album jacket
 How To Buy
TitleDurationPrice
「宇宙大作戦のテーマ」 (『宇宙大作戦』より)  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 01:24
「エンド・クレジット」 (『ファースト・コンタクト STAR TREK』より)  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 05:27
「組曲」 (『宇宙大作戦』〜「新種クアドロトリティケール」より)  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 04:19
「U.S.S. エンタープライズ」 (『スター・トレック』より)  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 06:11
「エンド・クレジット」 (『スター・トレック2 カーンの逆襲』より)  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 06:07
「エンド・クレジット」 (『故郷への長い道 スタートレック4』より)  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 02:47
「エンド・クレジット」 (『スター・トレック5 新たなる未知へ』より)  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 03:53
「エンド・クレジット」 (『スター・トレックVI 未知の世界』より)  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 07:43
「序曲」 (『ジェネレーションズ』より)  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 03:50
「メイン・タイトル」 (『スタートレック ディープ・スペース・ナイン』より)  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 02:17
「メイン・タイトル」 (『スタートレック ヴォイジャー』より)  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 02:11
「エンド・クレジット」 (『スタートレック / 叛乱』より)  alac,flac,wav,aac: 24bit/96kHz 05:50
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 51:59
Album Info

ジーン・ロッデンベリーが生みだした空前絶後のSFシリーズ『スター・トレック』のTVシリーズと劇場映画版から重要なテーマ曲ばかりを収録!!宇宙船U.S.S.エンタープライズ号のための驚異に満ちた音楽が、ハイレゾ音源で登場!

Note

※本音源は、CDをマスターとして「MSマスタリング」という手法を用い、DSDリマスタリングした作品になります。マスタリングは日本で行なわれました。

【DSDリマスタリングでの聴き所】 元CDの特徴 ・2000年の録音ということで古くもなく、しかし最近の録音のように超ハイファイではない。 ・いくつかの音源を集めているようだが、オーケストラ録音の見本とも言えるオーソドックスなサウンド。  ・あまり横に広げてなく、奥行きもたっぷりではない。 無指向性マイク B&K 4006 を 2~4本立てるという定番の録音方法だと思われるが、若干マイクがオケに近いのか。 ・音圧はもちろん高くはないが、低くもなくちょうど良い感じ。 ・サントラ用のオケではなくフル・オケだからか、音圧はなくとも充分な音量感と存在感がある。 今回のマスタリングの聴き所 ・元CDの音像・音圧感が良いので、それをそのまま広げた立体的サウンド。 ただし、横・奥それぞれ若干狭い。 ・通常マスタリングする時はコンサート・ホールの一番良い席で聴いているようなサウンドにするのだが、これは若干音像が近く、客席というよりは指揮者が聴いているようなサウンドに。 ・M06 ではグロッケンやチューブラー・ベルが使われているが、元CDでは他の楽器に埋もれてしまっている。 DSD マスタリングによる今回のサウンドでは、オケの中にあってハッキリと聴こえる。 ・M03 の打楽器のアンサンブルも面白い。 ・最近の超ハイファイ録音に比べると高域の伸びがないので、マスタリングでも無理に足してない。 結果聴きやすいサウンドに。 ・シリーズ映画のテーマのみを集めているので曲そのものの傾向は似ているが、アレンジそして演奏が素晴らしいので、アルバム一枚飽きることなく聴ける。 ・管楽器の醍醐味である、中低域と中域の充実感が気持ち良い。 ・ハイレゾ大推薦!

【DSDリマスタリングとは?】 元マスターのデジタル信号を、最新機器を用いDSD(Direct Stream Digital)でリマスタリングする手法。より原音に忠実で、アナログライクなサウンドを通常のCDでもお楽しみ頂けます。DSDマスタリングに用いられる<MSマスタリング>という手法によって、センター音像は力強く定位し、サイド音像は高域を美しく伸ばしつつ、左右だけでなく前後にも広がっています。巨匠たちが生みだしたサウンド・トラックの名盤が、繊細かつダイナミックな「超立体的三次元サウンド」で生まれ変わりました。まったく新しいサウンドでありながら、それぞれの年代へのタイム・スリップを楽しんでいただけたら幸いです。

【MSマスタリングとは?】 これは2chの音を「左右」ではなく「MとS」に分けて、それぞれでコンプやEQを違う設定でかけます。Mとはメイン、つまりセンターのことで、音楽作品において重要なキック、スネア、ベース、ヴォーカルは基本的にセンターにあるので、この音像を強化することによって押し出し感や力強さを作り出せます。Sとはサイド、最重要ではない脇役の楽器はセンター以外に配置されることが多いので、この部分の調整とMSのバランスを調整することによって、ステレオ音像における奥行き感や左右の広がりを自在にコントロール出来るのです。サントラのようにオーケストラ主体の編成の場合、このようなMSの考えは当てはまらないのではと思うかもしれませんが、元々MSとはステレオ録音のテクニックの一つであり、MSでどのようなバランスにしても結果的に得られる音像は極めて自然なのが特徴です。今回進化したのは、マスタリング用のコンプレッサーの実機を導入し、MSコンプ処理をプラグイン・ベースではなくハードウェアでやっている、という部分です。さらに考察を重ね、このコンプとオーディオ・インターフェースを繋ぐケーブルにひと工夫、Mの出力とSの出力には違うケーブルを使っています。Mには“Belden 83352E Custom”、これは超ハイファイかつ力強いというのが特徴です。SにはWagnusがつい最近開発した “Ice Sword”というケーブルを使用、これは83352ほどの力強さはなく、最大の特徴としては高域が限りなく伸びているということです。これによってセンター音像の力強さとサイドと奥に無限に広がっていくかのような美しい広がりを作り出しているのです。

