News

2020年12月01日16時00分

 
ミュージシャンと行政書士のLITE武田信幸が初の著書を出版
 

LITEのギタリストとして十数年に渡り、毎年のようにワールド・ツアーを行なう生粋のミュージシャンであり、現在では行政書士としても活躍する武田信幸が、初の著書『ミュージシャンのためのお金のセミナー』をリットーミュージックより12月10日に発売する。

コロナ禍を乗り切るための“お金”の有効活用方法などを指南する一冊とのことで、音楽家がお金に制限されることなくより充実した人生を送るように、「お金」が原因で「やりたいことをあきらめない」ためのヒントを彼自身の経験を交えながらリアルな言葉で書き連ね、多くの人々の生き方や価値観をガラリと変貌させてしまった新型コロナウイルス・ショックを乗り越えた先の未来へ向けて、表現を止めないで自由に生きていくための提言などが盛り込まれている。

【書誌情報】

タイトル:「ミュージシャンのためのお金のセミナー」
著者:武田信幸(LITE)
定価:1,650円(本体1500円+税)
ページ:160P
発売:2020年12月10日
リットーミュージック刊

商品情報ページ https://www.rittor-music.co.jp/product/detail/3120343003/

【CONTENTS】

<第1章:複業>
音楽も生活も大事にしたい!
どちらも充実させる新スタイル

●副業ではなく、複業
●複業スタイルのメリット
●複業スタイルの仕事の選び方
●ミュージシャン×行政書士の誕生
●不動産投資で三足のわらじ
●何度でも言おう「確定申告は超重要!」

解説:ミュージシャンが楽しく嘘なく音楽活動を続けていくために、ほかの仕事を見つけることを薦める内容です。“バンドを辞めて、しかたなく就職をする”なんて過去の話。今は、ほかに仕事をしながら音楽活動を充実させている人も珍しくありません。むしろミレニアル世代以降の若い世代ではそうしたケースのほうが主流なのではと感じてさえいます。それとこの章では、著者が行政書士になった理由や、地道に進めてきたもうひとつの複業“不動産投資”のことを赤裸々に語ります。

<第2章:補助金・助成金>
利用しない手はない!
ライブの収支が絶対に楽になる“もらえるお金”

●補助金・助成金ってなに?
●補助金って、いくらもらえる?
●情報は待たずに探せ!
●誰でもひとつは使える補助金がある!
●補助金の落とし穴
●ミュージシャンが使える補助金
●最高額は5000万! ミュージシャンが使える補助金・助成金リスト
●補助金一覧表
●納税はしっかりやろう!

解説:音楽活動をするうえで、返済不要の“もらえるお金”=補助金・助成金について説明していきます。補助金が受けられていれば、あなたのツアー、経費が半分くらい浮いたかもしれないなんてこと知りませんよね。正直、知っているのと知らないのとでは活動のスタンスが変わると言っていいくらいの制度もあります。数ある補助金制度の中から、ミュージシャンが使えそうな制度をピックアップして紹介していきます。

<第3章:融資>
究極の複業=“起業”をサポート
お金を借りてやりたいことをさらに広げる

●融資ってなに?
●初めての融資攻略法
●どの金融機関で借りるべき?
●戦後最大の経済危機=コロナ・ショックを乗り切る異次元の融資支援策
●融資支援策一覧表
●あとがき

解説:このパートはミュージシャンというよりも、広い意味で事業活動をしている人全般に向けた内容になっています。ライブなどの音楽活動以外にレコーディングやミックスがビジネスになっているエンジニアや、独立して音楽レーベルや事務所を立ち上げる人、ミュージシャン活動とは別のジャンル(例えば飲食店など)でビジネスをしている人など、事業を始めたい人には有益な内容になっていると思います。

 
【TOTAL INFO.】
LITE
[Web Site] http://lite-web.com/
[Facebook] http://www.facebook.com/liteband
[Twitter] http://twitter.com/lite_jp
[Bandcamp] http://liteband.bandcamp.com
[Instagram] https://instagram.com/lite_jp/





あわせて読みたい


TOP