バンド・フォーマットで奏でる新しいダンス・グルーヴ──Temple of Kahn、未知数な面白さ詰まった初音源

森大地(ex-Aureole)、萩原朋学(KAGERO / SaraGrace'sOneHotNight)、tsubatics(ex-Aureole / MUSQIS / suthpire)、松本一輝(THE ROAMERS / リリカ リリス)、桑原渉(WINDOWZ)の5人によって結成されたバンド、Temple of Kahn(テンプル・オブ・カーン)。R&B、ソウル、ポストロックなどの音楽を取り入れたダンス・ミュージックで音源発表前から注目を集める彼らが、待望の初EP『Good Luck EP』を11月8日にリリース。前回、彼らを読み解くヒントとなるインディR&B、フューチャー・ソウルのアーティストをまとめた記事を掲載したが、今回初のメンバー・インタヴューを掲載し、その実像に迫る。

未知数の面白さが詰まったデビュー作を配信スタート

Good Luck EP / Temple of Kahn

【配信形態】
WAV、ALAC、FLAC(16bit/44.1kHz) / AAC
【価格】
単曲 250円(税込) / まとめ 1,200円(税込)

【収録曲】
1. Always Hope
2. Sweeper
3. Cut And Past
4. Passing Through The Gates
5. Levitate
6. The Reason
7. Good Luck


Temple of Kahn / Always Hope


INTERVIEW : 森大地、萩原朋学(Temple of Kahn)

左から、萩原朋学、森大地

1年ほど前の構想段階から話に聞いていたバンド、Temple of Kahnがついに初音源『Good Luck EP』を完成させた。「バンド・フォーマットで奏でる新しいダンス・ミュージック」をコンセプトとして打ち出した今作は、意外にもメロウなR&Bテイストの「Always Hope」で幕を開け、トライバルなリズムながら曲の印象はクールな「Sweeper」、作品中随一の疾走感溢れるポップス「Passing Through The Gates」等、様々なビートに乗って時にリッチなシンセが空を駆け、トランペットが咆哮するという、全く表情の違う7曲が並んでいる。なぜここまでプレイヤーの技量が試されるような雑多な楽曲が詰め込まれた作品になったのか? 正直このEPからはまだまだ確固たる音楽性は見えてこない。そして、未知数だからこその面白さが詰まったデビュー作だといえるだろう。そんな“新人バンド”Temple of Kahnの中心人物、ヴォーカル・シンセ担当の森大地(ex-Aureole)とドラムの萩原朋学(KAGERO / SaraGrace’sOneHotNight)に話を訊いた。

取材&文 : 岡本貴之
写真 : 大橋祐希

自分の中で良いプレイヤーだなって思う「オール・スター・チーム」みたいな

──こうして並んでいる2人を見るとやっぱり新鮮ですね。

森大地(Vo.Syn / 以下、森) : ああ~そうかもしれないですね。

萩原朋学(Dr / 以下、萩原) : 両方のバンドを知っているとそうかもしれないですね。

──Aureoleのラスト・ライヴ(2016年11月20日)からちょうど1年経ちました。

森 : そうなんですよね。今回のリリース日とあんまり変わらないなと。意図したことではないんですけど。Temple of Kahn(以下、ToK)が水面下で動き出したのって、Aureoleの解散ライヴより前だよね?

萩原 : 最初のきっかけはそうだと思う。

森 : Aureoleの活動が止まることになって、新しい活動を始めるにあたってこれまで自分が対バンしてきたりヒソミネで見てきた人の中から「オール・スター・チーム」みたいな、自分の中で良いプレイヤーだなって思う人たちを集めたんです。萩原君がいるKAGEROとは対バンをしたり一緒にイベントに出たりしていたんですけど、新鮮だったのが、もう1つのプロジェクトの方でサラ(KAGEROのピアニスト菊池智恵子とのユニット「SaraGrace’sOneHotNight」)でまたKAGEROとは違うドラムを叩いていて。僕はパワフルなドラマーも好きだしグルーヴィーなドラマーも好きなので、その両方の要素を持っていたので、真っ先に声を掛けたんです。ドラフト1位指名で(笑)。

萩原 : ははははは! 僕は大学の同級生がkilk所属のnemlino (ネムリノ)っていうバンドにいるんですよ。うちの白水(悠)もRUPPA(佐々木“RUPPA”瑠)も、nemlinoは知ってたから、森さんのことは「あ、kilk recordsの人なんだ」って認識したのが最初ですね。それから企画に呼んでもらったり呼んだりして。でも、声を掛けられるまで一緒にやることになるとは露ほども思わなかったですけどね(笑)。

Temple of Kahn

──どういう音楽になるんだろうって想像できました?

