Monthly Best Selling (Jazz/World) Integrated

1

Still Water
High Resolution

Still Water

Jazz/World

Ovall

メンバーのShingo Suzuki、mabanua、関口シンゴ 全員がプロデューサーとしてそれぞれにキャリアを積み上げ、音楽家としても未だ成長を続けるバンド Ovall が、5年の時を経てガチンコで向き合った4thアルバムをリリース。原点回帰し「Ovallとは何か」「音楽とは何か」を再考した末に生み出された珠玉の8曲をパッケージ!

2

RIGHT NOW
High Resolution

RIGHT NOW

Jazz/World

CASIOPEA-P4

CASIOPEA デビュー45周年! CASIOPEA-P4 3周年! 45年を経てさらに進化を加速する日本を代表するFUSION MUSIC SCENEの雄CASIOPEA。 全曲書き下ろし新曲。最高のサウンドをお届けします。

3

async
High Resolution

async

Classical/Soundtrack

坂本龍一

坂本龍一8年ぶりのオリジナル・アルバム!

Bonus!

4

Dynamics(24bit/96kHz)
High Resolution

Dynamics(24bit/96kHz)

Jazz/World

H ZETTRIO

昨年、デビュー結成10周を迎え、「単一音楽ユニットによるデジタルシングル連続リリース月最多数」というカテゴリーでギネス世界記録を樹立したH ZETTRIOの9枚目のオリジナルアルバム「Dynamics」は、2019年から始まった連続配信シングルの記録的な軌跡を飾る12曲を収録している。また、ボーナストラックとして「Dynamics」のステム音源が3バージョン含まれており、ドラムとピアノ、ピアノとベース、ドラムとベースのペアによる生々しい演奏が堪能できる。

5

「アンメット ある脳外科医の日記」オリジナル・サウンドトラック
Lossless

「アンメット ある脳外科医の日記」オリジナル・サウンドトラック

Jazz/World

fox capture plan

2024年4月期カンテレ・フジテレビ系月10ドラマ「アンメット ある脳外科医の日記」オリジナル・サウンドトラック。 “記憶障害の脳外科医”という前代未聞の主人公が、目の前の患者を全力で救い、自分自身も再生していく新たな医療ヒューマンドラマ。原作は、モーニング(講談社)にて好評連載中の同名漫画。 音楽は、ドラマ「コンフィデンスマンJP」シリーズや「ブラッシュアップライフ」など、話題のドラマ作品で劇伴を手掛けるfox capture plan。

6

Small Medium Large
High Resolution

Small Medium Large

Jazz/World

SML

シカゴのインターナショナル・アンセムより注目の新プロジェクト始動‼ジョシュ・ジョンソンをはじめとする実力派メンバーが集まったクインテット。そのデビューアルバム「Small Medium Large」は、即興性を重んじるジャズでありながら、CANやテオ・マセロ/マイルス・デイヴィスが「In a Silent Way」や「On The Corner」などで見せてきたエディットによる音の再構築をさらに拡張している。ポリリズムや増幅される電子音、パターンへのアプローチによって表現されるのは、無機質で複雑な響きであるとともに、どこか人間的な揺らぎをもった、ポストアポカリプティックなジャズだ‼

10

UTAU
High Resolution

UTAU

Pop

大貫妙子 & 坂本龍一

1970年代前半の出会いから数多くの共作・共演を経てそれぞれ独自の音楽世界を確立してきた朋友、坂本龍一と大貫妙子。坂本龍一の楽曲に大貫妙子が言葉を紡ぎ唄うアルバム。

