Track TitleDurationPrice
1
Four Years and One Day alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 03:17 N/A
2
Blue Train Lines (feat. King Krule) alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 04:10 N/A
3
Audition alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 04:13 N/A
4
Marilyn (feat. Micachu) alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 04:06 N/A
5
SP12 Beat alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 02:32 N/A
6
You Look Certain (I’m Not So Sure) (feat. Andrea Balency) alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 03:22 N/A
7
Poison alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 01:53 N/A
8
We Go Home Together (feat. James Blake) alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 02:33 N/A
9
Delta alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 04:04 N/A
10
T.A.M.E.D alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 04:11 N/A
11
How We Got By (feat. James Blake) alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 05:06 N/A
12
SP12 Beat (Part 2) alac,flac,wav,aac: 24bit/44.1kHz 02:49 N/A
作品情報

先行公開された盟友ジェイムス・ブレイクをフィーチャーした「We Go Home Together」、アカデミー賞ノミネート・アーティストとしても高く評価されているミカチューをフィーチャーした「Marilyn」と新曲を立て続けに発表してきたマウント・キンビーが、満を持して4年ぶり3作目となるオリジナル・アルバム『Love What Survives』のリリースを発表!アルバムからは3曲目の公開となる「Blue Train Lines」は躍動感あふれるリズム・セクションに盟友キング・クルエルのブルージーなラップ歌唱がエモーショナルなスクリームへと展開するバンドの進化を凝縮したような楽曲でPitchforkの Best New Trackを獲得。2016年にドム・メイカーがロンドンからアメリカの西海岸へ移り住んだため、彼らは二つの都市を行き来しながら、ともに精力的なセッションを重ね、アルバム全体に開放的なオーラをもたらした。また今作では、80年代のUKファッションシーンに多大なる影響を与えた伝説のファッション集団〈バッファロー〉の一員でもあり、数多くのファッションマガジンで活躍していた写真家マーク・ルボンとその息子であるフランク・ルボンが、ミュージック・ビデオの制作およびアルバムのアートワーク制作に参加。常に限界を押し広げていく彼らが贈る、自信に満ち溢れた新たなステートメントであると同時に、これまで積み重ねてきたキャリア全ての集大成とも言える作品がここに完成した。