森 : いや~、全然でしたね。何も話さずに、やり始めてから決めた感じで。「この音楽をやってくれる人」というよりは、「自分が一緒にやりたいと思った人全員がやりたい音楽」っていう感じで、やりたい音楽を後から決めたんですよね。というのも、もともと自分がやりたいことはたくさんあるし、このメンバーじゃなきゃっていう方が強かったから、メンバーありきで始めました。

──お互い、初めて一緒にやってみてどう感じてます? 人として。

森 : 人として(笑)。

萩原 : KAGEROとかでもそうなんですけど、「神輿を担ぎたい」んですよ、俺は。神輿に乗りたいわけじゃないので。上も乗る人が気持ち良いんだったらそれで良いと思っていて。森さんに関して言うと、今までやった人はパーツで持ってくる人の方が多かったんですけど、最初にデモを持ってきたときはビックリしたかもしれない。「どこを変えれば良いんだ!?」っていうくらい出来上がってたので。そこに切り込んでいくにはどうしようっていうのは、いまだにちょっとありますね。

──森さんは意識的に余白を作って渡すようなデモ作りをしないんですか?

森 :逆にそれを知りたいなって思うんですよ。パーツからみんなで作るやり方を。僕が知らないだけで勉強不足なだけだと思っていて。もともとAureoleの1stとかその前も、IDMミュージシャンみたいな打ち込み系で完結させることも得意で。でも、バンドだと完結しすぎるのは勿体ないっていうのもなんとなく思っていて。自分の中では余白を作っていたつもりだったんですけど、そうでもなかったんだなって(笑)。だから、学習した1年でした。「他のバンドはこうやってるんだ?」って。

萩原 : でもそれはどっちが良い悪いじゃないから。ただ、すごくクオリティの高い状態でデモをもらうのって初めてだから、建ててる家をリフォームする感じなんですよね。「この壁の色、勝手に変えていいのか?」って思うんですよ。だからいちいち施主に聞いちゃう(笑)。

森 : そういう意味では僕は設計者ですが、同時に家の主みたいなところもあって。“リフォーム業者”である萩原君が他に手掛けた家(KAGERO / SaraGrace’sOneHotNight)を見て、「そのドラムいいな!」って思うときがすごくあるんですよ。それをToKで使うにはどうすればいいんだろうって、その手段を知りたいと思うことが何回もありましたね、萩原君のライヴを観るたびに。

自分がやりたいのは、「音楽」そのものを第一にした上でのパフォーマンス

──森さんの中にあるToKのコンセプトってどんなものなんですか。

森 : 僕が神楽音とかヒソミネをやってきて感じたことなんですけど、日本ならではのライヴハウスから生まれているバンド文化っていうのは良い面も悪い面もあると感じていて。それは何かというと、ライヴ映えするところに重点を置きすぎているっていうことなんですよね。それは例えばアイドルが「こうすればお客さんが喜ぶ」っていうのがあるように、バンドも「こうすれば盛り上がる」っていうことに重きを置く、というか置きすぎるバンドが多いと思うんです。バンドのほとんどはライヴハウスこそがメインとなる演奏の場じゃないですか? そうなるとライヴハウスのお客さんを喜ばせようっていうのが最重要項目になってきますよね。もちろんそれって良いことでもあるけど、それ一辺倒になっていくと音楽が本来持つべき大事な一面を失うこともあるなって。でも実際今バンドとして評価されているものって、ライヴパフォーマンスとして優れているものだと思ってます。実際自分もライヴハウスでどこかのバンドのライヴを観て「すげえカッコイイバンドだな」って思っても、後で家で冷静になると、「あれ? さっきのあの音楽を今聞こうとか思えないな」とか音楽そのものを愛したわけではないと気付くんですよね。

──その場で消費されちゃうっていうこと?

