album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
Fluterumental Intro -- MELRAWSIBA  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 02:08
Love & Affection -- GOODMOODGOKUYo-SeaNGONG  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 02:57
Highway -- 3HouseKuroGOODMOODGOKU  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 02:32
Voice -- 3HouseHIYADAMNGONG  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:58
Sonomama -- GOODMOODGOKUYo-SeaSIBA  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 03:54
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 15:29
Album Info

AOTL監修によるEP「X-FACTOR 2」 Yo-Sea, 3House, HIYADAM, GOODMOODGOKU, Kuro, MELRAWらが参加し、プロデューサーにはAOTLとも所縁が深いSIBA, NGONGらが楽曲提供をしている。

Discography

Leonaldが島人のサーファー視点で自身の曲をベストセレクト。プロデューサー「Kitanota」がCHILLで海を感じるアンプラグドサウンドにリアレンジ

6 tracks

Leonaldが島人のサーファー視点で自身の曲をベストセレクト。プロデューサー「Kitanota」がCHILLで海を感じるアンプラグドサウンドにリアレンジ

6 tracks
V.A.

10 tracks
V.A.

日本国内屈指のMPCプレイヤーにしてビートメイカーであるKO-ney。彼の配信の中で生まれた名物企画『週イチDEMO』視聴者から送られてきたDEMOを120%の力でレビュー&アドバイスするこの企画。一年に渡り曲を送り腕を磨いたビートメイカー達。そんな彼らの渾身の一作を集めたコンピレーションアルバムがこの『beathulElght』である。

8 tracks
V.A.

5 tracks
V.A.

Vtuberと作曲家がそれぞれペアを組みダンスミュージックを中心とした今回のアルバムは、一曲一曲が個性的な仕上がりで、非常にボリューム感のある内容となっています。

12 tracks
V.A.

Vtuberと作曲家がそれぞれペアを組みダンスミュージックを中心とした今回のアルバムは、一曲一曲が個性的な仕上がりで、非常にボリューム感のある内容となっています。

12 tracks
V.A.

7 tracks
V.A.

SNSで流行りの洋楽&J-POPアルバム! 全部知ってたらかなりのTik&Tok依存症かも!?

15 tracks
V.A.

『寿司ラ~メン、そしてとんかつパーティー2~イカれたパーティーふたたび~』 Artwork:Fuyuki Hashizume Illustration:29 Produce(幹事) by sumeshiii a.k.a.バーチャルお寿司

17 tracks
V.A.

『寿司ラ~メン、そしてとんかつパーティー2~イカれたパーティーふたたび~』 Artwork:Fuyuki Hashizume Illustration:29 Produce(幹事) by sumeshiii a.k.a.バーチャルお寿司

17 tracks
V.A.

1967年に誕生し、翌68年に消滅してしまったジャマイカのレア・レーベル「Links」。 一般的な知名度はないが、ケン・ブースのあの名曲「Can’t You See」をリリースしたレーベルとして、コレクターの間では重要な存在である。 レーベルの創立者は、B.B. シートン。 スカ~ロックステディ期に大ヒットを連発したゲイラッズのリーダーである。 このレーベルが重要視されるのは、もうひとつ理由がある。 当時、大物プロデューサーのもとでいくらヒット作を生み出しても、まったくカネが入ってこなかった。 この搾取体制に反旗を翻したのが、シートン率いるゲイラッズはじめ、レーベルに賛同したビッグネームたちだ。 ケン・ブース、デルロイ・ウィルソン、そしてメロディアンズ。 この4組のアーティストが、共同体として集まり、すべての権利、配当をその手にするために、生まれたレーベルなのだ。 楽曲制作、アレンジ、プロデュースに、シートンが深く関わり、また各アーティストも、自分たちのすべてを出し切ったかのような、これぞロックステディという粒ぞろいの楽曲が送り出された。 レーベル名「Links」、そしてロゴの鎖は、彼の鉄壁の結束を象徴していた。 しかしながら、大物プロデューサーたちによる全方位の妨害にあったため、ヒットには恵まれず、また、内部での分裂が起きる不幸もかさなり、このジャマイカの音楽史上の果敢な試みは、たったの2年で幕を降ろしてしまうのだ。 Linksの作品が集められたアルバムは、本作が初であり、針を落とした瞬間、このレーベルのクオリティ高さが伝わってくる。 そんな楽曲のオンパレードだ。 コアなロックステディのコレクターはもちろんだが、ジャンルを超えて広く聴いていただきたい素晴らしい作品となっている。

15 tracks
V.A.

夏本番!今年も夏に聞きたなる洋楽が勢ぞろい!ど定番から最新洋楽までしっかり収録したマストなアルバム!

21 tracks
V.A.

流行りのSNSでよく聴く曲を集めました! 全部知ってたら依存症かも!?

