「もうこれ以上失うものはない」——シンガー、アイラミツキの復帰後第2弾シングルを特典とともに配信!

2007年のデビューからテクノポップ・シンガーとして精力的に活動してきたAira Mitsuki。2013年から活動休止して彼女は、2015年9月に“アイラミツキ”として堂々の復活を果たした。活動復活とともに発表したシングルに続き、今回第2弾シングル『Animo!』をリリース! 今作のサウンド・プロデュースを務めたのは、DJやラウド・ミュージック・バンドのフロントマン、はたまたBABYMETALに楽曲提供するなど、マルチな才能を発揮するボカロP、ゆよゆっぺの別名義である、DJ'TEKINA//SOMETHING。OTOTOYでは本作をサイン付きジャケットとともに配信!!

そして、本作のリリースにあわせて復帰間もない彼女へのインタヴューを敢行。活動休止中の出来事や復活にいたるまで、そして今後の活動の展望についてじっくり話を訊いた。

アイラミツキ / Animo!

【Track List】
01. Lilily☆Nation
02. Animo!
03. Lilily☆Nation instrumental
04. Animo! Instrumental

【配信形態 / 価格】
WAV / ALAC / FLAC(16bit/44.1kHz) : まとめ購入 1,000円(税込) 単曲 : 300円(税込)
AAC / MP3 : まとめ購入 751円(税込) 単曲 : 250円(税込)
>>ファイル形式について

まとめ購いただくと、サイン付きジャケット画像、歌詞ブックレットPDFが付属します。
歌詞ブックレットPDFは後日の発送になります。


INTERVIEW : アイラミツキ

アイラミツキに、なぜ休止したのか、なぜ活動を再開したのか、そして今の彼女の思いを訊くことができた。自分でやる! そんないばらの道を選んだアイラミツキの表情は終始生き生きとしてた。彼女の決断は間違っていなかったのだろう。このインタビューで、そう確信することができた。

インタヴュー&文 : 飯田仁一郎
文 : 鶯巣大介
写真 : 雨宮透貴

音楽にしか心惹かれないっていう状態になったんです

——『LIGHTSAVER』に続き、新シングル『Animo!』のリリースおめでとうございます。作品についても質問したいんですが、まずその前にいまだから言える活動休止の理由から伺いたいです。

いまだから言える休止の理由…。逆にファンの方はどう思ってるんですかね。yahoo知恵袋あるじゃないですか。そこに「アイラミツキはなぜ売れなかったんですか?」みたいに真剣に質問している人がいて、それを見て逆に切なくなりました(笑)。で、それに対して「事務所がこうこうこうで~」とか真剣に回答してる人もいたりして。

——多分休止の理由って売れたとか、売れなかったとかはではないんだろうなと僕は思いました。

そうですね。まぁ小さいことの積み重ねだとも思うんですけど。大きな理由としては、6年半の活動のなかでツアーもしたり、サマソニに出たり、O-EASTでライヴやったりとか、結構いろいろやって、やりつくしたのかなぁっていう気持ちもあったんです。

——当時はO-EASTよりもっと大きい会場でライヴがしたいとか、そういう思いはなかったんですか?

ありました。でもそこから上に行くのはどうしたらいいのかっていうのが大きな壁だったんです。

——音楽的な面でもやりつくしたっていう思いはあった?

『6 FORCE』っていうミニ・アルバムくらいまでは、どっちかっていうとコアな音楽をやったりしてたんです。『6 FORCE』はダンス・ミュージック寄りの作品で。そのあとに『???(スリークエスチョン)』っていうアルバムを出したんですけど、そこでいままでよりポップな路線になったんですね。でも私がリスナーとしてアイラミツキを聴いたときに、どちらかというとポップな路線よりもクラブ・ミュージック寄りの曲のほうが好きだったので、楽曲に対してはもっと好きな音楽を追究できるのかなぁと思ったりはしました。

——そういった音楽がアイラさんは好きなんですね。

いま流行ってますけど、EDM寄りのサウンドもそうですね。元々普通にJ-POPの歌モノも好きなんですけど、個人的にはクラブ・ミュージックだと、歌のあるものよりインストが好きだったりするんです。そういうふうに言っちゃうのも歌い手なのでどうなのかなって思うんですけど(笑)。

——2013年に『I'LL BE BACK』という作品をリリースして活動休止期間に入ったじゃないですか。これは意味深なタイトルでしたけど、やっぱり戻ってくるぞ! っていう決意の現れだったんですか?


