News

2018年10月31日18時37分

 
大森靖子と平賀さち枝が初の共作 ⼭⼾結希企画の映画「21世紀の⼥の⼦」主題歌
 

山戸結希監督が企画・プロデュースを務める映画「21世紀の女の子」(英題:21st Century Girl)。

その主題歌「LOW hAPPYENDROLL --少女のままで死ぬ--」を、大森靖子平賀さち枝が担当。大森靖子が作曲を行い、歌詞はふたりによる共作。歌唱もふたりで行っている。

映画は80 年代後半〜90 年代生まれの新進映画監督、総勢15 名が集結。“自分自身のセクシャリティあるいはジェンダーが揺らいだ瞬間が映っていること”を共通のテーマとして、各監督が8 分以内の短編で表現するオムニバス作品となっている。

各短編の主演には、橋本愛をはじめ、朝倉あき、石橋静河、伊藤沙莉、唐田えりか、北浦愛、木下あかり、倉島颯良、黒川芽以、瀧内公美、日南響子、堀春菜、松井玲奈、三浦透子、モトーラ世理奈、山田杏奈(五十音順)と16名の実力派女優陣が顔を並べている。

主題歌の「LOW hAPPYENDROLL --少女のままで死ぬ--」は、大森靖子と平賀さち枝にとって初となる歌詞の共作・共同歌唱を山戸が提案したところ、ふたりは、快諾したという。

この新曲のサウンド・プロデュースと作曲は大森靖子。作詞に関しては、大森靖子が書き下ろした歌詞を平賀さち枝が汲み取り答えるかのように完成させたとのこと。

「天界で二人の少女が出会い、魂を分け合うイメージの歌を」という山戸からのリクエストの元に、美しいメロディと素晴らしい歌詞に彩られた、これまでのデュエット・ソングの定石を打ち破る、新しい楽曲に仕上がっているという。(前田)

「LOW hAPPYENDROLL --少女のままで死ぬ--」(avex trax)
歌:大森靖子、平賀さち枝
作詞:大森靖子, 平賀さち枝
作曲:大森靖子
編曲:sugarbeans

(平賀さち枝コメント)
初めて大森さんに出会ったあの頃や、遠くから活躍を拝見させてもらっていた時も、大森さんだけが持っている大森さんだけの美しさにときには圧倒され、そして魅了され続けてきました。楽曲制作時、大森さんは頼もしく、そのふところに、私は身を委ねさせてもらいました。大森さんの鮮やかな歌詞を自分の体内に染み込ませていく作業はとても幸せでした。この曲のこと、ふたりのことに向き合っていた奇跡的な時間は胸に大切にしまっておきます。
このような機会をつくってくれた山戸監督に心からの感謝を申し上げます。山戸監督の情熱に触れている時、創作の根本に気付かされ、身の引き締まる思いでした。
この世界で、例え、どんなめにあったとしても、ほかの誰でもない自分の軸で人生を創造していけたら。そんなふうに願って暮らしている21世紀に生きる女の子たちのことを、いつまでも尊敬しています。

「21世紀の女の子」
<参加監督>
山戸結希/井樫彩、枝優花、加藤綾佳、坂本ユカリ、首藤凜、竹内里紗、夏都愛未、東佳苗、ふくだももこ、松本花奈、安川有果、山中瑶子/金子由里奈(監督公募)/玉川桜(アニメーション)

<主演キャスト>
橋本愛/朝倉あき、石橋静河、伊藤沙莉、唐田えりか、北浦愛、木下あかり、倉島颯良、黒川芽以、瀧内公美、日南響子、堀春菜、松井玲奈、三浦透子、モトーラ世理奈、山田杏奈 (五十音順)

企画・プロデュース:山戸結希
公開:2019 年新春 全国劇場公開予定
製作:21 世紀の女の子製作委員会(ABCライツビジネス、VAP)
製作幹事・配給・宣伝: ABC ライツビジネス
製作・配給協力:映画24 区 和エンタテインメント
21 世紀の女の子 公式HP:http://21st-century-girl.com


白い光の朝に

平賀さち枝, Homecomings, 平賀さち枝とホームカミングス

¥ 825

カントリーロード / ヴィレッジ・ファーマシー

平賀さち枝, Homecomings, 平賀さち枝とホームカミングス

¥ 1,222

ポイドル

大森靖子, 来来来チーム

¥ 2,037

HEY HEY HO (movie edit) [feat. 平賀さち枝]

平賀さち枝, ENJOY MUSIC CLUB

¥ 255

関連ニュース