3776を聴かない理由なんてあるの?ーー南波一海によるライナーノーツ付き1stフル・アルバム配信開始

富士山ご当地アイドル、3776(みななろ)が、初のフル・アルバムをリリース。季節ごとにその姿を変える富士山のように、グループの姿も変わり続けてきた、3776。現在は井出ちよののソロユニットとして活動し、全国のアイドルたちとコラボをするという企画も進行中。今作のコンセプトは、富士山! これを聴いたあなたは、あの富士山を登っているかのような不思議な感覚に陥るかもしれません。そして、今作は3776ということで、全20曲で3776秒というこだわり。OTOTOYではハイレゾ配信でお送りするとともに、特典付きのOTOTOY特製豪華版もご用意いたしました。3776を聴かない理由があるとすれば…? とにかくまずは聴いてみてください! ぜひ、ハイレゾ音源とともにお楽しみください!

【特別版】

3776 / 3776を聴かない理由があるとすれば(OTOTOY特製豪華版)(24bit/96kHz)


【Track List】
1.【Introduction】 / 2.登らない理油があるとすれば / 3.【IntervalA】 / 4.水でできている / 5.【IntervalB】 / 6.洞窟探検 / 7.避難計画と防災グッズ / 8.日本全国どこでも富士山 / 9.【IntervalC】 / 10.春がきた / 11.湧玉池便り / 12.生徒の本業 / 13.【IntervalD】 / 14.旅ふぉとセレクション / 15.【IntervalE】 / 16.八合目にゃまだ早い / 17.【IntervalF】 / 18.春は巡る / 19.3.11 / 20.【Ending】

【配信形態】
24bit/96kHz(ALAC / FLAC / WAV) / AAC

【配信価格】
2,500円(税込)

【アルバム購入特典】
1. 歌詞ブックレット(PDF)※豪華版仕様となります。
2. サイン入りジャケット画像(JPEG)
3. 南波一海によるライナーノーツ

【通常盤】

3776 / 3776を聴かない理由があるとすれば(通常盤)

【Track List】
同上

【配信形態】
24bit/96kHz(ALAC / FLAC / WAV) / AAC

【配信価格】
1,944円(税込)

【アルバム購入特典】
1. 歌詞ブックレット(PDF)

INTERVIEW : 井出ちよの × 石田彰(3776プロデューサー)

楽曲系アイドルの中でも、極めてオルタナティヴでNO WAVEなアイドル3776。彼女の1stフル・アルバムは、難解でかなり変。でも、ちよののヴォーカルが入ると、不思議と手が届きやすく感じるが、実際入ってみると、やっぱり高い高い富士山がそびえ立っている。いやはや、素晴らしい。楽曲系の最高峰である。聴いて即座にライターの南波一海に電話した。「この素晴らしさを、なんとか世の中に伝えたい。僕がインタビューするので、ライナーノーツを書いてもらえませんか?」。皆様、インタヴューとライナーノーツで、一緒に登頂しましょう。

インタヴュー&文 : 飯田仁一郎
写真 : 大橋祐希

『3776を聴かない理由があるとすれば』

ーーいやぁ〜、大問題作じゃないですか? なにがしたかったんですか(笑)?!

石田彰(以下、石田) : なんかこう、アルバム全体を繋げたいなと思っていたんですよね。物語仕立てで、バーっとまとめて、ガッと繋げるっていう。それともう1つ、構想段階では、いつかやろうと思っていたあるコンセプトを今回使いたいなと思って。でも最初はただ、そのコンセプトも、さりげなくやろうかなと思っていたんです。でもこんな面倒なコンセプトを、今回のテーマである富士山に登ることもせずに使うのはなって思って。だったらもう、一緒に登っているような感覚にできればいいかなと思ったんです。

石田彰

ーーでもなんで思い切って富士山をテーマにしたんすか?