アイラミツキ『I'LL BE BACK』Preview

いや、そういうわけではなかったですね。1回活動をとめるっていうのは、これで本当に最後になるかもしれないなっていう覚悟もあった上でのことだったので。そのときは複雑な心境だったんです。またステージに立ちたいし、でも立てないなって気持ちもあって。

——ステージに立てないと思ったと。それはなぜでしょう。

なんでなんだろうなぁ。いまでこそ事務所に入らず1人でも活動したいなと思ってやってるんですけど、当時は1人でやっていける自信がなかったというか。そういう思いもありましたね。

——なるほど。活動休止の間の2年間はどうやってて過ごしていたんですか?

自暴自棄になってました(笑)。音楽からずっと離れていたんですけど、もう死んだように生きてましたね。引きこもったり、目的もなく海外に行ったり、現実逃避ばっかりして。それまで当たり前にいてくれたファンがいなくなる、本当はいてくれるのは当たり前じゃないんですけど、6年半の間ずっとあったものが突然なくなるっていう喪失感を感じました。友達がいても、その間にはファン以上に強い絆はないんですよね。ファンとはともに苦楽を乗り越えてきた仲間みたいな繋がりも感じていたんです。それがなくなったっていうのはショックでした。それに18歳くらいからずっと音楽をやっていたので、自分はそこでしか認めてもらえないんだなと思ったりもしました。

——そこからどうしてまた音楽を始めようという状態になったんでしょう。

「あぁ... なにもかも失ったな、自分」って感じたときに、もうこれ以上失うものはないかもと思って。そのときはすごいネガティヴだったのかもしれないですけど、とことん落ちてから、逆に音楽にしかワクワクしないというか、音楽にしか心惹かれないっていう状態になったんです。それが去年の秋くらい。そこからですね。実際に作品をリリースしようかなと考え始めたのは。

本当に自由にやっていただければなぁと思っていた

——「私は全部失ったんだ」ってところまで思ってしまったのには、なにか具体的なきっかけがあったんですか?

ちょっと重い話になってしまうのですが、昨年に母が亡くなったんです。以前からずっと病気で体調が悪くて、入退院を繰り返していて。その母がいなかったら、6年半頑張れなかったと思うくらいの存在ですね。

——そのあとこのままじゃだめだと思い立った?

いや、自分で自分を奮い立たせようってことはなかったんです。でもその時期にたまたま入ったCD屋さんで流れていたのがDJ'TEKINA//SOMETHING(※)だったんですよね。それでこういう音楽をやりたいと思っていた自分に改めて気がつきました。

※DJ'TEKINA//SOMETHING : VOCALOIDPであるゆよゆっぺのDJ、エレクトロなどのダンス・ミュージック制作時の別名義。

——音楽への興味が戻ってきた時期にビビッとくるものに出会ったと。ある意味活動再開は彼の曲がきっかけでもあるんですね。

「あ、こういう人いるんだ」って思って、DJ'TEKINA//SOMETHINGを調べたら、まず日本人でとか、そういう情報から入っていって。それでホームページのコンタクト欄に「すごく楽曲が気に入ったんで今後なにか一緒にやりたいです。私はアイラミツキで、こういう活動をしてたんですけど…」みたいな連絡をするところから関係が始まったんです。そうしたら事務所のプロデューサーさんから連絡をいただいて、その2週間後くらいに会う約束をさせてもらって。そこからですね。

——それが2014年の秋の話ですよね。DJ'TEKINA//SOMETHINGの楽曲のどういう部分が引っかかったんだと思いますか?

彼とは同年代なんですよね。やっぱりコアな音楽になると個々に聞いていたものは違うと思うんですけど、メジャーな音楽だと同世代なら大体同じ音楽を通ってきてるじゃないですか。だから感性が近いのだと思います。

——今回の『Animo!』の3曲はどのようにしてレコーディングを進めていったんでしょう。

実際問題として、私も事務所に入っていて制作費があるという状況ではないので、初めから曲を作ってもらうっていうのが厳しくて。まずは今回のシングルに入っている「hope」「Lilily☆Nation」って曲がDJ'TEKINA//SOMETHINGさんの楽曲なんですけど、ボカロが歌っている曲を聴いて、すごく気に入っていたので、まずはそれをカヴァーさせてくださいとお願いしました。それが去年の12月くらいです。なので意外と早い段階で動いていましたね。「Animo!」はオリジナル曲なんですけど、これは今年の3月に曲をいただいて、そのあとにレコーディングをしました。

——「Animo!」はアイラさんがなにかコンセプトなどを提示して作ってもらったんですか?

