News

2022年07月31日15時50分

 
鈴木雅之、フジロックでも披露した「スローバラード」カバーライヴ映像公開
 

〈FUJI ROCK FESTIVAL ‘22〉にキャリア42年にして初出演した鈴木雅之が、そのステージでも披露した楽曲・RCサクセションの「スローバラード」をカヴァーした2017年のライヴ映像を、鈴木雅之公式YouTubeチャンネルで公開した。

今回公開された映像は、2017年に開催された全国ツアー〈masayuki suzuki taste of martini tour 2017 DISCOVER JAPANⅢ 〜the voice with manners〜〉から、10月31日東京・中野サンプラザ公演でのパフォーマンス映像。

中学時代からRCサクセションを聴いてカヴァーしていたという鈴木雅之は、1979年リリースの「スローバラード」を聴いたとき『当時、日本のどのバラードよりもソウルを感じた』と語っており、その忌野清志郎による日本ロック史に残る名バラードへのリスペクトを込めて、イントロのフレージングから全体のアレンジに至るまでRCサクセションの元曲を活かした構成で2017年にレコーディング。『あの時の想いから約40年後の鈴木雅之流ソウルを聴いて欲しい』とも当時語っており、今年リリースしたカヴァーベストアルバム『DISCOVER JAPAN DX』にも収録するなど、特別な想いを込めて「スローバラード」をカヴァーしている。初出演となったフジロックのステージで、同フェスティバルに縁の深い忌野清志郎の楽曲を披露したのも興味深い点だ。また、本日のフジロックのステージで披露した全10曲のセットリストのプレイリストも公開。

シャネルズ・ラッツ&スター時代の楽曲や、自身のソロ名義での代表曲、リスペクトするアーティストの楽曲のカバーなど、鈴木雅之の42年というキャリアを凝縮したような充実のプレイリストとなっている。

【プレイリスト】
鈴木雅之「FUJI ROCK FESTIVAL ‘22」
https://masayukisuzuki.lnk.to/zueMSU

あわせて読みたい


TOP