-マスタリング・エンジニア 葛巻善郎

Discography

Dance/Electronica

アンリ・シャリエールの実録小説を、『猿の惑星』『パットン大戦車軍団』などの名匠フランクリン・J・シャフナー監督が映画化した歴史に残る名作。ジェリー・ゴールドスミスが残した名旋律の完全盤がDSDリマスタリングで登場!サウンドにとことんこだわった、DSDマリスタリング音源!元マスターのデジタル信号を、最新機器を用いDSD(Direct Stream Digital)でリマスタリングする手法。より原音に忠実で、アナログライクなサウンドをお楽しみ頂けます。「DSDマスタリングに用いられる<MSマスタリング>という手法によって、センター音像は力強く定位し、サイド音像は高域を美しく伸ばしつつ、左右だけでなく前後にも広がっています。巨匠たちが生みだしたサウンド・トラックの名盤が、繊細かつダイナミックな「超立体的三次元サウンド」で生まれ変わりました。まったく新しいサウンドでありながら、それぞれの年代へのタイム・スリップを楽しんでいただけたら幸いです」-マスタリング・エンジニア 葛巻善郎

Classical/Soundtrack

未知の生命体との格闘を描く、世界中で大ヒットを記録したSFホラーの傑作!!それぞれ作曲者の違うシリーズ1,2,3からの名曲を1枚に集結したトリロジー盤がハイレゾ音源で登場!

Dance/Electronica

ハリウッドを代表する作曲家、ジェリー・ゴールドスミスが、全て本人の指揮のもと新録音で収録されたSF映画音楽集がハイレゾ音源で登場!『トータル・リコール』『エイリアン』『スター・トレック』など、60年代~90年代に手掛けたSF映画10作品12曲を収録!!

Classical/Soundtrack

世界的な大ヒットを記録したSF超大作シリーズの第2作『エイリアン2』の音楽がハイレゾ音源で蘇る!『アバター』や『アメイジング・スパイダーマン』などを手がけたジェームズ・ホーナーが、緊迫した場面をスリリングに盛り上げる!!

Dance/Electronica

恐るべきは自らの暗黒面(ダークサイド)だ!『スター・トレック』の劇場版として第10作目となる『ネメシス/S.T.X』は、第7作から始まったネクスト・ジェネレーションの最終章。究極のSFエンタテインメントを演出するジェリー・ゴールドスミスによるストイックなまでに簡潔を極めた音楽が、ハイレゾ音源で再登場!

Dance/Electronica
V.A.

映画史上、不滅の名作として40年以上経った今でも人気の高い『猿の惑星』のサントラ盤がハイレゾ音源で登場。驚くほどの無調音楽!人間と猿の“バランスが崩れた世界”をジェリー・ゴールドスミスが、多様な打楽器と金管のダイナミックなスコアで見事に表現。さらに、『新・猿の惑星』の組曲も収録。

Dance/Electronica
V.A.

60年代スパイもののサントラの中でも人気の高い『電撃フリント』が、「GO! GO作戦」と「アタック作戦」のカップリングとなってハイレゾ音源で登場。ストリングを多用したシャープでドライな音楽は、今聴いても楽しめる一枚。

Dance/Electronica
V.A.

シルヴェスター・スタローン主演のアクション映画として人気の「ランボー」シリーズの第2作『ランボー/怒りの脱出』のサントラがハイレゾ音源で登場!映画音楽の巨匠、ジェリー・ゴールドスミスによる男気溢れる熱い音楽が存分に味わえる内容!

Dance/Electronica
V.A.

オカルト映画の傑作として歴史に名を刻んでいる『オーメン』のサントラがハイレゾ音源でリリース!映画音楽史に燦然と足跡を残したジェリー・ゴールドスミスが、アカデミー最優秀作曲賞を受賞した作品。

Dance/Electronica
V.A.

スペース・ムービー名作の音楽を網羅。あの場面が甦る全26曲〜1時間52分の宇宙旅行! お馴染みの『スター・ウォーズ』や『スタートレック』から、マニアの方にも喜んでいただけるような少々B級作品まで、幅広くセレクト(「映画はB級だが音楽はA級」などの評価のある作品など)。TV「出没!アド街ック天国」のジングルで頻繁に使用されているM-10『スター・ファイター』はスコア物でもなかなか入手できない楽曲。

Dance/Electronica
V.A.

不朽の名作映画のテーマ曲を、年代別に厳選して贈る究極の映画音楽ベスト集、1990年代編。

Classical/Soundtrack
V.A.

ジーン・ロッデンベリーが生みだした空前絶後のSFシリーズ『スター・トレック』のTVシリーズと劇場映画版から重要なテーマ曲ばかりを収録!!宇宙船U.S.S.エンタープライズ号のための驚異に満ちた音楽が、ハイレゾ音源で登場!