Monthly Best Selling (HipHop/R&B) Integrated

1

mukuge
High Resolution

mukuge

HipHop/R&B

鈴木真海子

chelmicoでも活躍する鈴木真海子の2ndアルバム「mukuge」。豪華な布陣と共に新境地に到達。 今作では、自身がギターを弾きながらアイデアを練り、ryo takahashiをはじめ、Toshiki Hayashi (%C)、ブルックリンを拠点に活動する23歳のシンガーソングライター兼ギタリストのMei Semones、そして東京を拠点に活動するコンポーザーのTiMTなど、彼女の身近なアーティストたちがプロデューサーとして参加、うえすゆうこ、光永渉、沼澤成毅、ZAKなどの豪華なミュージシャンたちが奏でる贅沢なサウンドが、鈴木真海子の優しい歌声に寄り添う、至高のアルバムの完成となった。また、彼女が心から尊敬するイラストレーターのオオクボリュウが、シングルと同じくアートワークを手がけ、彼の独自の感性とタッチが、鈴木真海子の音楽の世界観を一層引き立て、彼女の才能が更なる高みに達したアルバムが誕生した。

2

トラボルタカスタム
Lossless

トラボルタカスタム

Various Artists

このフリースタイルブームを作った、西側の震源地でもあり、日本一ラップが好きな集団「梅田サイファー」。 R-指定 / KOPERU / ふぁんく / KBD / peko / KZ / ドイケン a.k.a. KennyDoes / テークエム など、有数のプレイヤーを輩出してきた。 19年のリリースの「Never Get Old」も 2000 枚を初動で売り切り、 収録曲の「マジでハイ」は Youtube で 350 万回再生と爆発的なヒットとなった。 19年夏よりの全国ツアーにあたり、再度、EPの製作を決意。 梅田サイファー、アッセンブル。 今回は、あえて参加メンバーを絞り、より純度の高さを追い求めた。 プロデューサー陣も、日本有数のプロデューサーで固めた本作。 BACHLOGIC、DJ Mitsu the Beats、ALI-KICKと最強布陣。 多くを語らずとも、前作をさらに大きく更新し、今年一の作品でなること間違いなし、 また日本語ラップ史に刻まれる一枚になる。

3

Still Water
High Resolution

Still Water

Jazz/World

Ovall

メンバーのShingo Suzuki、mabanua、関口シンゴ 全員がプロデューサーとしてそれぞれにキャリアを積み上げ、音楽家としても未だ成長を続けるバンド Ovall が、5年の時を経てガチンコで向き合った4thアルバムをリリース。原点回帰し「Ovallとは何か」「音楽とは何か」を再考した末に生み出された珠玉の8曲をパッケージ!

4

Syn Fonia I
High Resolution

Syn Fonia I

HipHop/R&B

EVISBEATS

EVISBEATS、前田和彦とのコラボレーション作品『Syn Fonia I』をリリース。EVISBEATSと前田和彦は自身の代表曲でもある「ゆれる feat. 田我流」をはじめ、ZORN「Letter」などを共作した最響コンビネーション。『Syn Fonia I』は、そんな2人が、アコースティック楽器やルーパー、 電子音、 環境音...あらゆる音を、即興的、偶発的に合奏して録り溜めたインストゥルメンタル作品。お互いのインスピレーションを解放、いびつで国籍不明のイメージを音遊びによって生み出された楽曲が収録されている。

5

Ordinary
Lossless

Ordinary

HipHop/R&B

valknee

valkneeの1stフルアルバム。自身を「Ordinary(平凡)である」と定義し、等身大の自分・自分達を誇るアティチュードが表現されている。 ダンスミュージックを軸に多様な音楽性を一貫したラップスタイルでまとめ、現在のvalkneeを象徴する作品となった。 プロデュースにはNUU$HI、hirihiri、ピアノ男、SEKITOVA、バイレファンキかけ子、KUROMAKUが参加。