森 : 一種の大道芸を見ているような、その場では楽しいというか。それは1つのパフォーマンスとしてはとても優れているからそれはそれで良いと思うんですけど、それ以外にも残しておきたい音楽文化もあるなと思っていて。水族館のイルカのショーでもサーカスでもそうなんですけど、知識とか一切なくてもみんなが楽しめるパフォーマンスって強いじゃないですか? 少し違う話かもしれませんが、今の時代は特にその傾向が強まってきているとも思うんです。それはインスタで5秒見て目を惹く写真とか、YouTubeを見て10秒見て気に入らなかったら次の曲を聴くということにも象徴される、即効性こそが重要視されてる時代だなと。好きですけど「フリー・スタイル・ダンジョン」なんかもそうでしょうし。まあとにかくそれはそれで良いものであるということを前提にした上での話なので、決して誰かに対しての攻撃の意図とかは全くないのですが。自分がやりたいのは、「音楽」そのものを第一にした上でのパフォーマンスなんですね。分かりにくいですかね…。自分がそう思った出来事として、例えば〈フジロック〉とか大きいフェスでステージの後ろの離れたところから見た時、ライヴハウスでカッコイイと感じてたバンドのライヴが「あれ? こんなもんだっけな」とガッカリしたことがあったんです。そういうロケーションの時って音楽そのものの重要度の比重がさらに増すんだなと思いました。ライヴハウスの前の方で観ると飛び散る汗とかも加味されての評価になりますもんね。実際にライヴハウスで評価されているバンドの多くは、そういうライヴハウスだから輝けているバンドが多いなという気がしています。それは自分がライヴハウスをやっている身だからこそ思っていることだと思うんですけど。ライヴハウスでもでかいフェスでも良いと思ってもらえて、尚且つ家でも車の中でもリピートしたくなるような音楽をやりたいなっていうのが、そもそものToKのコンセプトにありました。本当に良いライヴを観た後って〈フジロック〉でもライヴでも、帰り道に車内でさっき見たバンドの音源を何度も聞きたくなりますよね。その次の日も1ヶ月後も1年後もその音楽を聞いて楽しめる。「それこそ音楽そのものの良さだよな」って僕は思ってまして。とにかくそういうのを自分はやりたいんです。一応補足しておくと、逆に言うと日本のバンドのライヴパフォーマンスのレベルは相当高いと思いますよ。ただ音楽そのものに関しては、良いバンドももちろんいますが、平均的には正直高いとは思っていないというかんじです。生意気言ってすみません。あくまで個人的な意見として。

──それを言葉にすると、今作は「バンド・フォーマットで奏でる新しいダンス・ミュージック」だったということですか?

森 : それとはまた少し違った話なんですが、神楽音の店長の田中(一臣)君が持論として言っていたんですけど、ビルボードとか海外のチャートを見るとダンス・ミュージックが9割を占めているのに日本では良質なダンス・ミュージックができるハコの比重があまりに少ないということで、それを神楽音のコンセプトにしたんです。僕も確かにそうだなって思って。自分も含めエレクトリック・ミュージック、ダンス・ミュージックを聴く人はめちゃくちゃいっぱいいると思うんですが、バンドフォーマットでそれをやっている人は少ないなと。僕はもっとロックバンドくらいにちゃんとした評価を受けるような1歩進んだダンス・ミュージックをやってみたいなと思ったんです。

──それを音源にしたかったということですね。萩原さんがこれまでやってきた音楽はダンス・ミュージックなのかって問われたらどう答えます?

萩原 : 世間一般で言われるダンス・ミュージックかと言われたら絶対違うでしょうね。そういう音楽をやってた自覚もないし。

森 : サラはある意味ダンス・ミュージックっぽいよね? 俺はミニマル・テクノ感を感じたけど。

萩原 : ミニマルな音楽って、踊るためにミニマルであるってことが大事だと思っていて。同じリズムをず~っと繰り返し聴かされると、やっぱり体は動くんですよ。そういう意味で言うとサラは、パーツパーツで踊らせたいところはあるんですけど、長持ちしないので(笑)。展開が変わって行くタイプだから。どちらかというとプログレ寄りですね。体を動かそうっていう意識はあんまりないかもしれない。でもクラブのフロアでずっと4つ打ちのキックを聴いてると、人がこれを聴いて踊ってくれなかったら、こんなに執拗に同じBPMで4つ打ちをやり続けるのって音楽としてツライだろうなって思うんですよね。でもたぶん、それに乗ってくれるお客さんがいて自分もテンションが上がるっていうのがあるから、ダンス・ミュージックをやろうっていう人が多いんだと思うんですよ。それは昔のソウル・ファンクも同じで、1時間くらい同じビートでひたすら続くっていうのは、みんなで同じものを同じように長時間聴いて飛ぶっていうのが根本なんだろうなって。そう思うと自分はダンス・ミュージックをやってるのかっていうと違うと思うんですけど。

──森さんは今作を作る上で萩原さんが叩くイメージを前提にデモも作っているんですか?

