SPACE SHOWER MUSIC

この夜が明けるまで
Lossless

この夜が明けるまで

HipHop/R&B

eill

11月6日リリースの待望のファースト・アルバム「SPOTLIGHT」から先行配信!

ONE LAST TIME (Prod.AmPm)
Lossless

ONE LAST TIME (Prod.AmPm)

HipHop/R&B

eill

2019年度、大注目のSSW「eill」。2019年度末に発表予定のファースト・アルバムより第四弾となる配信シングル 「ONE LAST TIME」 。世界中で聴かれる日本人覆面ユニットAmPm(アムパム)を プロデュースに迎えたダンスチューン。

ズーカラデル (PCM 96kHz/24bit)
High Resolution

ズーカラデル (PCM 96kHz/24bit)

Rock

ズーカラデル

昨年大きな躍進を遂げたロックバンド、ズーカラデルが自らの名前をタイトルに据えた初のフルアルバム「ズーカラデル」をリリース!1st ミニアルバム「リブ・フォーエバー」が口コミとCD ショップで話題を呼び、昨年リリースした2nd ミニアルバム「夢が醒めたら」にてメディアをはじめ注目度を一気に高めたズーカラデル。そして遂に完成した本作品は、彼らの地元である北海道に拘り制作し、圧倒的なメロディセンスと歌詞はより磨きがかかり、ズーカラデルの魅力が存分に詰まった作品に!新たな代表曲になっていくであろうリード曲「イエス」、文学性や音楽的な新たな側面を提示した「花瓶のうた」を含む新曲5 曲、前作『夢が醒めたら』より「漂流劇団」、「恋と退屈」のMIX 別バージョン、デビュー作『リブ・フォーエバー』より彼らの名前が広がるきっかけになった名曲「アニー」と「春風」を再録、更に初音原化となる未発表曲3 曲を含む全12 曲を収録。ジャケットイラストは独特の画風とイラストが話題となっているイラストレーター中村一般が担当。そして前作リリース後に開催した初のワンマンツアーが即完売、各地フェス、イベントは軒並み入場規制を記録するなどライブの評判も高まる中、リリース後には全国9 箇所のワンマンツアーも開催決定!いまのズーカラデルが存分に詰め込まれた新作でいよいよ全国へ飛び出します!

21世紀より愛をこめて
Lossless

21世紀より愛をこめて

Rock

Tempalay

新世代シーンで一際注目を集めるTempalay、約2年ぶりのニューアルバム!美しさ、儚さ、歓喜、絶望が混在した怒涛の時代をTempalayとゆう新しい音楽の形で表現した最新作。理解を越えたものほど美しくせまってくる。中毒性抜群の全12曲。

NHKスペシャル ドラマ「詐欺の子」オリジナル・サウンドトラック
Lossless

NHKスペシャル ドラマ「詐欺の子」オリジナル・サウンドトラック

mouse on the keys, 勝井祐二

詐欺に手を染める若者たちの群像をリアルに描き出し、第45回放送文化基金賞最優秀賞を受賞したNHKスペシャル ドラマ「詐欺の子」のオリジナル・サウンドトラックがついにリリース!今年3月に放送されたNHK名古屋放送局制作のNHKスペシャル ドラマ「詐欺の子」は、特殊詐欺をテーマに長期間に渡る綿密な証人取材を基に構成され、犯罪に手を染めてゆく若者たちの姿をリアルに描き出し大反響を呼んだ。その結果、19年3月度ギャラクシー賞受賞、また毎年3月までの過去1年間の放送の中から選出される放送文化基金賞においてテレビドラマ番組部門最優秀賞に輝き、BSプレミアムでは特別編として110分の拡大版も放送された。その劇伴を任されたのはオルタナティブ・ポストロックの雄、勝井祐二(ROVO)とmouse on the keys。それぞれが制作した10曲ずつが収録され、オープニング曲ではmouse on the keysをバックに勝井氏がエレクトリック・ヴァイオリンを演奏し初の共演を果たした。サントラの域を超えたその作品性の高さからオルタナティブミュージックファンにとって垂涎のタイトルになることは間違いない。マスタリングはROVOのメンバーでありマスタリングエンジニアである益子樹氏、ジャケットデザインはsuchmos・Ken Yokoyamaやカクバリズム作品を多く手がけるSteinski佐藤穣太氏が担当。

Succubus feat.Kvi Baba (grooveman Spot Remix)
Lossless

Succubus feat.Kvi Baba (grooveman Spot Remix)

HipHop/R&B

eill

2019年度、大注目のSSW「eill」。2019年度末に発表予定のファースト・アルバムより第三弾となるSG「Succubus」のgrooveman SpotによるリミックスにKvi Babaをフィートした楽曲。

21世紀より愛をこめて (PCM 48kHz/24bit)
High Resolution

21世紀より愛をこめて (PCM 48kHz/24bit)

Rock

Tempalay

新世代シーンで一際注目を集めるTempalay、約2年ぶりのニューアルバム!美しさ、儚さ、歓喜、絶望が混在した怒涛の時代をTempalayとゆう新しい音楽の形で表現した最新作。理解を越えたものほど美しくせまってくる。中毒性抜群の全12曲。

near dawn
Lossless

near dawn

Rock

PEARL CENTER

PAELLASのフロントマンMATTONによる新バンド。 東京で出会った4人組。MATTONとinuiの2人のフロントマンがツインボーカルのハーモニーで言葉を紡ぐ。愛すべき日本のポップミュージックと世界を繋げ、更新していくことを目指し2019年より始動。

