BRAHMAN

Rock

ディスコグラフィー

  • 前作『A FORLORN HOPE』より3年ぶりのオリジナル・アルバム。ライヴでのテンションと、グルーヴを音源に再現するべく放たれる4人のサウンドが、圧倒的な緊張感を放つ!新たなるスタンディング・ロック/ラウド・ミュージックの発信源となりうる、マスター・ピースな作品。
  • 4ピース・ハードコア・バンド、BRAHMANが実に3年半ぶりとなる4thフル・アルバムをリリース!揺るぎない、力強いサウンドと`造音美`を感じさせるアーティスティックな側面を持ち合わせた作品。ライヴ・バンドとして、人間としての核をよりしっかりと固め、進化&深化させています!
  • 2010年の結成15周年に向けて加速するロック・バンド、BRAHMAN。1996~98年にリリースした『group our way』『WAIT AND WAIT』『A MAN OF THE WORLD』から、厳選したナンバーを再録音。鉄壁のアンサンブルと共に、初期音源が鮮やかに生まれ変わっています!
  • 4人組バンド、BRAHMANの5年ぶり(2013年時)通算5枚目となるオリジナル・フル・アルバム。変革と救済への意志を滾らせ、東日本大震災以降の求道の果てに行き着いたひとつの到達点であり、結成から17年間(同)にわたる集大成的な作品。シングル「霹靂」「露命」他を収録。
  • ロック・バンド、ブラフマンのシングル。
  • ロック・バンド、ブラフマンのアルバム。「BASIS」「DEEP」「ARRIVAL TIME」他、全12曲を収録。
  • 2005年時、結成10年目のバンド、BRAHMANによるシングル。スピード感溢れるリズムにメロディックなギターと攻撃的なヴォーカルが融合した楽曲を収録。
  • 日本ロックシーンに稲妻のような衝撃を走らせたBRAHMANの気合いの入った1枚。ストレートに突き刺さる輪郭・エッジの鋭い攻撃的な楽曲と英語の詩によってキャッチーに心をつかまされる「Handan`s pillow」、メロディの繊細さ、印象的な日本語の歌詞が魅せる「逆光」を収録した両A面シングル。
  • オリジナル作としては、通算4枚目のアルバム『ANTINOMY』以来、過去の名曲郡を再録した『ETERNAL RECURRENCE』からは約2年3ヶ月ぶりとなるシングル。3曲日本語のタイトル名が冠され、歌詞も一語一句全て日本語、これまでにも日本語曲はあったものの、全曲日本語で統一された作品は初。
  • BRAHMANの1年ぶり(2012年時)となるシングル。表題曲は、3/4拍子のリズムと伸びやかなメロディが清新な印象を与える一方、彼ららしい荒ぶる衝動性に満ちた一曲。祈りにも似た切なる思いを綴ったTOSHI-LOWのリリックも胸に迫ってやまない、新たな表現の扉を拓いた渾身作。カップリングには、「警醒」「鼎の問」を収録。
  • 孤高のバンド、BRAHMANの果て無き求道、不撓不屈の20年。たった1台のカメラが見た、BRAHMANの素顔とは?箭内道彦初監督によるノンフィクションムービー『ブラフマン』の主題歌を収録したシングル。
  • BRAHMAN 初のW映画主題歌! 寺山修司原作、菅田将暉&ヤン・イクチュン主演「あゝ、荒野」を彩る「今夜」、 夏木マリ主演「生きる街」(2018年春公開)主題歌「ナミノウタゲ」。 ゲストコーラスに細美武士、ハナレグミがそれぞれ参加。 BRAHMAN の深化を音と映像から感受せよ。
