噂のヒップホップ・ユニット。幽霊たちが、ついにベールを脱ぐ。

Moe and ghostsのデビュー・フル・アルバム『幽霊たち』がいよいよ発売となった。萌が紡ぐリリカルでシリアスな言魂と、カイムが構築した透明で濁ったカラフルな音魂と、そんな二つの人魂が墓場より招き出した、音楽フリークの夥(おびただ)しい数の幽霊たちが飛び交いあい出現する、夢幻の音楽空間21曲+α。素晴らしいデビュー・アルバムだ。すでに先行配信シングル『新世紀レディ』と『幽霊EXPO』を聴き、彼らの音霊に憑依されて鼓膜を奪われてしまったリスナー諸君、どうぞ大いに期待してくれ。恐らくその期待は良い意味で裏切られる。そして、まだ彼らをHEADZのハイプではないかと訝っている疑り深いリスナーたちよ、まずは雑念を排除して幽霊たちを鼓膜に導き入れてほしい。そうすれば分かる。彼らはFakeでは、虚像 / Phantomなんかじゃないって。彼らはRealな、本物の幽霊 / Ghostだ。このような傑作デビュー・アルバムを作りあげたMoe and ghostsにメール・インタビューを行った。是非、アルバムを聴きながら読んでほしい。

text & interviewed by 青木耕平(一橋大学大学院 アメリカ文学専攻)


Moe and ghosts / 幽霊たち

ラップ担当の萌とトラック担当のユージーン・カイムによるゴースト・コースト・ヒップホップ・ユニット、Moe and ghostsの1stアルバム『幽霊たち』が、佐々木敦主宰のHEADZからリリース。緊張感を持つトラックにのる濃密なラップが、従来のヒップホップを切り裂く。これは、新たな音楽体験だ。

【Track List】
1. われわれ / 2. マンアフターマン / 3. GINGA / 4. Make you groove / 5. 幽霊EXPO / 6. うき / 7. でんでん太鼓が鳴り止まないの / 8. 脳みそクイナ / 9. Scarborough Fair Live at SuperDeluxe / 10. 雪が降るまえに / 11. メルヘラ / 12. ルー=ガルーガール / 13. 潜熱 / 14. チカドゥン / 15. 語るまでもない / 16. GF-909 / 17. 猿人炎上 / 18. 氷解 / 19. 南極点 / 20. LADY OF THE DEAD / 21. OF THE END

All lyrics by 萌
All tracks written, recorded & mixed by ユージーン・カイム
Except for track 09 : traditional English song
Mastered by 西村尚美 / INNER SCIENCE

Track 09 :
Saxophone by 植野隆司(テニスコーツ)
Recorded by 安藤誠英

【価格】
・mp3
単曲 : 150円 / アルバム : 1500円
・WAV
単曲 : 200円 / アルバム : 1800円


閉塞した自分の心にヒップホップが風穴を開けてくれた(萌)

――『幽霊たち』、間違いなく傑作だと思います。初のアルバムをリリースされた今のお気持ちを聞かせて下さい。

萌 : 我が子かわいさと、心配でしびれています。「お父さんは心配症」(※漫画 / 岡田あーみん作)みたいに。

――アルバムを通じて、現状のヒップホップ / 音楽シーンに風穴を開けてやるという意気込みがビシビシ感じられます。相当の自信作なのではないでしょうか?

萌 : 閉塞した自分の心にヒップホップが風穴を開けてくれたと言った方がしっくりきます。この作品が「ヒップホップ」なのかどうか、反応が様々にあるかとは思いますが、何かしら反応したくなるアルバムになっていたら本望です。生身を弾丸のようにぶつける、そのスピードとパワーというものを核にしているので、ビシビシきてもらって良かったです。

――「われわれ」「マンアフターマン」で幕を開け「LADY OF THE DEAD」「OF THE END」で幕を閉じるという構成も魅力的です。デビュー・アルバムをこのような一種のストーリー / コンセプトめいたものにした理由をお聞かせください。