DJ'TEKINA//SOMETHINGさんの曲が好きでお願いしてるので、「こういう曲で」「こういう歌詞で」とか最初に内容をオーダーしてというよりは、お任せして作ってもらいまいした。本当に自由にやっていただければなぁと思っていたので。歌詞も初めて読んだときに、私が書く歌詞みたいだなと思いました。なので特別なにかを変える必要はなかったです。それで5月末にはもうライヴをやり始めていたので、そのころにはもう3曲とも完成していましたね。

自分がやりたいことをやっていかないとだめなのかなと

——ではリリースこそ先ですが『LIGHTSAVER』は『Animo!』の制作のあとにレコーディング取りかかったということ?

時期的には『Animo!』の3曲を最初に制作していて、「LIGHTSAVER」を録ったのは7月ですね。だから録ってすぐリリースって感じですね。

——アイズマックさんがプロデューサーを務めていますが、この『LIGHTSAVER』についても話を訊かせてください。

アイズマックさんも同様に信頼して制作をお願いしているので最初に特別こういう曲でお願いします!とお願いはしなかったのですが、「LIGHTSAVER」というタイトルで決まっていたわけじゃないんです。たまたま制作のやりとりの途中でアイズマックさんとの映画の話から、スターウォーズが好きだっていう話でお互い盛り上がったんですね。そうしていたらアイズマックさんが「ライトセーバーだね」っていう歌詞を思いついて、その段階で「これはスターウォーズをテーマにしよう」っていうことになりました。あとこの曲のカップリングが「I'LL AGAIN..」って曲なんですけど、「I'LL BE BACK」って言って活休してるので、それに対して答えになるような「戻ってきたよ」っていうメッセージを込めたいって、制作をお願いした段階で話をして作ってもらったものです。

——復帰してから最初のステージはどんな思いでした?

ファンの方が遠くから来てくれたり、久しぶりに顔を見ることができたので、やっぱりそれが1番嬉しかったですね。

——先ほどから何度かファンの方への思いを口にされていますが、アイラさんにとって本当に大事な存在なんですね。

そうですね。言い方が変ですけど、個人的にはライヴって聖なる領域だと思っていて。だから逆に言えばプライベートの知り合いとかにはあんまり来てほしくないんですね。でもファンとは音楽を通して分かり合えているというか。なのでとても大事に思っています。

——今後はどんな音楽活動をしていこうと思いますか?

いまはいろんな方向に進めるとは思うんですけど、売れるためにっていう考え方より、本当に好きなことを突き詰めてやっていきたいなと思いますね。音楽についてもそうですけど、衣装に関してだったり、ジャケットのアートワークも自分で考えたりとか。『Animo!』ジャケットのデザインは自分で考えたんですけど、「かわいい」とか「おもしろいね」って言ってくれる人が多かったので、そういうことを考えるのも結構楽しいなと思いました。事務所に入っていたころは、自分でCDを手売りすることとかを想像してなかったので、音楽に対してちゃんと向き合いたいって気持ちも前より強くなってますね。

——でもやっぱり事務所に入っていないと大変なこともありますよね。

はい(笑)。物販を持ってくのが1番大変ですね。Tシャツとかもトランクで運んだりして、ライヴ前に腰がすごく痛くなったり(笑)。事務所に入ってたときは気づかなかったけど、物販ひとつ用意するのもこんなに大変なんだなぁって改めて気付かされて、逆にそれはいい経験だなぁと思います。

——それでも自分の力で好きなことを突き詰めるってことを今後の活動のテーマにしたいと。

はい。まずは地に足をつけて、自分がやりたいことをやっていかないとだめなのかなと思います。これから曲をどんどん作って、リリースもして、それでワンマン・ライヴができるようになればなと。

——力強いですね。ちなみになんですが、これからやってみたい音楽ってなにかありますか?