ディスコグラフィー

  • 先日リリースされたマウント・キンビーの4年ぶり3作目となるオリジナル・アルバム『Love What Survives』から、 収録曲2をシングルカット。〈YOUNG TURKS〉傘下のサブライン〈WHITIES〉からのリリースをしているCoby Sayのリミックスを収録。
  • マウント・キンビーの4年ぶり3作目となるオリジナル・アルバム『Love What Survives』から、 収録曲「Delta」を先行リリース!
  • マウント・キンビーの4年ぶり3作目となるオリジナル・アルバム『Love What Survives』から、 収録曲「Delta」を先行リリース!
  • 先行公開された盟友ジェイムス・ブレイクをフィーチャーした「We Go Home Together」、アカデミー賞ノミネート・アーティストとしても高く評価されているミカチューをフィーチャーした「Marilyn」と新曲を立て続けに発表してきたマウント・キンビーが、満を持して4年ぶり3作目となるオリジナル・アルバム『Love What Survives』のリリースを発表!アルバムからは3曲目の公開となる「Blue Train Lines」は躍動感あふれるリズム・セクションに盟友キング・クルエルのブルージーなラップ歌唱がエモーショナルなスクリームへと展開するバンドの進化を凝縮したような楽曲でPitchforkの Best New Trackを獲得。2016年にドム・メイカーがロンドンからアメリカの西海岸へ移り住んだため、彼らは二つの都市を行き来しながら、ともに精力的なセッションを重ね、アルバム全体に開放的なオーラをもたらした。また今作では、80年代のUKファッションシーンに多大なる影響を与えた伝説のファッション集団〈バッファロー〉の一員でもあり、数多くのファッションマガジンで活躍していた写真家マーク・ルボンとその息子であるフランク・ルボンが、ミュージック・ビデオの制作およびアルバムのアートワーク制作に参加。常に限界を押し広げていく彼らが贈る、自信に満ち溢れた新たなステートメントであると同時に、これまで積み重ねてきたキャリア全ての集大成とも言える作品がここに完成した。
  • 先行公開された盟友ジェイムス・ブレイクをフィーチャーした「We Go Home Together」、アカデミー賞ノミネート・アーティストとしても高く評価されているミカチューをフィーチャーした「Marilyn」と新曲を立て続けに発表してきたマウント・キンビーが、満を持して4年ぶり3作目となるオリジナル・アルバム『Love What Survives』のリリースを発表!アルバムからは3曲目の公開となる「Blue Train Lines」は躍動感あふれるリズム・セクションに盟友キング・クルエルのブルージーなラップ歌唱がエモーショナルなスクリームへと展開するバンドの進化を凝縮したような楽曲でPitchforkの Best New Trackを獲得。2016年にドム・メイカーがロンドンからアメリカの西海岸へ移り住んだため、彼らは二つの都市を行き来しながら、ともに精力的なセッションを重ね、アルバム全体に開放的なオーラをもたらした。また今作では、80年代のUKファッションシーンに多大なる影響を与えた伝説のファッション集団〈バッファロー〉の一員でもあり、数多くのファッションマガジンで活躍していた写真家マーク・ルボンとその息子であるフランク・ルボンが、ミュージック・ビデオの制作およびアルバムのアートワーク制作に参加。常に限界を押し広げていく彼らが贈る、自信に満ち溢れた新たなステートメントであると同時に、これまで積み重ねてきたキャリア全ての集大成とも言える作品がここに完成した。
  • Mount Kimbie新曲リリース!盟友ジェイムス・ブレイクをヴォーカルに迎えた「We Go Home Together」、ミカチューことミカ・レヴィをヴォーカルにフィーチャーした「Marilyn」に続き、前作でもフィーチャーされ話題になったKing Krule参加楽曲が配信開始!
  • Mount Kimbieが、かねてより親交の深いミカチューことミカ・レヴィをヴォーカルにフィーチャーした「Marilyn」をベルリンを拠点とするDJ/プロデューサーのPalms TraxがRemix。
  • 盟友ジェイムス・ブレイクをヴォーカルに迎えた待望の新曲「We Go Home Together」が大反響を生んだマウント・キンビーが、またまた新曲を発表!今回公開された「Marilyn」では、ナタリー・ポートマン主演の映画『ジャッキー/ファーストレディ最後の使命』でアカデミー作曲賞にもノミネートされ、かねてより親交の深いミカチューことミカ・レヴィをヴォーカルにフィーチャー。「We Go Home Together」同様、i-D、Vogueといったメディアから、ジョン・ガリアーノ、ジャンポール・ゴルチエ、ヴィヴィアン・ウエストウッドといったブランドとの仕事で注目を集める写真家/映像作家のフランク・ルボンがミュージック・ビデオを手がけており、マウント・キンビーとは、デビュー・アルバム『Crooks & Lovers』以来、長年にわたってコラボレートを続けている。