萌 : 去年の2月に初めてMoe and ghostsとして曲作りをしたときに「LADY OF THE DEAD」「南極点」の原型となる曲ができました。これを核として、全曲を通しで聴けるアルバムにしようと思いました。お互いが反発し合うようなエゴの強い曲群であっても、全体を見るとぼんやり像が見える、幽霊が乱反射しているような感じでしょうか。「OF THE END」は、エミール・クストリッツァ監督の『アンダーグラウンド』(※1995年 / カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞)のラスト・シーンのように、嘆いたり、憤ったり、死んだり色々あったけれど、最後は踊りながら幕を閉じる。そのようなイメージを重ね合わせていたのかなとふと思いました。

――コンセプトめいていながらも、各曲はそれぞれ独立して素晴らしいものとなっていますが、カイムさん、萌さんそれぞれの個人的に気に入っているトラックがありましたらお聞かせください。

萌 : 「ルー=ガルーガール」の最後の狼と私の遠吠えの掛け合いですね。
ユージーン・カイム(以下、カイム) : 「LADY OF THE DEAD」「南極点」は完成まで時間がかかったので、思い入れが強いです。「GINGA」も映像的な雰囲気が好きです。

――「ゴースト・コースト・ヒップホップ」と自らを名乗られていますが、カイムさんのトラックも萌さんの歌唱スタイルも、ヒップホップという枠に収まりきらない、そこからはみ出る魅力を感じました。本作で目指した音、Moe and ghostsがこれから目指す音とはどのような音でしょうか?

萌 : キワであっても、自分達なりのヒップホップをしようと思って作りました。ラップは、どれだけ自分をさらせるか、更新できるか。常に自分へ挑むことで、不安なまでのテンション(気迫)を目指しています。トラックは、シンプルにラップを生かすように作りました。スタイルを固定していないので、自分たち自身の変化によって曲も変化していくのでは?

――カイムさんへ質問です。本作は非常にバラエティある音が満ちて鳴っていますが、どのような音楽遍歴を辿られたのでしょうか?

カイム : 本格的に曲を作ったのは今回がはじめてです。音楽はジャンルを気にせず聴いてきましたが、緊張を伴う音楽が好きです。音楽に浸るというよりは、スピーカーを通して音楽家と対面するというか。

――萌さんへ質問です。非常に語彙豊富でリリカルかつユニークなリリックをお書きになりますが、影響を受けた文学作品や文学者、詩人はいらっしゃいますか?

萌 : Moe and ghostsのリリックは、イメージがランニング・ワイルドしているものなので有象無象から連想しています。花輪和一(※『刑務所の中』『朱雀門』『天水』など / 人間の「業」をテーマにした作品多数)や楳図かずお(※『漂流教室』『わたしは真悟』など / ホラー漫画の第一人者)の漫画のように、脳に直列つなぎでイメージが電流のように流れ込んでいったらいいのにと思っています。

――アーティスト名、先行シングル、そしてアルバム名とGHOST / 幽霊という言葉が冠せられていますが、なぜここまで幽霊に拘るのでしょうか?

萌 : 幽霊とは多義的で人によってイメージするものも様々です。例えば「お化け」だけが「ghosts」ではないですし、何度口にしても定まらないもので、だから何度でも言いたくなってしまいますよね。

――最初に「ghosts / 幽霊たち」という単語を目にしたとき、真っ先にポール・オースターの同名傑作小説とアルバート・アイラーの伝説的なサックス演奏を想起させられました。タイトルをつけるときに意識はされましたか?

萌 : 「幽霊」というモチーフは、今は封印された「空気抵抗」という曲からきたのですが、視えないもの / 存在が渦のようにぐわっとまとわりついているようだったのです。オースターとアイラーのghostsも良いですね。でも直接の関係性はここではありません。

――アルバムのラスト三分の隠しトラックで、現状のヒップホップ・シーンへのメッセージめいたリリックがありますが、現状のヒップホップ・シーンに一言お願いします。

萌 : シーンへのメッセージというよりは、自分の心の置き場所、拠り所というものです。私にとっては「声=音」「言葉=音霊」なので、それぞれの歌詞の解釈はおまかせします。ただ、ヒップホップは魅力的な音楽でまだまだ可能性があると考えています。

――お二人は未だ覆面アーティストとして、露出を控えていらっしゃいますが、お二人のライヴを観たいリスナーは非常に多いと思います。ライヴの予定はありますか?

