Monthly Best Selling (Rock) Integrated

1

RADIO ONSEN EUTOPIA
High Resolution

RADIO ONSEN EUTOPIA

Pop

やくしまるえつこ

やくしまるえつこ「RADIO ONSEN EUTOPIA」。2013年に発表され、屈指の人気を誇るスタジオライブアルバム。『ヴィーナスとジーザス』『COSMOS vs ALIEN』『ノルニル』『少年よ我に帰れ』『ヤミヤミ』『ときめきハッカー』『ロンリープラネット』、そして「みんなのうた」から『恋するニワトリ』『北風小僧の寒太郎』『キャベツUFO』『ラジャ・マハラジャー』『メトロポリタン美術館』、とオリジナル曲/カヴァー曲の垣根なく構成され、インプロヴィゼーションを交えた一発録りスタジオライブ録音で演奏されている。なかでも、アルバムのフィナーレを飾る大作『ロンリープラネット』は相対性理論のライブにおいてもたびたび重要なシーンで演奏される楽曲で、10分近くに渡り圧巻のパフォーマンスが展開される。 Produced by やくしまるえつこ / やくしまるえつこ(Vo&dimtakt & EOG)、大友良英(Gt)、木暮晋也(Gt)、永井聖一(Gt)、NARASAKI(Gt)、吉田匡(Ba)、山口元輝(Dr&Per)、itoken(Dr&Per)、高良久美子(Vib & etc.)、宮地夏海(Flu)、エマーソン北村(Key) / Recording & Mixing: zAk

2

panta rhei
High Resolution

panta rhei

Rock

tacica

tacica 3年振り7枚目となるオリジナルフルアルバム。今作は2018年にリリースした「ordinary day/SUNNY」,「煌々/ホワイトランド」の両A面シングル2作品に、新曲8曲を加えた全12曲を収録。アルバムタイトルの「panta rhei」とは"万物は流転する”という意味を持ち、絶え間なく変化していく日々を切り取った多彩な表情を見せる一枚に仕上がっています。

3

Lovin' You
Lossless

Lovin' You

Rock

佐藤千亜妃

カネボウ化粧品「ALLIE」 Web Movie オリジナルソング

4

火の玉ロック
Lossless

火の玉ロック

Rock

台風クラブ

ファーストアルバムが各所で話題沸騰!多くのアーティストから称賛を浴び、CDショップ大賞準大賞受賞、フジロック出演、銀杏BOYZのツアーゲストを務めるなど、その確かな音楽性と圧倒的なライブパフォーマンスで全国各地の音楽ファンを唸らせた京都の三人組・台風クラブ。待ちに待たれた新曲は、石塚淳(Vo/Gt)がバンドを始めてから出会って、そして解散してしまった愛するバンドたちを歌った感動的な名曲。

5

NO GIRL NO CRY (SILENT SIREN ver.)
Lossless

NO GIRL NO CRY (SILENT SIREN ver.)

Rock

SILENT SIREN

「NO GIRL NO CRY」 Poppin'Party ver. / SILENT SIREN ver.が4/19に同時リリース!

7

THE ANYMAL
High Resolution

THE ANYMAL

Rock

Suchmos

昨年、NHKワールドカップテーマ曲「VOLT-AGE」で年末の紅白で世間を沸かせ、9月8日に横浜スタジアムワンマンライブも決定したSuchmos。今もなお、ロングセールス中でビックヒットとなった2nd Full Album『THE KIDS』から2年振りとなる待望の3rd Full Albumリリース決定!J-WAVE 30th Anniversary Song「WATER」を含む、全新曲の意欲作。