6

KUUGA
High Resolution

KUUGA

HipHop/R&B

Tohji

TohjiとLoota、ポスト・フレンチ・エレクトロ・シーンの先鋒Brodinskiの三者によるコラボアルバム、『KUUGA』がリリースされる。 これまでもその交流が見受けられてきたTohjiとLootaが、既存の枠を越え新たな境地に達したことを感じさせる本作。飽和したカルチャーに一石を投じる鋭さと前衛性を持ち、日本を中心に自分たちが新たな価値や文化を作っていくというTohjiの強い自負を感じ取ることができる。 昨年から今年にかけてアンビエントな心象風景を作品に落とし込んできたTohjiとLoota。今作から想像されるのは静寂に包まれた日本的な風景、そこに隣り合わせた鋭いインダストリアルな質感をもった狂気であり、ビジュアルからもそのイメージを感じ取ることができる。 静寂を打ち破る粗野な鉄っぽいビートは、セクシュアルで肉体的なボーカルと混ざり合い精霊讃歌へと昇華されている。 アートワークはロシア人アートディレクターのAnton Revaを起用。廃墟らしき荒涼としたスペースに立ちすくむ2人の空気感が、このアルバムのもつシリアスで毅然とした力強さをさらに印象付けている。 国内外を問わず共鳴するアーティストと新たな地平を切り開き続けるTohji。「It G Ma」でアジアから世界にその名を轟かせて以降、常に新しい音楽を作り続けてきたLoota。そしてKanye West『Yeezus』をDaft Punk、Gesaffelsteinと共にプロデュースしたことでも知られるポスト・フレンチ・エレクトロ・シーンの先鋒Brodinskiの三者が制作したコラボアルバム『KUUGA』。今聞かれるべき音楽がここに。

7

KUUGA
Lossless

KUUGA

HipHop/R&B

Tohji

TohjiとLoota、ポスト・フレンチ・エレクトロ・シーンの先鋒Brodinskiの三者によるコラボアルバム、『KUUGA』がリリースされる。 これまでもその交流が見受けられてきたTohjiとLootaが、既存の枠を越え新たな境地に達したことを感じさせる本作。飽和したカルチャーに一石を投じる鋭さと前衛性を持ち、日本を中心に自分たちが新たな価値や文化を作っていくというTohjiの強い自負を感じ取ることができる。 昨年から今年にかけてアンビエントな心象風景を作品に落とし込んできたTohjiとLoota。今作から想像されるのは静寂に包まれた日本的な風景、そこに隣り合わせた鋭いインダストリアルな質感をもった狂気であり、ビジュアルからもそのイメージを感じ取ることができる。 静寂を打ち破る粗野な鉄っぽいビートは、セクシュアルで肉体的なボーカルと混ざり合い精霊讃歌へと昇華されている。 アートワークはロシア人アートディレクターのAnton Revaを起用。廃墟らしき荒涼としたスペースに立ちすくむ2人の空気感が、このアルバムのもつシリアスで毅然とした力強さをさらに印象付けている。 国内外を問わず共鳴するアーティストと新たな地平を切り開き続けるTohji。「It G Ma」でアジアから世界にその名を轟かせて以降、常に新しい音楽を作り続けてきたLoota。そしてKanye West『Yeezus』をDaft Punk、Gesaffelsteinと共にプロデュースしたことでも知られるポスト・フレンチ・エレクトロ・シーンの先鋒Brodinskiの三者が制作したコラボアルバム『KUUGA』。今聞かれるべき音楽がここに。

8

Odd Numbers
Lossless

Odd Numbers

HipHop/R&B

梅田サイファー

TVアニメ『ザ・ファブル』EDテーマ

9

Mall Tape 2
High Resolution

Mall Tape 2

HipHop/R&B

Mall Boyz

Tohji、gummyboyを擁し、若年層を中心に圧倒的な人気を誇るMall Boyz。待望の新作となる『Mall Tape 2』をリリース!

10

Mall Tape 2
Lossless

Mall Tape 2

HipHop/R&B

Mall Boyz

Tohji、gummyboyを擁し、若年層を中心に圧倒的な人気を誇るMall Boyz。待望の新作となる『Mall Tape 2』をリリース!

