album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
ひとつだけ  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:12
ぼん ぼん ぼん  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 06:17
COLOURED WATER  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:42
在広東少年  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 06:26
HIGH TIME  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:16
DOGS AWAITING  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 07:35
TONG POO  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:23
青い山脈  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:05
げんこつやまのおにぎりさま  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 08:35
ごきげんわにさん  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:01
また会おね  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:10
てはつたえる→てつだえる  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:19
ごはんができたよ  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:30
YOU'RE THE ONE  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:26
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 73:57
Album Info

’80年リリース作品のリマスター。坂本龍一との初共同プロデュース。高橋幸宏、細野晴臣、大村憲司、松武秀樹ら当時のYMOのメンバー、スタッフが全面参加したアルバム。ベーシストとしての細野晴臣のプレイが堪能できる貴重な一枚でもある。

Discography

Pop

[Remaster Collection]リリース以来初の全曲リマスタリングによる高音質音源。 1976年7月にデビュー、同年年秋に行われた初期のライヴの名演を収録した初めてのライヴ・アルバム。

Pop

[Remaster Collection] リリース以来初の全曲リマスタリングされた高音質音源。 '78年発表の3枚目にあたるオリジナル・アルバムのリマスター盤。錚々たるレコーディング・メンバーを一堂に集結させ、かのパワーステーション・スタジオをはじめすべてNYレコーディングにて制作された作品。初のセルフプロデュース作。

Pop

'77年にリリースされたセカンド・アルバムのリマスター。ティンパン・アレイの細野晴臣、鈴木茂、林立夫をセッションの核に、 高中正義や伊藤銀次、浜口茂外也やかしぶち哲郎、駒沢裕城らを迎えて制作されたアルバム。 プロデュースはデビュー・アルバムに続き矢野誠。松武秀樹がプログラミングしたMoogの重厚なサウンドがふんだんに聴ける一枚でもある。

Pop

'84年にリリースされた7枚目のアルバムのリマスター。坂本龍一との共同プロデュース。細野晴臣、高橋幸宏ら解散後のYMOのメンバー全員が集結しており、その上かつて矢野と共にYMOのワールドツアーに参加した大村憲司も全面的に参加。

Pop

'86年作品のリマスター。高橋悠治作品から始まりドビュッシーやラベル、ストラヴィンスキー、シューベルトの歌曲などに挑戦した、”矢野顕子 趣味の楽曲集”。ピアノ伴奏は高橋悠治と坂本龍一が務めた。

Pop

'82年リリース。親交のあったJAPANのスティーブ・ジャンセンとミック・カーンがリズムセクションを務めたロンドン録音では、デイヴィッド・シルヴィアンとのデュエット曲も収録。6枚目のアルバムのリマスター盤。アルバム・タイトルはここで共作もしている糸井重里によるもの。

Pop

'81年にリリースされた5枚目のオリジナル・アルバムのリマスター。世間的にブレイクのきっかけを作ったシングル「春咲小紅」を初収録。

Pop

’80年リリース作品のリマスター。坂本龍一との初共同プロデュース。高橋幸宏、細野晴臣、大村憲司、松武秀樹ら当時のYMOのメンバー、スタッフが全面参加したアルバム。ベーシストとしての細野晴臣のプレイが堪能できる貴重な一枚でもある。

Pop

矢野顕子の27枚目となるオリジナル・アルバム。グラミー賞を受賞した音楽プロデューサー`T・ボーン・バーネット`を迎え、全曲ロサンゼルスとニューヨークで録音。1stアルバム『JAPANESE GIRL』を感じさせる原点回帰と、30年以上が経った矢野顕子の成長をミックスした圧巻の仕上がりです!

Pop

世界でもその才能を認められる唯一無二の個性派シンガー&ピアニスト矢野顕子。ファンの間でも人気の高い弾き語りアルバムの4作目が届いた。このシリーズには欠くことのできない存在であるエンジニアの吉野金次が病に倒れて、3年間頓挫していた作品だ。吉野の復帰により伸び伸びと自由奔放に歌い弾くことだけに没頭している矢野の姿が目に浮かぶよう。ヴァラエティに富む選曲も彼女らしいもの。