D.R.E.A.M. (24bit/96kHz)
High Resolution

D.R.E.A.M. (24bit/96kHz)

Rock

PAELLAS

ネクストブレイクの急先鋒!2017年、現在進行形5人組バンド最新作!never young beachのメンバーとしても活躍する阿南智史を擁するPAELLAS本格始動!2016年にEP「Remenber」、ALBUM「Pressure」の2作品をリリースしROCK、R&B、HOUSE、NEW WAVEなど様々なジャンルを飲み込みながら、独自のサウンドを生み出してきたPAELLASの2017年現在の到達点。モダンなR&Bを基調とした洋楽ライクでアーバンなサウンドを主体としながらもPOPSとしての普遍性を兼ね備えた新たなスタイルを確立。タイトなビートとエッジィ且つクールなギターカッティングを軸に構築されたサウンドとヴォーカルMATTONの甘美な歌声の調和が描き出すサウンドスケープには新しさとノスタルジアが混在する。今作より歌詞に日本語を取り入れるなどサウンド面以外にも新たなアプローチをふんだんに盛り込んだ意欲作。

The Massive Market
Lossless

The Massive Market

Rock

Migimimi sleep tight

約1年半振りの2nd Mini Albumとなる本作には、 バンドの新たな一歩を示したキラーチューン「MACAU:The Massive Market」、全編英語詞に挑んだ「MOVE ON!」、ライブを繰り返す度に進化し続けている「Akirakeiko」、プリミティブな音色要素をもつ「Escape from Tsuki No Uragawa ZOO」 など全6曲収録。マンパワーとデジタルの要素を融合し、90年代と10年代のサウンドが交錯されたEDMロック!ライブハウスのフロアをクラブに導く衝撃の作品!!

行間にて
Lossless

行間にて

Rock

Ivy to Fraudulent Game

記念すべき全国デビュー作品ながら、既に熱狂的なファンを獲得し始めている群馬発、四人編成の新世代ロックバンド「Ivy to Fraudulent Game」。東京での自主イベントや初ワンマンライブでチケット即日完売、ツアーも精力的に行い全国でのファンも急増中の中、遂に初の全国流通盤をリリースする。完成した本作は凛としたメロディーにヴォーカルを躍動させるための叙情性溢れるサウンドメイクが融合し、深い奥行きのあるアルバムが完成。深い孤独と虚無を感じさせる一方で癒しや救い、希望を見出せる共感性の高い歌詞にも注目。全曲シングルカット可能な全6曲収録。

コンパクト(24bit/48kHz)
High Resolution

コンパクト(24bit/48kHz)

Koochewsen

ポップス+プログレッシブロック。絶妙な歌心と、驚異のアンサンブルを兼ね備えたクウチュウ戦新作『コンパクト」!唯一無二の<若手歌ものプログレバンド>として異彩を放ち、音楽愛好家や同世代のバンドたち、数々の関係者からの高い評価を得てきた彼らが、今真摯に目指すものは様々な世代の、より多くの音楽リスナーたちに受け止めてもらうジャンルを超えた“ポップミュージック愛”の形。今回のアルバムに収録された6曲は、その決意と意気込みが隅から隅まで丁寧に練り込まれた2015年に光り輝くべき、真新しい至宝!プログレ的な驚異のバンドアンサンブルを鳴らし、そのサウンドにVo.リヨの妖艶な歌声が交じり合ったサウンドは今作でより開花している!

夢が醒めたら
Lossless

夢が醒めたら

Rock

ズーカラデル

札幌在住のロックバンド「ズーカラデル」が初の全国流通盤ミニアルバム「夢が醒めたら」を遂にリリース!昨年リリースした自主製作盤「リブ・フォーエバー」が抜群のメロディーセンスと歌詞に共感する人が続出。ノンプロモーションながら口コミでその存在が広がっていき、一部取扱いを行っていたCD ショップにて大きな反響を獲得。「タワレコメン」や、スペースシャワーTV 新人応援企画「SPACE SHOWER NEW FORCE」へ選出され、更にRISING SUN ROCK FESTIVAL2018 やスピッツが主催する新木場サンセットなどの大型フェス出演を始め、各地イベントでも軒並み入場規制を記録するなど話題となる。大注目を浴びる中リリースする新作ミニアルバムは、ライブでも披露され既にファンの間では人気となっている楽曲を含む全7 曲収録。メロディと歌詞はもちろん楽曲クオリティは更に上がり、今まで以上に大きな広がりを見せること間違いない1 枚です。

色々、ありすぎる
Lossless

色々、ありすぎる

Pop

そのうちやる音

2017年9月の2ndミニアルバム「もはや、謎すぎる」以来2年。初のフル・アルバム。先行配信で話題の楽曲「呼吸」、「走り出せ凡人」、「血痕願望」、「アイドルゴシップマスターズ」、「ひとりごと」を含む全10曲。 作詞作曲は前作までに引き続き恒吉豊(OverTheDogs)が担当。

BODY
Lossless

BODY

Dance/Electronica

AAAMYYY

Tempalay新メンバー、ソロでも人気急上昇中の女性SSW/トラックメイカー''AAAMYYY''!自主リリースしたEP3部作が話題となりテープリリースは即完売。CM歌唱や楽曲提供等、その嗅覚とセンスで音楽のみならず幅広い支持を集めるニューアイコン。フィーチャリングにMATTON(PAELLAS)、CONYPLANKTON(TAWINGS)、BEAMS x EYESCREAMの番組「PLAN B」で交流を深めたニューヨークのComputer MagicとJILの海外勢も参加。ソロアーティストとして切り開いた新境地、待望の1stフルアルバム完成!