11

KJ SEASON
Lossless

KJ SEASON

HipHop/R&B

Kohjiya

昨年IO(元KANDYTOWN)がリリースしたアルバム『four』の収録曲「Racin' (feat.Kohjiya) 」での客演が話題になり、昨年末よりIOの全国ツアーにも帯同し全国の早耳なHIP HOPヘッズから支持を集めているKohjiyaが自身の名義では2年ぶりとなる作品『KJ SEASON』(ミニアルバム)をリリース。カバーアートやキービジュアルなどのアートワークもKohjiya自身が手掛けており、客演には同世代のアーティストであるlj(MaisonDe)、Only U、同郷からYungFLXが参加している。

12

THE PURGE
Lossless

THE PURGE

HipHop/R&B

OVER KILL

OVER KILLが1stアルバム『THE PURGE』を配信する。 『FLY Feat. BLAISE & S TILL I DIE』や、5月にリリースした 『ON THE FLOOR Feat. Duke Deuce』のREMIXに加え、全13曲を収録。 トラックは、ドラムンベースから、トラップ、ジャージードリル、メタルコアなどと幅広く、OVER KILLらしい洗練された重低音が響くアグレッシブなサウンドを楽しめる。 客演には、Jinmenusagi, Jin Dogg, Duke Duece (From Memphis), Kamiyada+ (From L.A), rirugiliyangugili, 042ghxst, Crossfaith, JUBEE, CYBER RUI, DSXT, Leon Fanourakis, Yvng Patra, Maddy Soma, eyden, AMON, Hideyoshi, BLAISE, S TILL I DIE, Necessary Evil, Lil Ash 懺悔, MIKADO, MonyHorse, Red Eye, Ashley, YDIZZYの総勢25名の錚々たるメンバーが国内外から参加している。 ハードかつダークで攻撃的でありながらも、重厚さと疾走感が共存し、カタルシスへ誘う、鼓膜と脳を揺さぶるモンスター級アルバム。 「PURGE」には、浄化・粛清・排除などの意味があり、このアルバム『THE PURGE』は、OVER KILLからの今の日本の音楽シーンに対しての攻撃とも、挑戦状とも言えそうだ。

13

INSIDE NOTES
Lossless

INSIDE NOTES

HipHop/R&B

S-kaine

S-kaine&ENDRUN 「INSIDE NOTES」 2023年、様々な苦難を乗り越えてこのノートは出来上がった。 人間関係での葛藤・不安そんな日常に誰にでも起こり得る部分をどう乗り越えたかを記すバイブル ネガティヴをポジティブに昇華する為の強靭なビートを大阪のBeat maker・DJ ENDRUNが組み上げ、日々研鑽し完成した1作。 様々な場所での出会いに感謝し客演には 関東からB.D. 、NIPPS、BES、MILES WORD 同郷関西からAI Jacky、Young Eddieが参加。 疑問まみれのこの日本で争う心情が貴方の耳へ訴えかける。

14

ハートビートボックス
High Resolution

ハートビートボックス

Pop

TAKU INOUE & 春野 & SARUKANI

TAKU INOUE、2024年7月17日(水)にニューシングル「ハートビートボックス」をリリース。 次世代シンガー・ソングライター春野とSARUKANIを迎えた本作。寂しく儚げなリリックに春野のエモーショナルな歌声と、聴き心地の良いメロディーに乗るSARUKANIのビートボックスに要注目の楽曲となっている。

16

NOBODY
High Resolution

NOBODY

Dance/Electronica

tofubeats

tofubeats、新作EP『NOBODY』を配信リリース。 EP『NOBODY』は、フロアライクなハウスミュージックをコンセプトに、全曲のボーカルをAI歌声合成ソフト「Synthesizer V」で制作した意欲作。