8

わたしは人類
High Resolution

わたしは人類

Pop

やくしまるえつこ

やくしまるえつこが「人類滅亡後の音楽」をコンセプトにバイオテクノロジーを用いて音源と遺伝子組換え微生物で発表した作品『わたしは人類』。本作は世界最大の国際科学芸術賞アルスエレクトロニカ・STARTS PRIZEのグランプリを受賞し、国内外の美術館や芸術祭で展示。 更に金沢21世紀美術館での展示バージョンである「わたしは人類 (ver.金沢)」は、同館によってコレクション作品として収蔵される(金沢21世紀美術館がポップミュージック / バイオアート作品をコレクションとして収蔵するのは同館史上初めて)など、様々な領域を横断して衝撃を与えた。『わたしは人類』はシアノバクテリアの遺伝子情報を用いて作曲した楽曲をDNA配列に変換して、さらにシアノバクテリアのゲノムに組み込む、遺伝子組換え微生物によるバイオアートであり、非常に長い寿命を持つDNAをストレージとして、組み込まれた楽曲をアーカイブ、ポストヒューマンへと伝達するという、新しい音楽-伝達と記録、変容と拡散-の形を探る試みである。 / 「やくしまるえつこの『わたしは人類』は、生命を情報を記録・複製する一種の機械とみなすことによって音楽の構造や制度を解体し、既存の概念を揺るがす。だからこそ、わたしたちは、それを一瞬の娯楽やありふれた時代のサンプルとしてではなく、連綿と続く伝統を革新し、新たな表現の歴史を切り開く真の芸術作品としてみるのだ。なにより、ひとつの楽曲としては、きわめて多面的な側面を含む『わたしは人類』もまた、彼女の探求のごく一部が結晶化したにすぎず、さらなる予想外の可能性を開くための契機のひとつにほかならない。やくしまるえつこが、一介の音楽家ではなく、現代のアーティストを名乗るにふさわしい理由は、ここにある。」高橋洋介(金沢21世紀美術館キュレーター)

9

JUSTadICE

JUSTadICE

Rock

大森靖子

アニメ『ブラッククローバー』オープニングテーマ

11

Ghosts
Lossless

Ghosts

Rock

ミツメ

「エスパー」「セダン」収録、待望のニューアルバム『Ghosts』をリリース!2018年はタイと韓国でのフェス出演や、上海でのワンマンライブがソールドアウト、FUJIROCK FESでも文句なしのパフォーマンスを披露、自由さはそのままに、海を越えて勢いにのるミツメ。その活動スタンスは音楽業界のみならず多方面からの注目を受け、TVアニメへの楽曲提供、文芸誌への登場や、グッズがファッション誌に取り上げられるなどインディーシーンにいながら活躍の場を広げています。そんな異色の存在感を放ち続けている彼らが、2016年の傑作アルバム『A LONG DAY』以来、3年ぶりのニューアルバム『Ghosts』を4月3日にリリースです。ミツメらしいポップさを突き詰め、話題となった先行シングルから「エスパー」「セダン」の 2 曲も収録。この 2 曲でみせたポップネスはそのままに、決して明文化できない、どこにもないようなサウンドスケープ、リズム・アンサンブルへの挑戦。ミツメらしい複雑なサウンドプロダクションが加わる事で唯一無二な楽曲になった「ディレイ」や「なめらかな日々」、SF小説のような歌詞の世界が新しいモードを感じさせる「エックス」など、なくなってしまったものや、過ぎ去って行ったこと、それらの面影を感じる11篇の物語。ミツメにしか描けない、ミツメの世界を追求した本作は、白と黒ではなく、生活に溢れ出す多面性を受け入れ、あくなき実験で生まれた、意識を越えてつむぎだされたサウンドと言葉。それは、受け手がふとした、何気ない瞬間に共感できる音楽として成立している。また全編に漂う、優しげな音風景は根源的な「アンビエント(包み込む)」ミュージックなのかもしれません。独立峰として、どんどん大きさを増すミツメ、現在の最高地点は音楽史に残る1枚へ。レコーディング・ミックスは、過去作全てを担当してる田中章義、マスタリングは、山崎翼が担当。アートワーク、プロフィール写真はトヤマタクロウ、米山菜津子によるデザインはアートピースとして本作の重層的な魅力となっている。

12

THE XXXXXX
Lossless

THE XXXXXX

Rock

THE XXXXXX

TAKAYUKI YAMADA(Vo)、GO AYANO(G)、ASAHI UCHIDA(Syn)からなるバンド・THE XXXXXXが1stアルバム『THE XXXXXX』をデジタル配信リリース