GREAT HUNGRY
Lossless

GREAT HUNGRY

Rock

永原真夏

永原真夏の自身初となるフルアルバムが遂ににリリース。ソロとしてミニアルバムを1作品、E.P.を4作品リリースし、多数のライブやフェスへの出演、女性ラッパーのあっこゴリラとのコラボレーションなど勢力的に活動中。今作のフルアルバムでは今までの永原真夏らしい楽曲はもちろんの事、ロックファンからJ-POPリスナーまで幅広い層にアプローチできる新曲も多数収録。初回限定盤には人気曲のライブ音源を全5曲収録予定。

Compass (24bit/48kHz)
High Resolution

Compass (24bit/48kHz)

HipHop/R&B

DJ OKAWARI

全世界待望!日本が誇るトラックメイカーDJ OKAWARIが放つ約5 年半ぶり4枚目のフルアルバム!その独自のメロディセンスと温かみのある美しい世界観が、ジャンルと国境の垣根を超えた幅広い層からの支持を集め、自身3 枚のアルバムが今もなおロングセラーを続けるDJ OKAWARI。今作は、タリブ・クウェリ、ジョヴァンカ、エミ・マイヤーら豪華ゲストをフィーチャーした5曲を含む、情感豊かな珠玉の全11 曲を収録。

放浪者の目覚め
Lossless

放浪者の目覚め

Pop

Hainuwell

LUCKY TAPESやザ・なつやすみバンドなど数々のバンドをトロンボーンでサポートするNAPPIがSSW「Hainuwell (ハイヌウェル)」としてソロプロジェクトを始動。福生市出身の独自なセンスと多彩な声で放つジャンルレスなHainuwell MUSIC誕生!共同制作(作曲/編曲/Gt.演奏/ミックス・マスタリング)に注目のSSW 君島大空を迎えたDebut Album『放浪者の目覚め』デジタルリリース!

BODY (PCM 48kHz/24bit)
High Resolution

BODY (PCM 48kHz/24bit)

Dance/Electronica

AAAMYYY

Tempalay新メンバー、ソロでも人気急上昇中の女性SSW/トラックメイカー''AAAMYYY''!自主リリースしたEP3部作が話題となりテープリリースは即完売。CM歌唱や楽曲提供等、その嗅覚とセンスで音楽のみならず幅広い支持を集めるニューアイコン。フィーチャリングにMATTON(PAELLAS)、CONYPLANKTON(TAWINGS)、BEAMS x EYESCREAMの番組「PLAN B」で交流を深めたニューヨークのComputer MagicとJILの海外勢も参加。待望の1stフルアルバム完成!

GOLD
Lossless

GOLD

Rock

Age Factory

Age Factory待望の2nd Full Albumが完成!アルバムタイトルにもなっている「GOLD」、バンド史上最も壮大な「million」、男女のボーカルのかけ合いが爽快な「See you in my dream」の他デジタルシングルでリリースしていた「WORLD IS MINE」「Moony」もアルバムver.で再MIXして収録。

かけがえのないもの
Lossless

かけがえのないもの

Rock

MONO NO AWARE

2019年4月公開『沈没家族 劇場版』主題歌「A・I・A・O・U」10-11月NHKみんなのうた「かむかもしかもにどもかも!」収録<常に変化しつづける>次世代バンドMONO NO AWARE!幼少期から青年期にかけての子どもの成長と青春をテーマに制作した、MONO NO AWAREの3rdアルバム。子どもの頃にあっても大人になると薄れてしまう感覚や、どうでもよくなってしまうことこそが大切なのではないかという考えのもと、作詞作曲を手がけるボーカル/ギター玉置周啓の幼少期の体験や原風景をヒントに制作を進めた作品であり、子どもから大人に成長していく過程での成長や変化と同じようにバンドが奏でる音楽も聴き手を包みこむ言葉も変化していく。ギターロックの枠では収まらないほどに高まったクリエイティビティと自由かつ創作的なソングライティングと秀逸な言語表現、常に変化を繰り返すバンドが大きな成長を遂げたフルアルバムが遂に完成!アートワークは手塚プロダクション公式作家であり手塚作品のパロディで話題となっている漫画家/イラストレーター”つのがい”氏が担当、エンジニアは奥田泰次、柏井日向が担当している。

かむかもしかもにどもかも!
Lossless

かむかもしかもにどもかも!