12

KJM EOANDO - Kyoto Jazz Massive 30th Anniversary Edition
Lossless

KJM EOANDO - Kyoto Jazz Massive 30th Anniversary Edition

Kyoto Jazz Massive, Echoes Of A New Dawn Orchestra

Kyoto Jazz Massiveのデビュー30周年を記念して 現在ヨーロッパでライヴ活動を共に行っている Echoes Of A New Dawn Orchestra(aka Jeroboam)とコラボレートしたEPを発表! 2004年のKJMの初ライブに参加したVanessa FreemanとBembe Segueもフィーチャー。 又、Echoes Of A New Dawn OrchestraによるKJMの大ヒット曲 「Substream」と彼らの新曲、「EOANDO’s Theme」も収録!! 「Power」は、古典的なジャズ・ファンクとフレンチ・ディスコが合体したクロスオーバー・ミュージック。 コーラスのアレンジも担当したバネッサ・フリーマンが、人々が持つ潜在的な力を覚醒を促す歌詞を提供。 「Impulsive Procession」は、アフロ、ディスコ、ジャズ、フュージョン、ソウル、ロック、ハウス、テクノをブレンドしたハイブリッド・サウンド。KJMが尊敬するレジェンド達からの影響が充満している。 「Love Wars」は、ブロークン・ビーツをブギーな感覚と共に生バンドで再解釈。長年、ウエスト・ロンドンの音楽に貢献して来たBembe Segueをフィーチャリングしている。 2008年にリリースされた「Stand Up」をEchoes Of A New Dawn Orchestraがバンドとしてライヴを想定した再録音に挑んだ。オリジナル・ボーカリスト、Vanessa Freemanがボーカルを担当している。 「Substream」はKJMのビッグ・ヒットの一つで、Echoes Of A New Dawn Orchestraが、オーガニックなディスコ・ヴァージョンとして、Danilo Plessowのスタジオで録音。初出はThe Roomの30周年記念コンピであったが、このEPに再収録される事となった。 そして、Echoes Of A New Dawn Orchestraはこの『KJM EOANDO』の為に新曲、「EOANDO’s Theme」を書き下ろした。沖野兄弟がこよなく愛するブラジリアン/バレアリックなブギー・ファンクが完成した。 Kyoto Jazz Massive decided to release this EP on the 30th anniversary of their debut. This is a KJM collaboration with Echoes Of A New Dawn Orchestra (AKA Jeroboam), a Parisian band who currently play with KJM Live in Europe. KJM recorded three new songs with EOANDO with four newly recorded songs, also included is a cover of KJM's biggest hit ‘Substream’ by Echoes Of A New Dawn Orchestra and their new song ‘EOANDO's Theme’. `Power’ and ‘Stand Up’ were recorded with Vanessa Freeman and ‘Love Wars’ with Bembe Segue. The London based duo have been singing for KJM Live since 2004. ‘Power’ is crossover music blending jazz funk and French disco with a gospel flavour. Vanessa Freeman’s lyrics call to people’s consciousness, bringing energy to the audience. ‘Impulsive Procession’ is a melding of many genres, Afro, funk, jazz, fusion, soul, rock, house and techno. This song has many influences from KJM’s most respected music legends. ‘Love Wars’ is a live band rendering of broken beats with a boogie feeling featuring Bembe Segue’s edgy spiritual vocals. A new version of ‘Stand Up’, originally released in 2008, has been re-recorded with Echoes Of A New Dawn Orchestra playing live in the studio and fresh vocals laid down by Vanessa Freeman. ‘Substream’ is one of KJM’s most loved songs, covered by Echoes Of A New Dawn Orchestra for The Room 30th anniversary compilation. Echoes Of A New Dawn Orchestra recorded this as an organic disco version at Danilo Plessow’s studio in Paris. Lastly Echoes Of A New Dawn Orchestra made a new song ‘EOANDO’s Theme’ for KJM EOANDO. They understand how much the Okino bothers love this kind of boogie funk with Brazilian/Balearic vibes.

14

Still Water
Lossless

Still Water

Jazz/World

Ovall

メンバーのShingo Suzuki、mabanua、関口シンゴ 全員がプロデューサーとしてそれぞれにキャリアを積み上げ、音楽家としても未だ成長を続けるバンド Ovall が、5年の時を経てガチンコで向き合った4thアルバムをリリース。原点回帰し「Ovallとは何か」「音楽とは何か」を再考した末に生み出された珠玉の8曲をパッケージ!

