気や質感を感じさせる。これまで以上に胸をしめつけるような切ないメロディと端正なトラッドフォークの香り漂う名曲が詰まった傑作。

Pop

ライブと同じメンバーでレコーディングされ、アコースティックでフォーキー・チューンからタイトなバンドサウンドまで堪能できる作品。当時先行シングルでリリースされた「おなじ話」「天井」は各地のFM局でパワープレイに選ばれるなど、特に注目度の高い楽曲となった。ここではアルバム・ヴァージョンが聴ける。

Pop

セルフプロデュースによる通算3枚目にしてメジャー第一弾アルバム。アレンジャーに佐久間順平氏と関島岳郎氏を迎え、アコースティックからロック・テイストなサウンドまで、バラエティに富んだ意欲作。

Pop

佐久間順平氏をプロデューサーに迎えた2ndアルバム。弦や生ピアノなどの導入や、打ち込みなど新しい試みを取り入れ、彼らのルーツとも言えるアメリカン・ミュージックと、遠いアメリカの大地へ捧げられたアルバムとなっている。

View More Discography Collapse
Collapse

News

ハンバート ハンバート、新曲「小さな声」MVを公開

ハンバート ハンバート、新曲「小さな声」MVを公開

6月26日(水)リリースのハンバート ハンバートのライヴ(=WORK)音源によるバラード・ベスト『WORK』に収録されるスタジオ録音の新曲「小さな声」のミュージックビデオがYouTubeにて公開された。 ハンバート ハンバート本人たちの自撮り縦動画による

六甲山山頂にて開催の〈ROKKO SUN MUSIC 2019〉出演者発表

六甲山山頂にて開催の〈ROKKO SUN MUSIC 2019〉出演者発表

兵庫県の六甲山山頂にて開催されているイベント〈ROKKO SUN MUSIC〉、今年の出演者が本日発表された。 出演者と日程は以下の通り。 ◆7月6日(土) 宇宙人(Cosmos People)from TAIWAN / ハンバート ハンバート / ワン

〈アラバキ〉第1弾でソウル・フラワー、イースタン、水カンなど豪華38組発表

〈アラバキ〉第1弾でソウル・フラワー、イースタン、水カンなど豪華38組発表

4月27日、28日、野外フェス〈ARABAKI ROCK FEST.19〉が宮城県みちのく公園北地区 エコキャンプみちのくにて開催。出演者第1弾が発表された。 今回明らかになったのは、ソウル・フラワー・ユニオン、eastern youth、水曜日のカンパ

細野晴臣、はちみつぱいら出演、ベルウッド・レコード45周年記念コンサート開催決定

細野晴臣、はちみつぱいら出演、ベルウッド・レコード45周年記念コンサート開催決定

はっぴいえんど、大瀧詠一、細野晴臣、はちみつぱい、高田渡、あがた森魚、西岡恭蔵、友部正人、加川良ら、数多くの日本のフォーク・ロックを代表する名盤の数々を生み落とした伝説のレーベル、ベルウッド・レコード。 今年2017年に創立45周年記念したコンサートの開

ハンバート ハンバート、3年ぶりアルバムをリリース&日比谷野音を含むレコ発ツアーも

ハンバート ハンバート、3年ぶりアルバムをリリース&日比谷野音を含むレコ発ツアーも

ハンバート ハンバートが7月5日(水)にアルバム『家族行進曲』をリリースする。 3年ぶり、9枚目となるオリジナル・アルバム『家族行進曲』に描かれているのは、いくつもの「家族」の姿。細野晴臣、長岡亮介、We Banjo 3をはじめ、多彩なゲストと共につくり

「ACO CHiLL CAMP 2017」タイムテーブル発表!

「ACO CHiLL CAMP 2017」タイムテーブル発表!

2017年5月13日(土)、5月14日(日)に静岡県御殿場市富士山樹空の森で行われる 「ACO CHiLL CAMP 2017 powered by KIRIN/富士山麓 〜アソブ、オドロク、フジサン、キャンプ。〜」の、タイムテーブルの発表された。 初

View More News Collapse
〈京音-KYOTO- 2017〉スペアザ、ハンバート、Polaris、スカート、bonobosら豪華アーティスト出演で4会場3days開催

〈京音-KYOTO- 2017〉スペアザ、ハンバート、Polaris、スカート、bonobosら豪華アーティスト出演で4会場3days開催

京都から音楽を発信する〈京音-KYOTO-〉が、2016年の〈京音-KYOTO-〉をまとめたコンピレーションCDをリリースにあわせてLive House nano、磔磔、KYOTO MUSE、METROの京都市内4会場のライブハウスで3日間に渡って繰り広

〈りんご音楽祭2015〉最終アクト発表! 全150組の日割りも明らかに

〈りんご音楽祭2015〉最終アクト発表! 全150組の日割りも明らかに

長野県松本市で開催の野外フェス〈りんご音楽祭2015〉が9月26日(土)、27日(日)に開催。その最終アクトおよび全150組におよぶ出演者の日割りが発表された。 今回出演が明らかになったのは、ライヴ・アクトに平賀さち枝とホームカミングス、HOW TO C