石田 : 物語仕立てにしたいっていう思いがあったので、最初はすごく迷っていて、こういう感じかなとか、どういう物語にしようかなとか、いろいろ考えていたんですよ。でもなかなかそこがしっくりこなくって。結局、今回やりたかったもう一方のコンセプトを元に考えると、1番正当化できるのが登山だったんですね。そこで、そのコンセプトと富士山を軸にすえた後からは、ささささって決まっていきましたね。

石田マジック×ちよのワールド

ーーこの作品、ちよのちゃんはどんな風に思いますか? また、いつからちよのちゃんは石田さんのアルバムのコンセプトを知っていたんですか? 石田さんがやろうとしている、富士山なり、あの、例のコンセプトのことは。

井出ちよの(以下、ちよの) : 本当にこのアルバムは、石田さんの個性が、もう、ばーんって出てる感じだなぁって思います。富士山なり、例のコンセプトを知ったときは「あー、なるほどな~」って思いましたね。

井出ちよの

ーーでもそれについていけているちよのちゃんも本当にすごいなぁって思いましたよ。全然やらされていないんですよね。乗りこなしているというか。

石田 : 実際どうかはともかく、そう見えたらそれは成功ですよね。
ちよの : もう石田マジックで洗脳されたんで!
石田 : でもそれに対抗するちよのワールドがちゃんと見えてくるというか。あんまり洗脳されていると、どうしてもやらされている感が出てきちゃう。けど、しっかりちよのの個性も出ていますね。
ちよの : えぇーっ! 褒められた!

アイドルっぽくなれないアイドル・ちよの

ーーちよのワールドといえばIntervalの仕掛けですね。あれがハマるって結構な表現力を持っているからだと思うんですけど、どういう感じでやっていたんですか?

ちよの : 前の日に台本を渡されて、そのときは見るだけで、特に、この歌にどう合わせていくかっていうのは、その場その場で考えるっていう感じですね。

ーーそもそも3776の曲って、全体的に歌いにくいでしょ。1曲目の「登らない理由があるとすれば」は特に。その中でどうやって自分を表現していったんですか?

ちよの : 難しいですよね。だから、どういう風に自分を出すとか、表現するとか、わかりやすい曲が少ないから、めっちゃ大変でしたね。ライヴとかで、お客さんとかの反応を見たり、物販の時間とかによかったよって言われたときのやつをちょっとずつ採用していったりする感じですね。「登らない理由があるとすれば」の歌い方は本当にすごく頑張りました! 以前のわたしの歌い方は、全体的に全然「アイドルっぽく」なかったんです。そこで、声とか、トーン、しゃくり、をいろんなアイドルを参考に勉強して、よりアイドルっぽく歌うことを頑張りました。自分をどういうアイドルっぽくするのかっていうのは、いろんなアイドルさんをみたりして、それをまた自分なりに表現するっていう感じですね。石田さんからは、部分的に、いろんな指示があるときもあるけれど、基本的には自分でいろいろ考えてやってみています。
石田 : ちょうど夏休みの終わりの頃に、「今回、新しく5曲録るから、なんか今度はもっといろんな表現をやってみて」ってちょっと宿題じゃないけど、出したんだよね。

ーーなるほど、でもちよのちゃんが思っている以上に、ちよのちゃんは僕らがイメージするアイドルっぽくないと思いますよ。ただ、それって本当にすごいことで、新しい世界だと思う。

ちよの : 今回これやって、ちょっとやっぱりアイドルっぽくないのかなってさすがに自分でも思いはじめましたね(笑)。

ーーでも、ちよのちゃんが「アイドルっぽく」歌っていることが、石田さんと絡んでわけわかんない世界になっている感じはすごいなと思ったんですよね。今回の作品を聴いていても、表現力が上がったっていうのは思っているんですけど、それは、ちよのちゃんが自分で考えたからかと思うと、本当にすごいなって。

石田 : ただ、音源を作るにあたって、この辺りはこういう風にやってきてっていうのは部分的には指示をしています。1枚のアルバムを1人で作るので、ボーカルが面白くないとつまんないんですよ。でも、そこにもしっかり応えてくれましたね。「洞窟探検」や、「八合目にゃまだ早い」とかは特に。本当にいろんな注文に応えてくれました。

ーーでは、逆に石田さんが、苦労したところってどこですか?