Pop

2009 年に惜しまれながらこの世を去ったロックミュージシャン、忌野清志郎の楽曲を、矢野顕子自らが選曲・レコーディングしたカバーアルバム『矢野顕子、忌野清志郎を歌う』が、録音時の感動をそのままに、ハイレゾ配信で登場。収録楽曲 10曲中の 8曲は、『Home Girl Journey』なども制作された N.Y. 郊外にある矢野顕子のプライベート・スタジオ「PUMPKIN STUDIO(パンプキンスタジオ)」にて弾き語り録音され、伝説のエンジニア吉野金次氏の手により仕上げられた本作は、カバー作品でありながら矢野顕子のオリジナル作品のように聴き手を魅了する内容となっている。これはまさに、忌野清志郎と彼をこよなく愛した矢野顕子の、時空を越えたコラボレーション作品といえるだろう。ハイレゾ音源化では、録音時の “時空を越えたコラボレーション”がアーティストの息遣いそのままに、よりリアルに再現されたものとなっている。11曲目の「ひとつだけ (矢野顕子 with 忌野清志郎)」では、矢野顕子 と 忌野清志郎 の見事なまでのコレボレーションが聴けるが、忌野清志郎 の録音時に機械でコンプレッションされていない生の歌声が楽しめるのも本作の特長である。“時空を越えたコラボレーション” の追体験が、あなたを待っている――。

Pop

2006 年に、デビュー 30 周年を迎えた矢野顕子の記念碑として企画され、超豪華ゲストミュージシャンを迎え制作されたセルフカバーアルバム『はじめてのやのあきこ』が、録音時の感動そのままに、ハイレゾ配信で登場。このアルバムのために井上陽水との共作で書き下ろされた「架空の星座」を含む全7曲は、小田和正、槇原敬之、YUKI、上原ひろみ、井上陽水、忌野清志郎といった超豪華ゲストを迎えて制作された “30周年を迎えた矢野顕子” が見事に表現されたセルフカバーアルバムであり、中でもそれぞれのアーティストの特長に合わせて加えられた矢野顕子流のアレンジは、楽曲のみならず、歌詞にまで至り、見逃せないポイントとなっている。ハイレゾ音源化では、録音時に込められた繊細なピアノのタッチやアーティストの息遣いなどをそのままに、楽曲や歌のダイナミズム等がよりリアルに再現されたものとなっている。

Pop

'89年リリース作品のリマスター。パット・メセニー、ピーター・アースキン、 故 チャーリー・ヘイデンら一線で活躍するジャズ・ミュージシャンたちをサポートに迎えたNYセッションと、元ABCのデイヴィッド・パーマー(drms)や故 大村憲司らを迎えて制作された東京セッション、 『GRANOLA』以降活動を一時休止していたが、このアルバムで本格的に始動を再開した。

Pop

'87年に行われた「グラノーラ・ツアー」の公演最終日のもようを収録したライヴ盤('88年リリース)のリマスター。 パーソネルは坂本龍一、小原礼、高橋幸宏、窪田晴男、吉川忠英、大村憲司。

Pop

1976年、天才少女現ると世間の耳目を集めた鮮烈なデビュー・アルバム「JAPANESE GIRL」。1~5曲目(レコード盤のA面にあたる)は「AMERICAN SIDE」と名付けられ、バックにアメリカのロックバンド「リトル・フィート」が参加、6~10曲(レコード盤のB面にあたる)は「JAPANESE SIDE」と名付けられ、細野晴臣、林立夫、あがた森魚、ムーンライダース等のそうそうたるミュージシャンが参加したことでも話題となり、今もなお色褪せることない「名盤」として知られている。この名盤に収録された10曲は、「矢野顕子リサイタル2008」として2008年3月21日、すみだトリフォニーホールで行われたピアノ・ソロ・コンサートで収録曲順の通りに再現され、そのライブは、レコーディング・エンジニアの名匠であり盟友でもある吉野金次氏の指示の元に録音およびMIXされた。 かねてからの待望の声に、この名演&名音源がCDクオリティで遂にリイシューされる。

Pop

'87年11月にリリースされた、矢野顕子、渡米・休業前の最後のアルバムのリマスター盤。オリジナルとしては10枚目のアルバムとなる。

View More Discography Collapse
Collapse

News

糸井重里+矢野顕子の曲をテーマにした展覧会&ミニ・ライヴ開催

糸井重里+矢野顕子の曲をテーマにした展覧会&ミニ・ライヴ開催

11月20日に92年発表の歴史的カヴァー・アルバム『SUPER FOLK SONG』、27日に80年代の代表作である『オーエスオーエス』と『峠のわが家』をアナログ・レコードでリリースした矢野顕子。 約3年の時を経て再開業した渋谷パルコ内に、ほぼ日刊イトイ

