How To Buy
TitleDurationPrice
noctiluca (feat. Anoice, Takahiro Kido & Yuki Murata)  alac,flac,wav,aac: 24bit/48kHz 05:26
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 05:26
Album Info

暗闇から届いた、儚くも美しく情熱的な名曲。

シネマチックなサウンドを特徴とするインストゥルメンタルバンドAnoiceがプロデュースする、独自の言語を使用するヴォーカリストfilmsを中心とした同名ダークファンタジーミュージックユニットfilmsによる7年ぶりとなるアルバム「at the deep end」より先行シングル「noctiluca」がリリースされます。

この楽曲はピアノ、ハープ、グロッケンシュピール、そしてヴァイオリン、ヴィオラ、チェロによる弦楽カルテットを中心とした幻想的なサウンドをベースに、儚くも美しいヴォーカルメロディーが揺蕩うダークファンタジーミュージックで、その情熱的なサウンドは、聴く人すべての心の奥底まで深く響くでしょう。

今作もアルバムの他の収録曲と同じく、坂本龍一や小林武史などの音楽家からも熱い支持を受けるピアニスト、Yuki Murataがメインの作曲を、ポストクラシカル界の世界的インストゥルメンタルバンド、Anoiceとゲスト演奏家がレコーディングを、そして数多くの映画やCMの音楽を手がける音楽家、Takahiro Kidoがアレンジ、ミキシング、及びマスタリングを担当しています。

ファイナルファンタジーシリーズの音楽を手がける作曲家、植松伸夫からも賞賛を得るダークファンタジーミュージックプロジェクトfilmsの代名詞とも言える、儚く、美しく、そして少しノスタルジックな名曲の誕生です。

Discography

Classical/Soundtrack

光も届かない水の底から。 シネマチックなサウンドを特徴とするインストゥルメンタルバンドAnoiceがプロデュースする、独自の言語を使用するヴォーカリストfilmsを中心とした同名ダークファンタジーミュージックユニットfilmsによる7年ぶりとなるアルバム「at the deep end」がついに完成しました。 filmsの伸びやかなハイトーンヴォイスとゲストヴォーカリストcalu(matryoshka)の優しい声による重なる声のタペストリーで構築された前作「signs from the past」の儚さと美しさはそのままに、さらにダークで幻想的に深化した壮大なサウンドは7年待った甲斐があったと思わせる仕上がりです。今回も坂本龍一や小林武史などの音楽家からも熱い支持を受けるピアニスト、Yuki Murataがメインの作曲を、ポストクラシカル界の世界的インストゥルメンタルバンド、Anoiceとゲスト演奏家がレコーディングを、そして数多くの映画やCMの音楽を手がける音楽家、Takahiro Kidoがアレンジ、ミキシング、及びマスタリングを担当しています。 今作「at the deep end」は、Robin Bain監督のアメリカ映画「RAIN」の挿入曲でもある「blue in gray」と「the deep sea」や、パシフィコ横浜で開催された美容業界のアジア最大級のイベントASIA BEAUTY EXPO 2022のステージで初披露された「dispersion」などの静かで美しい楽曲を収録。中でも「into the vervet storm」や「ever changing」などのfilmsの代名詞とも言える美しくも破壊的なダークファンタジーミュージックや、先行シングルとしてリリースされた儚くも情熱的な名曲「noctiluca」は必聴です。 深い海の底を感じさせる、唯一無二の名盤。