Rock

MONO NO AWARE

2019年10-11月NHKみんなのうた、早口言葉を題材にした書き下ろし楽曲「かむかもしかもにどもかも!」。幼少期、意味はないけれど、歌の中の擬音語や、掛け声・呪文のような言葉が面白くて、いつも口ずさんでいた、といった経験が、誰にもあるはず。そんな、歌の根本にある「言葉のリズム」に注目し、楽しいを通り越して、究極的な言葉遊びの楽曲が完成。口に出して遊ぶ喜びを感じてほしい、次から次へと繰り出される「早口言葉」!さぁ、あなたは一度も「かまず」にこの歌を歌いきれるかな? 令和チャレンジ!

言葉がなかったら
Lossless

言葉がなかったら

Rock

MONO NO AWARE

2019年4月公開『沈没家族 劇場版』主題歌「A・I・A・O・U」10-11月NHKみんなのうた「かむかもしかもにどもかも!」収録<常に変化しつづける>次世代バンドMONO NO AWARE!幼少期からの成長と青春をテーマに約1年2ヶ月ぶり待望のNEW ALBUM発売!子どもの頃にあっても大人になると薄れてしまう感覚や、どうでもよくなってしまうことこそが大切なのではないかという考えのもと、作詞作曲を手がけるボーカル/ギター玉置周啓の幼少期の体験や原風景をヒントに制作を進めた作品であり、子どもから大人に成長していく過程での成長や変化と同じようにバンドが奏でる音楽も聴き手を包みこむ言葉も変化していく。ギターロックの枠では収まらないほどにクリエイティブさを高めつつある自由かつ創作的なソングライティングと言語表現、常に変化を繰り返すバンドが大きな成長を遂げたフルアルバムが遂に完成!アートワークは手塚プロダクション公認の漫画家・イラストレーター”つのがい”氏が担当、エンジニアは奥田泰次、柏井日向が担当している。

grain
Lossless

grain

Pop

Hainuwell

LUCKY TAPESなど数々のバンドをトロンボーンでサポートするNAPPIのSSWプロジェクトHainuwell。デビューアルバム『放浪者の目覚め』からの先行配信第2弾は、変幻自在なHainuwellのヴォーカルと強い印象を残す歌詞、そしてトロンボーンが響くドープネスなキラーチューン。

ズーカラデル
Lossless

ズーカラデル

Rock

ズーカラデル

昨年大きな躍進を遂げたロックバンド、ズーカラデルが自らの名前をタイトルに据えた初のフルアルバム「ズーカラデル」をリリース!1st ミニアルバム「リブ・フォーエバー」が口コミとCD ショップで話題を呼び、昨年リリースした2nd ミニアルバム「夢が醒めたら」にてメディアをはじめ注目度を一気に高めたズーカラデル。そして遂に完成した本作品は、彼らの地元である北海道に拘り制作し、圧倒的なメロディセンスと歌詞はより磨きがかかり、ズーカラデルの魅力が存分に詰まった作品に!新たな代表曲になっていくであろうリード曲「イエス」、文学性や音楽的な新たな側面を提示した「花瓶のうた」を含む新曲5 曲、前作『夢が醒めたら』より「漂流劇団」、「恋と退屈」のMIX 別バージョン、デビュー作『リブ・フォーエバー』より彼らの名前が広がるきっかけになった名曲「アニー」と「春風」を再録、更に初音原化となる未発表曲3 曲を含む全12 曲を収録。ジャケットイラストは独特の画風とイラストが話題となっているイラストレーター中村一般が担当。そして前作リリース後に開催した初のワンマンツアーが即完売、各地フェス、イベントは軒並み入場規制を記録するなどライブの評判も高まる中、リリース後には全国9 箇所のワンマンツアーも開催決定!いまのズーカラデルが存分に詰め込まれた新作でいよいよ全国へ飛び出します!

WASABI 3
Lossless

WASABI 3

WASABI

2008年に結成した“新・純邦楽ユニット”WASABIは、2010年から本格的に活動を開始し、まもなく10年目を迎える。主体だった学校公演から場を広げ、国内外の一般公演、舞台音楽制作などさまざまなステージに上がってきた。約5年ぶりで3作目となる本作は、これまでの集大成でもあり、新しい飛躍のための門出のアルバムともいえる。

紅海
Lossless

紅海

Pop

Hainuwell

LUCKY TAPESなど数々のバンドをトロンボーンでサポートするNAPPIのSSWプロジェクトHainuwell。デビューアルバム『放浪者の目覚め』からの先行配信第1弾は、君島大空らとのスタジオ即興曲をアレンジした、Hainuwellのエモーショナルなヴォーカルが際立つオルタナティブ・チューン。

イエス
Lossless

イエス

Rock

ズーカラデル

昨年大きな躍進を遂げたロックバンド、ズーカラデルが自らの名前をタイトルに据えた初のフルアルバム「ズーカラデル」より、先行配信楽曲「イエス」!

Succubus
Lossless

Succubus

HipHop/R&B

eill

2019年、大注目のSSW「eill」。2019年末、ファーストアルバム決定!アルバムから第二弾となる先行SG「Succubus」!