萌 : 覆面ではなく、音楽シーンとの交流がないだけなのです。発売記念ライヴを9月28日(金)に渋谷 O-nestで行うことになりました。

――最後に、リスナーにメッセージをお願いします。

萌 : アルバムを聴いてもらった後にそれぞれのghosts像ができていれば嬉しいです。

配信限定シングル2作も配信中!

彼岸のヒップホップ・ユニット、Moe and ghosts。
先行配信1stシングル。硬直した音楽シーンに風穴を開ける。
ラップ担当、萌。日本語スレスレの濃密ラップ。
圧倒的。一線を画す。
様々な時代、ジャンル。ユージーン・カイム制作によるトラック。
ラップに呼応。ヒップホップの枠に囚われない。ヴァリエーション。音色。リズム。
キーワードは「VISUALSHOCK! SPEEDSHOCK! SOUNDSHOCK!」。

レビューはこちら

レコ発ライヴ決定!

2012年9月28日(金) 渋谷O-nest
詳細未定

PROFILE

Moe and ghosts
ラップ担当の萌とトラック担当のユージーン・カイムによるゴースト・コースト(彼岸)ヒップホップ。2011年に本格的にラップ、トラック制作をはじめる。2012年8月、初リリースにしてフルアルバム「幽霊たち」発売。また、萌は大谷能生と劇作家・中野成樹の共同プロデュース作『みずうみのかもめ』(2010年『長短調(または眺め身近め)』公式サウンドトラック)に限定ユニット「みずうみ」のメンバーとして参加。同じく大谷能生が音楽担当した生西康典の舞台作品『Momo, Momoko, Moe et……the silence between dreams』にも参加。他にもテニスコーツの植野隆司、今井和雄、ククナッケ等とライヴ共演している。

Moe and ghosts official HP

o

 
 