10 tracks
Classical/Soundtrack

光も届かない水の底から。 シネマチックなサウンドを特徴とするインストゥルメンタルバンドAnoiceがプロデュースする、独自の言語を使用するヴォーカリストfilmsを中心とした同名ダークファンタジーミュージックユニットfilmsによる7年ぶりとなるアルバム「at the deep end」がついに完成しました。 filmsの伸びやかなハイトーンヴォイスとゲストヴォーカリストcalu(matryoshka)の優しい声による重なる声のタペストリーで構築された前作「signs from the past」の儚さと美しさはそのままに、さらにダークで幻想的に深化した壮大なサウンドは7年待った甲斐があったと思わせる仕上がりです。今回も坂本龍一や小林武史などの音楽家からも熱い支持を受けるピアニスト、Yuki Murataがメインの作曲を、ポストクラシカル界の世界的インストゥルメンタルバンド、Anoiceとゲスト演奏家がレコーディングを、そして数多くの映画やCMの音楽を手がける音楽家、Takahiro Kidoがアレンジ、ミキシング、及びマスタリングを担当しています。 今作「at the deep end」は、Robin Bain監督のアメリカ映画「RAIN」の挿入曲でもある「blue in gray」と「the deep sea」や、パシフィコ横浜で開催された美容業界のアジア最大級のイベントASIA BEAUTY EXPO 2022のステージで初披露された「dispersion」などの静かで美しい楽曲を収録。中でも「into the vervet storm」や「ever changing」などのfilmsの代名詞とも言える美しくも破壊的なダークファンタジーミュージックや、先行シングルとしてリリースされた儚くも情熱的な名曲「noctiluca」は必聴です。 深い海の底を感じさせる、唯一無二の名盤。

10 tracks
Classical/Soundtrack

暗闇から届いた、儚くも美しく情熱的な名曲。 シネマチックなサウンドを特徴とするインストゥルメンタルバンドAnoiceがプロデュースする、独自の言語を使用するヴォーカリストfilmsを中心とした同名ダークファンタジーミュージックユニットfilmsによる7年ぶりとなるアルバム「at the deep end」より先行シングル「noctiluca」がリリースされます。 この楽曲はピアノ、ハープ、グロッケンシュピール、そしてヴァイオリン、ヴィオラ、チェロによる弦楽カルテットを中心とした幻想的なサウンドをベースに、儚くも美しいヴォーカルメロディーが揺蕩うダークファンタジーミュージックで、その情熱的なサウンドは、聴く人すべての心の奥底まで深く響くでしょう。 今作もアルバムの他の収録曲と同じく、坂本龍一や小林武史などの音楽家からも熱い支持を受けるピアニスト、Yuki Murataがメインの作曲を、ポストクラシカル界の世界的インストゥルメンタルバンド、Anoiceとゲスト演奏家がレコーディングを、そして数多くの映画やCMの音楽を手がける音楽家、Takahiro Kidoがアレンジ、ミキシング、及びマスタリングを担当しています。 ファイナルファンタジーシリーズの音楽を手がける作曲家、植松伸夫からも賞賛を得るダークファンタジーミュージックプロジェクトfilmsの代名詞とも言える、儚く、美しく、そして少しノスタルジックな名曲の誕生です。

1 track
Classical/Soundtrack

暗闇から届いた、儚くも美しく情熱的な名曲。 シネマチックなサウンドを特徴とするインストゥルメンタルバンドAnoiceがプロデュースする、独自の言語を使用するヴォーカリストfilmsを中心とした同名ダークファンタジーミュージックユニットfilmsによる7年ぶりとなるアルバム「at the deep end」より先行シングル「noctiluca」がリリースされます。 この楽曲はピアノ、ハープ、グロッケンシュピール、そしてヴァイオリン、ヴィオラ、チェロによる弦楽カルテットを中心とした幻想的なサウンドをベースに、儚くも美しいヴォーカルメロディーが揺蕩うダークファンタジーミュージックで、その情熱的なサウンドは、聴く人すべての心の奥底まで深く響くでしょう。 今作もアルバムの他の収録曲と同じく、坂本龍一や小林武史などの音楽家からも熱い支持を受けるピアニスト、Yuki Murataがメインの作曲を、ポストクラシカル界の世界的インストゥルメンタルバンド、Anoiceとゲスト演奏家がレコーディングを、そして数多くの映画やCMの音楽を手がける音楽家、Takahiro Kidoがアレンジ、ミキシング、及びマスタリングを担当しています。 ファイナルファンタジーシリーズの音楽を手がける作曲家、植松伸夫からも賞賛を得るダークファンタジーミュージックプロジェクトfilmsの代名詞とも言える、儚く、美しく、そして少しノスタルジックな名曲の誕生です。