WORK
Lossless

WORK

Pop

ハンバート ハンバート

 「平日しかライブをしません」と宣言した、2019年。フェス出演はほぼなく、ワンマンライブがメインとなる今年は、ハンバートハンバートにとって本業と自負するライブ(=WORK)が中心となる年とも言えます。ライブごとにアレンジが変わってゆく楽曲。その場所だからこそ引き出されるパワー溢れるパフォーマンス。そこは、ハンバート ハンバートの魅力が最大限に広がる空間です。けれど、「音源は聴くけどライブには行ったことがない」という人はまだまだ多い。そこで今回、みなさんの元へ「ライブ」をお届けしたいと思ったのです。 これまでの「FOLK」シリーズのカテゴリには収まらなかった“泣けるバラード”をメインに据えた今作は、単なるライブ盤という枠を超え、「セルフカバーによるバラードベスト」な内容となっています。代表的な人気曲「ぼくのお日さま」「まぶしい人」「おべんとう」などに加え、「喪に服すとき」「ひなぎく」などファンの間では長らく評価の高かった曲を多数収録。音源は、“平日だけライブ”の幕開けとなった、東名阪クラブクアトロツアー「ハンバート家の正月 2019」全6公演から厳選した録音となります(すべて、サポート無しの2人編成)。 さらにこのアルバムでは、今作のために書き下ろしたスタジオ録音の新曲「小さな声」も併せて収録。世間との折り合いがつかず、もがき、苦しみながら生きる人々の心に迫った本作は、佐野遊穂のボーカルが印象深く響く、ハンバート ハンバートにとっての新たなる名作となることでしょう。

20
Lossless

20

HipHop/R&B

eill

なりたい自分がなきゃだめなの?明確なビジョンがなきゃだめなの?答えなんか分からなくてもいい、今この瞬間を全力で生きて笑っていたい。迷える二十歳へ、二十歳のeillが送るエールソング!

のめりこめ、震えろ。
Lossless

のめりこめ、震えろ。

Rock

Tempalay

新世代シーンで一際注目を集めるTempalay、約2年ぶりのニューアルバムよりリード曲を先行配信!

ディアスキア
Lossless

ディアスキア

村松徳一

岩手県宮古市出身のシンガーソングライター村松徳一の新作ミニアルバムが完成。星をテーマに、歌、アコースティックにこだわり制作した前作「星めぐりの歌」では、宮沢賢治作詞作曲による名曲「星めぐりの歌」、北野武、玉置浩二による「嘲笑」など、彼の歌声を存分に発揮できるカバー曲をはじめ、「冬空のシリウス」、「星のない世界で」という彼の代表曲でリスナーはもちろん、多くの音楽関係者から絶賛の声が届き、更にCD ショップ大賞東北ブロック賞を受賞するなどその名前を知らしめた。そんな中リリースされる新作は、プロデューサーに前作同様、黒沢秀樹氏(exL⇔R) を迎え、豪華なサポートメンバーとともに制作。参加メンバーとして、ドラムに赤い靴メンバーで大橋トリオ、矢野顕子、Predawn、星野源 、松室政哉などのサポートを行なう「神谷洵平」、ベースに初恋の嵐のメンバーであり、斉藤和義、中田裕二、石崎ひゅーいなどのサポートを行なう「隅倉弘至」が参加し。前作から一転、バンドサウンドとともに作り上げた本作品には、オリジナル楽曲に加え、デヴィッドボウイ「Heroes」、忌野清志郎が作曲した原田郁子の名曲「銀河」のカヴァーを含む前7 曲収録。素晴らしい歌が詰まっています。

Innocent Rain
Lossless

Innocent Rain

村松徳一

4月24日発売 村松徳一新作ミニアルバム「ディアスキア」より、先行配信シングル「Innocent Rain」。

アイドルゴシップマスターズ
Lossless

アイドルゴシップマスターズ

Pop

そのうちやる音

2019年第3弾となる配信シングル。

Diascia
Lossless

Diascia

村松徳一

前作「星めぐりの歌」リリース後、その歌声でリスナーを始め、メディア関係者を絶賛させた村松徳一が新作ミニアルバム4月24日にリリース!その中から先行で「Diascia」を配信リリース!プロデューサーに黒沢秀樹氏(exL⇔R)、サポートミュージシャンに神谷洵平氏、隅倉弘至氏を迎えて制作!

Endless Bubble〜Cover Songs vol.1〜
Lossless

Endless Bubble〜Cover Songs vol.1〜

Idol

ベッド・イン

アン・ルイス、工藤静香、SHOW-YA、久宝留理子、石井明美、バービーボーイズ、Wink、中原めいこ (順不同、敬称略)らが歌ったあの名曲をベッド・インが時に熱く、時にSEXYに、CO・CO・ROを込めてカバー。バービーボーイズ/目を閉じておいでよ ではゲストボーカルにマキタスポーツを迎えたコラボレーションも実現!バブルを愛する全人類に捧ぐ、待望のカバーアルバム!平成最後に満を持してのリリースです!

ヒカリノアメ
Lossless

ヒカリノアメ

Rock

ZIGGY

2019年第一弾となるシングルは、これぞZIGGYといったPOPでキャッチーな「ヒカリノアメ」。奇跡のポップディスコチューン&ハイパーパンクチューンのダブルバージョン収録。更にR&Rナンバー「MELODY」、ミディアムメロディアスナンバー「SOMETIMES」を加えた4曲入り。

「男」
Lossless

「男」

Idol

ベッド・イン

バブル時代を代表する、珠玉の名曲たちが蘇る!地下セクシーアイドル ベッド・インが愛とリスペクトをズッポシ込めたカバーソング!4月3日リリースのカバーアルバム「Endless Bubble〜Cover Songs vol.1〜」より先行配信第四弾「男」!