森 : う~ん…。

萩原 : 俺が答えるけど、それはないですね。

一同 : (笑)。

──さっきの話からするとそうですよね(笑)。

萩原 : それも俺にとってはカルチャー・ショックだったんですよね。バンドでパーツからセッションで作っていくと、どうしてもやってるときに人の顔が浮かぶんですね。目の前で鳴ってる音は限りがあるので、否応にも作り手の顔をイメージしてしまうというか。サラに関しても、「智恵子ならこう弾くだろう」とか弾けるだろうとか考えるから、そこに全然違う音が思い浮かぶことってないんです。でも森さんの場合、それがあるから面白いと思っていて。普通どうやったって、そこに人情みたいなものが出るんですよ。でもそこはすごくドライなところで。

森 : ドライ(笑)。

萩原 : 自分の出したい音が忠実にあって、それが作っているDTMの中にあったらそれが実現できるかよりは、音楽としてその音が欲しいと思って作っている感じですよね。ただ、それを再現してくれとは言われないんですよ。それにプラス・アルファしてくれっていうのが、すげえハードル高ぇなって(笑)。

森 : ははははは!

萩原 : でも再現するだけだったらバンドの意味がないから、そりゃそうだなって。

森 : まあ、その文化を知らないコミュ障みたいな感じだと思うんですけど。「そうだったのかぁ」って。

一同 : (爆笑)。

萩原 : 無意識だもんね、たぶん。

森 : しかも、そっちの方が喜ぶかなと思ってたというか。人の気持ちがわからない悲しきモンスターですよ(笑)。

萩原 : (笑)。でもそこが意固地なわけじゃなくて、本当にその音が良いと思って作ってるんですよね。今回、このバンドで電子パッドを初めて使ったんですけど、本来ドラムは電気を通さないから、音色もマイキングに関して言うならPAとやるものだし、音を出すなら自分のフィジカル次第じゃないですか? でも電子楽器ってフィジカルが関係ないから、最初はセッティングが大変で。生楽器は自分で音量を選べるけど、電子楽器はそれも選べるし。「この音はもうちょっとこうならないか」っていうやり取りをすごくしたんですよね。それは生楽器なら自分が体でなんとかすればいいけど、電子パッドはそれができないもどかしさはありましたね。それに、森さんは細かいところがそんなにわかるんだなって。任せてくれないわけじゃないんですけど、明確に目指したい音があるんだなって思いましたね

Aureoleで成し遂げられなかったことをやりたい

──「Sweeper」なんかはもしかしたら萩原さんがリードして作った曲なのかなって思ったんですが。

萩原 : これも森さんなんですけど、俺はこの曲はすごく好きですし、やりやすかったですね。「ダンス・ミュージックをやろう」って話したことはないけど、フォーマットとしては踊るんだったらこれだろうっていう。

森 : この中だと1番新しい曲だよね。先に発表した「Cut And Paste」と「Good Luck」までの5曲とここに入ってない1曲だけ今年の前半には録り終っていて。どうやって出そうかって考えているうちに「Always Hope」「Sweeper」ができて。Twitterとかでも言ってるんですけど、『Good Luck EP』のリリースって11月12日(日)にあるリリパありきで決めたんですよ(笑)。もしかしてリリパが決まってなかったらまだリリースしてなかったかもしれないですね。

──森さんはこのバンドではギターを弾かないんですか?

森 : RECでは弾いてないんですけど、ライヴでは弾いてます。

萩原 : 好みとかあるんですか? 音源と全く同じクオリティでライヴをやる方が好きなのか、ライヴでその場の勢いが出ているのと。

森 : それは後者の方が好き。ライヴは今その傾向にある感じですね。3、4回目から掴めるようになってきて、新曲も作っているのでそれも手応えもあって早くアルバムを作りたいんですよ、ようやく方向性が見えてきたので。それはこのEPのどの曲とも違う方向かもしれないんですけど(笑)。

──1曲目「Always Hope」と6曲目「The Reason」が全然違いますもんね。

森 : 「The Reason」はライヴでも萩原君のドラムが前に出るし、KAGEROファンにも人気ですね。今作ってる曲はエレクトリックで暗い雰囲気だけどライヴ映えもしそうなカッコイイ曲に仕上げられそうです。

──Temple of Kahnでこれから実現したいことってどんなことがあります?