18

映画「事故物件 恐い間取り」オリジナル・サウンドトラック
Lossless

映画「事故物件 恐い間取り」オリジナル・サウンドトラック

Jazz/World

fox capture plan

<事故物件住みます芸人>として活動するタニシの実体験による著書で、<恐すぎて部屋に入れない>読者が続出したベストセラーノンフィクション『事故物件怪談 恐い間取り』が映画化。オリジナル・サウンドトラックがリリース!主演はKAT-TUNのメンバーとして絶大な人気を誇り、数々のドラマ・映画にも出演する亀梨和也。監督は『リング』(98)や『スマホを落としただけなのに』(18)のヒットも記憶に新しい中田秀夫。

20

the flowers of romance(24bit/44.1kHz)
High Resolution

the flowers of romance(24bit/44.1kHz)

Jazz/World

mouse on the keys

日本を代表するポストロックバンド、mouse on the keys、6年ぶりとなる待望のセカンド・アルバム完成!本アルバムは、2012年発売のミニアルバム『machinic phylum』以来のリリースであり、フルアルバムとしてのリリースは実に6年振り。世界中で高い人気を誇る日本のエレクトリックミュージックレーベル“mule musiq”より待望のリリースとなる。ポストハードコア/ポストロックバンド“nine days wonder”のメンバー川崎、清田に新留からなるmouse on the keysは、これまでにリリースした作品数は少ないながら、音楽的コアなファンから、ミュージシャンや音楽業界に数多くのファンを持つ事で知られ、高く評価されている日本最高峰のポストロックバンド。2006年の結成以来、アグレッシブさはそのままに、より円熟味を帯びた今作は、もはやポストロックという枠には収まりきらないネクストレベルへと発展している。現代音楽的コラージュサウンドでアルバムは幕を開け、スリリングかつエモーショナルな、“これぞmouse on the keys”と言えるサウンドの楽曲「leviathan」は、先行公開中のMVにも使用された、アルバムのハイライトの1曲。ジャズロック的なニュアンスが強いながらも、エレクトリックな質感と時折垣間見せるノスタルジックなメロディー、エレクトリック期のマイルス・デイビスを彷彿とさせるフリーキーなトランペッ トがオリジナルな「reflection」、初期ovalの様な現代音楽的ドローンなインタールードを挟み、躍動感溢れるドラムとピアノのイント ロから一転、ミッドテンポなフリージャズへと展開して行く「the lonely crowd」、ここ最近の彼らの新境地と言えるアンビエント色が強いシネマティックなジャズロック「mirror of nature」、1940年にジョン・ケージが打楽器の代用として発明したプリペイドピアノと重厚なドラム音のアンサンブルがユニークな「hilbert dub」、bill evansの名曲「peace piece」を連想させる美しいピアノ曲「dance of life」、本アルバムのタイトル曲でありmouse on the keys流ベースミュージックと言えるスリリングなドラムとストリングスのアンサンブル「the flowers of romance」、そして、モーリス・ラベルの作品中最大の難曲と言われている「夜のガスパール」からのカバーがアルバムのラストを飾る。“絞首台にぶら下がった囚人の死骸が夕日に照らされる不気味な光景を聴覚的に表現した”という、何とも気味の悪い作品ながら、この作品の持続低音とmouse on the keysの重いドラム音、官能的なピアノ、ノイズが渾然一体となったカバーは、稀に見る秀逸なカバーと言え、アルバムの最後を飾るに相応しい傑作と言えるだろう。本アルバムは、9月上旬に日本、ヨーロッパ、北米でのアナログ・リリースも決定している。

22

MISTY for Direct Cutting
High Resolution

MISTY for Direct Cutting

Jazz/World

山本剛

ジャズ史上屈指の名盤にしてオーディオ・ファンの永遠のバイブル『ミスティ』を生んだピアニスト山本剛が、ダイレクトカッティング録音のDSD同録をCD化!ダイレクトカッティングと同時録音によるDSD11.2MHzデータをCDに!ぜひ聴き比べてお楽しみください。CD限定のボーナストラック2曲付き。■山本剛(p)香川裕史(b)大隅寿男(ds)録音:2021年2月@キング関口台スタジオ

