News

2022年11月08日16時30分

 
【オフィシャルレポート】のん、〈おうちで観るライブ〉で樋口姉妹と初コラボ
 

のんが無観客配信ライブ、“NON OUCHI DE MIRU LIVE(#のんおうちで観るライブ) vol.15を11月6日(日)に都内某所で開催。動画視聴サイトを通じて生配信されたライブのオフィシャル・レポートをお届けする。

==

「のんおうちで観るライブ」は、2020年5月にギタリストのひぐちけい とスタートさせた無観客トーク&ライブ・シリーズ。15回目を迎えたこの日は、ひぐちけいの実姉ヒグチアイがゲストで参加。のんと樋口姉妹のコラボレーションはこれが初めて。ヒグチアイのTVアニメ「進撃の巨人」エンディングテーマ「悪魔の子」等、トークやバトル・ゲームを交えながら120分あまりにわたって6曲を演奏した。

冒頭にこれまでのMVが上映される。開演時間になると画面が切り替わり、ハンドマイクを持ったのんと、アコースティック・ギターを弾くひぐちけいが映し出され、「鮮やかな日々」の演奏が始まる。映画Ribbon インスピレーション盤 「Parallel Ribbons」に収められた、のんとひぐちけいの共作曲から「のんおうちで観るライブ vol.15」がスタートした。しっとりとした優しい声にひぐちけいの美しいハーモニーが重なる。「おうちで観るライブ」は毎回、のんの衣装にも注目が集まる。この日はトップスに、ダメージ・デニム仕様のグレイ系パフスリーブ・ブルゾンに、襟元にラインストーンが入ったシャツ。ボトムは’70sロッカーを彷彿させる黒のフレア・パンツに、厚底のタッセル・シューズ。『可愛い♡』『どこに売ってるの?』『私も欲しい!』といったファッション・リーダーのんに寄せるコメントが並ぶ。

「おうちで観るライブ」はのんとひぐちけいが決められたテーマに沿って競う"バトル対決"が人気のコーナー。しばらく実施されてなかったが、今回久しぶりに復活する”バトル対決"に向け、緊張してる思いをお互いが語り合う。ライブ2曲目は、忘れらんねえよの柴田隆浩が書き下ろした「わたしは部屋充」に。続けて歌ったのは、のんが敬愛するGO!GO!7188のユウ(チリヌルヲワカ)&ノマアキコの書き下ろし曲「ナマイキにスカート」。どちらも原曲はロックテイスト溢れる楽曲だが、ここではひぐちけいの弾くアコギだけのシンプルな構成で披露。それゆえメロディの良さ、ふたりのハーモニーの美しさが際立つ。

最近の「おうちで観るライブ」はゲストが入ったり、バンドでの演奏が続いたので『ふたりの感じがそもそも新鮮!』と、久し振りのデュオ編成を楽しむコメントが多く見られた。

画面は、10月28日に劇場公開されているのん主演の映画「天間荘の三姉妹」のトレーラーに切り替わる。コメント欄には『観たよ!』『4回観ました!』『最高!』と絶賛のコメントが並ぶ。

トレーラーが明けると画面にはグランド・ピアノを弾く女性が映し出される。本日のゲスト、シンガーソングライターのヒグチアイが登場だ。曲はTVアニメ「進撃の巨人」The Final Season Part2エンディングテーマ「悪魔の子」!のんとひぐちけいも畏まって聴き入る。実はヒグチアイはひぐちけいの実姉。姉妹でヒグチアイのバンド編成ライブのステージにも立つ。

「のんおうちで観るライブ」にグランド・ピアノが入るのは初めて。いつものゆる〜い感じのライブが、ピシッと引き締まる。演奏を聴き終え、ひぐちけいも『おうちライブ史上、いちばんの緊張感!』と思わず漏らすほど。のんも『生歌、生ピで"悪魔の子"が聴けるなんて!』と大興奮。