結構昔にボーイズ・ノイズとかが好きだったんですけど、あれくらいのバキバキのエレクトロに挑戦するってどうなのかなって気になったりしますね。いま時代的にはどちらかと言うと、それと反対のものが流行ってると思うので。

——そういう振り切ったアイラミツキも楽しみですね。

ライヴに来てくれるファン以外の方々にも、ただ音源を聴いて楽しみたいって方も多いと思うんです。なのでこれから私が好きな音楽や、カッコいいなと思う音楽をやっていきたいので、リスナーの人もそれを一緒に楽しんでもらえたら嬉しいなと思います。

RECOMMEND

アイラミツキ / LIGHTSAVER -Single-(24bit/48kHz)

アイラミツキ復帰作第一弾は待望のジャパン・エレクトロ・ポップ作。キャッチーなメロディーと美しい声は健在。

DJ'TEKINA//SOMETHING / DJ'TEKINA//SOMETHING

自主制作CDにしてamazonダンスチャート第一位獲得。普段はゆよゆっぺとして活動している彼のDJ名義作品。ROCK IN JAPAN FES等のフェスでの活動を始め、海外各地で活躍中のDJ'TEKINA//SOMETHING初のオリジナル作品。でんぱ組.incやBABYMETALのRemixも手掛ける新鋭DJのゴリゴリサウンドは必聴!

>>特集ページはこちら

みきちゅ / 天使の十字架(24bit/48kHz)

2015年10月24日活動休止となる仙台出身のアイドル・シンガー・ソングライター、みきちゅのベスト・アルバム。理想のアイドル像を追い求めながらソロ活動に邁進したアイドル人生の集大成となる王道アイドル曲~ロック・ナンバーまでバラエティに富んだ全16曲フル・アルバム

LIVE INFORMATION

2015年11月7日(土)@渋谷Glad
2015年11月8日(日)@渋谷Glad
2015年11月14日(土)@大阪joule
2015年11月15日(日)@渋谷LOUNGE NEO
2015年11月22日(日)@渋谷Star Lounge
2015年11月28日(土)@恵比寿BATICA

PROFILE

アイラミツキ

2007年のインディーズ・デビュー以来MTV主催試写会でのゲスト・パフォーマンス、全国クラブ・ツアーなど多数のライヴ・イベントへ参加。08年1月には海外進出、中国・北京での初公演を大成功させる。

08年3月リリースのメジャー・デビュー盤『チャイナ・ディスコティカ』のスマッシュ・ヒット、5月リリースのTOWER RECORDS 2000枚限定盤の完売劇など常にシーンを賑わせ、9月「エレクトロ・ムーブメントを終わらせる」とマニュフェストした問題作、1stアルバム『COPY』をリリース。iTunes2008ベスト・ニュー・アーティストに選出されるなど盛り上がりを見せているNEXT BREAKアーティスト。

>>アイラミツキ公式Twitter

o

 
 