森 : 個人的には、Aureoleで成し遂げられなかったことがいっぱいあるので。例えば九州とか北海道でライヴをしたことがないのと、大きいフェスに出たいっていうことですね。あとはとことんやりたいことをやろうと思ってます。それと、男だけのバンドに憧れていたということもあって。Aureoleで成し遂げられなかったことをやりたいっていうのが個人的な隠れコンセプトですね。

萩原 : とにかくヘルシーに続けたいです。なるべくお金の心配をせずに時間がさけて、定期的に出る場所があるっていうところを崩したくないですね。地方にもライヴに行きたいですし。とはいえまだ僕らはライヴハウスにもそんなに出ていないので、色んなところでやれる地肩をつけないといけないけど。大津君のPAじゃないとまだ音を出すまでが大変ですし。

──新人バンドですもんね。

森 : 本当そうなんですよ。

萩原 : 初ライヴはヤバかったですもん。30歳過ぎてこんなに緊張するのかっていうくらい(笑)。

森 : 『Good Luck EP』も、どういう受け入れられ方をするのかなって緊張します。是非聴いてみてほしいです。

Temple of Kahn 関連作品、特集記事はこちら

これまでの特集記事
>>OTOTOY編集長・飯田仁一郎が語るAureoleの魅力とは?
>>高野修平が仕掛けたマーケティングに迫る
>>『Reincarnation』メンバーインタヴュー 前編
>>『Reincarnation』メンバーインタヴュー 後編

LIVE INFORMATION

Temple of Kahn “Good Luck” release party
2017年11月12日(日)@神楽音
Open 18:30 / Start 19:00
出演 : Temple of Kahn / TAMTAM / LAGITAGIDA / マドナシ(キツネの嫁入り)

PROFILE

Temple of Kahn

vo/syn : 森大地(ex-Aureole)、ds : 萩原朋学 (KAGERO / SaraGrace’sOneHotNight)、b : tsubatics (ex-Aureole / MUSQIS / suthpire)、gt : 松本一輝 (ex-THE ROAMERS / リリカ リリス )、syn/tp : 桑原渉 (WINDOWZ) による5人組バンド。2017年5月より都内を中心に活動を行っている。初ライヴは神楽音のこけら落としとなる公演でハイスイノナサ、WOZNIAKと共演。電子パッドやサンプラーを用いた打ち込みを使用しない人力プレイのライヴは、音源とはまた一味違うライヴ・バンドとしての高い評価も得ている。11月には神楽音でTAMTAM、マドナシ(キツネの嫁入り)、LAGITAGIDAを招いたリリース・パーティーも決定。

>>Temple of Kahn official site

o

 
 

