News

2021年01月21日19時00分

 
ゆーきゃん、「うたの死なない日」MV公開&アルバム『うたの死なない日』リリース・ツアー開催決定
 

昨年11月にリリースされたゆーきゃんのニュー・アルバム『うたの死なない日』より、リード曲である「うたの死なない日」のMVが公開された。

「うたは、これからも、きっとずっとうたわれていくだろう。それは、希望だけでなく、絶望もともにするかもしれない。いつか時計の針が歩みを止めてしまう日も、止まった針が動くそのときにも、うたは生まれ、うたい継がれていくだろう。」という想いが込められた「うたの死なない日」のMV。

MVの挿絵はつくば市在住のイラストレーター・natunatunaが手掛け、新型コロナウィルス感染拡大のニュースが飛び交う中、何度も練り直し、描き直しを経て完成した、静謐さと情念に満ちた作品となっている。

ニュー・アルバム『うたの死なない日』のリリース・ツアーの開催も決定し、現在は富山・京都・東京の3公演の開催が決定。富山の公演では14名限定のワンマン・ライヴになっており、京都にはキツネの嫁入り、東京では和合 亮一との共演も決定している。
また、このツアーは1年を掛けて全国を回ることを予定しており、公演も随時追加予定。

■「うたの死なない日」MV 詳細

「ゆーきゃん Youcan - うたの死なない日」


https://www.youtube.com/watch?v=dWVuB-WUKI4

■ニュー・アルバム『うたの死なない日』リリース・ツアー(第一弾)
富山
【開催日】2021/2/20(土)開場18:00 / 開演18:30
【会場】富山 スズキーマ

(ワンマン・ライヴ)

Adv. 2,000 yen(カレー&ドリンク付)
要予約(限定14席)

京都
【開催日】2021年3月13日(土)開場18:00 / 開演18:30
【会場】京都木屋町UrBANGUILD

ゲスト:
bikke ×足田メロウ
キツネの嫁入り

Adv.2500 yen (1ドリンク別)

渋谷
【開催日】2021/5/15(土) 開場18:00 / 開演18:30
【会場】東京渋谷7th Floor

ゲスト:
和合 亮一
大野悠紀
natunatuna

Adv.3000 yen (1ドリンク別)

開場/開演時間はそれぞれ18:00/18:30を予定
開催の折には会場との協力の上、換気や消毒等の感染予防に努めます。
また、日程・時間等に変更が生じる際は、ブログ https://rideslowlyintothesun.tumblr.com/ にて周知いたします。

予約、詳細問い合わせに関しては youcan@h2.dion.ne.jp までお問い合わせください。

■ニューアルバム『うたの死なない日』詳細

配信リンク:
OTOTOYハイレゾ配信
https://ototoy.jp/_/default/p/540680


https://linkco.re/bnEA02Pt

アーティスト : ゆーきゃん
タイトル : うたの死なない日
曲 :
1.烏
2.風
3.グッドバイ
4.ノアの蛙
5. (haru_no_ame_furi_yamazu)
6.しずく
7.サイダー(Revised)
8.うたの死なない日

【発売日】 2020年11月25日(水)
【品番】 JUNK-013
【商品形態】 CD / ダウンロード
【税抜価格】 2000円(税別)
【収録曲数】 8曲
【発売元】 JUNK Lab Records

ゆーきゃん カラス・クインテット are;
Bass 岩橋真平(スーパーノア)
Drums & chorus senoo ricky
Keyboards & chorus おざわさよこ(my letter)
Guitar, recording & mixing mastering 吉岡哲志(studio INO, Sawa Angstrom & LLama)
ゆーきゃん

Guests;
Mandolin 谷健人(Turntable Films, Superfriends)
Narration のんこ

Cover art 足田メロウ
Photos 大橋祐希, 藤木卓, 鳴海徹朗, タキナミアンリ,アライヨヲコ,西村明日香
Design 森田皓子

Mastering 高橋健太郎
Co-producer 飯田仁一郎

新型コロナウィルスの影響でライヴハウスが危機に直面する中、ライヴスペースUrBANGUILD(京都)/K・D ハポン(名古屋)の支援を目的とするチャリティー・アルバムとして制作、音楽配信サービスOTOTOYのチャリティー企画『Save Our Place』にて期間限定配信された作品が満を持してCD化され全国流通となる。また各サブスクリプション/ダウンロード・サービスでも一斉解禁となる。

バンドメンバーのいる京都と富山を何度も往復して練り上げられたサウンド、そしてブックレットには日本各地の友人たちがコロナ禍における都市の風景を切り取った写真、まさに「うたの死なない日」のために友人たちと作り上げた8編のストーリー。CD化にあたってブックレットに追加された、ゆーきゃん自身による散文詩たちも必読。

■ゆーきゃん プロフィール
シンガーソングライター。京都のインディ・フェス「ボロフェスタ」発起人のひとりでもあり、テン年代の夜明け前、東京・高円寺に2年間だけ出現したオルタナティブ・ミュージックの理想郷「サンレインレコーズ」の店長でもあり、現在は日本海沿岸で学校の教員をしていたりもする、神出鬼没の夢想家。
いつだってよい音楽を創りたいと思っているけれど、ときどきはひどいライブもする。
駄作も書いた。浮いたり沈んだり、妬んだり焦ったり、人前に立つのも嫌な日さえ、ときどきある。
それでも、聞くこと、聴くこと、書くこと、読むこと、見ること、見えること、忘れては思い出して、 眠っては目覚め、歩いては立ち止まり、流れては澱み、生きること、言い切ること、そういうこと、こういうこと、すべてを指してゆーきゃんと言うのだと思う。

あわせて読みたい


TOP