石田 : もやもやっとした構想を絞り込んでいくところがやっぱり苦労しましたね。最初のコンセプトがコンセプトなので、ここの間をどうやって埋めようっていうのが、もうパズルでしたね。だから、どんなものが出来上がるか、どのくらい制作に時間がかかるかは想像もできなかったです。そして、やっぱり相当形にするのに時間がかかりましたね。思った以上にというか、そのぐらい時間がかかって当然だったなって思いましたね。あと、このアルバムは結構パクリでできているんですよ(笑)。ちよのとのソロを始めた時に作った、お蔵入りデモの中の曲のサビとメロディーをそのまま使ってみたり、他の3776の曲のサビや歌詞を入れてみたり。最近は、結構ネットで、「これがこれに似ている」じゃないけど、そういうのがよくあるからね。そういうパクリのあら探し好きな人にはもうおすすめみたいな感じでやろうかな! と思いましたね。パクリネタ満載ですよ! みたいな。今までの流れを知っている人はパロディってわかりつつ、知らない人も、ストレートに聞ければ面白いですよね。

ーーパクリって言っても自分の曲だし!

石田 : だから誰も炎上しないし(笑)。

《3776を聴かない理由があるとすれば》… なに?

ーーなんでこのようなタイトルになったんですか?

石田 : (富士山に)『登らない理由があるとすれば』という曲があったので、それに掛け合わせて『3776を聴かない理由があるとすれば』っていうタイトルを先に決めました。

ーーこれは何が続くんですか?

ちよの : YouTubeにたくさんの方からこれに続く言葉のコメントが来ていて!
石田 : そう。それを、「何だと思いますか? 」っていろんな人に聞いて、その答えをCMにしたものを、3776のTOPページに載せていました。キャンペーンをしたかったからこのタイトルをつけたのかもしれないですね。

ーーこのアルバムを聴いた人は、絶対富士山に詳しくなるだろうね。みんな八合目までしか行かれへんねん! って思ってしまう。

石田 : 初めて富士山に登って頂上まで行けるのは、実際、2人に1人ぐらいらしいんですよね。それと同じで、多分、初めて3776を聴いて、いいと思う人、もしくは最後まで聴ける人も、2人に1人ぐらいなのかなって(笑)。富士山で例えると、まず意識が《富士山に登るぞ》までいかないとだめじゃないですか。そしていざ、登り始めて、頂上まで到達できるのは、2人に1人ぐらい。だから、3776を聴こうかなって聴くところまでいっても、「えぇ?!」ってなって。最後まで聴ける人は2人に1人くらいなんじゃないかなと… でもなんとなく登っている気分になりますよね? 絶対3776秒ではつかないけど(笑)。

3776のその先は

ーー3776ってどこ目指しているの? 武道館?

ちよの : そのくらいの気持ちで! でもまずは武道館を考える前に、定期公演に100人、その次は定期公演の場所が使えなくなるくらい。とにかく、わたしはご当地アイドルなので、地元に来てほしいっていうのもあるし、富士山に登ってほしいですね! あとは5合目か頂上でライヴをやりたいなって思います!

ーー石田さんはこのアルバムがどうなってほしいとかありますか?

石田 : 聴いてくれる人が増えてほしいですね。そのためには、事前にいろんな情報の発信も必要なんですよね。もともとは、本当になにも知らずに聴いてもらってびっくり! 的な思惑があったんですけど、やっぱり、とりあえず興味を示してもらわないと。だから、このアルバムは3776秒で出来ていますよっていうコンセプトのことだけは言おうかなと。日本一の頂に到達できるか? 3776秒の頂に到達できるか? こうやって、聴く前に情報を提示するのは新たなチャレンジです。とりあえず聴いてもらいたいですね。

ーー本当にすごいアルバムだと思います。これ、ライヴってどうするんですか?