インタヴュー

ハッピー・グルーヴ満載バンド、TENDOUJI──新EP『BUBBLE POPS』を配信開始
・2018年04月18日・アメリカ帰りで絶賛イキリ中(本人談)! ハッピー・グルーヴ満載バンド、TENDOUJI──新EPを配信開始 今年3月にアメリカ最大規模のカルチャー・フェス〈SXSW〉への出演をはたし、海外からも注目を集める、4人組ロック・バンド、TENDOUJI。着々と活動の幅を広げる彼らが、待望の新作『BUBBLE POPS』を2018年4月18日にリリースした。ハッピーで心踊る「Kids in the Dark」や、気持ち和らぐメロウなナンバー「June song」など、爽やかな春の空にTENDOUJIが込める至極のポップスが鮮やかに弾けていく作品となっています! TENDOUJIらしさ溢れる今作を、ぜひインタヴューと共におたのしみください! 大注目バンド、TENDOUJIの2018年初リリース TENDOUJI / BUBBLE POPS'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 900円(税込)【収録曲】''1. Kids in the Dark2. Space weekend3. Tears of Heart4. June
by 鈴木 雄希
「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始&リード曲フリー配信
・2018年04月11日・リスナーに届くまでに潜むクリエイティヴィティ──「音以上の体験」を追求したUQiYO『Stones』を配信開始 「月刊少年ウキヨ」と称した音楽の連載をスタートさせ、毎月新曲を発表、日本だけでなくイギリス、ドイツ、フィンランドなど世界中で注目を集めるエレクトロ・ユニット、UQiYO(ウキヨ)。そんな彼らが「月刊少年ウキヨ」にて発表した作品をコンプリートしたアルバム『Stones』を2018年4月11日にリリースした。台湾の新進気鋭のシンガー・ソングライターであるZooey Wonderや、インドの国宝級レジェンド・ミュージシャンのPt. Ajay Pohankarまで参加した今作は、ロック、ポップス、エレクトロ全てを飲み込んだ楽曲が満載。「まずこの世界観を感じて欲しい!」という思いから、「月刊少年ウキヨ」の記念すべき第1回目の楽曲「U R M’Pocket」を期間限定フリー配信でお届け! Yuqi(Vo / Composer)の音楽に対する考え方を存分に語ってもらったインタヴューとともにぜひお楽しみください。 収録曲「U R M’Pocket」の期間限定フリー配信実施!! UQiYO / U R M’Poc
by 岡本 貴之
ありふれたジャンルレスという言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!!
・2018年04月09日・ありふれた"ジャンルレス"という言葉を越えていく──オルタナティヴ・ロック・アイドル「NO MARK」誕生!! OTOTOYで連載をしていたこともあるアイドル・グループ「WiLL」のプロデューサー、yUsUke。彼の呟きを見ていると、何やら新しいアイドル・グループが結成したとのニュースをOTOTOY編集部は発見した。突如として現れ、メンバー、楽曲サンプル、アーティスト写真、お披露目ライヴ日程など次々と情報を公開している。音源については、Twitterにアップされている楽曲サンプルのみ試聴可能で、フルver.は未公開となっている。OTOTOYでは音源配信がないにも関わらず、待ちきれずに謎の多い彼女達の全貌に迫るためのインタヴューを敢行した! お披露目ライヴNO MARK主催「ON YOUR MARK vol.1」2018年4月27日(金)@新宿FATE時間 : OPEN / START 18:30 / 19:00料金 : adv / door 2,500円 / 3,000円(+1drink)出演 : NO MARK、WiLL、KIS、Re:LAYz INTERVIEW : NO MARK SNS上でグループ
by 岡本 貴之
fhánaが目指す、“閉塞感を突き破るポップ・ミュージック”とは?──リーダー、佐藤純一が語る3rdアルバム
[PICKUP]・2018年04月04日・fhánaが目指す、“閉塞感を突き破るポップ・ミュージック”とは?──リーダー、佐藤純一が語る3rdアルバム アニメ音楽ファンだけではなく、ポップスやロック・シーンのファンからも支持を着々と集めている4人組グループ、fhánaが約2年ぶり3枚目となるアルバム『World Atlas』をリリース!! 「calling」、「青空のラプソディ」、「ムーンリバー」、「Hello!My World!!」、「わたしのための物語 〜My Uncompleted Story〜」とこの2年間の間でリリースされたシングル曲を全て網羅しつつ、新機軸も取り入れた新録曲も収められた今作は現時点での集大成とも言うべき作品に!! OTOTOYでは今作32bit、24bitの高音質、歌詞データと共に配信 & リーダーである佐藤純一(Key/Cho)へのインタヴューを掲載。今作から彼らが次へ向かう先とは? 待望の3rdアルバムをハイレゾ & 歌詞付きで配信!!fhána / World Atlas'【配信形態】【左】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz)【右】ALAC、WAV(32bit/96kHz)【配信価格】【共通】 単
by JJ