17

Radiant
High Resolution

Radiant

HipHop/R&B

Daichi Yamamoto

<キャッチ> Daichi Yamamotoが5月15日にアルバム『Radiant』をリリース。全曲JJJプロデュース、7都市を巡るワンマン・ツアーも決定 <本文> 2023年には自身のレーベル〈Andless〉を立ち上げ、5都市を巡るワンマン・ツアー「Daichi Yamamoto Radiant Tour 2023」を敢行。今年2月には地元・京都芸術センターにて実験的なライブイベントを行ったことも記憶に新しいDaichi Yamamotoが、5月15日(水)にアルバム『Radiant』をリリースする。先行リリースされた「ATHENS」「F1」を含めた全9曲が収録され、Interlude1曲を除く8曲のプロデュースは全て盟友・JJJが行った。客演にはワンマン・ツアーでも共演したCFN MalikやBobby Bellwood、Kzyboostらが参加。自然体に自身のストーリーと向き合ったリリックと、それらをよりアブストラクトに昇華させた部分がバランスよく混ざり合い、確固たる彼のスタイルを築いている。 また、東京・恵比寿LIQUIDROOMを皮切りに7都市を巡る、アルバムを引っ提げたワンマン・ツアー「Daichi Yamamoto - Radiant Release Tour "Watch Your Step 2024"」を開催することも決定。昨年のツアーで回った都市に加えて、岡山/熊本/仙台を訪れる。新しいサウンドに挑戦し続けるDaichi Yamamotoの今を堪能することができる貴重なステージは見逃せない。 作品概要 : Artist : Daichi Yamamoto / JJJ or Daichi Yamamoto & JJJ Title : Radiant Label : Andless Date : 2024.05.15(水) Cat # : Andless-005 Track List: M1. Drain M2. F1 feat. CFN Malik M3. Find A Way feat. JJJ M4. Doors M5. interlude M6. Everyday People - Afro M7. ガラスの京都 M8. Athens M9. OTO M1.Drain Prod by JJJ Written by Daichi Yamamoto Mixed by D.O.I. ( Daimonion Recordings ) M2. F1 feat. CFN Malik Prod by JJJ Written by Daichi Yamamoto / CFN Malik Mixed by D.O.I. ( Daimonion Recordings ) M3.Find A Way feat. JJJ Prod by JJJ Written by Daichi Yamamoto / JJJ Contrabass by Iwami Keigo Mixed by D.O.I. ( Daimonion Recordings ) M4.Doors Prod & Mixed by JJJ Written by Daichi Yamamoto Additional keys by DJ GQ M5. interlude Prod & Mixed by Daichi Yamamoto Chorus by Bobby Bellwood & Kzyboost M6. Everyday People - Afro Prod by JJJ Written by Daichi Yamamoto Mixed by D.O.I. ( Daimonion Recordings ) M7. ガラスの京都 Prod by JJJ & Scratch Nice Written by Daichi Yamamoto Scratch by Scratch Nice Mixed by JJJ M8. Athens Prod by JJJ Written by Daichi Yamamoto Mixed by D.O.I. ( Daimonion Recordings ) M9. OTO Prod & Mixed by JJJ Written by Daichi Yamamoto Mastered by Stuart Hawkes

18

Rule of Groove
Lossless

Rule of Groove

HipHop/R&B

Tade Dust

2019年から東京を拠点とするHIPHOPプロジェクト "夜猫族" のTade Dust & Bonbero の全12曲入り1st Album『Rule of Groove』を配信リリース。客演には同じく夜猫族のnomaが参加している。 本作は12曲入りのTade Dust & Bonbero初のアルバム。クールな破壊衝動を秘めた病めるビートで特異な存在感を放つYamieZimmerや、1st EP "Smooth Criminal" から楽曲プロデュースを手掛ける盟友TAXON、Tade Dust & Bonbero のバックDJ兼プロデューサーのascii、去年に渋谷を代表するクルー“kiLLa”のArjunaとのコラボEPをリリースし話題を呼んだEnzo Iwamura、夜猫族のプロデューサーFFFFFFがプロデュースで参加。Tade Dustの高周波の声とキレのあるフロウとラップ、Bonberoの低音かつ畳み掛ける高速ラップがそれぞれのビートに絶妙にマッチしている。アートワークは東京を中心に活動する若手グラフィックアーティストのIK。数多くのラッパーのジャケット製作を手掛けている。

20

EOWTIONAL PARTY 2024 Voooooice!!!(LIVE in Tokyo) (ALBUM)
High Resolution

EOWTIONAL PARTY 2024 Voooooice!!!(LIVE in Tokyo) (ALBUM)

HipHop/R&B

EOW

2024年4月30日に開催したEOWTIONAL PARTY 2024 Voooooice!!!を完全収録した、EOW初のLIVE音源Release。コーラス隊を率いた構成に、自身のルーツでもあるマイケル・ジャクソン「Man in the Mirror」のカバーも収録された永久保存版となる作品が完成。