血痕願望
Lossless

血痕願望

Pop

そのうちやる音

そのうちやる音、2019年の第2弾配信シングル。

CHA-CHA-CHA
Lossless

CHA-CHA-CHA

Idol

ベッド・イン

バブル時代を代表する、珠玉の名曲たちが蘇る!地下セクシーアイドル ベッド・インが愛とリスペクトをズッポシ込めたカバーソング!4月3日リリースのカバーアルバム「Endless Bubble〜Cover Songs vol.1〜」より先行配信第三弾「CHA-CHA-CHA」!

嵐の素顔
Lossless

嵐の素顔

Idol

ベッド・イン

バブル時代を代表する、珠玉の名曲たちが蘇る!地下セクシーアイドル ベッド・インが愛とリスペクトをズッポシ込めたカバーソング!4月3日リリースのカバーアルバム「Endless Bubble〜Cover Songs vol.1〜」より先行配信第二弾「嵐の素顔」!

あゝ無情
Lossless

あゝ無情

Idol

ベッド・イン

バブル時代を代表する、珠玉の名曲たちが蘇る!地下セクシーアイドル ベッド・インが愛とリスペクトをズッポシ込めたカバーソング!4月3日リリースのカバーアルバム「Endless Bubble~Cover Songs vol.1~」より先行配信第一弾「あゝ無情」!

hey! / バイバイ
Lossless

hey! / バイバイ

Pop

山崎あおい

2018年12月にアルバム「FLAT」を発売した山崎あおいが2019年第1弾となる2曲の配信シングル。

走り出せ凡人
Lossless

走り出せ凡人

Pop

そのうちやる音

2018年10月に配信リリースの「呼吸」から約4か月ぶり。2019年の第一弾として放つ配信シングル。

屍を越えてゆけ
Lossless

屍を越えてゆけ

Dance/Electronica

AAAMYYY

Tempalay新メンバー、ソロでも人気急上昇中の女性SSW/トラックメイカー''AAAMYYY''!2/6リリースの待望の1stフルアルバム「BODY」から先行シングル

心火を従えて愈々
Lossless

心火を従えて愈々

みねこ美根

この6曲は、私の今ですし、未来です。(みねこ美根)新しい才能との出会いに、 スリリングでワクワクさせられる感覚を味わえる楽曲たちです。サウンドプロデューサーの小名川高弘氏と約1年をかけ制作してる楽曲たちの中からの第一弾です。誰もが感じる日常、世の中に潜む〝影″。それを独自の視点で紡ぐ彼女の言葉・歌声には、 不思議と優しさと愛が込められています。このバランス感覚はまさに天性のもの。そんな彼女の第一歩を感じてもらえる第1弾作品です。感じてもらえますか?—本人による楽曲紹介—(私の想いであって、これからは聴いていただける人が自由に感じてほしい。)【太陽】 進学や進級、入社とか、新しい環境で生きづらさを感じた人に聞いて欲しい。大学に入って、人とうまく話せなくて辛かった時に「いまを生きる」という映画を見て、私は心打たれた。この時の自分のように、「この瞬間を精一杯生きてみよう」とこの曲を聞いて思ってもらえたらと思う。【昨日の終わり】 ある映像を見た。大学入試の面接練習でサッカーのことしか言えないサッカー少年をどう指導すれば合格させられるか、という教師目線の映像。サッカーがどれほど好きか力説する少年の映像を見て、笑う同級生たち。好きなことを好きと言って何が悪いのか。学校なんて、短い期間しかいない、閉ざされた場所。そこで人生を狂わされるな。【おもちゃのきもち】 子どものころに抱いた気持ちはずっと胸の中に引っかかっている。これを聞いて、子供のころの不安や怖かったものを思い出して欲しいし、この曲のせいで子どもに、本当に階段を数えられなくなって欲しい。おもちゃの気配にわくわくしてもらいたい。【こころ】 最初は夏目漱石の「こころ」にでてくる「K」のために書いた。今は、自分に厳しく己で追い詰めてしまう人、そうじゃない人にも、少しでも希望を持てるようになって欲しい。テンポ感やピアノの雰囲気も他の曲とは違うので、楽しめたら一緒に手拍子しましょう。【線路】 線路に落ちかけたときに作った曲。誰かの言う悪口とか批評ではなく、自分の視覚、触覚を信じて生きていこうと決心した歌。日常の中でじりじりと理不尽さを感じたときに聞いて欲しい。MVもとても格好いい、これが私の格好いいと思うものの基本でスタートです。【黒髪のワルツ】  感情を抑えて誰のことも責めないで自分のせいにしてしまう友達に向けて書いた。怒りとか悲しみとかを抑えてまで、しなくちゃいけないことなんてないんだと思って、抑えることで苦しくなった時に聞いてほしい。最初のワルツ特有のリズムの揺れの心地よさから、サビや間奏のドラマチックなところにまで、身を委ねて、夜の帰り道に聞いてもらいたい。

INSIDE
Lossless

INSIDE

mildrage

新世代男女ツインスクリーマーバンドmildrageデビューミニアルバム『INSIDE』リリース!Vo.MEG&t.p.p.e.iの怒涛のスクリーム、圧倒的バンドサウンド。彼らの咆哮と轟音に目が離せない!!

