News

2022年05月17日12時00分

 
RCサクセション初武道館が最先端技術で復活―爆音上映会オフィシャルレポート
 

1981年の12月24日に行われたRCサクセション初の日本武道館公演の映像が、5月16日(月) 東京・EX THEATER ROPPONGIで爆音上映された。

この映像は、1980年の満員でも千人にも満たない久保講堂でのライヴを経て、まさにライヴハウスから武道館に飛び出し大ブレイクした5人のメンバーの姿を映し出している。ライヴ映像自体はDVDなどで発売されていたが、今回はそこに収録されていない本編最後の「ステップ!」やMCなども追加された待望の映像だ。

上映はまず、RCサクセションのキーボーディストgee2woの最新インタビューからスタート。これは忌野清志郎の命日5月2日にgee2woのプライベートスタジオで収録されたもの。1990年のRC活動休止直前にバンドを脱退して以来約30年以上もの間、RCサクセションに関しては口を開かなかった彼が語る当時のエピソードやこれからの展望まで、ワインを飲みながらリラックスして当時を語るgee2woの姿に会場の観客は食い入るように見入っていた。上映されたインタビューはコンパクトにまとめられていたが、このインタビューのロングバージョンの公開も期待したいところだ。

その後、武道館の2階客席からのヒキの映像にオープニングの「よォーこそ」のイントロと歓声が重なり本編がスタート。観客の表情までもが鮮明に見えてきた時点でこの映像のレストア技術の高さを実感する。

ボーカル忌野清志郎の汗の一粒一粒、ギター仲井戸麗市の弦の1本1本が見えるほどの鮮明な画像は、このライブが40年前のものだったとは全く感じさせない。それまでの日本の音楽シーンに全く無かった形で登場し、インターネットがない時代に口コミで瞬く間に日本のティーンエイジャーの心を掴み、スーパーバンドにのし上がったその姿・演奏がまるで昨日のもののように感じる。今、このバンドが新しくデビューしても同じように日本を凌駕するだろう。

6月1日に発売される、この映像を含んだ商品のライナーノーツで森内淳氏がこう語っている。

「今でこそJポップやJロックは市民権を得、軽音楽部も普通に存在している。ところが1980年代の初頭においてポップスの主流は歌謡曲であり、ロックリスナーは教室に一人いればいい方だった。それが日本語のロックとなるとリスナーの数はもっと少なかった。当時のロックファンは洋楽至上主義のようなところがあったからだ。RCサクセションはその様相を一変させてしまった。」

上映終了後、会場を後にする観客にコメントを求めると、「実際の武道館にいる気分になった」「こんなバンドが日本に存在したなんて誇りに思う」「ド派手なパフォーマンスなのに1曲1曲が心にグサッと突き刺さりました」など、興奮冷めやらぬ様子で語ってくれた。

今後、この爆音上映会は札幌・名古屋・大阪にて開催される。gee2woのコメントも各会場のバージョンで編集されているとのこと。また、この公演と1983年の渋谷公会堂でのライブ映像の2本立てが、配信でも見られるという情報も解禁された。詳細は6月9日にユニバーサルミュージックのホームページで発表される模様。

※映像のセットリストは以下の通り。
1. よォーこそ 
2. ロックン・ロール・ショー 
3. Sweet Soul Music 
4. ダーリン・ミシン 
5. ガ・ガ・ガ・ガ 
6. 多摩蘭坂 
7. チャンスは今夜 
8. 恐るべきジェネレーションの違い(Oh,Ya!) 
9. あきれて物も言えない
10. トランジスタ・ラジオ
11. ブン・ブン・ブン
12. ステップ! 
<アンコール> 
13. スローバラード 
14. 雨あがりの夜空に

イベント情報
~RCサクセションデビュー50周年プロジェクト Presents~
RCサクセション 「FIRST BUDOHKAN DEC. 24.1981 Yeahhhhhh..........」 爆音上映会
Supported by ぴあ50th
2022年5月16日(月) EX THEATER ROPPONGI
2022年5月17日(火) 札幌PENNY LANE24
2022年5月24日(火) 名古屋DIAMOND HALL
2022年5月25日(水) なんばHatch

<チケット> 「FIRST BUDOHKAN DEC. 24.1981 Yeahhhhhh..........」手ぬぐい付き
一般3,500円
アンダー15チケット(15歳以下)1,800円 
※手ぬぐいは、会場にて、入場時にお渡し致します

・自由席・整理番号付き
・要ドリンク代
・未就学児童入場不可


あわせて読みたい


TOP