インタヴュー

15周年のneco眠る、新作アルバムはあえて無責任につくった?! ──『Typical』を独占ハイレゾ配信開始
[CLOSEUP]・2017年11月22日・15周年のneco眠る、新作アルバムはあえて無責任につくった?! ──『Typical』を独占ハイレゾ配信開始 今年2017年に結成15周年を迎えた“neco眠る”。そんなアニバーサリー・イヤーに、彼らから新作アルバム『Typical』が届きましたよ〜!! 新メンバー・おじまさいり((Key from CASIOトルコ温泉)加入後初、そして実験性とポップ・センスが高次元で結合した前作『BOY』以来、実に3年ぶりとなるフル・アルバムとなっております!!! 初期作を担当していた森雄大(Gt)、前作で全曲の作曲を担当したBIOMAN(Synth)、栗原ペダル(Gt)、そして新メンバーのおじまさいりがソングライティングを担当、さらにスチャダラパーやロボ宙、安部勇磨(never young beach)なども参加し、各人の個性が爆発した10曲を収録! そんなバラエティに富んだポップで踊れる今作『Typical』を独占ハイレゾ配信を開始するとともに、メンバーの森雄大、おじまさいりへのインタヴューを掲載します! 3年ぶりフル・アルバム! ハイレゾはOTOTOYだけ! neco眠る / Typical'【配信形態】AL
by JJ
「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース
[CLOSEUP]・2017年11月22日・「やっといまのPolarisになったな」──Polarisの新たな魅力が凝縮された新作『走る』をリリース 数々のアーティストのプロデュースや映画音楽の制作、ソロ・プロジェクトなど、多岐に渡り活躍するオオヤユウスケと、フィッシュマンズ、So many tearsとしても活動する柏原譲によるユニット、Polarisが2年9ヶ月ぶりとなる新作ミニ・アルバム『走る』をリリースした。〈bud music〉へと移籍後初のアルバムリリースとなる今作は、Nabowaの川上優がサポート・ドラムとして参加。新曲5曲に加え、フィッシュマンズ「SEASON」のカヴァーを含めた6曲を収録し、新たなPolarisのサウンドが凝縮されている。OTOTOYでは今作を1ヶ月独占ハイレゾ配信とともに、オオヤユウスケ、柏原譲の2人へのインタヴューを掲載。今年彼らがどのような活動をし、このアルバムをリリースしたのか、話を訊いた。 2年9ヶ月ぶりの新作をハイレゾ配信! Polaris / 走る (24bit/96kHz)'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/96kHz) / AAC>>>ハイレゾとは?'【配信価格】単曲 300円(
by ?
大西順子、ジャズ・ピアノストを語る
・2017年11月21日・大西順子が語る、ジャズ・ピアノ──アート・テイタムから現代まで つい先ごろ、約8年ぶりのピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして初のバラッド集『Very Special』と2枚同時に新作をリリースしたばかりのジャズ・ピアニスト、大西順子。OTOTOYでは新作に関するインタヴューに続いて、こちらのページではその後編、特別企画として、ジャズ評論家、柳樂光隆を聞き手に、大西にレジェンダリーなアーティストから現代にいたるまでのジャズ・ピアノに関して語ってもらった。レジェンダリーなジャズ・アーティストたちに直接師事、またはバンドのいちいんとして共演し、まさに世界レベルで活躍してきたピアニストたる大西の、その審美眼を通して分析される、ジャズ・ピアノはまさに目から鱗ものの情報ばかりです。 大西順子、新作2作に関するインタヴュー前半こちら 8年ぶりとなる待望のレギュラー・トリオ作品大西順子トリオ / Glamorous Life(24bit/96kHz)'【Track List】01. Essential 作曲 : 大西順子02. Golden Boys 作曲 : 大西順子(モントルーL
ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る
[CLOSEUP]・2017年11月13日・ニッポンのロックンロールに、新たなモッズの風が吹く? ──Layneの1stアルバム『Be The One』に迫る 湘南在住、ザ・ビートルズ、オアシス、ザ・フーなどの英国音楽をはじめ、ザ・コレクターズなどのモッズ・ミュージックの影響も感じさせる4人組バンド・Layne。9月に先行リリースした7インチをきっかけに早耳リスナーの中で話題を呼んだLayneが、満を持して〈Youth Records〉から1stアルバム『Be The One』をリリース! 狂おしいほどのロックンロール・サウンド満載の10曲が収録されています! andymoriなどを輩出した〈Youth Records〉からの、新たな才能の誕生に、絶対に立ち会うべきです! このインタヴューを読めば、Layneがどんなバンドなのか丸わかり! ぜひアルバムとともにお楽しみください。 ニッポンの音楽をアップデートする、記念すべき1stアルバム! Layne / Be The One'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(16bit/44.1kHz) / AAC【配信価格】単曲 250円(税込) / アルバム 2,488円(税込)【収録曲】''1. ステ
