album jacket
TitleDurationPrice
Static Kings  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 05:46
The Liar  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:38
Liminality  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 10:01
Pallas Athene  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 06:10
Becs  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 05:43
Sav  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 07:35
Paroles  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 03:39
Around The World  alac,flac,wav,aac,mp3: 16bit/44.1kHz 04:51
Listen the trial version of tracks by clicking the circle Total: 48:23
Album Info

ついにクリスチャン・フェネス、 2008 年の 『Black Sea』 以来となるニュー・アルバム! デジタルとアナログを融合させた無二のサウンドでシーンに衝撃を与え続けてきたフェネスが5 年ぶりに放つ待望のオリジナル・アルバム!もはやクラシックと言っていい2001 年の傑作 『エンドレス・サマー』 でその名と評価を揺るぎないものにしたフェネスことクリスチャン・フェネス。 以降、 デイヴィッド・シルヴィアンや坂本龍一、 YMO、 大友良英、 Sachiko M、 中村としまるからスパークルホースやマイク・パットンにいたるまで、 多岐に渡るアーティストとコラボレート/ライヴ演奏してきた彼が、 古巣の旧ミゴ、 現エディションズ・ミゴからリリースする通算第6 作となるオリジナル・アルバム。 必ずや、 期待を裏切らない作品となること間違いないだろう。 ジム・オルーク、 ピーター・レーバーグとのトンデモ・ラップトップ・トリオ、 フェノバーグも絶賛活動中!

People who bought this album also bought

Popular albums of same genre

Discography

Dance/Electronica
ついにクリスチャン・フェネス、2008 年の『Black Sea』以来となるニュー・アルバム! デジタルとアナログを融合させた無二のサウンドでシーンに衝撃を与え続けてきたフェネスが5 年ぶりに放つ待望のオリジナル・アルバム!もはやクラシックと言っていい2001 年の傑作『エンドレス・サマー』でその名と評価を揺るぎないものにしたフェネスことクリスチャン・フェネス。以降、デイヴィッド・シルヴィアンや坂本龍一、YMO、大友良英、Sachiko M、中村としまるからスパークルホースやマイク・パットンにいたるまで、多岐に渡るアーティストとコラボレート/ライヴ演奏してきた彼が、古巣の旧ミゴ、現エディションズ・ミゴからリリースする通算第6 作となるオリジナル・アルバム。必ずや、期待を裏切らない作品となること間違いないだろう。ジム・オルーク、ピーター・レーバーグとのトンデモ・ラップトップ・トリオ、フェノバーグも絶賛活動中!
Dance/Electronica
夏が終わってしまう一抹の寂しさや切なさを眩いギター・サウンドで表現したFenneszの最高傑作。ウィーンのレーベルMegoを代表するアーティストであるFenneszことChristian Fennesz。彼はギター演奏をラップトップで加工するというデジタルとアナログ両面の特性を合わせ持つアーティストだ。グリッチ・サウンドとアコースティック・ギターが溶け合い、エレクトロ・ミュージックがここまで人間性を帯びるものかと驚く。ノイズなのにメロディアス。
Dance/Electronica
V.A.
非同期をテーマにした坂本龍一『async』のトラックを気鋭のアーティストたちがリモデル!リミックスを手掛けるのは、坂本龍一と共演歴のあるAlva Noto(アルヴァ・ノト)、Fennesz(フェネス)、Cornelius(コーネリアス)をはじめ、Bjorkのアルバム『Vulnicura 』を共同プロデュースしたARCA(アルカ)、David Byrne(元Talking Heads)が2018年発表のアルバムで共作を公表しているOneohtrix Point Never(ワンオートリックス・ポイント・ネヴァー)、Johann Johannsson(ヨハン・ヨハンソン)、Electric Youth(エレクトリック・ユース)、Yves Tumor(イヴ・テューマー)、Motion Graphics(モーション・グラフィックス)、SURVIVE(サヴァイヴ)、Andy Stott(アンディ・ストット)という錚々たる顔ぶれ。

News

フェネスがニューアルバム『Agora』を3月に発売

フェネスがニューアルバム『Agora』を3月に発売

エレクトロニカ/グリッチノイズの金字塔的作品『Endless Summer』(2001年)や、坂本龍一とのコラボレーションでも知られるフェネスこと、クリスチャン・フェネスの新アルバム『Agora』がロンドンのTouchレーベルより3月29日に発売される。

電子音響の祭典〈EMAF TOKYO 2013〉第2弾でno.9 orchestra、miaou、Go-qualiaら20組

電子音響の祭典〈EMAF TOKYO 2013〉第2弾でno.9 orchestra、miaou、Go-qualiaら20組

11月3日(日)、4日(月・祝)に恵比寿LIQUIDROOMで開催される電子音響の新たな祭典〈EMAF TOKYO 2013〉の第2弾アーティストが発表された。 今回発表されたのは、no.9 orchestra、Fragment、Inner Scien

電子音響の新たな祭典〈EMAF TOKYO 2013〉にweg、Fennesz、環ROYら

電子音響の新たな祭典〈EMAF TOKYO 2013〉にweg、Fennesz、環ROYら

11月3日(日)、4日(月・祝)の恵比寿LIQUIDROOMにて、電子音響の新たな祭典〈EMAF TOKYO 2013〉が開催される。 このイベントは、90年代中期より絶えざる進化を続けてきたエレクトロニック・ミュージックに焦点を当て、国内外のアーティ