News

2019年05月30日19時00分

 
folk enough、3年振りフルアルバム『Lover ball』7/3発売
 

福岡を拠点に活動するオルタナティブ・ロック・バンドfolk enoughが、3年ぶりにフルアルバム『Lover ball』を7月3日(水)に発売する。

同作は、盟友・飯田仁一郎(Limited Express (has gone?),ボロフェスタ)の主宰するJUNK Lab Recordsよりのリリース。

「総決起集会」など福岡のインディー・シーンをけん引しつつ、前作のアルバムでたどり着いた、一見フォークソングながらも、ブルースやパンクな表現が織り交ぜられたオルタナティブな音楽という境地。今作もそんなテイストを引き継ぎながらも、さらに実験的で緻密なより完成された音楽になっている。

アルバム発売に先駆け、5月30日(木)より、アルバム収録曲の「SUNFLOWER」をストリーミング配信(apple music,spotify)開始。もちろん、OTOTOYからも配信開始されている。また、同時に同曲のMVも公開されている。(岡)

「SUNFLOWER」MVはこちらから
https://youtu.be/9xL9gvaMjDc
「SUNFLOWER」はOTOTOYから配信中
https://ototoy.jp/_/default/p/385160

リリース情報
folk enough
『Lover ball』
2019年7月3日(水)発売
〈収録曲〉
1,K
2,SUNFLOWER
3,WELCOM TO BRILIANT FUTUR
4,GOAST
5,HALF-DONE
6,STILLS
7,FUCK ON GUITAR
8,CAVEMAN
9,METALAIRA
10,ONFIRE
11,BIG CHANCE HOLLY
12,IF I KEPT KNEE
【品番】
JUNK-012
【商品形態】
CD / ダウンロード
【税抜価格】
2000円(税別)
【収録曲数】
12曲

【folk enough プロフィール】
1998年福岡県飯塚市で結成。井上周一の宅録からはじまった彼らの音楽は、60年代以降各年代のさまざまなポップカルチャーを消化し、アメリカン・オルタナティブを色濃く反映したトリオサウンドになる。ビクター傘下のcolla diskなどからの音源作品のリリースやメジャー、インディ問わず多くのミュージシャンとの共演、交流。海外のアーティスト(sebadoh、deerhoof等々)を地元福岡に招聘するなど、まさにD.I.Y.な活動を続ける。2009年、前任のベースプレイヤー大村宗照(井上のいとこ)の卒業。同じくらいの身長の柴田剛がベースプレイヤーとして加入し鉄壁のスリーピースがまた進化をとげた。2012年、バンド初のツインギターでのライブを行うなど果敢な楽曲変化をはかり、2013年より笠原大輔がギターで正式加入。4ピースでのライブを日々実験している。盟友(飯田仁一郎/Limited Express (has gone?),ボロフェスタ)の主宰するjunk lab recordsよりA面2曲、B面2曲のクラブユースアナログ12インチや、リミックス、アコウスティックを織り交ぜた23トラックにも及ぶコンセプト・アルバムのリリース。2016年6/24には同じくjunk lab recordsよりまさにジャンクでライトな7インチシングルをリリース。


S/T

Limited Express (has gone?), DODDODO

¥ 1,528

Experimental Express Explorer

Limited Express (has gone?), Experimental Dental School

¥ 488

関連ニュース