そしてヒグチアイを交えての定番"バトル対決"コーナーに。もっともヒグチアイはバトル編の話しは聞いてなかったそうで、戸惑いをみせながら参加。"バトル対決"のテーマは3つ。最初のお題は「樋口家カウントダウンライブで恒例の大喜利バトル」。「大喧嘩していた姉妹が一瞬にして仲直り!何があった?」「大好きな恋人の口癖が耐えられない。どんな口癖?」のお題いに三人三様の名回答・珍回答の大喜利を連発。2つめのお題は『誰が1番いい演技?!バトル』。"罰ゲームで大量の量のワサビが入ってるお寿司を食べた時の演技"を各々が披露。これには女優ののんが有利!とひぐちけいからブーイングが起きるも、のんはどこ吹く風でバトルを進める。意外な勝敗の結果は是非、配信をご覧ください。

ひとしきりバトル編が盛り上がった後は再びライブに戻る。曲はヒグチアイが3月にリリースしたアルバム「最悪最愛」に収められた「劇場」。樋口家姉妹の演奏に1番はヒグチアイが、2番はのんが歌う。3番でのふたりの掛け合いは、ボーカルでの"バトル対決"!素晴らしいハーモニーを聴かせ、しびれる格好良さだ。

再びバトル編に。今度は『身体能力バトル!』。"体内時計で5秒、誰が1番正確?"、"瞬きせずにどれだけ目をあけてられるか?”をテーマに3人が競う。この流れで次はライブに戻ると思わせて、まだバトル対決は続く。最後のお題は『誰が私の事理解してくれてるの?クイズバトル』。こちらも生配信で視聴してるビューワーの投票で決まる。果たして優勝は誰か?

ラスト・ナンバーは、映画Ribbon インスピレーション盤 「Parallel Ribbons」収録のひぐちけいが書いた「ribbon」。のんは、ひぐちけいが書いた映画「Ribbon」の音楽を『アイさんと一緒に歌えるのが凄い嬉しい』と話すと、ヒグチアイも妹から映画の音楽を担当する事を聴き『凄い嬉しかったの。けいちゃんが、のんちゃんに出会えてホントに良かった』と答えると、のんは『恥ずかしい』と赤面。

1コーラス目はのん、2コーラス目からはヒグチアイが歌う。ふたりの透き通るように響く歌に、ひぐちけいの弦をつま弾く音まで聞こえる究極の音響空間。まるで教会で聴いているような錯覚に陥るほど。そして最後はのんとヒグチアイの美し過ぎるハーモニーは圧巻。

ライブを終え、ひぐちけいは姉とのんとの初共演に『不思議な感覚だった!』と話し、ヒグチアイは『こんなに楽しいライブはないよ』と賛えた。

最後は「おうちで観るライブ」恒例の"モグモグタイム"。この日は"樋口家の二姉妹"という映画があったらという設定で、映画の中で"皆んなでちゃぶ台で食べたいオヤツ"をリクエスト。

ヒグチアイはまがりせんべい、のんは海老せん、ひぐちけいは琥珀糖を持参し、3人でゆるゆるトーク。90分に及んだ「のんおうちで観るライブ vol.15」が終了した。

「のんおうちで観るライブ vol.15」は、11月12日(土) 23時59分まで見逃し視聴可能。

撮影:南賢太郎(FOCUS STUDIO)

セットリスト
01.鮮やかな日々
02.私は部屋充
03.生意気にスカート
04.悪魔の子 with ヒグチアイ
05.劇場with ヒグチアイ
06.ribbon withヒグチアイ

出演:のん(Vo)、ひぐちけい(G/Cho)、ヒグチアイ(Vo/Pf)

ライヴ情報
<おうちで観るライブvol.15/配信概要>

見逃し視聴期間:2022年11月12日(土) 23時59分まで
配信チケット価格:3,000円(税込)
チケット販売期間:11月11日(金) 23時59分まで
チケット購入URL:
https://speedylive-non.zaiko.io/item/352257

アーティスト情報
のんHP
https://nondesu.jp/

Photo Gallery

あわせて読みたい


TOP