album jacket
TitleDurationPrice
からだだけの愛  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 04:16 Add Track
モデラート・カンタービレ  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 02:27 Add Track
ブラスバンド  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:40 Add Track
ペーパームーン  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 05:11 Add Track
どういうわけか  alac,flac,wav,aac: 16bit/44.1kHz 03:54 Add Track
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 19:28
Album Info

志磨遼平(ドレスコーズ)監修イエス・レコード 第一弾アーティスト〈天川によるバンドと作品の解説〉 どうも、 天川です。 ギリシャラブのボーカルをやっています。 ここではギリシャラブ並びにアルバム 『(冬の)路上』 について、 かんたんに解説します。  ギリシャラブというバンドに特筆すべき点があるとすれば、 膨大な引用並びに参照にあるとわたしは考えます。 前作 『イッツ・オンリー・ア・ジョーク』 でもそれは顕著でしたけれど、 今作 『(冬の)路上』 ではそれが、 曲に、 よりポップな性格を付与している。 ブラー、 ジョルジュ・バタイユ、 デッド・オア・アライブ、 おとぎ話、 マルグリット・デュラス、 アレハンドロ・ホドロフスキー、 アルベール・カミュ、 アレン・レネ、 プリンス、 ゲーテ、 ムーンライダーズ、 ルーファス・ウェインライト、 ウォッシュト・アウト……。 このままだと、 資料文のなかでさえ膨大な引用をしてしまいそうなので、 このくらいにしておきましょう。  ともかく。 彼らが皆手をつないで、 こちら側へ歩み寄ってくるのが、 わたしには見えました。 ぼくは彼らのおかげで、 ある力を得たようでした。 それは意識の跳躍力、 ある場所から別の場所に跳ぶ力でした。  一方で、 その代償に両手足に枷をはめられてしまいました。 それは 「ポップ」 という名の枷でした。  前作 『イッツ・オンリー・ア・ジョーク』 を作っているときは、 その枷から逃れようと、 闇雲に跳びました。 でも今作 『(冬の)路上』 では、 もうその必要すらありませんでした。  わたしは、 「ポップ」 とは、 わたしが得た跳躍力のことにちがいない、 とおもっておりました。 でもそれでは超えられないくらい高い壁というものに当たったとき、 悟りました。 「ポップ」 というものは、 壁を跳び越えるだけのものでなく、 壁を壊すものでもあると。  こうした考えは、 ある種、 いまの音楽界のトレンド、 あるいは常識とすらいってもいいのかもしれない。 それでもなお、 ギリシャラブが、 他のバンドと明確に違う点があるとするなら、 壁を壊すためであっても、 あるいはどれだけの壁を壊したとしても、 けっして 「ポップ」 の枷をとらない、 とろうとしない、 というところだとおもいます。 『(冬の)路上』 は、 意固地にポップなアルバムです。

People who bought this album also bought

Popular albums of same genre

Discography

News

〈秋のYOIMACHI〉タイムテーブル公開!最終発表で堕落モーションFOLK2、Koochewsen、バナモンら追加

〈秋のYOIMACHI〉タイムテーブル公開!最終発表で堕落モーションFOLK2、Koochewsen、バナモンら追加

11月4日に開催される、東京・大塚のライブハウス、銭湯、走るバスの車内を舞台にしたサーキット・イベント〈秋のYOIMACHI〉。 そのタイムテーブルおよび最終追加出演者が発表された。 新たにアナウンスされたのは、堕落モーションFOLK2、Koochews

〈秋のYOIMACHI〉にグーグールル、BRATS、弱虫倶楽部、ハザマリツシら9組追加 第5弾出演者を発表

〈秋のYOIMACHI〉にグーグールル、BRATS、弱虫倶楽部、ハザマリツシら9組追加 第5弾出演者を発表

11月4日に開催される、東京・大塚のライブハウス、銭湯、走るバスの車内を舞台にしたサーキット・イベント〈秋のYOIMACHI〉。 その出演アーティスト第5弾が発表された。 今回新たに発表されたのは、グーグールル、弱虫倶楽部、BRATS、Genius P.

