MIDI

音楽図鑑 -2015 Edition-
Lossless

音楽図鑑 -2015 Edition-

Classical/Soundtrack

坂本龍一

リリース以来初の全曲リマスタリング。 1984年リリースされた4枚目のソロアルバムであるオリジナル盤に未発表曲や別バージョンを追加収録されている。

ゆらゆら帝国のしびれ
Lossless

ゆらゆら帝国のしびれ

Rock

ゆらゆら帝国

『ゆらゆら帝国のめまい』と同時リリースされたコンセプト・アルバム二部作。あるときは音響的、あるときは未来的なサウンドと、ロック的な刺激に溢れたこちらの『しびれ』。一方『めまい』ではこれまでになかった甘く切ない歌が収録されている。 ゆらゆら帝国の世界観を大きく両極に分けた2枚となっている。全9曲収録。

風はびゅうびゅう
Lossless

風はびゅうびゅう

Pop

寺尾紗穂

大貫妙子や坂本龍一をはじめ各方面から賛辞と高い評価を得たアルバム「御身」に続く、約1年ぶりのアルバム。ピアノと歌の魅力がさらに色濃く出ている作品。

George Pie
Lossless

George Pie

ジョージ パイ

当時若手では珍しく2年連続しての"JAPAN BLUES CARVINAL"に出演を果たしたジョージ パイの通算4枚目にあたるアルバム。その実力は石田長生(g)にも認められ、彼をゲストに迎えた初の関西ワンマン・ツアーは大成功を収めた。

La Vida
Lossless

La Vida

ジョージ パイ

前作『George Pie』から2年ぶりのファン待望のアルバム。このアルバムの発表の前の年にはアメリカ・ツアーを成功させ絶対的な自信をつけてのレコーディングだっただけに、リーダーの原は過去最高の達成感を感じた、と出来ばえを語った。CD盤は2枚組としてリリースされた超大作。

Singles 1998-2002
Lossless

Singles 1998-2002

Rock

ゆらゆら帝国

MIDI在籍時代にリリースした全シングルを網羅した2枚組。'13年リリース作品。 このシングル集のリリースを機に既発のシングルは廃盤となったため、アルバム未収録のカップリング曲「彼女のサソリ」や「彼の砂漠」はここでしか聴けないというもの。シングルを手に入れ損ねたファンにはうれしい朗報だ。ほかにライヴ・トラックやリミックス・トラックを加えた作品です。

Coda (5.6MHz dsd+mp3)
High Resolution

Coda (5.6MHz dsd+mp3)

Classical/Soundtrack

坂本龍一

『戦場のメリークリスマス』に収録された楽曲の中から、坂本龍一自身がピアノ一台で弾き直した楽曲を収録。オノセイゲンのリマスタリングで甦った美しい響き。DSD 5.6MHz、DSD 2.8MHz、WAV 24bit/96kHz、WAV 24bit/192kHzの高音質で配信中。

Bonus!
御身
Lossless

御身

Pop

寺尾紗穂

多方面から高い評価を受けているシンガー・ソングライター、寺尾紗穂のメジャー第1弾となるアルバム。映画『転校生』の主題歌に起用された「さよならの歌」他を収録。

WELCOME BACK
Lossless

WELCOME BACK

Pop

矢野顕子

'89年リリース作品のリマスター。パット・メセニー、ピーター・アースキン、 故 チャーリー・ヘイデンら一線で活躍するジャズ・ミュージシャンたちをサポートに迎えたNYセッションと、元ABCのデイヴィッド・パーマー(drms)や故 大村憲司らを迎えて制作された東京セッション、 『GRANOLA』以降活動を一時休止していたが、このアルバムで本格的に始動を再開した。

Esperanto (5.6MHz dsd + mp3)
High Resolution

Esperanto (5.6MHz dsd + mp3)

Classical/Soundtrack

坂本龍一

坂本龍一が1985年に発表した自身5作目のソロ・アルバム。オノセイゲンによるDSDリマスタリングが施され、新たにボーナストラックとして2曲のライヴ音源を収録して登場。