本当にYouTuberになりました! プー・ルイとオトトイのYouTuber構成員増殖計画スタート!
[PICKUP]・2018年04月12日・本当にYouTuberになりました! プー・ルイとオトトイのYouTuber構成員増殖計画スタート! 先月、BiSを卒業したプー・ルイが自身のYouTubeチャンネルを4月1日に開設! その名も「新生YouTuber研究会-BYS-」。読み方は〈ビス〉。YouTuberが好きで、YouTuberを研究しYouTuberになろうとするプー・ルイによるYouTuber研究会チャンネルとのこと。以前からYouTuber好きを公言し、YouTuberになりたいと語っていたプー・ルイ。GLAYのHISASHIさん提供による華やかなオープニングテーマで始まり、見覚えのあるプー・ルイの友達が多数出演し、YouTuberお馴染みのネタから、尊敬するYouTuberのネタなど週3回のペースで投稿中! しかし! 「そもそもYouTuberって何?」 「今さら誰にも聞けない・・・」 という方もいるのではないでしょうか。いま編集をしている私もよく知りませんでした・・・。ということで! プー・ルイにYouTuberになった経緯についてインタヴューしつつ、YouTuberについて魅力を語っていただきました。OTOTOYも、プー・ルイと
by せんだ
「愛しています」だけではないラヴ・ソングの数々──踊ってばかりの国、3年ぶりフル・アルバムを先行配信
・2018年04月11日・「愛しています」だけではないラヴ・ソングの数々──踊ってばかりの国、3年ぶりフル・アルバムを先行配信 孤高のサイケデリック・ロック・バンド“踊ってばかりの国”が、2018年4月18日に、3年ぶりとなるフル・アルバム『君のために生きていくね』をリリースする。現在の体制となってから初となるこのアルバムは、音源化が待ち望まれていた名曲「Boy」をはじめ、会場限定CDに収録されていた「evergreen」「ジョン・ケイル」など、いつまでも色褪せない珠玉の15曲(+ボーナス・トラック1曲)が収録される。 OTOTOYではこの先「平成の名盤」として語り継がれることになるであろうこのアルバムを、CDリリースに先駆けて1週間の先行配信でお届け。どこよりも早くこのアルバムを聴くことができます! 踊ってばかりの国だからこそ鳴らせることのできるラブ・ソングの数々を、現体制となって初のメンバー全員インタヴューと合わせておたのしみください。 3年ぶりとなる新アルバムを独占配信スタート 踊ってばかりの国 / 君のために生きていくね'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 25
by ?
寿福知之〈GOON TRAX〉×DJ BAKU〈KAIKOO〉──伝説のフェスティバル「KAIKOO」復活の狼煙!
[PICKUP]・2018年04月11日・寿福知之〈GOON TRAX〉×DJ BAKU〈KAIKOO〉──伝説のフェスティバル「KAIKOO」復活の狼煙! アジア、そして全世界規模で注目を集めるレーベル〈GOON TRAX〉が手掛ける、累計37万枚突破の人気ヒップホップ・コンピ、『IN YA MELLOW TONE』最新作がハイレゾにて到着! 今作もRobert de BoronやStill Caravanといったお馴染みのメンツから今後要注目の日本人アーティスト〜海外の人気アーティストまでが集結した、豪華なコンピレーションとなっております! OTOTOYでは発売を記念し、レーベル・オーナーであり株式会社FABTONEの代表取締役でもある寿福知之が現在密に手を組んでいるというDJ BAKU(KAIKOO)との対談を掲載。お互い出会ってからまだ日が浅いという2人が今、手を組んだ訳とは!? 人気シリーズ最新作をハイレゾで!!V.A. / IN YA MELLOW TONE GOON TRAX 14'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz)【配信価格】単曲 300円(税込) / アルバム 2,000円(税込)【収録曲】''1.
by JJ
丸みをおびたメロウなサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream
・2018年04月11日・【2週間先行ハイレゾ配信】丸みを帯びた白昼夢のサイケデリア──注目のバンド、Thank You Cream登場! ゆるっとしたグルーヴにハマる丸みを帯びたロウビート、どこか浮世離れしたヴォーカルがふらりと現れては白昼夢のような情景を朴訥と唱えて消える──デビュー作となった2017年1月リリースの「Creamy」から2年、Thank You Creamから待望のフル・アルバムをリリースする。リリースはインディ・ロックの牙城〈KiliKiliVilla〉から。新たな「日本語詞」という武器を手に、中毒性の高い脱力感とでも言うべきサウンドがアルバム全体を覆っている。OTOTOYでは本作をCDリリースより、2週間先行でハイレゾ配信を行う。 2週間先行ハイレゾ独占配信Thank You Cream / Thank You Cream(24bit/48kHz)'【Track List】01. オブシディアン02. その扉03. 友達の家04. 見えない05. デューイ06. 向かいのわたし07. セレモニー08. カチャペット09. 何もない丘10. ばらばら11. 土地【配信形態 / 価格】''24bit/48kHz
by 河村 祐介