矢野顕子、カバー・アルバム『SUPER FOLK SONG』11/20にアナログ・レコードで発売決定

矢野顕子、カバー・アルバム『SUPER FOLK SONG』11/20にアナログ・レコードで発売決定

矢野顕子が1992年に発表した『SUPER FOLK SONG』がアナログ・レコードにて2019年11月20日に発売が決まった。 この作品はピアノと歌だけの“一発録り”レコーディングによるもので、作品中の収録曲は見事に矢野オリジナルと形を変え、録音時の極

渋谷PARCO「ほぼ日曜日」はじめての展覧会テーマは”アッコちゃんとイトイ。”

渋谷PARCO「ほぼ日曜日」はじめての展覧会テーマは”アッコちゃんとイトイ。”

2019年11月22日(金)にリニューアルオープンをする渋谷パルコ8F「ほぼ日曜日」にて、「アッコちゃんとイトイ。」をテーマにした展覧会が開催される。 矢野顕子と糸井重里のコンビでつくられた曲は、 30曲以上にも及ぶが、その中から10曲を選び、 10人の

〈FUJI&SUN’19〉富士山のふもとで豪華アーティストたち競演―オフィシャル・レポート

〈FUJI&SUN’19〉富士山のふもとで豪華アーティストたち競演―オフィシャル・レポート

5月11日(土)12日(日)の2日間に渡り、静岡県富士市「富士山こどもの国」でWOWOWが初主催するキャンプフェス「NEC presents FUJI & SUN '19」が開催された。 そのオフィシャル・ライヴレポートが届いたのでご紹介。 両日とも天候

〈FUJI&SUN’19〉林立夫スペシャル・セッションに角舘健悟、吉澤嘉代子ら参加 大瀧詠一名曲をパフォーマンス

〈FUJI&SUN’19〉林立夫スペシャル・セッションに角舘健悟、吉澤嘉代子ら参加 大瀧詠一名曲をパフォーマンス

5月11日(土)12日(日)に富士山こどもの国で開催される、WOWOW初のキャンプフェス〈NEC PresentsFUJI&SUN’19〉 既に最終ラインナップとタイムテーブルが発表されているが、最終日の大トリを飾るスペシャルセッション「林立夫 spec

〈FUJI&SUN’19〉最終ラインナップでD.A.N.、やけのはら、YOUFORGOT決定 タイムテーブルも発表

〈FUJI&SUN’19〉最終ラインナップでD.A.N.、やけのはら、YOUFORGOT決定 タイムテーブルも発表

5月11日(土)12日(日)に富士山こどもの国で開催される、WOWOW初のキャンプフェス〈FUJI & SUN‘19〉のタイムテーブル&最終ラインナップが発表された。 新たに追加されたアーティストは、D.A.N.、やけのはら、YOUFORGOTの3組。ま

View More News Collapse
〈FUJI & SUN‘19〉第3弾でChara、マテウス・アサト、ヨギー、大友良英バンド、cero、MOROHA、矢野顕子ら13組決定

〈FUJI & SUN‘19〉第3弾でChara、マテウス・アサト、ヨギー、大友良英バンド、cero、MOROHA、矢野顕子ら13組決定

WOWOW初のキャンプフェス〈FUJI & SUN‘19〉第3弾出演アーティストが発表された。 今回アナウンスされたのは、Chara、マテウス・アサト・トリオ、大友良英スペシャルビッグバンド、Yogee New Waves、cero、吉澤嘉代子、MORO

矢野顕子による'76年発表のソロ・デビュー作『JAPANESE GIRL』がLP再発

矢野顕子による'76年発表のソロ・デビュー作『JAPANESE GIRL』がLP再発

米ロックバンドのLittle Feat、細野晴臣・林立夫といったティン・パン・アレーのメンバーやムーンライダーズが参加した矢野顕子のデビュー作が、フランスの〈Wewantsounds〉からリイシューされることが決定した。 "AMERICAN SIDE"と

鴨田潤featuring矢野顕子、12インチsingle「いい時間」リリース決定

鴨田潤featuring矢野顕子、12インチsingle「いい時間」リリース決定

鴨田潤が12インチ・シングル「いい時間」のリリースを発表した。 2012年にEVISBEATSのアルバム『ひとつになるとき』に収録された名曲「いい時間」。作詞 : 鴨田潤 /作曲 鴨田潤、EVISBEATS、前田和彦という布陣で制作された本楽曲が今回、鴨