Bonus!
左うでの夢 (24bit/192kHz)
High Resolution

左うでの夢 (24bit/192kHz)

Classical/Soundtrack

坂本龍一

1981年10月5日にリリースされた坂本龍一の3作目のソロ・アルバム。リリースから30年以上の時を経て、オノセイゲンによってリマスタリングが施されたハイレゾ版が届けられた。坂本のヴォーカルを全面的にフィーチャーした作品となっており、作詞を糸井重里や矢野顕子、かしぶち哲郎が担当している。ディスク22には全曲のインストゥルメンタル・ミックス・マスターを収録。

Bonus!
Merry Christmas Mr.Lawrence -30th Anniversary Edition- (5.6MHz dsd+mp3)
High Resolution

Merry Christmas Mr.Lawrence -30th Anniversary Edition- (5.6MHz dsd+mp3)

Classical/Soundtrack

坂本龍一

「戦場のメリークリスマス」のサウンドトラックが、オノセイゲンによるリマスタリングで甦る。映画を象徴するメイン・テーマをはじめ、坂本龍一の妙技が存分に詰め込まれた全45曲。DSD 5.6MHz、DSD 2.8MHz、WAV 24bit/96kHz、WAV 24bit/192kHzの高音質で。

Bonus!
東京 (Remastered)
Lossless

東京 (Remastered)

Rock

サニーデイ・サービス

アルバム『東京』の発売20周年を記念したメモリアル盤。リマスタリング音源で収録。

24時
Lossless

24時

Rock

サニーデイ・サービス

CD版のボーナス・ディスクに収録された「ベイビー・カム・ヒア組曲」をラスト16曲目に収録、全16曲、80分を超えた大作となった5枚目のアルバム。

Speak Japanese, American
Lossless

Speak Japanese, American

Pop

友部正人

アコースティックなサウンドから、ライブ感溢れるバンド・サウンドまで、バリエーションに富んだ楽曲を収録。「朝の電話」は故・高田渡氏への追悼曲です。ミックスは前作同様吉野金次氏が担当。

ただいま。
Lossless

ただいま。

Pop

矢野顕子

'81年にリリースされた5枚目のオリジナル・アルバムのリマスター。世間的にブレイクのきっかけを作ったシングル「春咲小紅」を初収録。

道はつづく
Lossless

道はつづく

Pop

ハンバート ハンバート

通算5枚目のアルバム。前作から引き続き固定バック・メンバーによる作品。スタジオでのライブ・レコーディング感はよりアーシーなサウンドで、ザ・バンドのごとき雰囲気や質感を感じさせる。これまで以上に胸をしめつけるような切ないメロディと端正なトラッドフォークの香り漂う名曲が詰まった傑作。

踊ってばかりの国
Lossless

踊ってばかりの国

Rock

ハバナ エキゾチカ

Buffalo Daughterのシュガー吉永と大野由美子(当時はニョニョール/ ÑOÑOLと名乗る)が在籍した4人組のバンド、ハバナ エキゾチカのメジャー・デビュー・アルバム。プロデュースはヤン富田、M-2、10&14のDUBミックスはMad Professor。デビューにして堂々のロンドン・レコーディング、全16曲75分の大作となった。シングルとしてリリースされていたM-14, 15, 16はボーナス・トラックとして収録された。

1998-2004
Lossless

1998-2004

Rock

ゆらゆら帝国

ゆらゆら帝国のベスト・アルバム。シングル曲を中心に収録したベストサイドと、過去の楽曲の別テイク他を収録した特典ディスクとなるレアサイドの2枚組。

よく晴れた日に
Lossless

よく晴れた日に

Rock

ははの気まぐれ

淡々と刻まれる4ビートとスペーシーなギターのリフはヴェルヴェッツ、テレヴィジョンなどを彷彿とさせるクールなサウンド。そこへ差し込む晴れた日の陽射しのような詩は,光と影をオルタナティブに行き交う心を描いた、短編映画を観ているような気持ちにさせます。