インタヴュー

スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤を配信開始
[CLOSEUP]・2018年01月17日・スクールカースト最底辺からの刺客がやってきた!!! ──ハンブレッダーズ、初の全国流通盤がついに配信開始 高校の文化祭に出演する為、同級生によって結成された4人組"ネバーエンディング思春期"バンド、ハンブレッダーズが初の全国流通盤をリリース! Voムツムロによる「イケてない奴」なりの青臭さ全開の歌詞、その歌詞を乗せたメロディックな歌。そんな彼らの楽曲は、青春の1ページを切り取り、終わらない青春をメッセージとしてリスナーに届ける。今回OTOTOYでは、ハンブレッダーズとも所縁の深いライヴハウス、京都のライヴハウス・nanoの店長である土龍(モグラ)と共に対談形式のインタビューを掲載。活動初期の印象や、本作の制作など、どのようなバンドになっていきたいかなど語ってくれています。OTOTOY初登場! 快進撃中のバンドが放つ、初の全国流通盤!!ハンブレッダーズ / 純異性交遊'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 1,600円(税込)【収録曲】''1. DAY DREAM BEAT2. スクールマジシャンガール(純Mix)
by 阿部 文香
*鳥クルッテル.incが創る、360度音が上下左右から鳴る超常音空間
[FEATURE]・2018年01月15日・驚異の立体音響! 音楽での新たな体験、その可能性を形にする鳥クルッテル.incって何モノ?! 音楽で人と人が結びつけ、新しい音楽の可能性を見い出すためさまざまな音楽イベントやワーク・ショップを企画する2人組、「鳥クルッテル.inc」。彼らのイベントでは、四方を囲むスピーカーにより、一つひとつの音の色や形、動きが見えるように感じる取れる臨場感のある音響システムを使うことによって、360度縦横無尽に音が動き回る新感覚の音楽体験をすることができるという。今回OTOTOYでは、特別な音響システムを使用しなくても、この音楽体験ができる「Kachōfūgetsu 〜fireworks〜」を配信開始。彼らの活動や、サウンドの作り方まで、さまざまな話を訊いた。 OTOTOY配信限定!〈Kachōfūgetsu〉のイメージサウンド鳥クルッテル.inc / Kachōfūgetsu ~fireworks~'【配信価格】WAV、ALAC、FLAC(24bit/96kHz) : 540円AAC : 216円【Track List】1. Kachōfūgetsu ~fireworks~>> 〈Kachōfūgetsu〉特設サイト
by 岡本 貴之
音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載
[CLOSEUP]・2018年01月17日・音楽にはユーモアが必要──折坂悠太、新作EP『ざわめき』を独占ハイレゾ配信 & 井手健介との対談を掲載 後藤正文や小山田壮平など、多くのミュージシャンも賛辞を送るSSW・折坂悠太が初のバンド編成で録音に挑んだEP『ざわめき』をリリース。演奏には2016年から活動を始めたバンド編成でのライヴ・サポートを行なっているベース・寺田燿児、管楽器、弦楽器を扱う青野慧志郎、ドラム・田中久仁彦(yoji &his ghost band)、ピアノ・飯島はるか(に角すい)のほか、フルートに松村拓海(1983、俺はこんなもんじゃない)、トランペット・高橋三太(1983)、ヴィブラフォン・影山朋子が参加しており、弾き語りでは表現することの出来なかった音のダイナミズムと、ブルースや民族音楽、ジャズなどを吸収したのびのびと響き渡る彼の歌声が閉じ込められた作品となっている。そんな今作をOTOTOYのみでハイレゾ配信すると共に、シンセサイザーでアルバムに参加しているSSW・井手健介との対談を掲載。お互いが影響を受けたアーティストから今作に至るまで、たっぷりと語ってもらった。 ハイレゾ版の配信はOTOTOYのみ!!折坂悠太 / ざわめ
音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信
[CLOSEUP]・2018年01月10日・音楽は幸せな空間を作れるのか? ──新たなバンド・サウンドを得たAL『NOW PLAYING』を先行配信 小山田壮平と長澤知之がプライベートのアコースティック・ユニットとして数年前に活動をはじめ、そののちに藤原寛、後藤大樹をバンドに迎えて2016年4月に1stアルバム『心の中の色紙』をリリースしたロック・バンド「AL」。そんな彼らが2018年のはじまりに快作の2ndアルバム『NOW PLAYING』をリリースする。今回OTOTOYでは本作の1週間先行配信を実施。本文の中でも語られているように、1stアルバム『心の中の色紙』よりも、よりバンドらしい作品ともいえる『NOW PLAYING』はどのように生まれたのか、ソングライターである小山田壮平、長澤知之の2人に話を訊いた。ちなみにこの2人でのインタヴューはAL史上初! みなさま必見です! よりバンドらしくなったALの最新作を先行配信 AL / NOW PLAYING'【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1. 会いにいくよ2. NO
MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】──「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に!」