14 tracks
View More Discography Collapse
Collapse

News

【コラム】映画『ゾッキ』、Chara監修のサントラから考える“秘密”と“嘘”の存在

【コラム】映画『ゾッキ』、Chara監修のサントラから考える“秘密”と“嘘”の存在

孤高の天才と称される人気漫画家・大橋裕之の幻の原作を実写化。竹中直人×山田孝之×齊藤工という三人が共同監督を務め、一本の長編映画としてまとめ上げた映画『ゾッキ』。 全てのロケを愛知県蒲郡市で行ったという異例の作品で、日本を代表する眼福豪華な出演者たちが集

『SYNCHRONICITY’22』第2弾ラインナップ&日割り発表

『SYNCHRONICITY’22』第2弾ラインナップ&日割り発表

2022年4月2日(土)〜4月3日(日)に東京・渋谷にて開催の都市型フェスティバル『SYNCHRONICITY’22』の第2弾ラインナップ、及び、出演者日割りが発表された。   発表となったのは、渋さ知らズオーケストラ、ZAZEN BOYS、toe、OG

〈DOVETAIL S/N 003〉第2弾発表にTempalay、MELRAW、YonYon、荒田洸ら

〈DOVETAIL S/N 003〉第2弾発表にTempalay、MELRAW、YonYon、荒田洸ら

4月11日(土)に東京・新木場STUDIO COASTで開催される〈DOVETAIL〉の第2弾出演アーティストが発表となり、MELRAW、SIRUP、Tempalay、TENDRE、向井太一の5組、DJとしてYonYon、荒田洸の参加が決定した。 チケッ

〈SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL〉第二弾発表、渋さ、the band apart、NABOWA、MELRAWなど11組

〈SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL〉第二弾発表、渋さ、the band apart、NABOWA、MELRAWなど11組

7月4日(土)にオンラインで開催する『SYNCHRONICITY2020 ONLINE FESTIVAL』の第二弾ラインナップが発表となった。 第二弾で発表となったのは、渋さ知らズオーケストラ、the band apart、NABOWA、MELRAW、ス

〈SYNCHRONICITY2020〉第5弾に35組。toe、オウガ、D.A.N.、downy、THE NOVEMBERS、tricot、羊文学  and more

〈SYNCHRONICITY2020〉第5弾に35組。toe、オウガ、D.A.N.、downy、THE NOVEMBERS、tricot、羊文学 and more

2020年4月3日(金)〜4月5日(日)に東京・渋谷にて開催の都市型フェスティバル〈SYNCHRONICITY2020 - 15th Anniversary!! -〉。 その第5弾ラインナップが発表となった。 発表されたのは、4月4日(土)、4月5日(日

KANDYTOWNのラッパーGottzが、Neetz、Yo-Seaとのコラボ曲「Neon Step」のMV公開

KANDYTOWNのラッパーGottzが、Neetz、Yo-Seaとのコラボ曲「Neon Step」のMV公開

MUDやNeetz、Ryugo Ishida(ゆるふわギャング)、Yo-Sea、Hideyoshi(Tokyo Young Vision)らが参加した待望のソロ・デビュー・アルバム『SOUTHPARK』や、そこからのストリート・ヒット「+81」 feat

View More News Collapse
KANDYTOWN所属MUDの新曲「No Mercy」のミュージック・ビデオが公開

KANDYTOWN所属MUDの新曲「No Mercy」のミュージック・ビデオが公開

HIP HOPクルー、KANDYTOWNに所属し、そのルードなアティテュードと日本人離れしたフロウでクルー屈指の実力派との呼び声高い、ラッパーの MUD 。昨年のクリスマスにリリースした、EP『VALUE THE PRESENT』に収録の「No Merc

Collapse

Articles

REVIEWS : 022 ヒップホップ(2021年4月)──斎井直史

連載

REVIEWS : 022 ヒップホップ(2021年4月)──斎井直史

毎回それぞれのジャンルに特化したライターがこの数ヶ月で「コレ」と思った9作品+αを紹介するコーナー。今回はヒップホップ〜R&Bに独自の視点でフォーカスする『パンチライン・オブ・ザ・マンス』を連載中の斎井直史が国内外のヒップホップ〜R&Bのなかから9枚の作品…

OTOTOY各スタッフ+αがそれぞれ選ぶ、2020年の10作品

コラム

OTOTOY各スタッフ+αがそれぞれ選ぶ、2020年の10作品

今年もやってきましたOTOTOYスタッフによる個人チャート。いろいろ大変だった2020年、なにを聴いてOTOTOYを作っていたのか? 今年は新人、梶野に加えてインターン、そしてコントリビューター枠としていろいろと関わっているライター陣の方にも書いてもらいま…

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第19回

連載

ヒップホップ・ライター・斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第19回

センスがある人って、どんなバックグラウンドを持ってるんでしょうか。先月ベタ褒めをした沖縄の3house。「Purple Rain」はトラックも、声も、ビデオも、アーティスト情報に至るまでもが控え目な打ち出し方をしているのに、強烈に印象に残ってしまいました。…

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第18回

連載

ヒップホップ・ライター斎井直史による定期連載──「パンチライン・オブ・ザ・マンス」 第18回

梅雨という梅雨もないまま、あっという間に本格的な夏に突入! 今年の夏は長い夏になりそうな予感! 今月も「パンチライン・オブ・ザ・マンス」始まります! 先月はこの夏のサマソニでの来日も控え、ドレイク、ケンドリック・ラマーといったビッグ・アーティストもラヴ・コ…