よく晴れた日に
High Resolution

よく晴れた日に

Rock

ははの気まぐれ

淡々と刻まれる4ビートとスペーシーなギターのリフはヴェルヴェッツ、テレヴィジョンなどを彷彿とさせるクールなサウンド。そこへ差し込む晴れた日の陽射しのような詩は,光と影をオルタナティブに行き交う心を描いた、短編映画を観ているような気持ちにさせます。

星釣る人
Lossless

星釣る人

Rock

ははの気まぐれ

The ZombiesやThe Kinksなどのブリティッシュビートバンドの影響を感じさせるコーラスワークが印象的なメロディアスな楽曲。子どもはもちろん、大人達もすっかり子どもの頃に戻って大好きだった絵本を読んでいるような感覚になれる一曲です。多田玲子(イラストレーター)とせきやすこ(アニメーター)によるアニメーションMVも必見!!

星釣る人
High Resolution

星釣る人

Rock

ははの気まぐれ

The ZombiesやThe Kinksなどのブリティッシュビートバンドの影響を感じさせるコーラスワークが印象的なメロディアスな楽曲。子どもはもちろん、大人達もすっかり子どもの頃に戻って大好きだった絵本を読んでいるような感覚になれる一曲です。多田玲子(イラストレーター)とせきやすこ(アニメーター)によるアニメーションMVも必見!!

陽のあたる小径
High Resolution

陽のあたる小径

Rock

ははの気まぐれ

懐かしくも色褪せないメロディーとオルタナティブ感漂うこれぞ”ははの気まぐれ”というメロディアスな演奏と心地よいコーラスワーク。空想と現実の中で生きていた少年時代をふと想い出すような世界観で、時代を超えた普遍的な曲となっています。“チャンキー松本”によるMVも必見!!

かっこいい赤ちゃん
High Resolution

かっこいい赤ちゃん

Rock

ははの気まぐれ

まさに新しい曲が産声を上げるかのような疾走感溢れるロックチューンに仕上がっています。生まれたばかりの赤ちゃんの持つ無限の可能性を謳歌しながら、すべての人へ向けたメッセージソング。(vo&g 松尾談)ヴェルヴェッツ・チルドレンを自負する彼らならではのスリリングな演奏に乗せて、色鮮やかな言葉とメロディが縦横無尽に駆け回る!!姉妹ユニットイラストレーターの“ちえちひろ”による紙芝居MVは必見!!

かっこいい赤ちゃん
Lossless

かっこいい赤ちゃん

Rock

ははの気まぐれ

まさに新しい曲が産声を上げるかのような疾走感溢れるロックチューンに仕上がっています。生まれたばかりの赤ちゃんの持つ無限の可能性を謳歌しながら、すべての人へ向けたメッセージソング。(vo&g 松尾談)ヴェルヴェッツ・チルドレンを自負する彼らならではのスリリングな演奏に乗せて、色鮮やかな言葉とメロディが縦横無尽に駆け回る!!姉妹ユニットイラストレーターの“ちえちひろ”による紙芝居MVは必見!!

陽のあたる小径
Lossless

陽のあたる小径

Rock

ははの気まぐれ

懐かしくも色褪せないメロディーとオルタナティブ感漂うこれぞ”ははの気まぐれ”というメロディアスな演奏と心地よいコーラスワーク。空想と現実の中で生きていた少年時代をふと想い出すような世界観で、時代を超えた普遍的な曲となっています。“チャンキー松本”によるMVも必見!!

窓
Lossless

Classical/Soundtrack

村松崇継

音大受験を控えていた18歳当時のデビュー作。プロデュースは矢野誠。若さゆえ演奏技術は粗削りではあるものの、そのうねるような感情からくる表現は誰も太刀打ちできないパワーで聞き手を圧巻する。この作品は村松の背伸びをしない等身大の作品だ。しかしその等身大が人並みを外れた才能で満ち溢れている。

東京
Lossless

東京

Classical/Soundtrack

村松崇継

高校生でデビュー作『窓』を発表、3年ぶりの今作は、若干21歳の国立音大作曲科の音大生の時にリリース。すでにオリジナル曲の完成度の高さは立証されていたが、今作はプロデューサーの矢野誠をはじめ、浜口茂外也やバカボン鈴木らトップクラスのミュージシャンたちにバックアップされ、村松の作曲の才能が一段と際立った作品となった。

