News

2020年01月31日16時25分

 
SQUAREPUSHER、5年ぶりの最新作『BE UP A HELLO』本日リリース
 

常に新しい響きと新たな試みを求め、リスナーに驚きと衝撃を与え続けている唯一無二のアーティスト、スクエアプッシャー

来日公演が4月に控え、真鍋大度(Rhizomatiks)による「Terminal Slam」のMVも話題となる中、5年ぶりの待望の最新作『Be Up A Hello』がいよいよ本日リリースされた。

今作『Be Up A Hello』は、エレクトロニック・ミュージックに目覚めた当時の思いや記憶を綴った日記のようでもありつつ、直感と初期衝動に従って一気に完成させ、強烈で、スピーディで、目まぐるしくて、刺激的で、先の予測のつかない、これぞスクエアプッシャーと言える内容となった最新アルバム。
国内盤にはボーナストラックが追加収録され、使用機材なども詳細に記述された解説書が封入。数量限定でオリジナルTシャツ付セットも発売中。Tシャツセット限定で付属されるDLカードからは、CDに収録された音源とは異なるボーナストラックがダウンロードでき、90年代のアナログ機材が多用されている今作の制作中に様々なアイデアを試み、様々な形でファンに届けようとするトム・ジェンキンソンの積極的な姿勢が垣間見られる。

渋谷スクランブル交差点でサプライズ上映されるとともに解禁された収録曲「Terminal Slam」のMVも大きな話題となっており、超近未来の東京を舞台にした映像は、スクエアプッシャーの長年のコラボレーターでもある真鍋大度 (Rhizomatiks) が監督を務めている。

Squarepusher - Terminal Slam (Official Video)


https://www.youtube.com/watch?v=GlhV-OKHecI&feature=emb_logo

さらに最新作『Be Up A Hello』をひっさげ、度肝を抜く圧巻の照明&映像演出を含む最新ライヴセットでの来日が決定している。完売必至、まさに必見の公演だ。
チケットの一般発売は明日2月1日よりスタート。

また、全国各所に貼り出される本公演のポスターにはQRコードが掲載されており、アクセスするとポスター限定のシークレット・トラックがダウンロードできるようになっている。CDショップやライヴ会場等、お出かけの際はぜひ探してみてほしい。 (内)

詳細 ⇨ https://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=10760

【ツアー情報】
2020年4月1日(水) 名古屋 CLUB QUATTRO
2020年4月2日(木) 梅田 CLUB QUATTRO
2020年4月3日(金) 新木場 STUDIO COAST

TICKETS : ADV. ¥7,000+1D OPEN 18:00 / START 19:00 ※未就学児童入場不可

<チケット情報>
一般発売 : 2月1日(土)
名古屋: イープラス、チケットぴあ (Pコード:176-074)、LAWSON (Lコード:42831)、LINE TICKET [http://ticket.line.me]、BEATINK、クアトロ店頭 他
大阪: イープラス、チケットぴあ (Pコード:175-878)、LAWSON(Lコード:53383)、BEATINK 他
東京: イープラス、チケットぴあ (Pコード:176-570)、LAWSON(Lコード:73049)、BEATINK、GAN-BAN店頭 他

【リリース情報】
label: Warp Records / Beat Records
artist: Squarepusher
title: Be Up A Hello

release date: 2020年01月31日 FRI ON SALE

OTOTOYでロスレス配信版をチェック
https://ototoy.jp/_/default/p/487224

国内盤CD BRC-624 ¥2,200+税
国内盤CD+Tシャツ BRC-624T ¥5,500+税

国内盤特典:
ボーナストラック追加収録/解説書封入/NTS MIX音源DLカード封入
(Tシャツセットには限定ボーナストラックDLカードも封入)

BEATINK.COM
http://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=10684

あわせて読みたい


TOP