album jacket
 How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
1
Squarepusher Theme  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 06:20 N/A
2
Tundra  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 07:55 N/A
3
The Swifty  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 05:20 N/A
4
Dimotane Co  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 04:52 N/A
5
Smedleys Melody  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 02:34 N/A
6
Windscale 2  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 06:35 N/A
7
North Circular  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 06:08 N/A
8
Goodnight Jade  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 02:45 N/A
9
Theme From Ernest Borgnine  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 07:55 N/A
10
U.F.O.'s Over Leytonstone  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 06:39 N/A
11
Kodack  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 07:14 N/A
12
Future Gibbon  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 02:21 N/A
13
Theme from Goodbye Renaldo  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 06:00 N/A
14
Deep Fried Pizza  alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 03:49 N/A
Album Info

デビュー作にして、ジャズとエレクトロニクスの革新的な融合を成し遂げた不朽の大名盤『FEED ME WEIRD THINGS』の25周年を記念し、待望のリマスター再発!

Add all to INTEREST

Discography

Dance/Electronica

デビュー作にして、ジャズとエレクトロニクスの革新的な融合を成し遂げた不朽の大名盤『FEED ME WEIRD THINGS』の25周年を記念し、待望のリマスター再発!

14 tracks
Dance/Electronica

デビュー作にして、ジャズとエレクトロニクスの革新的な融合を成し遂げた不朽の大名盤『FEED ME WEIRD THINGS』の25周年を記念し、待望のリマスター再発!

14 tracks
Dance/Electronica

常に新しい響きと新たな試みを求め、リスナーに驚きと衝撃を与え続けている唯一無二のアーティスト、スクエアプッシャーが伝説のファーストアルバムをリイシュー決定!シンセが奏でるユーフォリックで美しいメロディにジャングルなドラムマシン、そして終盤に注入されるアシッドサウンドまで一瞬足りとも聞き逃せない名曲「Theme From Ernest Borgnine」を先行解禁!

1 track
Dance/Electronica

常に新しい響きと新たな試みを求め、リスナーに驚きと衝撃を与え続けている唯一無二のアーティスト、スクエアプッシャーが伝説のファーストアルバムをリイシュー決定!シンセが奏でるユーフォリックで美しいメロディにジャングルなドラムマシン、そして終盤に注入されるアシッドサウンドまで一瞬足りとも聞き逃せない名曲「Theme From Ernest Borgnine」を先行解禁!

1 track
Dance/Electronica

5年ぶりの最新アルバム『Be Up A Hello』が、オリコン洋楽チャート10位に初登場し、UKとUSで過去最高チャートを記録するなど、賞賛を集めているスクエアプッシャーが、早くも新作『Lamental EP』を完成させた。メランコリックでメロディアスなトラック、スペーシーで躍動感溢れるテクノ・トラックなど、幅広い楽曲が収録されたEP以上の満足感を与えてくれるスペシャルな作品だ。

5 tracks
Dance/Electronica

5年ぶりの最新アルバム『Be Up A Hello』が、オリコン洋楽チャート10位に初登場し、UKとUSで過去最高チャートを記録するなど、賞賛を集めているスクエアプッシャーが、早くも新作『Lamental EP』を完成させた。メランコリックでメロディアスなトラック、スペーシーで躍動感溢れるテクノ・トラックなど、幅広い楽曲が収録されたEP以上の満足感を与えてくれるスペシャルな作品だ。

5 tracks
Dance/Electronica

2016年7月に同タイトルのシングルが発表されているが、スクエアープッシャー節ともいえるテクニカルなビートが追加され、アクティヴなサウンドが誕生した。過去を更新し続ける彼から目が離せない。

1 track
Dance/Electronica

2016年7月に同タイトルのシングルが発表されているが、スクエアープッシャー節ともいえるテクニカルなビートが追加され、アクティヴなサウンドが誕生した。過去を更新し続ける彼から目が離せない。

1 track
Dance/Electronica

5年ぶりとなる超待望の単独来日公演が4/1より名古屋、大阪、東京にて大決定!「これぞスクエアプッシャー」が詰まった新作に前頭葉崩壊必至!