「狗神」オリジナル・サウンドトラック
Lossless

「狗神」オリジナル・サウンドトラック

Classical/Soundtrack

村松崇継

10代にデビューを果たし『窓』、『東京』と既に2枚のオリジナル・アルバムをリリースしていた村松が、音大在学中に初めて手がけた映画音楽のサントラ盤。"テーマ"と題されたトラックはどれもメインになりうるほど印象的で確立されたメロディーを持っているのも印象的な作品。人気の高かった「角川・冬のホラーシリーズ」として公開された映画作品『狗神』のオリジナル・サウンドトラック。ベルリン映画祭では受賞はのがしたものの、村松の音楽は手ごたえのある評価を得た。

「狗神」サウンドトラック〜ピアノ・バージョン
Lossless

「狗神」サウンドトラック〜ピアノ・バージョン

Classical/Soundtrack

村松崇継

前作のオリジナル・サントラ盤にも収録された村松が書く美しいメロディーの数々を、サントラ盤と対をなす形で自らの生ピアノの演奏で綴られている『狗神』二部作。作曲はすべてピアノでおこなうという彼の、曲が生まれる瞬間の思考や感情に限りなく近くピュアなプレイがこの一枚に収められているのではないだろうか。

brew
Lossless

brew

Classical/Soundtrack

村松崇継

映画のテーマ曲を本人がアレンジ、演奏したインストゥルメンタル・カヴァー集。オリジナルとは一味違った村松自身のアレンジで楽しめる一枚。同年に本人がサウンドトラック盤をリリースしたばかりの『狗神』のテーマの未収録ヴァージョンをも収録されている。ほかにはジブリ作品の数々や話題作「スワローテイル」、「東京日和」などからピックアップしカヴァーした全12曲。

突入せよ!「あさま山荘」事件 オリジナル・サウンドトラック
Lossless

突入せよ!「あさま山荘」事件 オリジナル・サウンドトラック

Classical/Soundtrack

村松崇継

『狗神』に続いて村松が音楽を担当した『突入せよ!「あさま山荘」事件』のオリジナル・サントラ盤。'02年リリース。若干23歳とは思えぬ堂々たる作品。サントラとしてだけでなく、オリジナル・アルバムの延長で楽しめる。

Spiritual of the Mind
Lossless

Spiritual of the Mind

Classical/Soundtrack

村松崇継

音大を目指す高校3年生の時、オリジナルアルバム『窓』でデビュー、当時の夢を次のように語っていた、「ハリウッドをはじめワールド・ワイドで映画音楽を手がけたい。目標とするのは坂本龍一氏。」と。その後国立音大作曲科在学中に角川映画『狗神』の音楽を担当、続いて翌年には東映の『突入せよ!「あさま山荘」事件』のサントラを担当するなど、映画音楽のフィールドで早くも才能を発揮し始めた村松だが、その一方でシャープな感性で曲を書き、躍動感豊かなピアノ・プレイでそれを表現する彼のソロ・ピースも忘れてはならない。今作は2004年リリースの3枚目にあたるオリジナル・アルバム。

甘い水
Lossless

甘い水

Pop

髙取淑子

天使の歌声を持つ、九州発の女性シンガー・高取淑子。彼女の原点とも言えるファーストアルバム。アレンジャーには矢野誠氏と、松山千春のツアーギタリストとして知られる丸山ももたろう氏を迎え、ゲストミュージシャンには窪田晴男氏や駒沢裕城氏を迎え制作されました。

夏の終わり
Lossless

夏の終わり

Pop

髙取淑子

アジアンテイストを盛り込んだ独自の世界が注目された、高取淑子14年ぶりのソロアルバム。松山千春のサポート・ギタリストとして知られる、丸山ももたろうが全曲アレンジを担当しました。