  • 盟友ジェイムス・ブレイクをヴォーカルに迎えた待望の新曲「We Go Home Together」が大反響を生んだマウント・キンビーが、またまた新曲を発表!今回公開された「Marilyn」では、ナタリー・ポートマン主演の映画『ジャッキー/ファーストレディ最後の使命』でアカデミー作曲賞にもノミネートされ、かねてより親交の深いミカチューことミカ・レヴィをヴォーカルにフィーチャー。「We Go Home Together」同様、i-D、Vogueといったメディアから、ジョン・ガリアーノ、ジャンポール・ゴルチエ、ヴィヴィアン・ウエストウッドといったブランドとの仕事で注目を集める写真家/映像作家のフランク・ルボンがミュージック・ビデオを手がけており、マウント・キンビーとは、デビュー・アルバム『Crooks & Lovers』以来、長年にわたってコラボレートを続けている。
  • 「ポスト・ダブステップ」という言葉が広く認知され、一つの分岐点を迎えたエレクトロニック・ミュージック・シーンにおいて、その主役となったジェイムス・ブレイクもかつてライブ・メンバーとして在籍し、「彼らのことを追いかけながら自分の流儀を編み出していった」と公言するシーン最重要バンド、マウント・キンビーが、盟友ジェイムス・ブレイクをヴォーカルに迎えた3年振りの新曲「We Go Home Together」をリリース!
  • 「ポスト・ダブステップ」という言葉が広く認知され、一つの分岐点を迎えたエレクトロニック・ミュージック・シーンにおいて、その主役となったジェイムス・ブレイクもかつてライブ・メンバーとして在籍し、「彼らのことを追いかけながら自分の流儀を編み出していった」と公言するシーン最重要バンド、マウント・キンビーが、盟友ジェイムス・ブレイクをヴォーカルに迎えた3年振りの新曲「We Go Home Together」をリリース!
  • ポスト・ダブステップの流れを盟友ジェイムス・ブレイクとともに作り出した、マウント・キンビーの2ndアルバム。 アルバム収録曲の「Made to Stray」は、Ben UFOのラジオ番組でプレイされ、数時間後にはその音源がYouTubeにアップされた。これはトラックのマスタリングが行われた実に数時間後の出来事である。Pitchfork、Stereogum、FACT、Dummy、Resident Advisor、NMEといった主要音楽メディアまでもが、このリーク音源のニュースを大々的に取り上げらる事態となった。Dummyでは【SONG OF THE WEEK】にも選ばれている。 「Made to Stray」は、彼らの巧みなプロダクションによって生み出されたまばゆく輝くような不思議なブラス・サウンドと心地よくアップテンポなパーカッションが取り入れられているが、過去作品と比較してもより冒険的かつパワフルな楽曲に仕上がっている。またメンバーのドミニク・メイカーとカイ・カンポスのヴォーカルが加わる瞬間迎えるクライマックスは圧巻。これまでのマウント・キンビー作品では、あまりヴォーカルが前面に打ち出されることはなかったが、今回のアルバムでは全編に渡って存在感が増している
  • 今や音楽的にも多方面に拡散するポスト・ダブステップ、その旗手として一世を風靡しているジェイムス・ブレイクと共に、いち早くダブステップを新しい方向へ導いた一組として評価を受けるドミニク・メイカーとカイ・カンポスの2人組、マウントキンビーのEP。Kyle Hall、DJ Koze、Lee Gamble Remix、Onemanのリミックスを収録。
  • James Blake の世界的大ヒットによって盛り上がりを見せてきた最新のダンスミュージック、ポスト・ダブステップの入門NICE PRICE 編として最適なコンピレーションが登場!!ジャイルス・ピーターソンのWORLDWIDE AWARDS 2011にてベスト・レーベルにも選出された話題のホットフラッシュ・レコーディングス!!

Features

D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!

D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!

D.A.N.の新譜放談【特別番外編】──マウント・キンビー新作を聴く!ということで、ひさびさ登場「D.A.N.の新譜放談」、今回は少々趣向を変え…

沢山の新しい音楽を発見したんだ──ジェイムズ・ブレイクも参加のマウント・キンビー新作、ハイレゾ配信

沢山の新しい音楽を発見したんだ──ジェイムズ・ブレイクも参加のマウント・キンビー新作、ハイレゾ配信

沢山の新しい音楽を発見したんだ──ジェイムズ・ブレイクも参加のマウント・キンビー新作ハイレゾ配信ジェイムズ・ブレイクのキャリア初期のコラボレータ…

おすすめの2.3枚(2013/10/30~2013/11/5)

おすすめの2.3枚(2013/10/30~2013/11/5)

2013/10/30~11/5の注目の2作品をレビュー!!今週もたくさんの新譜が入荷しました! 全部は聴いていられない! そんなあなたのために、…