9 tracks
Dance/Electronica

5年ぶりとなる超待望の単独来日公演が4/1より名古屋、大阪、東京にて大決定!「これぞスクエアプッシャー」が詰まった新作に前頭葉崩壊必至!

9 tracks
Dance/Electronica

鬼才スクエアプッシャーが送るエクスペリメンタル・ミュージックがシングルカットされリリース決定。スクエア節が唸るテクニカルな世界が展開される。

2 tracks
Dance/Electronica

LEDスクリーンとLEDマスクを用いた革新的ライブパフォーマンスと共に生まれた前作『Ufabulum』から3年、鬼才スクエアプッシャーことトム・ジェンキンソンが、かつてないほど強烈で、常軌を逸したとしか思えないほどの爆発的衝動を凝縮した最新作『Damogen Furies(ダモジェン・フューリーズ)』を完成させた。その衝撃の一端が、今回公開された新曲「Rayc Fire 2」でも垣間見れる。なおこちらの音源はスクエアプッシャー公式サイトにて無料配信中。自動生成プログラムによって世界で唯一のアートワークをゲットできる音源ファイルがダウンロード可能。 本作において、まず驚くべきは、このアルバムに収められたトラックが、すべてワンテイクで録られたもので、編集も一切ないということ。今作は、長年にわたるハードウェアやソフトウェアの実験や解析を経て辿り着いた一つの最高到達点であり、キャリアを通して磨き上げてきた手法や技巧が、より直感的に、パワフルに再現された作品と言える。

9 tracks
Dance/Electronica

LEDスクリーンとLEDマスクを用いた革新的ライブパフォーマンスと共に生まれた前作『Ufabulum』から3年、鬼才スクエアプッシャーことトム・ジェンキンソンが、かつてないほど強烈で、常軌を逸したとしか思えないほどの爆発的衝動を凝縮した最新作『Damogen Furies(ダモジェン・フューリーズ)』を完成させた。その衝撃の一端が、今回公開された新曲「Rayc Fire 2」でも垣間見れる。なおこちらの音源はスクエアプッシャー公式サイトにて無料配信中。自動生成プログラムによって世界で唯一のアートワークをゲットできる音源ファイルがダウンロード可能。 本作において、まず驚くべきは、このアルバムに収められたトラックが、すべてワンテイクで録られたもので、編集も一切ないということ。今作は、長年にわたるハードウェアやソフトウェアの実験や解析を経て辿り着いた一つの最高到達点であり、キャリアを通して磨き上げてきた手法や技巧が、より直感的に、パワフルに再現された作品と言える。

9 tracks
View More Discography Collapse
Collapse

News

スクエアプッシャー本人監修の再発盤『FEED ME WEIRD THINGS』リリース

スクエアプッシャー本人監修の再発盤『FEED ME WEIRD THINGS』リリース

スクエアプッシャーによるデビュー・アルバムにして、その後の音楽シーンに多大なる影響を与えた名盤『Feed Me Weird Things』の再発盤がついに本日リリースされた。 長い間入所困難となっていた本作だが、今回の再発では本人監修による豪華な内容が話

スクエアプッシャー、デビュー作25周年を記念しリマスター再発決定

スクエアプッシャー、デビュー作25周年を記念しリマスター再発決定

鬼才スクエアプッシャーによる衝撃的デビュー・アルバムにして、その後の音楽シーンに多大なる影響を与えた大名盤『Feed Me Weird Things』。 1996年にエイフェックス・ツインことリチャード・D・ジェイムスによるレーベル〈Rephlex〉より

THUNDERCAT、SQUAREPUSHER来日公演延期

THUNDERCAT、SQUAREPUSHER来日公演延期

新型コロナウイルス感染拡大、および海外での変種ウイルスの感染拡大を受け、THUNDERCATと、SQUAREPUSHERの来日公演が延期されることが決定した。 詳細は以下。 --------------------- THUNDERCAT、SQUAREP