23

Coco d'Or 2

Coco d'Or 2

Jazz/World

Coco d'Or

前作がJAZZ ALBUMとしては記録的なセールスとなり、「輝く!日本レコード大賞企画賞」「日本ゴールドディスク大賞JAZZ部門」を受賞したCoco d'Orの2nd ALBUMが遂にリリース!今回はBOSSA/ラテンナンバーを中心に夏をテーマとした作品となります!前作同様生バンドとクラブテイストのアレンジを絶妙に織り交ぜた、万人に受け入れられる作品です。

24

essential ellington(24bit/192kHz)
High Resolution

essential ellington(24bit/192kHz)

Jazz/World

渋谷 毅

‘99スイングジャーナル・ジャズ・ディスク大賞受賞作品「エッセンシャル・エリントン」をはじめ、渋谷 毅の作品を中心としたYumi’s Alleyの名盤7作品を一斉リイシュー。

26

暴走JAZZ:サードインパクト
Lossless

暴走JAZZ:サードインパクト

Jazz/World

Purple Jazz Project

90年代アニメの象徴、今もまだ尚人気を博し続ける日本が世界に誇るアニメシリーズ「新世紀エヴァンゲリオン」3年の沈黙を破り、襲来!JAZZ補完計画が遂に始動!!シリーズより厳選した暴走曲をコンパイルし、シンクロ率120%となる新曲を新たに加えた全16曲収録!!誰もが持っている心の壁を打ち破るベスト盤が降臨。新たに新録音として、華麗なる暴走を想像させる曲「ハレルヤ」をJAZZアレンジに、またアニソンで一番歌われるカラオケ楽曲としても有名な「残酷な天使のテーゼ」は勿論、「魂のルフラン」、「次回予告」もJAZZアレンジし、また目玉楽曲としてCRパチンコ新世紀エヴァンゲリオンの主題歌「集結の園へ」も収録。美しい旋律、暴れる鍵盤、激しく叩く女性ジャズ・ピアニストの行き過ぎた暴走にココロ踊る!「桜流し」、「慟哭へのモノローグ」、「翼をください」を含む全16曲の美しすぎるエヴァ・カバー。暴走にふさわしい女性ジャズ・ピアニストをメンバーに加え、演奏、アレンジは圧倒的な演奏力を誇る''Purple Jazz Project''。

27

THREE(24bit/192kHz)
High Resolution

THREE(24bit/192kHz)

Classical/Soundtrack

坂本龍一

坂本龍一の代表曲をピアノ、ヴァイオリン、チェロのために新たにアレンジをした「1996」以来の待望のアルバム!1996年、坂本龍一は「1996」と題したアルバムをリリースした。坂本の既存曲をピアノ、ヴァイオリン、チェロのために新たにアレンジ。セルフ・カバーであるそれらは、過去の代表作に再び命を吹き込む充実したアレンジと演奏で傑作と絶賛された。このアルバムはロングセールスとなり、またアルバム・リリース後におこなわれたワールド・ツアーでは世界中の観客たちを熱狂させた。そして、2011年秋このピアノ・トリオをヨーロッパで復活。チェロにはオリジナルメンバーで、坂本の朋友であるジャキス・モレレンバウム、ヴァイオリンにはオーディションで採用した新しい才能、ジュディ・カンを起用。新旧織り交ぜた選曲で再びヨーロッパの観客を魅了した。今回のアルバムは、ヨーロッパ・ツアー直後にスタジオ録音された完成度の高い、「1996」以来の待望のトリオ・アルバムです。

28

KUGE.
Lossless

KUGE.

Jazz/World

久下惠生

ドラマー久下惠生のドラム・ソロ・アルバム。向島ゆり子プロデュース。録音、ミックス:内田直之。

Caution: The order might change without any notice because it depends on the genre which the musicians belong to.

json

TOP