1 track
Classical/Soundtrack

シネマチックなサウンドを特徴とするインストゥルメンタルバンドAnoiceがプロデュースする、独自の言語を使用するヴォーカリストfilmsを中心としたダークファンタジーミュージックユニットfilmsによるニューシングル。 新型コロナウイルスの感染の影響による世界的な流通の停滞により4thアルバムのリリース延期を決定したfilmsが、急遽、制作したシングル作品で、5月8日にリリースされたAnoiceの新作EP「invisible wall」に収録されている楽曲「inner voice」と同じく、声のループを特徴とした美しいクラシカルなサウンドに仕上がっている。また、楽曲で使用されているハープとオルゴールは、来たるべきfilmsのニューアルバムを特徴づける楽器でもあり、その世界観を垣間見ることもできる。 まるで寄せては返す波のような感情に、耳も心も傾けてください。

1 track
Classical/Soundtrack

シネマチックなサウンドを特徴とするインストゥルメンタルバンドAnoiceがプロデュースする、独自の言語を使用するヴォーカリストfilmsを中心としたダークファンタジーミュージックユニットfilmsによるニューシングル。 新型コロナウイルスの感染の影響による世界的な流通の停滞により4thアルバムのリリース延期を決定したfilmsが、急遽、制作したシングル作品で、5月8日にリリースされたAnoiceの新作EP「invisible wall」に収録されている楽曲「inner voice」と同じく、声のループを特徴とした美しいクラシカルなサウンドに仕上がっている。また、楽曲で使用されているハープとオルゴールは、来たるべきfilmsのニューアルバムを特徴づける楽器でもあり、その世界観を垣間見ることもできる。 まるで寄せては返す波のような感情に、耳も心も傾けてください。

1 track
Classical/Soundtrack

美しさは、常に悲しみを擁する。 独自の言語を使用するヴォーカリストと、その美しいメロディーを支えるクラシカルで壮大なサウンドを特徴としたダークファンタジーユニット、films(フィルムス)による待望のサードアルバムがついに登場!海外でのワンマンツアーと、1万人を動員した埼玉スーパーアリーナイベントでの国内初ライブを経て完成させた、植松伸夫(ファイナルファンタジーシリーズ作曲家/音楽プロデューサー)も絶賛するダークファンタジーミュージックです。 今回は、美しいエレクトロニカユニットの代名詞、matryoshkaのヴォーカリストであるcaluを全面的にフィーチャー。filmsの伸びやかなハイトーンヴォイスとcaluの優しい歌との折り重なる声のタペストリーは、まさに美しさの極地です。また、坂本龍一や小林武史などの音楽家からも熱い支持を受けるピアニスト、Yuki Murataが作曲を、ポストクラシカル界の世界的インストゥルメンタルバンド、Anoiceが演奏を、数多くの映画やCMを手がける音楽家、Takahiro Kidoがアレンジとミキシングを、そして破壊的エレクトロニカサウンドの第一人者、KASHIWA Daisukeがマスタリングを担当。日本を代表するアーティストによるドリームチームが作る、極上のメロディーとサウンドをお楽しみください。 まるでスタジオジブリ映画のメインテーマのような美しいメロディーが特徴のM4「kumoito」や、壮大なオーケストラサウンドが涙を誘うM5「gentle rain」、そしてfilmsをダークファンタジーユニットと言わしめるラストチューンM8「sympathizer」など、歴史に残る名曲をたっぷり収録。シガーロスやビョークの「美」に勝るとも劣らない、心が洗われるような壮大な歴史的名盤の誕生です。