by ?
世界を旅した音楽家・谷澤智文、長編3部作の第2部完成! 第1部とともに独占ハイレゾ配信開始 & 自宅兼スタジオ、農園に潜入!
[FEATURE]・2017年11月11日・音楽と農業のあるライフスタイル──谷澤智文の農園、自宅兼スタジオに潜入! 最新作の独占ハイレゾ配信も! かつてはメジャー・レーベルに所属し、アニメの主題歌なども手がけていた音楽家・谷澤智文。東日本大震災を経たことで彼の価値観は大きく変わり、2012年に彼は今までの活動をなげうって世界放浪の旅に出た。帰国後は生活のサイクルを変え、現在は東京を離れて埼玉県加須市にて新たな生活をしながら音楽活動を続けている。昨年2016年にはアコースティック宇宙奏楽長編3部作「”ぼくらはみんな”シリーズ」と銘打った第1作目『ぼくらはみんなスペーシー(We Are All Spacy)』をリリース。そしてこの度、制作期間1年半の時を経て第2部となる『ぼくらはみんなエイリアン(We Are All Alien)』が遂に完成した。 自身の演奏に加え、これまでの活動や旅で出会った仲間たちのサポートによって産まれた今作は、壮大な世界観と細部までこだわり抜かれた彼の美学が込められた渾身の1作。アートワークは前作に引き続き、気鋭の漫画家・panpanyaが担当、アルバム特設サイトには詩人・谷川俊太郎からのコメントも寄せられているので、
渋谷慶一郎のレーベル、ATAKの過去音源配信開始、第3弾
・2017年11月11日・ATAK過去作配信第3弾、今回は渋谷慶一郎の1stソロ、そして渋谷の原点となったアーティストの作品も 2017年9月11日より、毎月11日に、半年に渡って渋谷慶一郎が主宰レーベルのATAK過去作品を配信リリース。OTOTOYでは各作品に関して、毎回、ライター、八木皓平による渋谷慶一郎本人へのインタヴューを行い解説をお送りします。第3弾は、2004年リリースの渋谷慶一郎の1stソロ・アルバム『ATAK000』にボーナス・トラックが2曲加わった、2011年の『ATAK000+』。そして渋谷慶一郎が音楽の道を志すきっかけとなった、実験音楽の巨星、高橋悠治の関連作2作。『ATAK002』での共演から親交をさらに深め、〈ATAK〉からのリリースとなった、高橋悠治のソロ作で、電子音楽作品によるフル・アルバムとしては12年ぶりとなった『ATAK006』。そして、こうした交流が渋谷慶一郎とmaria、そして高橋悠治との共演ライヴへと結実、凄まじい緊迫感の中繰り広げられたこのライヴのドキュメントとなった『ATAK007』の3作品だ。インタヴュー : 八木皓平 ミニマリズムは結構強力な乗り越える対象としてあって ──いま、パ
by 八木 皓平
大西順子、バラッド集&ピアノ・トリオ新作を先行ハイレゾ配信スタート
・2017年11月10日・大西順子、待望の8年ぶりのレギュラー・トリオと、初のバラッド集をリリース──先行ハイレゾ配信 2度の活動休止(2012年には引退宣言も)からの復活を遂げ、昨年は菊地成孔プロデュースによるニュー・アルバム「Tea Times」をリリース「Tea Times」をリリースするなど、ここにきてまた活動を活発化させているジャズ・ピアニスト、大西順子。そんな活動の勢いを象徴するように2枚のアルバムを同時にリリースする。まずはファン待望、8年ぶりとなる待望のピアノ・トリオ・アルバム『Glamorous Life』、そして彼女が10年以上、そのアイディアを温め続けてきたという初のバラッド集『Very Special』の2枚だ。OTOTOYではこの2作を、11月15日のCDリリースを前に、24bit/96kHzのハイレゾ音源データにて、先行配信開始いたします。さらには本作を巡るインタヴュー敢行。『Jazz The New Chapter』監修のジャズ評論家、柳樂光隆によるインタヴューを掲載いたします。また次週には同インタヴューの後編として、往年の名ジャズ・ピアニストに関して、柳樂が大西に問う特別企画も掲載予定です。そちらもお
10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 & インタヴュー掲載
[CLOSEUP]・2017年11月08日・10年前に想像してた10年後よりも楽しく音楽をやれてる──GHEEEの、5thアルバムを独占ハイレゾ配信 PLAGUES、PEALOUT、ZEPPET STOREといった90年代中盤以降のギター・ロック・シーンを担ってきたメンバーを中心にHisayo(tokyo pinsalocks / a flood of circle)が加わり2007年に結成されたドリーム・バンド、GHEEE(ギー)。個人やその他のバンドでの活動と共に4枚のアルバムを発表しつつ、今年で結成を10周年を迎えた彼らですが、この度5枚目のアルバムとなる『CINQ(サンク)』を完成! OTOTOYでは今作をハイレゾ独占配信すると共に、フロントマンである近藤智洋と深沼元昭へのインタヴューを掲載。10年の歩みを感じる、今までのアーティスト写真やライヴ写真と共にお楽しみください! 結成10年目のアニヴァーサリー作!! ハイレゾ配信はOTOTOYのみ!!GHEEE / CINQ'【配信形態】ALAC、FLAC、WAV(24bit/48kHz) / AAC 【配信価格】単曲 324円(税込) / アルバム 3,780円(税込)【収録曲】''01.