石田&ちよの : 今まで通り普通に…。

ーー『3776を聴かない理由があるとすれば』の再現ライヴってやらないんですか?!

石田&ちよの : いやぁーーーー!!!

【特別版】

3776 / 3776を聴かない理由があるとすれば(OTOTOY特製豪華版)(24bit/96kHz)


【Track List】
1.【Introduction】 / 2.登らない理油があるとすれば / 3.【IntervalA】 / 4.水でできている / 5.【IntervalB】 / 6.洞窟探検 / 7.避難計画と防災グッズ / 8.日本全国どこでも富士山 / 9.【IntervalC】 / 10.春がきた / 11.湧玉池便り / 12.生徒の本業 / 13.【IntervalD】 / 14.旅ふぉとセレクション / 15.【IntervalE】 / 16.八合目にゃまだ早い / 17.【IntervalF】 / 18.春は巡る / 19.3.11 / 20.【Ending】

【配信形態】
24bit/96kHz(ALAC / FLAC / WAV) / AAC

【配信価格】
2,500円(税込)

【アルバム購入特典】
1. 歌詞ブックレット(PDF)※豪華版仕様となります。
2. サイン入りジャケット画像(JPEG)
3. 南波一海によるライナーノーツ

3776の他作品も好評配信中!!

3776と7☆マーメイドのコラボ作品をハイレゾ配信開始

3776+7☆マーメイド / 序曲集(24bit/48kHz)

【配信形態】
WAV / ALAC / FLAC、AAC

【配信価格】
単曲 : 216円(税込) アルバム : 378円(税込)

【Track List】
1. オペラ「仕事やめたい」より序曲~なぜか歌入り~
2. オペラ「仕事やめたい」より序曲~なぜか歌入り~[3776 Collaboration Edit]

※Tr.1は24bit/48kHz、Tr.2は24bit/44.1kHzとなります。

序曲

3776

Album ¥972

>>>3776の対談連載「3776のなかよくなれるかな?」vol.1 3776 × KOTO
>>>3776の対談連載「3776のなかよくなれるかな?」vol.2 3776 × amiina
>>>3776の対談連載「3776のなかよくなれるかな?」vol.3 3776 × 7☆マーメイド

LIVE SCHEDULE

「3776を聴かない理由があるとすれば」発売記念イベント
2015年10月28日(水)@池袋タワーレコード池袋店

アイドルMusicNetPark Vol.2
2015年11月8日(日)@浜北プレ葉ウォーク浜北(2階センターコート)

2015年11月15日(日)@那覇Output

ヤンヤン歌うステージ晩秋SP!!
2015年11月21日(土)@渋谷O-Crest

ammina presents Wonder Traveller!!!
2015年12月13日(日)@新宿ReNY

12.26赤福会議
2015年12月26日(土)@新栄(名古屋)CLUB ROCK'nROLL

3776×OTOTOY企画 3776ライヴにいかない理由があるとすれば

2016年1月16日(土)@渋谷O-nest
時間 : OPEN 11:00 / START 11:30
価格 : 2,500円(+1D) / 3,000円(+1D)
出演 : 3776(ワンマンライヴ)
予約 : 10/31~

RECOMMEND

Maison book girl / bath room(24bit/48kHz)

コショージメグミ、矢川葵、井上唯、和田輪による4人組アイドル・グループ、Maison book girlが、待望の1stアルバムをリリース!! 楽曲制作、世界観構築など、全面プロデュースを行っている音楽家・サクライケンタによってプロデュースされた同アルバムは、現代音楽とアイドル・ポップスを融合させた独自の美学に貫かれた作品に。わずか8ヶ月ながら〈@JAM〉や〈TOKYO IDOL FESTIVAL〉に出演するなど、アイドル・シーンでの人気も上昇中の彼女たちのデビュー作をハイレゾ配信。

>>特集ページはこちらから

amiina / Canvas / ○△□(24bit/48kHz)

3776等と並び大注目のアイドル、あみとみいなの2人による中学生ユニット、amiina(あみいな)の3rdシングル『Canvas / ◯△□』! 名曲「Canvas」は大合唱間違いなし。こだわりのデジタルブックレット付き!