スクエアプッシャー来日ツアー振替日程が決定

スクエアプッシャー来日ツアー振替日程が決定

4月に予定され、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の感染拡大の影響を受けて延期となっていたスクエアプッシャーの来日ツアーの振替日程が決定した。 東京、大阪、名古屋にて来年2月に開催される。前売チケットの販売再開は2020年6月20日(土)

4月のBEATINK主催来日公演に関するお知らせ

4月のBEATINK主催来日公演に関するお知らせ

4月に予定していたスクエアプッシャー、サンダーキャット、BONOBOの来日公演について、主催のBEATINKは「新型コロナウイルスの影響により、来日を予定していたアーティストおよびそのスタッフが不本意ながら日本に入国することが出来ない状況が生じている」と

スクエアプッシャー、新作『Lamental EP』のリリースを発表

スクエアプッシャー、新作『Lamental EP』のリリースを発表

スクエアプッシャーが、最新アルバム『Be Up A Hello』が賞賛を集める中、早くも新作『Lamental EP』を3月20日に日本先行でリリースすることを発表した。 さらに、来月に迫った来日ツアーではMVを手がけた真鍋大度の出演が決定! 今作には2

View More News Collapse
スクエアプッシャー“TERMINAL SLAM”MV制作の裏側を明かす特設ページ公開

スクエアプッシャー“TERMINAL SLAM”MV制作の裏側を明かす特設ページ公開

最新アルバム『Be Up A Hello』のリリース直前に、渋谷スクランブル交差点の巨大スクリーンにてプレミア上映されたスクエアプッシャーのミュージックビデオ“TERMINAL SLAM”。 スクエアプッシャーの長年のコラボレーターでもある真鍋大度 (R

SQUAREPUSHER、5年ぶりの最新作『BE UP A HELLO』本日リリース

SQUAREPUSHER、5年ぶりの最新作『BE UP A HELLO』本日リリース

常に新しい響きと新たな試みを求め、リスナーに驚きと衝撃を与え続けている唯一無二のアーティスト、スクエアプッシャー。 来日公演が4月に控え、真鍋大度(Rhizomatiks)による「Terminal Slam」のMVも話題となる中、5年ぶりの待望の最新作『

SQUAREPUSHER、最新作より近未来東京を舞台とした「TERMINAL SLAM」真鍋大度監督のMV解禁

SQUAREPUSHER、最新作より近未来東京を舞台とした「TERMINAL SLAM」真鍋大度監督のMV解禁

常に新しい響きと新たな試みを求め、リスナーに驚きと衝撃を与え続けている唯一無二のアーティスト、スクエアプッシャー。 来日公演が4月に決定し話題となる中、いよいよ発売が今週金曜日に迫った最新作『Be Up A Hello』より、新曲「Terminal Sl

スクエアプッシャー来日公演チケット主催者先行スタート

スクエアプッシャー来日公演チケット主催者先行スタート

スクエアプッシャーの5年ぶりとなる超待望の単独来日公演に先駆け、ただいま1月14日(火)正午より東京/名古屋公演の主催者先行がスタートした。 なお大阪公演は今週1月17日(金)よりSMASH FRENDS先行が開始となる。 毎回驚異のライブパフォーマンス

スクエアプッシャー、5年ぶりとなる単独来日公演決定

スクエアプッシャー、5年ぶりとなる単独来日公演決定

毎回驚異のライヴパフォーマンスで観客を圧倒してきた鬼才スクエアプッシャー。 〈WARP〉30周年イベントではフロアを満場の熱狂へと導いた初披露のDJセットも記憶に新しい彼が、最新作『Be Up A Hello』の楽曲と共に、度肝を抜く圧巻の照明&映像演出