〈秋のYOIMACHI〉第4弾でRHYMEBERRY、虎の子ラミー、HOMMヨ、xoxo(Kiss&Hug) EXTREMEら14組

〈秋のYOIMACHI〉第4弾でRHYMEBERRY、虎の子ラミー、HOMMヨ、xoxo(Kiss&Hug) EXTREMEら14組

11月4日に開催される、東京・大塚のライブハウス、銭湯、走るバスの車内を舞台にしたサーキットイベント〈秋のYOIMACHI〉。 その出演アーティスト第4弾が発表された。 今回新たに発表されたのは、RHYMEBERRY、虎の子ラミー、HOMMヨ、ナツノムジ

〈秋のYOIMACHI〉に里咲りさ、ギリシャラブ、ニトロデイ、新しい学校のリーダーズ、じゅじゅら9組追加

〈秋のYOIMACHI〉に里咲りさ、ギリシャラブ、ニトロデイ、新しい学校のリーダーズ、じゅじゅら9組追加

11月4日に開催される、東京・大塚のライブハウス、銭湯、走るバスの車内を舞台にしたサーキットイベント〈秋のYOIMACHI〉。 その出演アーティスト第3弾が発表された。 今回新たに発表されたのは、ギリシャラブ、ニトロデイ、新しい学校のリーダーズ、じゅじゅ

〈ボロフェスタ2017〉第2弾でクリープハイプ、ZAZEN、どつ、愛はズ、WONKら決定 日割りも発表

〈ボロフェスタ2017〉第2弾でクリープハイプ、ZAZEN、どつ、愛はズ、WONKら決定 日割りも発表

10月20日(金)21日(土)22日(日)の3日間に亘り京都で行われる〈ボロフェスタ2017〉。 その第2弾出演者が発表された。 今回出演が決まったのは、クリープハイプ、ZAZEN BOYS、LITE、サイプレス上野とロベルト吉野、YOUR SONG I

【今月開催】〈ナノボロフェスタ2017〉タイムテーブル発表

【今月開催】〈ナノボロフェスタ2017〉タイムテーブル発表

8月26日(土)27日(日)の2日間にわたって京都で開催される〈ナノボロフェスタ2017〉。 そのタイムテーブルが本日発表となった。 会場もアーティストも増えてひと味違う今年の〈ナノボロフェスタ〉。各日各会場、オープニングを飾るのは? ヘッドライナーを務

More News Collapse
〈ナノボロフェスタ2017〉最終出演アーティスト発表でセクマシ、MONO NO AWARE、ウニズ、中村佳穂、DENIMS、BALLOND'ORら決定

〈ナノボロフェスタ2017〉最終出演アーティスト発表でセクマシ、MONO NO AWARE、ウニズ、中村佳穂、DENIMS、BALLOND'ORら決定

8月26日(土)27日(日)に京都で開催される〈ナノボロフェスタ2017〉。 本日、最終出演アーティストが発表された。 今回発表されたのは、And Summer Club、BALLOND'OR、DENIMS、LOVE LOVE LOVE、MONO NO

〈ナノボロフェスタ 2017〉第2弾でTempalay、でか美、スーパーノア、リミエキら決定 出演日割も発表

〈ナノボロフェスタ 2017〉第2弾でTempalay、でか美、スーパーノア、リミエキら決定 出演日割も発表

8月26日(土)27日(日)に開催される〈ナノボロフェスタ〉第2弾出演アーティストが発表された。 今回アナウンスされたアーティストは全14組。 〈FUJI ROCK FESTIVAL '17〉出演決定、Gapとのコラボと話題続きのTempalay、1st

〈ナノボロフェスタ〉第1弾でギリシャラブ、おとぼけビ~バ~、B玉、バレーボウイズ
ら16組決定

〈ナノボロフェスタ〉第1弾でギリシャラブ、おとぼけビ~バ~、B玉、バレーボウイズ ら16組決定

8月26日(土)27日(日)に開催される〈ナノボロフェスタ〉第1弾出演アーティストが発表された。 今回アナウンスされたアーティストは全16組。 1stフル・アルバム『イッツ・オンリー・ア・ジョーク』を3月にリリースした京都の新星バンド・ギリシャラブ、SX

Collapse

Articles

京都発ギリシャラブ、初のフル・アルバム・リリース&インタビュー

インタヴュー

京都発ギリシャラブ、初のフル・アルバム・リリース&インタビュー

より一層多様に花開いた音楽性──ギリシャラブが初のフル・アルバムをリリース多くのアーティスト、クリエイターたちが活躍する京都の音楽シーン。そんな京都インディー・シーンの新星「ギリシャラブ」が1stフル・アルバムをリリース。本作にはプロデューサーとして、同じ…