8 tracks
Classical/Soundtrack

美しさは、常に悲しみを擁する。 独自の言語を使用するヴォーカリストと、その美しいメロディーを支えるクラシカルで壮大なサウンドを特徴としたダークファンタジーユニット、films(フィルムス)による待望のサードアルバムがついに登場!海外でのワンマンツアーと、1万人を動員した埼玉スーパーアリーナイベントでの国内初ライブを経て完成させた、植松伸夫(ファイナルファンタジーシリーズ作曲家/音楽プロデューサー)も絶賛するダークファンタジーミュージックです。 今回は、美しいエレクトロニカユニットの代名詞、matryoshkaのヴォーカリストであるcaluを全面的にフィーチャー。filmsの伸びやかなハイトーンヴォイスとcaluの優しい歌との折り重なる声のタペストリーは、まさに美しさの極地です。また、坂本龍一や小林武史などの音楽家からも熱い支持を受けるピアニスト、Yuki Murataが作曲を、ポストクラシカル界の世界的インストゥルメンタルバンド、Anoiceが演奏を、数多くの映画やCMを手がける音楽家、Takahiro Kidoがアレンジとミキシングを、そして破壊的エレクトロニカサウンドの第一人者、KASHIWA Daisukeがマスタリングを担当。日本を代表するアーティストによるドリームチームが作る、極上のメロディーとサウンドをお楽しみください。 まるでスタジオジブリ映画のメインテーマのような美しいメロディーが特徴のM4「kumoito」や、壮大なオーケストラサウンドが涙を誘うM5「gentle rain」、そしてfilmsをダークファンタジーユニットと言わしめるラストチューンM8「sympathizer」など、歴史に残る名曲をたっぷり収録。シガーロスやビョークの「美」に勝るとも劣らない、心が洗われるような壮大な歴史的名盤の誕生です。

8 tracks
Classical/Soundtrack

たとえ世界が闇に覆われたとしても、私は真実を歌い続ける。World's End GirlfriendやSerphを送り出したNoble Labelより、2010年にデビューした「謎の」ダークファンタジーミュージックユニットfilmsのセカンドアルバム。坂本龍一、植松伸夫、小林武史を始めとした音楽家から賞賛を得る「謎の」アーティストによる世界標準の名盤です!Yuki MurataやTakahiro Kido等のAnoiceのメンバーや、KASHIWA Daisuke、RAKU-GAKI等の、音楽アーティストやアートディレクターたちが、演奏、音響エンジニア、ウェブデザイン、プロダクトデザイン等の各分野でfilmsの世界を完全サポート。ピアノや弦楽器を使用したクラシカルな楽曲に、女性のツインヴォーカルによる「独自の」言語を特徴とした幻想的で優美な歌声、そして時に破壊的なリズムが加わる。ビョークの「ホモジェニック」を超える衝撃を、ぜひ体感してください。

12 tracks
Classical/Soundtrack

たとえ世界が闇に覆われたとしても、私は真実を歌い続ける。 
World's End GirlfriendやSerphを始め、現在の日本のエレクトロニカミュージックシーンの重要アーティストを世に送り出してきた音楽レーベルNoble Labelより、2010年にデビューした「謎の」ダークファンタジーミュージックユニットfilms(フィルムス)のセカンドアルバムが、3年と時を経てついに登場!
 様々な世界的音楽コンクールや国際映画祭で優勝、及び最優秀作曲者賞を受賞し、坂本龍一、植松伸夫、小林武史を始めとした多くの音楽家から賞賛を得る「謎の」作曲家を擁するユニットfilmsによる、世界標準の名盤です。
 Yuki MurataやTakahiro Kido等のAnoiceのメンバーや、KASHIWA Daisuke、RAKU-GAKI等の、世界的に高い評価を受ける音楽アーティストやアートディレクターたちが、演奏、音響エンジニア、ウェブデザイン、CDデザイン等の各分野でfilmsの世界を完全サポート!
ピアノやヴァイオリン/ヴィオラの弦楽器を使用したクラシカルな楽曲に、女性のツインヴォーカルによる「独自の」言語を特徴とした幻想的で優美な歌声、そして時に破壊的なリズムと壮大なオーケストレーションアレンジが加わる。 
ビョークの「ヴェスパタイン」を超える衝撃を、ぜひ体感してください。

12 tracks
Classical/Soundtrack

記憶を手繰る、儚い音色たち。 シネマチックなサウンドを特徴とするインストゥルメンタルバンドAnoiceがプロデュースする、独自の言語を使用した歌を特徴としたダークファンタジーミュージックユニットfilmsによる、日本語の古語に焦点を当てたサイドプロジェクトmizu amaneの7枚目となるとなるシングル。 今作もfilmsとmizu amaneの過去作品と同様に、Anoiceの各メンバーが作曲、演奏からミキシング、マスタリングまでの全ての工程をプロデュース。AnoiceのメンバーであるYuki Murataの奏でる美しいピアノの響きとfilmsによる日本語の古語を使用したノスタルジックなヴォーカルメロディーが折り重なるサウンドは、まさにmizu amaneの世界そのものです。 また、今作では日本の伝統楽器である笙、鼓、駅路の音色を模したサウンドをシンセサイザーで生成、演奏しており、特に笙の神秘的な音色はこの作品の最大の特徴になっています。静かな春の日に聴いていただきたい、悠久の時を感じさせる名曲です。