スクエアプッシャー、5年ぶりの最新作『BE UP A HELLO』1/31リリース決定

スクエアプッシャー、5年ぶりの最新作『BE UP A HELLO』1/31リリース決定

常に新しい響きと新たな試みを求め、リスナーに驚きと衝撃を与え続けている唯一無二のアーティスト、スクエアプッシャー。 そんな彼が5年ぶりとなる最新作『Be Up A Hello』(2020年1月31日発売) のリリースを発表した。 その先行シングルとして「

〈WXAXRXP DJS〉イベントレポート & フォトが到着

〈WXAXRXP DJS〉イベントレポート & フォトが到着

スクエアプッシャー、ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー、ビビオーーハロウィン明けの週末に〈Warp Records〉の30周年を記念して行われたレーベル・ナイト『WXAXRXP DJS(ワープサーティーディージェイズ)』にDJとして集結したこの3名の

いよいよ今週開催、スクエアプッシャー、OPN、BIBIOが集結〈WXAXRXP DJS〉ついに全貌が明らかに

いよいよ今週開催、スクエアプッシャー、OPN、BIBIOが集結〈WXAXRXP DJS〉ついに全貌が明らかに

先鋭的アーティストを数多く輩出し、クリエイティブかつ衝撃的なMVやアートワークの分野においても、音楽史に計り知れない功績を刻み続け、ついに今年30周年を迎えた〈WARP RECORDS〉。 いよいよ今週末、東京・京都・大阪で開催される〈WXAXRXP D

〈WARP〉30周年記念ワープ本『Warp 30』本日より全国の書店にて取り扱い開始

〈WARP〉30周年記念ワープ本『Warp 30』本日より全国の書店にて取り扱い開始

今年30周年を迎えた〈WARP RECORDS〉。『WXAXRXP (ワープサーティー)』をキーワードに様々なイベントが行われており、来週には!!!(チック・チック・チック)、スクエアプッシャー、ワンオートリッ クス・ポイント・ネヴァー、ビビオ、バトルス

スクエアプッシャーのトム・ジェンキンソンと、オルガン奏者ジェイムズ・マクヴィニーがALの制作背景を語る

スクエアプッシャーのトム・ジェンキンソンと、オルガン奏者ジェイムズ・マクヴィニーがALの制作背景を語る

スクエアプッシャーことトム・ジェンキンソンが作曲を手がけ、世界屈指のオルガン奏者ジェイムズ・マクヴィニーが演奏する『All Night Chroma』が好評発売中。 今回は謎に包まれていた今作の制作背景を、今作が録音されたロイヤル・フェスティバルホールで

スクエアプッシャー × オルガン奏者ジェイムズ・マクヴィニーニよる怪作『All Night Chroma』発売中 

スクエアプッシャー × オルガン奏者ジェイムズ・マクヴィニーニよる怪作『All Night Chroma』発売中 

スクエアプッシャーことトム・ジェンキンソンが作曲を手がけ、世界屈指のオルガン奏者ジェイムズ・マクヴィニーが演奏する話題の怪作『All Night Chroma』が、好評発売中。 今年30周年を迎えた〈WARP RECORDS〉からのリリースとなる今作は、

フライング・ロータスの3Dライヴ公演にルイス・コールがサプライズ出演決定

フライング・ロータスの3Dライヴ公演にルイス・コールがサプライズ出演決定

今年5月に超大作アルバム『FLAMAGRA』をリリースし、過去作を凌駕する豪華ゲスト陣はもちろん、その圧倒的な出来栄えに世界中で喝采を浴びたフライング・ロータス。 そんな彼が、オーディエンスの度肝を抜く圧巻の3Dライヴを披露する超待望の単独来日公演が迫る

〈WARP RECORDS〉30周年記念作品『WXAXRXP SESSIONS』発売決定

〈WARP RECORDS〉30周年記念作品『WXAXRXP SESSIONS』発売決定

先鋭的アーティストを数多く輩出し、クリエイティブかつ衝撃的なMVやアートワークの分野においても、音楽史に計り知れない功績を刻み続け、ついに今年30周年を迎えた〈WARP RECORDS〉。 その偉大なる歴史を祝した30周年記念12"作品シリーズ『WXAX