ゆるめるモ! / 赤坂BLITZだよ! 全員ハミ出すモ!(24bit/48kHz)

2015年5月2日(土)、赤坂BLITZで開催された、ゆるめるモ! 史上最大キャパでのワンマン・ライヴ。1200人を動員した同ライヴは、最大15人のバンド編成という圧倒的な生サウンドで行なわれ、集まったお客さんたちを圧倒。そんな同日の様子をOTOTOYではライヴ・レコーディング、このたびハイレゾで配信スタートします。アイドルという枠を意識しながらも、ニューウェイブを取込んだゆるめるモ! の現在をぜひお楽しみください。

>>特集ページはこちらから

PROFILE

3776

富士山ご当地アイドル3776(みななろ)。
季節ごとにその姿を変える富士山のように、グループの姿も変わり続ける3776。
現在は井出ちよののソロ・ユニット「Season#3」として、全国のアイドルさんとコラボをするという企画も進行中。

3776 official HP
Twitter

o

 
 

インタヴュー

過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース
[CLOSEUP]・2017年12月08日・過去、現在、そして未来へと繋がるサウンドスケープ──キセル、3年ぶりのアルバム『The Blue Hour』リリース 2014年にリリースした『明るい幻』から3年…… 来年結成19周年を迎えるキセルがついに新アルバム『The Blue Hour』をリリース! 3年ぶりに届いた今作も、キセルらしく浮遊感満載のサウンドスケープがひろがる、ファンタジックな楽曲が並んでおります。今作は、インタヴューのなかで辻村豪文が「“4人のバンド”として録りたいというのも思ってました」と語ってくれているように、以前よりキセルをサポートしていたドラムの北山ゆうこと、サックス、フルートの加藤雄一郎の4人が全曲で参加。これまでのキセルにはなかった管楽器というエッセンスを加えたことで、よりキセルのふたりが描く風景が美しく膨らんで聞こえる。3年間待ちわびたみなさん! 『The Blue Hour』を読み解くテキストとしてぜひお楽しみください。 メロウに、ドリーミーに、ミニマムに響く3年ぶりのフル・アルバム キセル / The Blue Hour'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】
by JJ
孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動
[CLOSEUP]・2017年12月06日・孤独だからこそ誘われた「warbear」という名の灯り──元Galileo Galilei・尾崎雄貴ソロ・プロジェクトが始動 2016年10月、惜しまれながらもその活動に終止符を打ったGalileo Galilei。そのフロントマンであった尾崎雄貴が新たにソロ・プロジェクト「warbear」を始動させた。札幌にある自身のスタジオでレコーディングされ、弟で元Galileo Galileiのドラマーでもある尾崎和樹や、フィラデルフィアで活動をするサックス・プレイヤーDan Wallaceなどが参加した初アルバム『warbear』が2017年12月6日(水)にリリースされた。いわゆるギター・ロック的なサウンドを鳴らしていた初期のGalileo Galileiからはガラッと印象は変わり、バンド後期に彼らがつくりだしたメランコリックな音楽性の、その先が凝縮されている。 いったいこの作品はどのようにつくられたのか。OTOTOYではワールド・スタンダードに視点を置いた作品群となっている本作を探るべく、ライターの真貝聡による尾崎へのインタヴューを掲載。また、Galileo Galileiの音楽を聴いてロックに目覚めた人も多
by ?
女性SSW・平林純、初の全国流通作『あとのまつり』をハイレゾ配信 & 福島を中心に活動するSSW・Chanoとの対談を掲載