〈りんご音楽祭2015〉第5弾発表でスチャダラパー、MOROHA、おやホロら

〈りんご音楽祭2015〉第5弾発表でスチャダラパー、MOROHA、おやホロら

9月26日(土)、27日(日)に長野県松本市で開催の野外フェス〈りんご音楽祭2015〉の第5弾出演アーティストが発表された。 今回出演が明らかになったのはスチャダラパー、MOROHA、うみのて、おやすみホログラム、ラビラビ、CHAN-MIKA、YOCO

〈りんご音楽祭2015〉第2弾でハンバート、奇妙トラベル、バクバクドキン、いというせいこう、the fin.ら総勢17組

〈りんご音楽祭2015〉第2弾でハンバート、奇妙トラベル、バクバクドキン、いというせいこう、the fin.ら総勢17組

2015年9月26日、27日に長野県松本市アルプス公園で開催される〈りんご音楽祭2015〉。 本日、第2弾となる出演アーティストが発表された。 今回新たに発表されたのは、ハンバートハンバート、奇妙礼太郎トラベルスイング楽団、tofubeats、いとうせい

那覇〈Sakurazaka ASYLUM2015〉にBRAHMAN、細美武士、ハンバート ハンバート、後藤まりこ他100組近くが集結

那覇〈Sakurazaka ASYLUM2015〉にBRAHMAN、細美武士、ハンバート ハンバート、後藤まりこ他100組近くが集結

那覇市の古くからの歓楽街・通称“桜坂”を中心に開催する、回遊型の同時多発的音楽イベント〈Sakurazaka ASYLUM(サクラザカ・アサイラム)2015〉が2月7日(土)8日(日)に開催される。 2007年にクロスカルチャーイベント〈荒野のアサイラム

PIKA☆初スタジオAL『龍の棲家』発売、レコ発にテンテンコら参戦

PIKA☆初スタジオAL『龍の棲家』発売、レコ発にテンテンコら参戦

PIKA☆(ex.あふりらんぽ)が初のスタジオレコーディング・アルバム『龍の棲家』を12月11日に発売、年明けにはレコ発ツアーも決定した。 2010年の「あふりらんぽ」解散以降、「ムーン♀ママ」などで音楽活動を続けるとともに、太陽大感謝祭などのイベントを

〈Slow Music Slow LIVE〉第5弾でハンバート ハンバート、チャラン・ポ・ランタン決定

〈Slow Music Slow LIVE〉第5弾でハンバート ハンバート、チャラン・ポ・ランタン決定

8月29日(金)30日(土)31日(日)の3日間開催される〈Slow Music Slow LIVE '14 in 池上本門寺〉の第5弾出演アーティストの発表がおこなわれ、ハンバート ハンバート、チャラン・ポ・ランタンの出演が決定した。 昨年、記念すべ

〈第3回パンダ音楽祭〉満員の観客が“ゆるエモ”な一日を堪能-OTOTOYライヴレポ

〈第3回パンダ音楽祭〉満員の観客が“ゆるエモ”な一日を堪能-OTOTOYライヴレポ

撮影 : 勝永裕介(twitter.com/yuusuke_DdL) 5月10日(土)〈第3回パンダ音楽祭〉が上野恩賜公園 野外ステージでおこなわれ、晴天の中満員の観客が人気ミュージシャンたちの“ゆるエモ”な弾き語りライヴを楽しんだ。 最高気温25度とい

〈YATSUI FESTIVAL 2013〉第2弾でDJみそしる、BiS、あら恋、バニビほか出演決定

〈YATSUI FESTIVAL 2013〉第2弾でDJみそしる、BiS、あら恋、バニビほか出演決定

エレキコミックのやついいちろうによる笑いと音楽のエンターテインメント・フェス、〈YATSUI FESTIVAL 2013〉の出演者第2弾が発表された。 今回新たに発表されたのは、AFRAに曽我部、PERSONZ、バニラビーンズ、あらかじめ決められた恋人

恒例〈Slow Music Slow LIVE〉第1弾で大橋トリオ、持田香織ら10組

恒例〈Slow Music Slow LIVE〉第1弾で大橋トリオ、持田香織ら10組

野外フェス〈Slow Music Slow LIVE '12 in 池上本門寺〉が、8月24日(金)、25日(土)、26日(日)池上本門寺 野外特設ステージにて開催されることが決定し、第1弾アーティストが発表された。 出演が決まったのは大橋トリオ

Collapse

Articles

ハンバートハンバート、4 年振りのフル・アルバムをリリース

インタヴュー

ハンバートハンバート、4 年振りのフル・アルバムをリリース

ハンバート ハンバートの基本になるような作品にしたかった――カントリーの本場ナッシュヴィルで録音したフル・アルバム完成「ずっとやってきたことを一番いい音、演奏で作りたいと思ってたんです」――音楽家として最もシンプルな望みを叶えるべく、男女デュオハンバート …

ハンバートハンバート『合奏』 インタビュー

インタヴュー

ハンバートハンバート『合奏』 インタビュー

白米と子守唄とハンバートハンバート カレーもハンバーグもチャーハンも大好きだけど、やっぱり日本人ならば白飯とみそ汁が最高においしいと感じる。 乱暴な説明だけどの音楽はそんな感じに近い。刺激や派手さがあるわけではないけれど、じわっと染みて癖になるあの感じ。今…