13

一閃
Lossless

一閃

Rock

そこに鳴る

最終的に全てをぶった切りたいから「一閃」!緻密に構築されたアンサンブル。孤高の超絶テクニカルサウンド。男女の幾重にも重なりあう独特の和メロそしてハーモニー。彼らの過去5作品から得た全てのそこに鳴る重厚サウンドがここに臨終、そして...涅槃。

14

Back To The 80's
Lossless

Back To The 80's

Rock

ザ・リーサルウェポンズ

80年代を彷彿とさせるルックスとサウンドで人気急上昇中の日米混成バンド。今回のデビューアルバムは王道の西海岸系ポップスをはじめHi-NRG、ハードロック、パンク、シンセウェイヴ、ホラー映画風プログレ等、古き良きシンセサウンドの芯を保ちつつも多彩な仕上がりとなっている。

17

Saw Lightning
High Resolution

Saw Lightning

Rock

ベック

タイトルは「I Saw Lightning」。ファレルが共作&プロデュース! Beatsが史上最大の広告費(約130億円!)をかける新キャンペーンソングに選出

19

放課後ディストラクション
High Resolution

放課後ディストラクション

Pop

やくしまるえつこ

アーティスト兼プロデューサーとして相対性理論など数々のプロジェクトを手がけ、ポップミュージックからアートまで唯一無二の活躍を続けるやくしまるえつこが、相対性理論『天声ジングル』、Yakushimaru Experiment『Flying Tentacles』、セーラームーン主題歌『ニュームーンに恋して』、そして世界最大の国際科学芸術賞アルスエレクトロニカ・STARTS PRIZEグランプリを受賞した『わたしは人類』を経て発表した待望の新曲『放課後ディストラクション』は、押切蓮介原作「ハイスコアガール」のED主題歌。押切からの「(「ハイスコアガール」のヒロイン)大野さんの心を代弁してくれる歌声をもった人は、やくしまるさんしかいない」と熱烈なオファーを受けて実現。放課後と革命が同居するまさにやくしまるならではの楽曲で、原作者も太鼓判の主題歌である本作は、やくしまるえつこ・相対性理論楽曲の最新進化版サウンドとして音楽ファン・原作ファン・アニメファンと多彩なリスナーから絶大な人気を博している。演奏にはやくしまるに加え、相対性理論の盟友でもある2人、永井聖一と山口元輝も参加。音楽・アートワーク共にこれまでのやくしまる・相対性理論作品と同様にやくしまるえつこが全面プロデュース&ディレクション。レコーディング&ミキシングは米津裕二郎(M3のみzAk)、マスタリングは砂原良徳。カップリングには、表題曲をやくしまるえつこプロデュースのもとmolt beats(相対性理論のドラマー・山口元輝の別名義)がリミックスした『放課後ディストラクション [おまじない remix]』と、 やくしまるが活動当初より披露している自作朗読セッション『ひとつ半』を収録。 / 「やくしまるさんは大野さんの心の代弁者。若しくはミュージシャンになった大野さんそのものでねぇのか。」 押切蓮介

20

9999
High Resolution

9999

Rock

THE YELLOW MONKEY

19年ぶり、9枚目のオリジナルアルバムリリース決定! 2016年の再集結以降に発表してきた『ALRIGHT』『ロザーナ』、シングル『砂の塔』(TBS系金曜ドラマ『砂の塔~知りすぎた隣人』主題歌)、デジタル配信された『Stars』、『Horizon』(映画『オトトキ』主題歌/『FINAL FANTASY XV』2 Year Anniversaryテーマソング)、『天道虫』(テレビ東京 『天 天和通りの快男児』主題歌)を収録。 新曲『I don’t know』は2019年1月10日からスタートするテレビ朝日系列木曜ミステリー『刑事ゼロ』の主題歌に決定。この楽曲もアルバムに収録される。