[FEATURE]・2018年01月14日・「茶の間の胸ぐらをつかんで、ライヴ会場に引きずり込め!」──MOROHA、結成10周年記念インタビュー【前半】 魂を震わせるリリックと、互いの持ち味を最大限に生かすためアコースティック・ギターとMCだけの最小編成にて行われるライヴで、彼らの音楽を聴いたもの、観たものを圧倒させるMOROHA。そんな彼らが2018年に10周年を迎える。このタイミングで6月6日(水)には再録ベスト・アルバム『MOROHA BEST〜十年再録〜』のリリース、そして12月16日(日)にZEPP TOKYOにて単独ライブも決定したのだ。着々と多くの人に向けて、彼らの音楽が届くよう歩みを進める彼らであるが、OTOTOYは、お茶の間にもMOROHAの音楽が届く未来がそう遠くないことを確信している! 今回OTOTOYでは、10周年を迎えた今までの活動についてを、インタビューや主宰のボロフェスタに招集する等、時には言い合いをしながらもデビュー当時からずっと応援し続けるOTOTOY編集長の飯田仁一郎と共に振り返る。まずはインタヴューの前半をどうぞ。 元旦リリースの最新曲をチェック!【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1k
by JJ
2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る
[CLOSEUP]・2018年01月05日・2018年の始まりにして年間ベスト級デビュー・アルバムーー “エモい”都市生活を鳴らすアイドル・・・・・・・・・に迫る シューゲイザー的な「エモさ」とアンダーグラウンド・パンク的な「ヤバさ」を楽曲コンセプトに活動するアイドル・ユニット「・・・・・・・・・」が、2018年1月12日リリースの1stアルバム『 』をOTOTOY独占で1週間先行でハイレゾ配信開始。日本ドローン界の雄、hakobuneディレクションの元、ノイズやアンビエント等を用いた1トラック72分の1stシングル『CD』がネットを中心に大きな話題を呼んだが、初アルバムとなる今作は、ForTracyHydeの管梓、Mavや、my letterのキヌガサチカラ、あヴぁんだんどやアシモフが手品師で知られるteoremaa等が楽曲提供を手掛け、シューゲイザーから、90sUK、90semo、ローファイ、ドラムンベース、エレポップまで、様々なジャンルを「エモい」にぎゅっと集約した全10曲。アイドルという記号性を取り除くため、アーティスト名もアルバム名も検索に引っかからないなど、コンセプトも練りこまれている彼女たちに改めて迫るインタヴューを掲載し迫った。
コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2017年、そして2018年
[CLOSEUP]・2017年12月31日・コムアイ、ケンモチヒデフミ、Dir.Fとともに振り返る、水曜日のカンパネラの2016年、そして2017年 毎年恒例、水曜日のカンパネラの1年間を振り返るインタヴューも今年で5回目。2017年の水曜日のカンパネラは、日本武道館でワンマン・ライヴ、全国を巡るツアー、海外でのフェス参加も増えるなど、より一層グローバルな音楽活動を繰り広げました。さらにタモリ倶楽部に出演したり、NHKで松岡正剛氏と対談、ドラマにも出演するなどテレビでも大活躍。音楽以外の場所でも表現の幅を広げるカンパネラの2018年は果たしてどんな年になるのか? 2017年を振り返るこのインタヴューをご覧になって、2018年を想像してみてはいかがでしょう? 取材 & 文 : ねるねるね〜るね西澤 2017年リリースのデジタル・シングルを絶賛ハイレゾ配信中【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) (全タイトル共通)【配信価格】単曲 540円(税込) (全タイトル共通) INTERVIEW : 水曜日のカンパネラ ーー年末恒例、1年を振り返るインタヴューです。とはいえ、OTOTOYではこれが2017年初インタヴューなので、いろい
by 西澤 裕郎
サブスクで話題の、サニーデイ・サービスのあの作品がさらなる進化を遂げる!
[CLOSEUP]・2017年12月25日・サブスクで話題のあの作品がさらなる進化を遂げる! ──曽我部恵一が語るサニーデイの進化と変容 今年6月、突如Apple MusicとSpotifyにてストリーミング配信のみでリリースされたサニーデイ・サービスの『Popcorn Ballads』。このアルバムに収録された22曲は、ヒップホップやトラップ、そしてファンクの要素までをも含み、新たなサニーデイの進化に、前作『DANCE TO YOU』リリース時と同じく、いやそれ以上にぼくらを驚かせた。そんな衝撃のリリースから半年、このたび12月25日のクリスマスにサニーデイがリリースしたのは『Popcorn Ballads(完全版)』。今回新たに収録された楽曲や、客演を迎えて進化を遂げた楽曲まで…… まさにディレクターズカットと言える完全版の作品が届いたのだ。完成版となった『Popcorn Ballads』はどのように生まれたのか、今年の音楽シーンを振り返るとともに、曽我部恵一に話を訊いた。 サニーデイからのクリスマス・プレゼント、ハイレゾ配信! サニーデイ・サービス / Popcorn Ballads(完全版)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bi
by JJ