1 track
Classical/Soundtrack

記憶を手繰る、儚い音色たち。 シネマチックなサウンドを特徴とするインストゥルメンタルバンドAnoiceがプロデュースする、独自の言語を使用した歌を特徴としたダークファンタジーミュージックユニットfilmsによる、日本語の古語に焦点を当てたサイドプロジェクトmizu amaneの7枚目となるとなるシングル。 今作もfilmsとmizu amaneの過去作品と同様に、Anoiceの各メンバーが作曲、演奏からミキシング、マスタリングまでの全ての工程をプロデュース。AnoiceのメンバーであるYuki Murataの奏でる美しいピアノの響きとfilmsによる日本語の古語を使用したノスタルジックなヴォーカルメロディーが折り重なるサウンドは、まさにmizu amaneの世界そのものです。 また、今作では日本の伝統楽器である笙、鼓、駅路の音色を模したサウンドをシンセサイザーで生成、演奏しており、特に笙の神秘的な音色はこの作品の最大の特徴になっています。静かな春の日に聴いていただきたい、悠久の時を感じさせる名曲です。

1 track
Classical/Soundtrack

星を守る人のうた。 シネマチックなサウンドを特徴とするインストゥルメンタルバンドAnoiceがプロデュースする、独自の言語を使用した歌を特徴としたダークファンタジーミュージックユニットfilmsによる、日本語の古語に焦点を当てたサイドプロジェクトmizu amaneの6枚目、3年ぶりとなるとなるシングル。 今作もfilmsとmizu amaneの過去作品と同様に、Anoiceの各メンバーが作曲、演奏からミキシング、マスタリングまでの全ての工程をプロデュース。AnoiceのメンバーであるYuki Murataの奏でる美しいピアノの響きとfilmsによる日本語の古語を使用したノスタルジックなヴォーカルメロディーが折り重なるサウンドは、まるで静かな夜に星空を眺めるような優しい時間を演出してくれるでしょう。

1 track
Classical/Soundtrack

星を守る人のうた。 シネマチックなサウンドを特徴とするインストゥルメンタルバンドAnoiceがプロデュースする、独自の言語を使用した歌を特徴としたダークファンタジーミュージックユニットfilmsによる、日本語の古語に焦点を当てたサイドプロジェクトmizu amaneの6枚目、3年ぶりとなるとなるシングル。 今作もfilmsとmizu amaneの過去作品と同様に、Anoiceの各メンバーが作曲、演奏からミキシング、マスタリングまでの全ての工程をプロデュース。AnoiceのメンバーであるYuki Murataの奏でる美しいピアノの響きとfilmsによる日本語の古語を使用したノスタルジックなヴォーカルメロディーが折り重なるサウンドは、まるで静かな夜に星空を眺めるような優しい時間を演出してくれるでしょう。

1 track

生きる、という抵抗。 ダークでシネマチックなサウンドを特徴とするインストゥルメンタルバンドAnoiceが新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックに対峙する世界を描いたEP「invisible wall」から3年。2023年4月7日、その「invisible wall」と完全に対をなすEP「unerasable fire」をリリースします。 今作も前作と同様にAnoiceがプロデュースするダークファンタジーユニットfilmsで独自の言語を使用する同名ヴォーカリストfilmsやエレクトロニカユニットmatryoshkaのヴォーカリストであるcaluをフィーチャーした「the suspicion」や「keep silence」などの静かでダークな楽曲と「civil war」や「monster」などの壮大なオーケストラとインストゥルメンタルロックを融合したスリリングな楽曲を収録している。 分断、孤立、そして戦争。Anoiceがパンデミックを経て生まれた新たな問題に対峙する世界を描いた「今しか表現できない」作品です。リリースまで前作EP「invisible wall」を聴きながらお待ちください。