21

indoor
Lossless

indoor

HipHop/R&B

in-d

THE OTOGIBANASHI'S、CreativeDrugStoreのメンバーとして活動してきたin-dが、配信EP “indoor”をリリースする。今作には、BIM “Bonita”やKID FRESINO “Retarted”のプロデュース、そして自身の作品でもオリジナリティを発揮し続けているVaVaに加え、盟友JUBEEがCDSから参加。そして海外からはKendrick Lamar、Chance The Rapper等の楽曲プロデュース、BIM “BUDDY feat. PUNPEE”も手がけたRascal、Yung Leanのプロデュースなどで知られるHoly Beatsが名を連ねる。グループで見せてきたラッパーとしての顔とはまた雰囲気が一変した、自身を見つめ直す内容になっている。これはin-dによる「狭い部屋の中」で綴られたメモである。

22

MISIA THE GREAT HOPE BEST
High Resolution

MISIA THE GREAT HOPE BEST

HipHop/R&B

MISIA

2013年にリリースした『MISIA Super Best Records -15th Celebration-』以来、約10年ぶりとなる MISIA のベストアルバム!同作品は3枚組にて構成され、収録曲をファンからの投票で決定する企画となっており、それぞれの希望を持ち寄って、ひとつの大きな光を灯すような“みんなでつくるベストアルバム”になる。

23

アンサンブル・プレイ
High Resolution

アンサンブル・プレイ

HipHop/R&B

Creepy Nuts

映画『極主夫道 ザ・シネマ』主題歌「2way nice guy」、Ayase・幾田りら(YOASOBI)とのコラボ楽曲「ばかまじめ」、アニメ『よふかしのうた』主題歌「堕天」、第94回センバツMBS公式テーマソング「パッと咲いて散って灰に」他、話題の楽曲多数+新録曲を収録。

24

東京Friday Night (feat. 花澤香菜 & Mori Calliope)
Lossless

東京Friday Night (feat. 花澤香菜 & Mori Calliope)

HipHop/R&B

Joint Beauty

新進気鋭のビートメイカーとして活躍の場を広げるJoint Beautyが6月26日にリリース予定のEP「YOLO Vol.1」から「鬼滅の刃」甘露寺蜜璃役などで知られる国民的人気声優 「花澤香菜」と日本のみならず世界各国での人気が高いVTuberアーティストで、高いラップスキルを持つ「Mori Calliope」を迎えた先行シングル「東京Friday Night」をリリース致します。今回の楽曲はJoint Beautyが得意とするUKガラージのビートに表現力豊かな花澤香菜の声とスキルフルなMori Calliopeのラップが融合した両者の作品では味わえない新しい魅力ある楽曲となっております。

25

Mother (feat. ILL-BOSSTINO & 5lack)
High Resolution

Mother (feat. ILL-BOSSTINO & 5lack)

Rock

toe

フィーチャリング・ラッパーとしてILL-BOSSTINO (THA BLUE HERB)と5lackを迎えたtoeの新曲がリリースされる。

26

血と骨
Lossless

血と骨

HipHop/R&B

rkemishi

2022年にアルバム”Madstamind”を2023年には”正夢”をリリースしたrkemishiがアルバム”血と骨”をリリース。 客演にはBES&Jin DoggにRAIZEN、プロデューサーには GRADIS NICE、Dopey、Bugseed、Blooky Jeeky、Yoshinuma、LAGOといったrkemishiのさらなる飛躍を予感させるような作品となった。

27

busy
Lossless

busy

HipHop/R&B

BIM

BIMが「busy」を発表。自身の音楽体験を存分に反映したこのミニアルバムは、2020年にリリースした「NOT BUSY」を想起させるバラエティ豊かな内容になっている。作曲にはuinを2曲起用している他、盟友VaVaとsubmerseの共同プロデュース、お馴染みRascal、先行シングルで発表されていたIntelligent Bad BwoyのDaigosというラインナップとなっている。中でもM2の「DNA feat. Kohjiya, PUNPEE」はキャッチーでダイナミックであり、世代を超えて自然に繋がってきた音楽を三者三様表現し合う魅力的な楽曲に仕上がっている。2024年のBIMを余すことなく落とし込んだ力作。

Caution: The order might change without any notice because it depends on the genre which the musicians belong to.

json

TOP