ムルデカの季節
Lossless

ムルデカの季節

Pop

髙取淑子

高取淑子のソロデビューシングル。矢野誠・丸山ももたろうをゲストミュージシャンに迎え制作されました。音楽ユニット・FLAT FACEではヨーロッパ志向の強い音楽を生み出してきた彼女。バリ島を訪れた際に、自身のアジア的なものに目覚め、マレーシアでのライブ活動や、マレー語による歌作りを始めました。今作はオリオンビールのCMに起用された『ピクニック』を含む計4曲が収録されています。

うつせみ
Lossless

うつせみ

Pop

髙取淑子

ミュージシャンだけでなくラジオパーソナリティなども務め、幅広く活動する高取淑子の2ndシングル。美しい日本語の歌詞やメロディーは全て高取淑子によるもの。アレンジは前作同様に矢野誠氏を迎え制作されました。

静かな時
Lossless

静かな時

駒沢裕城

誰もが知るイングランド民謡「埴生の宿」(Home! Sweet Home!)やバッハの「G線上のアリア」も取り上げているが、それらの前後に肩を並べるオリジナル曲もカヴァー曲が埋もれてしまうほど耳馴染みの良い曲ばかりなのは言うまでもない。前作と同様、今作もジャケットの見事なペインティングは本人によるものである。

私のモーツァルト
Lossless

私のモーツァルト

駒沢裕城

ここに収録されている曲はクラシックではなく、今、生まれたばかりのできたてほやほやのポップスとして聴いてほしい。___駒沢裕城モーツァルトの歌曲やオペラなどからセレクトした曲を、ペダル・スチール・ギターのほかアコギやマンドリン、シンセなどすべての楽器を演奏したアルバム。

ガーデン・スケッチ
Lossless

ガーデン・スケッチ

駒沢裕城

駒沢の奏でる音色は既成のペダルスチール・ギターのイメージを全く変えてしまった。カントリーでもなくハワイアンでもなく、日本のフォークとロックの創世記からそのフィールドで唯一無二のポジションを確立してきたペダルスチール奏者、コマコこと駒沢裕城の初フル・アルバム、セルフプロデュース作品。M-9「島の唄」(カタルーニャ民謡)のほかは全曲自作によるもの。

Angel's Song
Lossless

Angel's Song

Pop

ヨシオ・J・マキ

喫茶ロック"の代名詞、「銀河鉄道」の活動後にリーダーだったヨシオ J マキが発表した一枚目のソロ作品。

OVER THE STREAMS
Lossless

OVER THE STREAMS

Pop

ヨシオ・J・マキ

LAとNYCのトップ・セッション・ミュージシャンが多数参加したヨシオ・J・マキ(ex銀河鉄道)の1stアルバム"Over the Streams"(1994)。ハーフインチ(1/2インチ)アナログテープからのリマスタリング音源を配信リリース。

ノクターン (夜奏曲)
Lossless

ノクターン (夜奏曲)

Pop

ヨシオ・J・マキ

95年にリリースされた通算3枚目のソロ・アルバム。久米小百合の名で久保田早紀が歌詞を提供。 参加ミュージシャン:ピーター・アースキン、ディーン・パークス、デイヴ・カーペンターほか。

ミルキーウェイ
Lossless

ミルキーウェイ

Pop

銀河鉄道

第二のはっぴいえんどといわれた4人組の、75年に制作しながら御蔵入りになっていた幻のセカンドの発掘盤。フォーク・ロック/カントリーを基調にした清潔感あるサウンドと、都会の片隅に流れる叙情を滲ませた歌詞が、懐かしさ伴う爽やかな空気を運んでくる。

いつの日か
Lossless

いつの日か

Pop

GINTE2

70年代の高校生フォークロックバンド銀河鉄道が30年ぶりに再結成。銀河鉄道のダバシュー(本田修二)とヨシオ・J・マキ(牧良夫)が結成したデュオユニット GINTE2待望のファーストアルバム。