[CLOSEUP]・2017年12月06日・「青臭さ」も「やさぐれ」も、ありのままの自分自身── 平林純×Chano、真逆の世界観を持つ女性SSW対談 2009年に路上ライヴから活動を始め、2015年には日本各地から集まったアマチュア・ヴォーカリストから優勝者を選ぶ番組『Sing! Sing! Sing! 3rd season』に出演し3500組の中からトップ3に選ばれるなどの実力派女性SSW・平林純が初となる全国流通作『あとのまつり』をリリース。バンド・アレンジによる楽曲から弾き語りの楽曲までバラエティに富んだポップな楽曲と毒気のある歌詞が印象的な今作を、OTOTOYではハイレゾにて配信スタート。そして、しなやかな歌声と美しくも力強いメロディが光る2ndアルバム『toi et moi』をリリースしたばかり、福島県いわき市を中心に活動する同じく女性SSW・Chanoとの対談を掲載。同じSSWと言えど、世界観が真逆な2人の対談は一体どうなるのか!? ページの最後にはディスク・レヴューもありますのそちらも是非! 初となる全国流通盤をハイレゾで!平林純 / あとのまつり '【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC【配
楽しい場所にいる自分が本当の自分? それとも…? ──spoon+、触って着せて脱がせる4thアルバム
[CLOSEUP]・2017年12月06日・最新技術を使っても血肉が通うステージでありたい──触って着せて脱がせるspoon+の最新作をハイレゾ配信 “世界を驚きで楽しくする”というテーマをもとに、あこちゅあが立ち上げたspoon+、待望の4thアルバムが完成。プロジェクション・マッピングを使用した映像と音楽を融合させたライヴ・パフォーマンスを特徴とし、作詞・作曲、映像制作、ライヴ演出をはじめ、衣装製作からアートワークと細部にまでセルフ・プロデュース。2016年にはフランスで開催された〈JapanExpoSud〉にライヴ出演、フランスのケーブルテレビ「NOLIFETV」では10週連続リクエストランキング10位以内に入るなど海外にも活動の幅をひろげている、あこちゅあの世界観をより楽しむため、彼女と10年近い付き合いのある宗像明将がインタヴューを敢行。ハイレゾ音源とともにお楽しみください!! 触って着せて脱がせるをコンセプトにつくられた、4thアルバムをハイレゾ配信spoon+ / Dress【配信形態】WAV、ALAC、FLAC(24bit/48kHz) / AAC【価格】単曲 270円(税込) / まとめ 1,944円(税込) 【収録曲】1. カ
Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバム『Fourtea』をハイレゾ独占先行配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月30日・宿命を背負った音の極彩色──Cojok、3年半ぶり4枚目となるアルバムをハイレゾ独占先行配信!! アコトロニカ・ノイズ・オーケストラを貫く孤高のユニット・Cojokが3年半ぶり、4枚目となるアルバム『Fourtea』をリリース。OTOTOYでは一般での販売に先駆け、本作のハイレゾ独占先行配信がスタート! リズム隊に根岸孝旨、タナカジュンという布陣を配し、電子音と生楽器が緻密に組み合わさったその圧倒的な音像は是非ともハイレゾで体感していただきたい作品となっております! 前作に引き続き今回もメンバーであるKco(Vo.Gt)、阿瀬さとし(Gt. Pro)の2人へのインタビューを掲載。こだわりぬかれた今作を紐解くテキストとともに、ぜひその音に触れてみてください! OTOTOYのみハイレゾ独占先行配信!!Cojok / Fourtea'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC 【配信価格】単曲 270円(税込)(M1,6のみ) / アルバム 2,160円(税込)【収録曲】''01. Velce02. Do Do Lou03. Sun Blanket04. Ocean In
映画版・RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース
[CLOSEUP]・2017年11月20日・映画版 RO JACK!? 新人発掘の登竜門!──音楽と映画の祭典、〈MOOSIC LAB〉より公式コンピがリリース 突然ですが、あなたは〈MOOSIC LAB〉を知っていますか?〈MOOSIC LAB〉とは、『劇場版 神聖かまってちゃん』などをプロデュースした直井卓俊による映画祭。「そもそも何でOTOTOYで映画?」と思ったそこのあなたも、歴代の参加アーティストを見ればドキリとするのでは!? そう。なんと大森靖子、BiSなどのあの作品も、全てはここがきっかけで始まったのです。数々の才能を輩出している"音楽[MUSIC]"と"映画[MOVIE]"の実験室=〈MOOSIC LAB〉、今知っておいて損はないハズ!このたびは本年度の受賞映画から、OTOTOY限定でコンピレーション・アルバムをリリース。なんとこの特集のために書き下ろしの楽曲を提供してくださったアーティストも盛りだくさん! 耳の早いあなたにこそ、是非聴いてほしいラインナップになりました。さらに次ページでは、〈MOOSIC LAB〉主宰やグランプリ受賞監督陣を交えた対談も敢行。併せてお楽しみいただけると幸いです。 ここでしか聴けない楽曲揃いの、OTO
by 阿部 文香
2018年最注目アイドルは全員中学1年生! パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信
[INTERVIEW]・2017年11月29日・2018年最注目アイドルは全員中学1年生!パンダみっく、1stシングルをOTOTOY独占ハイレゾ配信 2016年6月結成の5人組中学1年生のアイドルユニット、パンダみっく。結成から1年5か月にして待望の1stシングル『好きな曜日はxx』がリリース。サウンド・プロデューサーに元『カラスは真っ白』のタイヘイを迎い入れ、カラスは真っ白のカヴァー「ヒズムリアリズム」や、配信限定でリリースされた「白黒イエスノー」、そして表題曲の「好きな曜日はxx」のファンキーな3曲が収録されている。OTOTOYでは本作を独占ハイレゾ配信をおこなうとともに、アルバム購入者にはメンバーからの「寄せ書き楽曲コメントpdfデータ」つき。そして、リリースを記念してサウンド・プロデューサー、タイヘイのメール・インタヴューを掲載。パンダみっくをまだ知らないみなさん、これからの彼女たちには要要要要、要チェックですよ!! アルバム購入でメンバー寄せ書きコメントpdfつき!パンダみっく / 好きな曜日はxx'【収録曲】1. 好きな曜日はxx2. ヒズムリアリズム(rearrange ver.)3. 白黒イエスノー 【配信形態】24bit/96kHz
宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始
[CLOSEUP]・2017年11月29日・アイドル楽曲もおまかせください! 宇都宮発の美メロ・バンド、Someday's Goneの新アルバムを先行配信開始 インディ・シーンを騒がせているバンドを多数生み出し、いま注目を集めている栃木県の宇都宮シーン。その大きな特徴といえば、メロディに比重をおく“メロディ至上主義”だという。そんなシーンの中でもひときわ輝くメロディを響かせるロック・バンド、Someday's Goneが、新作フル・アルバム『Someday You Will Be Loved』を、12月13日(水)にリリースする。The All-American Rejectsをはじめ海外エモ・シーンからHi-STANDARDなどのメロコアなどからも影響を受け、それらをポップスとして昇華し、ジャンルにとらわれない楽曲を生み出している。今回OTOTOYでは、そんな彼らの新アルバムを12月6日(水)より1週間先行にて配信開始、そして1週間の期間限定でリード曲「Giving It Away」のフリー配信も実施! Someday's Goneがどんなバンドなのか、メンバーのニシヤシュン、サトウショウヘイに話を訊いた。 胸が高鳴ること間違いなし10曲を先行配
by 岡本 貴之