News

2019年08月22日18時00分

 
アジア音楽を語るトーク・イベント〈夜間音楽ラボ〉にてシャムキャッツ菅原のカセットDJプレイが決定
 

オトトイの学校にて行われるトーク・イベント〈夜間音楽ラボ〉にて、シャムキャッツの菅原慎一がカセットDJを行うことが決定した。

〈夜間音楽ラボ〉とは、岡村詩野を司会進行に、毎回あるジャンルやシーン、ミュージシャンに特化した知識を持ったゲストを招き、開催するトーク・イベント。

記念すべき第1回は、シャムキャッツのギタリスト・菅原慎一が出演。ライヴだけではなくプライベートでもよく足を運び、アジア音楽に対する情熱が計り知れない菅原が、アジア音楽の魅力を余すことなく語る。

DJはトーク・イベント後に行われ、カセットテープを用いてのDJプレイとなる。「飲み屋 えるえふる」のドリンクやフードを楽しみながら、菅原のおすすめアジア音楽を堪能することができる。

近年、注目を集めるアジア音楽に興味のある方は、ぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。(鈴木)

■イベント詳細
〈夜間音楽ラボ 〜アジア音楽編〜〉
2019年8月30日(金)@オトトイの学校
時間 : 開演 19:00 / 終演 22:00(予定)
出演 : 菅原慎一(シャムキャッツ)
司会 / 進行 : 岡村詩野
受講料 : 事前 2,000円(+1D) / 当日申し込み:2,500円(+1D)

https://ototoy.jp/school/event/info/258

■出演者紹介
・菅原慎一(シャムキャッツ)
千葉県出身。4ピース・バンド「シャムキャッツ」のギターヴォーカル。ソロでの音楽制作やカセットDJ、「菅原慎一BAND」名義でも活動中。

・岡村詩野(司会 / 進行)
東京生まれ京都育ちの音楽評論家。
京都精華大学ポピュラーカルチャー学部非常勤講師。FM京都(α-STATION)『Imaginary Line』(日曜21時)パーソナリティ。『ミュージック・マガジン』『朝日新聞』『VOGUE NIPPON』『The Sign Magazine』『CDジャーナル』など多数のメディアで執筆中。2017年、ウェブ・メディア『TURN』( turntokyo.com )をスタートさせた。Helga Press名義でイベント企画をしている他、2016年には京都の若手音楽家を集めたコンピレーションCDもリリース。
音楽ライター講座を東京(オトトイの学校)で定期的に、京都でも不定期に開催している。

■出店
飲み屋 えるえふる
http://listenandfood.red


関連ニュース