ちいさき者がゆえに・・・ 微笑みを
Lossless

ちいさき者がゆえに・・・ 微笑みを

Pop

GINTE2

伝説の高校生フォーク・ロック・バンド「銀河鉄道」のメンバー、ダバシューとヨシオ・J・マキのデュオユニット「GINTE2」の、インディーズからのミニアルバムを挟んだ4年ぶりとなるフルアルバム。 銀河鉄道のフォーキーで郷愁感のある雰囲気などは継承しつつ、ゴスペルミュージックに裏打ちされた深い愛に溢れた楽曲郡は同世代の大人たちにも向けられており、それらが熟練のミュージシヤンたちによるバンドサウンドでより洗紳されたサウンドになっています。 元銀河鉄道の作訓担当だった林裕之氏とヨシオ・J・マキの久しぶりのコラボ楽曲「小さな家」、細野晴臣の名曲「東京ラッシュ」のカバー、アメリカのトラディショナルソング「will the circle be unbroken」の新しい日本語詞カバー一々ど全12曲、今作も30年以上の時をを経て紡ぎ出された普遍的な世界ができる1枚です。

the first and the last
Lossless

the first and the last

Pop

ヨシオ・J・マキ

1970年代の伝説の高校生フォークロックバンド「銀河鉄道」のリード・ヴォーカル、ヨシオ・J・マキ(牧良夫)の29年ぶりのソロアルバム “the first and the last”。銀河鉄道解散後1970年代後半、カリフォルニア州に移住、アメリカ人に帰化。以来、ロサンゼルスを中心に音楽・映像プロデューサー、アーティスト、ハリウッド俳優として、現在も日欧米で精力的に活動中です。1993年にミディからリリースされた、1stソロアルバム「Over the Streams」同様、本アルバムも、ある人には懐かしく、またある人には新鮮なAORアルバムに仕上がっています。

the first and the last
High Resolution

the first and the last

Pop

ヨシオ・J・マキ

1970年代の伝説の高校生フォークロックバンド「銀河鉄道」のリード・ヴォーカル、ヨシオ・J・マキ(牧良夫)の29年ぶりのソロアルバム “the first and the last”。銀河鉄道解散後1970年代後半、カリフォルニア州に移住、アメリカ人に帰化。以来、ロサンゼルスを中心に音楽・映像プロデューサー、アーティスト、ハリウッド俳優として、現在も日欧米で精力的に活動中です。1993年にミディからリリースされた、1stソロアルバム「Over the Streams」同様、本アルバムも、ある人には懐かしく、またある人には新鮮なAORアルバムに仕上がっています。 ハイレゾFile=PCM/wav/24bit/96kHz/2ch

darling
Lossless

darling

Rock

マーガレットズロース

ゲストギタリストに山川のりを(ギターパンダ)他を迎え、いい感じに力が抜けた最高のアルバム。

まったく最高の日だった
Lossless

まったく最高の日だった

Rock

マーガレットズロース

ギター熱海裕司が加わり、ロック色を増しつつも絶妙に力の抜けたバンドの新境地。「うその地球儀」「1996」「魔法をかけてあげる」などのポップさを兼ね備えた新曲群に加えて、13年ぶりにスタジオ録音された代表曲「斜陽」を収録。結成20周年を記念するにふさわしい全12曲。

さよならの歌
Lossless

さよならの歌

Pop

寺尾紗穂

2ndアルバム『御身onmi』にも収録されている大林宣彦監督作品『転校生 さよならあなた』の主題歌「さよならの歌」のサントラ・ヴァージョンをリリース。

音楽殺人
Lossless

音楽殺人

Pop

高橋ユキヒロ

高橋ユキヒロ(当時表記)がYMOブーム渦中の1980年にキングレコードよりリリースした2ndソロアルバム。当時世界のロック界を席巻していたニュー・ウェイヴ・サウンドをベースに、サーフ・ミュージック、2トーン・スカ、モータウン・サウンド等多様な音楽要素を加え、高橋のポップサイド全開となった本作はチャート12位のヒットを記録した。T7はベンチャーズに提供した曲のセルフカヴァー。T9はシュープリームス1965年の大ヒット曲のカヴァー。参加ミュージシャン:細野晴臣、坂本龍一、大村憲司、鮎川誠、シーナ、浅田孟、サンディー、久保田麻琴、立花ハジメ、東郷昌和、他。

TOP