スクエアプッシャー、OPN、ビビオが集結、〈WARP RECORDS〉30周年スペシャルDJツアー開催決定

スクエアプッシャー、OPN、ビビオが集結、〈WARP RECORDS〉30周年スペシャルDJツアー開催決定

先鋭的アーティストを数多く輩出し、クリエイティブかつ衝撃的なMVやアートワークの分野においても、音楽史に計り知れない功績を刻み続け、今年30周年を迎えた〈WARP RECORDS〉。 その偉大なる歴史を祝し、スクエアプッシャー、ワンオートリックス・ポイン

WARP Recordsレーベル30周年を祝うオンラインフェス『WXAXRXP』開催

WARP Recordsレーベル30周年を祝うオンラインフェス『WXAXRXP』開催

音楽史に計り知れない功績を刻み続ける偉大なる音楽レーベルWARP RECORDSが、音楽ファンから絶大な支持を集める「NTS Radio」とコラボレートし、レーベル設立30周年を祝うオンライン音楽フェス『WXAXRXP』を開催することが決まった。 このフ

〈WARP〉30周年記念ポップアップストア開催決定、東京・原宿にて6月8日・9日の2日間限定オープン

〈WARP〉30周年記念ポップアップストア開催決定、東京・原宿にて6月8日・9日の2日間限定オープン

音楽史に計り知れない功績を刻み続け、今年30周年を迎えた偉大なる音楽レーベル〈Warp〉。 エイフェックス・ツイン、オウテカ、プラッド、スクエアプッシャーらエレクトロニック・ミュージックの大御所が今もなお第一線で活躍し、バトルスやチック・チック・チックと

ショバリーダー・ワン、スクエアプッシャーの名曲をド迫力で魅せた!

ショバリーダー・ワン、スクエアプッシャーの名曲をド迫力で魅せた!

ライヴ・バンドのコンセプトを根底から改革すべくスクエアプッシャーが招集した凄腕ミュージシャンたち:STROBE NAZARD(Key)、COMPANY LASER(Dr)、ARG NUTION(Gt)を擁するショバリーダー・ワンが、衝撃のパフォーマンス映

【このあと23時からストリーミング・ライヴ】スクエアプッシャー率いるショバリーダー・ワン、ボイラールームでライヴを配信

【このあと23時からストリーミング・ライヴ】スクエアプッシャー率いるショバリーダー・ワン、ボイラールームでライヴを配信

スクエアプッシャーによるバンド・プロジェクト、ショバリーダー・ワン。 スクエアプッシャーといえば、唯一無二のエレクトロニクスと自身の超絶ベースによるトラックが真骨頂と言えるのだが、生演奏不可能と思われていた彼のトラックをバンドにて生演奏にて再現するという

Collapse

Articles

OTOTOY各スタッフ+αがそれぞれ選ぶ、2020年の10作品

コラム

OTOTOY各スタッフ+αがそれぞれ選ぶ、2020年の10作品

今年もやってきましたOTOTOYスタッフによる個人チャート。いろいろ大変だった2020年、なにを聴いてOTOTOYを作っていたのか? 今年は新人、梶野に加えてインターン、そしてコントリビューター枠としていろいろと関わっているライター陣の方にも書いてもらいま…

スクエアプッシャーの3年ぶりの新作『DAMOGEN FURIES』をハイレゾ配信

レヴュー

スクエアプッシャーの3年ぶりの新作『DAMOGEN FURIES』をハイレゾ配信

スクエアプッシャーの3年振りとなる最新作『Damogen Furies』。すでに先行シングルなどで“スクエアプッシャーらしい、スクエアプッシャーすぎる”サウンドを届けているが、アルバムもまた、そうしたファンの期待を裏切らない刺激的なサウンド! 往年のファン…