ESSAY (PCM 96kHz/24bit)
High Resolution

ESSAY (PCM 96kHz/24bit)

Rock

STEPHENSMITH

2018年5月、突如3曲の配信SGでその存在をシーンに示したSTEPHENSMITH。多数の公式チャートも上位に喰いこむ中、待望のニューアルバムをついにリリースします。ギター、ベース、ドラムというロックバンドとしては、ミニマムな編成ながら、そのオルタナティブなサウンドと、同時代のソウル/インディR&Bの空気を十二分に孕んだそのウタ世界で一気に東京のシーンの最注目アーティストのポジションを確立するなか、今作は彼らが自身の音楽に名づけた「SLOWTOUCH」という言葉を、更に音楽的に更新した野心的な傑作に仕上がりました。現在のメロウな空気感と一線を画す、クールでスタイリッシュ、そして何よりもリリカルな彼らの音楽は、いま、この時代に必要な何かを与えてくれるでしょう。 2018年も終わりを迎える中、いよいよシーンの本命の登場です。

エッセイ
Lossless

エッセイ

Rock

STEPHENSMITH

ウワサがウワサを呼ぶ2018ブライテストホープ「STEPHENSMITH」待望のニューアルバムから、先行カット第6弾!2018年5月、突如3曲の配信SGでその存在をシーンに示したSTEPHENSMITH。多数の公式チャートも上位に喰いこむ中、待望のニューアルバムをついに12月5日にリリースします。そのアルバムから先行カット「」。ギター、ベース、ドラムというロックバンドとしては、ミニマムな編成ながら、そのオルタナティブなサウンドと、同時代のソウル/インディR&Bの空気を十二分に孕んだそのウタ世界で一気に東京のシーンの最注目アーティストのポジションを確立するなか、今作は彼らが自身の音楽に名づけた「SLOWTOUCH」という言葉を、更に音楽的に更新した野心的な傑作に仕上がりました。現在のメロウな空気感と一線を画す、クールでスタイリッシュ、そして何よりもリリカルな彼らの音楽は、いま、この時代に必要な何かを与えてくれるでしょう。 2018年も終わりを迎える中、いよいよシーンの本命の登場です。

ESSAY
Lossless

ESSAY

Rock

STEPHENSMITH

2018年5月、突如3曲の配信SGでその存在をシーンに示したSTEPHENSMITH。多数の公式チャートも上位に喰いこむ中、待望のニューアルバムをついにリリースします。ギター、ベース、ドラムというロックバンドとしては、ミニマムな編成ながら、そのオルタナティブなサウンドと、同時代のソウル/インディR&Bの空気を十二分に孕んだそのウタ世界で一気に東京のシーンの最注目アーティストのポジションを確立するなか、今作は彼らが自身の音楽に名づけた「SLOWTOUCH」という言葉を、更に音楽的に更新した野心的な傑作に仕上がりました。現在のメロウな空気感と一線を画す、クールでスタイリッシュ、そして何よりもリリカルな彼らの音楽は、いま、この時代に必要な何かを与えてくれるでしょう。 2018年も終わりを迎える中、いよいよシーンの本命の登場です。

RIPCREAM
Lossless

RIPCREAM

HipHop/R&B

MU-TON

多方面から大きな注目を集め、現在最もアルバム・リリースが切望されている福島をレペゼンするラッパー、MU-TON待望のファースト・アルバム。ラッパーになるべくして持った天性の声質、英語を交えた独特のグルーブ感溢れる唯一無二のラップスキル、福島は白河仕込みの多彩なフロウ、音楽性に富んだライミング、そしてブレないB-BOYスタンスで描くリリシズムで一度観たものを虜にする若き才能、MU-TON。プロデュースには、US からは、Nas やJoey Bada$$らビッグネームからの信頼も厚いネオ・ブームバップを牽引するスーパー・プロデューサー、Statik Selektahがトラック提供する他、日本からはLIBRO、Olive Oil、I-DeA、GRADIS NICE、NAGMATIC、hokuto、kiddblazz、DJ MON(TRI MUG’s CARTEL)をプロデューサーに迎えたトラックを収録。フィーチャリング・アーティストには、BLAHRMYの他、同郷福島からTAIC & LOOP(TRI MUG’s CARTEL)、JAG-ME & MONJIが参加。アルバムのミックスはI-DeAが担当。

欲しがり
Lossless

欲しがり

Rock

STEPHENSMITH

ウワサがウワサを呼ぶ2018ブライテストホープ「STEPHENSMITH」待望のニューアルバムから、先行カット第5弾!2018年5月、突如3曲の配信SGでその存在をシーンに示したSTEPHENSMITH。多数の公式チャートも上位に喰いこむ中、待望のニューアルバムをついに12月5日にリリースします。そのアルバムから先行カット「欲しがり」。ギター、ベース、ドラムというロックバンドとしては、ミニマムな編成ながら、そのオルタナティブなサウンドと、同時代のソウル/インディR&Bの空気を十二分に孕んだそのウタ世界で一気に東京のシーンの最注目アーティストのポジションを確立するなか、今作は彼らが自身の音楽に名づけた「SLOWTOUCH」という言葉を、更に音楽的に更新した野心的な傑作に仕上がりました。現在のメロウな空気感と一線を画す、クールでスタイリッシュ、そして何よりもリリカルな彼らの音楽は、いま、この時代に必要な何かを与えてくれるでしょう。 2018年も終わりを迎える中、いよいよシーンの本命の登場です。