小坂忠ライヴに荒井由実サプライズ出演

小坂忠ライヴに荒井由実サプライズ出演

音楽プロデューサー・武部聡志が選ぶ「100年後も聴き続けてほしい名アルバム」を再現するというコンセプトでスタートさせた一夜限りのコンサート「新日本製薬 presents SONGS&FRIENDS」。 第1弾は荒井由実「ひこうき雲」。 松任谷由実がこの日

矢野顕子×上原ひろみ、『Mステ』でガチのセッション

矢野顕子×上原ひろみ、『Mステ』でガチのセッション

(C)川島小鳥 今年3月にリリースしたデュオ・ライヴ・アルバム『ラーメンな女たち -LIVE IN TOKYO-』がヒット中の矢野顕子と上原ひろみが、4月28日(金)20:00~生放送されるテレビ朝日系『ミュージックステーション』に出演する。 同番組への

“ピアノが愛した女”矢野顕子の主演映画、来年1月にデジタル・リマスター上映!

“ピアノが愛した女”矢野顕子の主演映画、来年1月にデジタル・リマスター上映!

今年、ソロ・デビュー40周年を迎えた矢野顕子。それを記念して、1992年公開のドキュメンタリー・フィルム『SUPER FOLK SONG~ピアノが愛した女。~』がデジタル・リマスター版で上映されることがわかった。 1976年7月25日、アルバム『JAPA

【「ひとつだけ」をハイレゾで】矢野顕子 清志郎、YUKIら参加名盤がハイレゾ配信決定

【「ひとつだけ」をハイレゾで】矢野顕子 清志郎、YUKIら参加名盤がハイレゾ配信決定

矢野顕子の名盤『はじめてのやのあきこ』、『矢野顕子、忌野清志郎を歌う』の2作品が7月29日にハイレゾ配信で発売されることが決定した。 これは矢野顕子のオリジナル・アルバム5作品が、それぞれハイレゾ配信で連続リリースされることに伴い、第1弾として発売される

矢野顕子、東横線渋谷駅の変貌に驚く。――しょうもにゅーす

矢野顕子、東横線渋谷駅の変貌に驚く。――しょうもにゅーす

1976年のソロ・デビュー以来、30年を越えて尚、第一線で活躍を続ける日本を代表する女性SSW、矢野顕子。最近では、上原ひろみや森山良子、清水ミチコなど様々なジャンルのアーティストとの競演でも話題の彼女が、先日、東急東横線渋谷駅の変貌に驚いた模様。 本

大橋トリオ新アルバムに平井堅、矢野顕子らとのコラボ曲を新録

大橋トリオ新アルバムに平井堅、矢野顕子らとのコラボ曲を新録

9月19日(水)にニュー・アルバム『White』をリリースする大橋トリオ。同作は多彩なアーティストとのコラボレーションを中心に構成され、すでにCD化されている布袋寅泰やBONNIE PINKらとの共作曲が収録されることが発表されていたが、このたび新たな

矢野顕子の素顔を明かすトレイラー映像がYouTubeで公開に

矢野顕子の素顔を明かすトレイラー映像がYouTubeで公開に

矢野顕子の新作ライヴ・ベスト・アルバム『荒野の呼び声 -東京録音-』が、8月8日(水)にリリースされる。この制作の裏側を伝えるトレイラー映像がYouTubeで公開された。 矢野顕子 ライブアルバム 『荒野の呼び声 -東京録音-』 トレイラー 同映

坂本美雨、黒酢を一気飲みしてむせる。――しょうもにゅーす

坂本美雨、黒酢を一気飲みしてむせる。――しょうもにゅーす

坂本龍一を父に矢野顕子を母に持ち、1998年のデビュー以来、ソロやユニットでの活動やCMソングなどでその透明感の溢れる歌声を響かせる一方、コラムや映画評の執筆、翻訳、ラジオDJなど多方面に活躍する、坂本美雨。 彼女が、黒酢を一気飲みしてむせたことが明ら

矢野顕子の無料イベ出演者決定! 細美武士、原田郁子、yanokamiら

矢野顕子の無料イベ出演者決定! 細美武士、原田郁子、yanokamiら

5月3日(木・祝)と4日(金・祝)の二日間に渡って六本木ヒルズアリーナにて開催される無料ライヴ・イヴェント〈J-WAVE & Roppongi Hills present TOKYO M.A.P.S〉。その全出演アーティストが発表された。 同イヴェント

Collapse