5 tracks

生きる、という抵抗。 ダークでシネマチックなサウンドを特徴とするインストゥルメンタルバンドAnoiceが新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックに対峙する世界を描いたEP「invisible wall」から3年。2023年4月7日、その「invisible wall」と完全に対をなすEP「unerasable fire」をリリースします。 今作も前作と同様にAnoiceがプロデュースするダークファンタジーユニットfilmsで独自の言語を使用する同名ヴォーカリストfilmsやエレクトロニカユニットmatryoshkaのヴォーカリストであるcaluをフィーチャーした「the suspicion」や「keep silence」などの静かでダークな楽曲と「civil war」や「monster」などの壮大なオーケストラとインストゥルメンタルロックを融合したスリリングな楽曲を収録している。 分断、孤立、そして戦争。Anoiceがパンデミックを経て生まれた新たな問題に対峙する世界を描いた「今しか表現できない」作品です。リリースまで前作EP「invisible wall」を聴きながらお待ちください。

5 tracks
cru

地下室で行われた10の音楽実験の記録。 2021年5月23日、壮大なシネマチックサウンドを特徴とするインストゥルメンタルバンドAnoiceによるデビューアルバム「Remmings」が15周年を迎える。そして同じく、そのAnoiceのメンバーであるTakahiro KidoとYuki Murataがcruの名義で初めてのコラボレーションアルバム「re-Silence」をリリースしてからも15年が経ちます。そして、そんな記念すべき年にcruより15年ぶりのセカンドアルバム「music from the underground」が届けられました。 cruはTakahiro KidoとYuki Murataによる即興演奏を収録する現代音楽/実験音楽プロジェクトで、その音楽は2台のグランドピアノ(と少しの追加楽器)とその音を加工して作られた電子音のみによって制作された美しいサウンドが特徴。ピアノをただ奏でるのではなく、弦を擦ったり、磁気振動によりフィードバックを生成したり、ボディーを叩いたりと、様々な実験を即興で収録しており、今回のセカンドアルバム「music from the underground」はAnoiceのニューアルバムの制作の空き時間を利用してコンサートホールの地下3階の倉庫で行われた即興演奏をそのまま収録した作品。 AnoiceやRiLFやfilmsなどの2人が所属するバンドやお互いのソロプロジェクトなどのような緻密に設計されたサウンドとは違う、全てが即興で奏でられたスリリング、かつ美しい実験の記録です。

10 tracks
cru

地下室で行われた10の音楽実験の記録。 2021年5月23日、壮大なシネマチックサウンドを特徴とするインストゥルメンタルバンドAnoiceによるデビューアルバム「Remmings」が15周年を迎える。そして同じく、そのAnoiceのメンバーであるTakahiro KidoとYuki Murataがcruの名義で初めてのコラボレーションアルバム「re-Silence」をリリースしてからも15年が経ちます。そして、そんな記念すべき年にcruより15年ぶりのセカンドアルバム「music from the underground」が届けられました。 cruはTakahiro KidoとYuki Murataによる即興演奏を収録する現代音楽/実験音楽プロジェクトで、その音楽は2台のグランドピアノ(と少しの追加楽器)とその音を加工して作られた電子音のみによって制作された美しいサウンドが特徴。ピアノをただ奏でるのではなく、弦を擦ったり、磁気振動によりフィードバックを生成したり、ボディーを叩いたりと、様々な実験を即興で収録しており、今回のセカンドアルバム「music from the underground」はAnoiceのニューアルバムの制作の空き時間を利用してコンサートホールの地下3階の倉庫で行われた即興演奏をそのまま収録した作品。 AnoiceやRiLFやfilmsなどの2人が所属するバンドやお互いのソロプロジェクトなどのような緻密に設計されたサウンドとは違う、全てが即興で奏でられたスリリング、かつ美しい実験の記録です。

10 tracks
View More Discography Collapse
Collapse

Articles

flimsセカンド・アルバムを高音質配信

レヴュー

flimsセカンド・アルバムを高音質配信

木戸崇博が主宰するレーベル、が放つ、謎に包まれた「ダーク・ファンタジー・ミュージック・ユニット」、filmsがセカンド・アルバムをリリース。ピアノや弦楽器も使用しつつ、激しい電子音やノイズも入り交じるトラックは、衝動的な展開を見せつつも、すべて構築されてい…