Spin Me Around
Lossless

Spin Me Around

HipHop/R&B

MU-TON

多方面から大きな注目を集め、現在最もアルバム・リリースが切望されている福島をレペゼンするラッパー、MU-TON待望のファースト・アルバム『RIPCREAM』からの先行配信シングルはStatik Selektahのプロデュースによる楽曲。

ベッドタイムミュージック
Lossless

ベッドタイムミュージック

Rock

STEPHENSMITH

ウワサがウワサを呼ぶ2018ブライテストホープ「STEPHENSMITH」待望のニューアルバムから、先行カット第4弾!2018年5月、突如3曲の配信SGでその存在をシーンに示したSTEPHENSMITH。多数の公式チャートも上位に喰いこむ中、待望のニューアルバムをついに12月5日にリリースします。そのアルバムから先行カット「」。ギター、ベース、ドラムというロックバンドとしては、ミニマムな編成ながら、そのオルタナティブなサウンドと、同時代のソウル/インディR&Bの空気を十二分に孕んだそのウタ世界で一気に東京のシーンの最注目アーティストのポジションを確立するなか、今作は彼らが自身の音楽に名づけた「SLOWTOUCH」という言葉を、更に音楽的に更新した野心的な傑作に仕上がりました。現在のメロウな空気感と一線を画す、クールでスタイリッシュ、そして何よりもリリカルな彼らの音楽は、いま、この時代に必要な何かを与えてくれるでしょう。 2018年も終わりを迎える中、いよいよシーンの本命の登場です。

フラットな関係
Lossless

フラットな関係

Rock

STEPHENSMITH

ウワサがウワサを呼ぶ2018ブライテストホープ「STEPHENSMITH」待望のニューアルバムから、先行カット第3弾!2018年5月、突如3曲の配信SGでその存在をシーンに示したSTEPHENSMITH。多数の公式チャートも上位に喰いこむ中、待望のニューアルバムをついに12月5日にリリースします。そのアルバムから先行カット「フラットな関係」。ギター、ベース、ドラムというロックバンドとしては、ミニマムな編成ながら、そのオルタナティブなサウンドと、同時代のソウル/インディR&Bの空気を十二分に孕んだそのウタ世界で一気に東京のシーンの最注目アーティストのポジションを確立するなか、今作は彼らが自身の音楽に名づけた「SLOWTOUCH」という言葉を、更に音楽的に更新した野心的な傑作に仕上がりました。現在のメロウな空気感と一線を画す、クールでスタイリッシュ、そして何よりもリリカルな彼らの音楽は、いま、この時代に必要な何かを与えてくれるでしょう。 2018年も終わりを迎える中、いよいよシーンの本命の登場です。

エンタングルメント (PCM 96kHz/24bit)
High Resolution

エンタングルメント (PCM 96kHz/24bit)

SUGARCLIP

谷内里早(Vo.&Gt.)を中心とする4ピースバンドSUGARCLIPのニューソング「エンタングルメント」がリリースです。見えない力で引かれ合う恋愛の不思議を量子力学の視点から描いている楽曲です。遠い昔から決まっていたのか、ただの偶然なのか、運命や奇跡を感じる瞬間をポップで軽快なサウンドに乗せて表現しています。作品のプロデュースは前作につづいて、黒沢秀樹氏(ex.L⇔R)。楽曲のサウンドアレンジメントにとどまらず作品づくりの段階から共同で楽曲を制作。サウンドアレンジメントもさることながら、伸びやかな歌唱も印象的な、どことなく90年代のJ-POPを思い起こさせる、明るくもせつなさの残るポップナンバーに仕上がりました。前作「日焼けのあと」と合わせて、このバンドが次にどうなってゆくのかを予感させる期待度の高い楽曲です。

エンタングルメント
Lossless

エンタングルメント

SUGARCLIP

谷内里早(Vo.&Gt.)を中心とする4ピースバンドSUGARCLIPのニューソング「エンタングルメント」がリリースです。見えない力で引かれ合う恋愛の不思議を量子力学の視点から描いている楽曲です。遠い昔から決まっていたのか、ただの偶然なのか、運命や奇跡を感じる瞬間をポップで軽快なサウンドに乗せて表現しています。作品のプロデュースは前作につづいて、黒沢秀樹氏(ex.L⇔R)。楽曲のサウンドアレンジメントにとどまらず作品づくりの段階から共同で楽曲を制作。サウンドアレンジメントもさることながら、伸びやかな歌唱も印象的な、どことなく90年代のJ-POPを思い起こさせる、明るくもせつなさの残るポップナンバーに仕上がりました。前作「日焼けのあと」と合わせて、このバンドが次にどうなってゆくのかを予感させる期待度の高い楽曲です。

TOP