21

あたりまえつこのうた
High Resolution

あたりまえつこのうた

Pop

やくしまるえつこ

2018年1月〜OAされたNHK Eテレの科学教育番組「カガクノミカタ」では、やくしまるえつこがオリジナルソングの制作・歌唱を担当し、オリジナルキャラクター『あたりまえつこ』が登場する新作アニメーション「あたりまえってなにかしら」を毎週放送。日常の「あたりまえ」の中に潜む不思議を、全10回全て異なる歌詞とアレンジで、やくしまるえつこが歌にし人気を博したこの『あたりまえつこのうた』が音源化の要望に応え、”いちばん”から”じゅうばん”まで全て配信スタート。哲学的・科学的な世界観を極上のポップソングに仕立てた10曲。ジャケットイラストはアニメーションの原案原画を担当した絵本作家・ヨシタケシンスケによる描き下ろし。

22

ハルノヒ

ハルノヒ

Pop

あいみょん

4月19日公開「映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~」主題歌を先行配信!「クレヨンしんちゃん」の大ファンだというあいみょんは、本作の脚本を読み新曲「ハルノヒ」を書き下ろし。しんちゃんの両親である野原ひろしとみさえの“いまさらの新婚旅行”を描いたストーリーから、原作やレギュラー放送の中で描かれた≪ひろしのみさえへのプロポーズ≫に着想を得て、「ひろし目線」で主題歌を書き、ひろしがみさえにプロポーズした場所である「北千住駅のプラットホーム」というフレーズから始まるなど、ひろしとみさえの2人の姿を中心に野原家の家族愛を歌った楽曲となっている。

23

時代おくれ

時代おくれ

Rock

萩原健一

「大坂で生まれた女」(BORO)「酒と泪と男と女」(河島英五) をヒットさせたカヴァーの名人''萩原健一''が阿久悠トリュビュートとして名曲「時代おくれ」(河島英五) 7年ぶりのレコーディング!人生の四季を味わったショーケン、感動の歌声!!

24

スパイラル
Lossless

スパイラル

Rock

ストレイテナー

ストレイテナー、幕張イベントホール公演のためにホリエアツシが書き下ろした新曲「スパイラル」を配信リリース!

25

偽善からはじめよう
Lossless

偽善からはじめよう

Rock

江沼郁弥

江沼郁弥ソロ・プロジェクト初となる3ヶ月連続デジタル・シングル第2弾、 新曲 「偽善からはじめよう」

26

Cakes (PCM 48kHz/24bit)
High Resolution

Cakes (PCM 48kHz/24bit)

Rock

Homecomings

2018 年、京都アニメーション制作映画『リズと青い鳥』主題歌やNHK『シャキーン!』への楽曲書き下ろし、京都新聞のイメージキャラクターに就任するなど、多方面での活躍で注目を集めているHomecomings。10 月にリリースしたサード・アルバム『WHALE LIVING』(ホエール・リビング)は、初の日本語詞でのアルバムとなり、新たな層へのアプローチも成功しました。今回リリースとなる、映画『愛がなんだ』の主題歌『Cakes』(ケイクス)は、監督からの直々のオファーを受けて制作。映画とリンクしながら、これまでより内面に一歩踏み込んだ歌詞、深化した音像がありながらも、Homecomings らしいサウンドに仕上がっています。曽我部恵一による『Cakes』、Family Basik による『BUTTERSAND』のリミックスも収録。

27

ソルジャーガールズ
Lossless

ソルジャーガールズ

Rock

FERN PLANET

前身バンド:Rick Rack時代の人気曲であり、YouTubeでの再生回数が100万回を超える「ソルジャーガールズ」を現メンバーでついに新録。FERN PLANET待望のファーストシングル。

28

mikazuki
Lossless

mikazuki

Rock

GROUP

メランコリックかつフィジカル、真にエモーショナルな唯一無二のインストゥルメンタルを奏でるバンド、GROUPが帰ってきた! 前作『Before Turning Off the Light』以来じつに15年ぶりとなる待望のニュー・アルバム! なんと美しく、優しく、切なく、狂おしく、雄弁なインスト音楽だろう。名状しがたい感動が押し寄せてくる……。

Caution: The order might change without any notice because it depends on the genre which the musicians belong to.

ページトップへ

json version of me