  • 映画ブラフマン主題歌 Single「其限」から約1年9ヶ月、 そして結成20周年「尽未来際」を経て、BRAHMANが再び本格的に動き出す。 ■前シングル「其限」から約1年9ヶ月、そして結成20周年イヤーを経て、BRAHMANが再び本格的に動き出す。 4月12日にリリースされるシングルのタイトルは「不倶戴天 -フグタイテン-」。〈ともにこの世に生きられない、 また、生かしてはおけないと思うほど恨み・怒りの深いこと。また、その間柄〉(「デジタル大辞泉」より)という意味の四字熟語を冠した3曲入り作品は、 結成23年目にしてなお進化を続けるBRAHMANというバンドの革新性が織り込まれた傑作となっている。 ■オープニングを飾るのは「不倶戴天」。前シングル「其限」はストレートな表現で多くのファンを驚かせたが、 この楽曲ではさらに研ぎ澄まされたリリックが聴き手の鼓膜と胸を貫く。〈あるがままの有り様も見ようとせず のたまってた見物人が偉そうに意見と語る あやふやな怒りで他人の人生をテメエのものと履き違えるな〉 ここまで直接的な表現はBRAHMAN史上初めてのこと。しかし、これは単なる怒りの発露ではない。エンディングでは 大いに心を揺さぶられることになる。この言葉だからこそこの音が鳴っている――そんな必然性を感じさせる1曲は、 彼らにしか創り得ないオールドスクールなハードコアパンクチューンに仕上がった。 ■ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)を迎えた「ラストダンス」は、「不倶戴天」とともに大きな反響を呼ぶだろう。 日本を代表するリリシストとBRAHMANの邂逅は、とんでもない曲を生み出してしまった。〈腹に溜め込んでるのにおとなしい それが大人になるって事らしい 楔を弱気 打ち込むのは同じ ヒップホップ パンクロック言ったもん勝ち ただただまっすぐ進んでみたかった 死に方には拘らない 生き方だ もう聞いてしまったんだ 聞いてた事と違うと知ってしまったのさ〉 物語はここからさらに核心へと迫っていく。これはヒップホップとパンク両方の歴史において重要な意味を持つ1曲になる。 いや、ジャンルの枠を超えてこの衝撃は伝播していくはずだ。 ■「怒涛の彼方」も含め、「不倶戴天 -フグタイテン-」の全収録曲を通じて、リリック、サウンドともに4人が 新たな領域に足を踏み入れたことをはっきりと感じるだろう。 これこそが2017年のBRAHMAN。これこそが今の時代に鳴らされるべきパンクロックなのだ。
  • 今年、結成20周年を迎えるBRAHMAN。バンド結成以来、4人は一貫して独立独歩の活動を続け、数々の名曲と激演で多くのパンクスたちの胸を震わせてきた。そんな名曲群が結集した作品が登場!「尽未来際」というタイトル通り、彼らを新たなる未来へと導く。今作は今秋に開催されるBRAHMAN主催20th Anniversary Liveイベントとも強く結びつき、このアニバーサリーイヤーをさらに盛り上げる。
  • 今年、結成20周年を迎えるBRAHMAN。バンド結成以来、4人は一貫して独立独歩の活動を続け、数々の名曲と激演で多くのパンクスたちの胸を震わせてきた。そんな名曲群が結集した作品が登場!「尽未来際」というタイトル通り、彼らを新たなる未来へと導く。今作は今秋に開催されるBRAHMAN主催20th Anniversary Liveイベントとも強く結びつき、このアニバーサリーイヤーをさらに盛り上げる。
  • easternyouth結成25周年記念作品。彼らのライフワークとも言えるシリーズ・ライブ“極東最前線”を具現化するオムニバス・アルバム第3弾! ジャンルにとらわれずメンバーがリスペクストするアーティスト1組をゲストに迎え、定期的に続けているシリーズ・ライブ「極東最前線」は、もはやライフ・ワークとも言える。2000年に発売された、第1弾はHUSKINGBEEや怒髪天、NUMBERGIRLなどが参加。その後、2008年には20周年記念として、第2弾が発売。ZAZENBOYSやゆらゆら帝国をはじめ29組がラインアップされ、その「濃さ」は大きな話題を呼んだ。そして、25周年を迎える、この秋、第2弾発売以降に招聘されたアーティストとイースタンを含む計15組からなる第3弾のリリース!