album jacket
 How To Buy
Add all to Cart
TitleDurationPrice
DISC 1
1
Maiden Voyage -- J-Squad  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:17 N/A
DISC 1
1
Afrodisia -- ロイ・ハーグローヴ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:49 N/A
DISC 1
1
Moanin' -- トニー・アレン  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:02 N/A
DISC 1
1
Montara (Remix) -- ボビー・ハッチャーソン  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:55 N/A
2
Don't Know Why -- 山中千尋  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:16 N/A
2
The Sidewinder -- ミシェル・カミロ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 06:18 N/A
4
Little B's Poem -- ブルーノート・セブン  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 06:27 N/A
5
Witch Hunt -- ブルーノート・オールスターズ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 17:44 N/A
8
Peace -- ノラ・ジョーンズ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:16 N/A
10
Think Twice -- 黒田卓也アンティバラス  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 05:47 N/A
DISC 2
1
Blues March -- ブルー・ミッチェル  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 10:23 N/A
2
Dolphin Dance -- ビル・エヴァンス・トリオ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 06:03 N/A
5
Cantaloupe Island -- ドナルド・バード  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 06:48 N/A
6
Song For My Father -- ジョージ・ベンソン  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:48 N/A
8
Watermelon Man -- レス・マッキャン  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:40 N/A
8
Along Came Betty -- クインシー・ジョーンズ  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:48 N/A
9
Blue Train -- GRPオールスター・ビッグバンド  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 04:38 N/A
11
Señor Blues -- アニタ・オデイThe Gary McFarland Orchestra  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 02:47 N/A
16
Moanin' -- カル・ジェイダー  wav,flac,alac: 16bit/44.1kHz 03:15 N/A
Add all to INTEREST

Discography

Jazz/World

世界をゴールドに染め上げるサムライ・トランペッター。ビートと生演奏が絶妙に融合した、圧倒的グルーヴ&メロディのTKワールド。日本盤ボーナス・トラックにはYonYon & MELRAWによるリワーク・ヴァージョンを収録。 2014年、USブルーノート初の日本人アーティストとして『ライジング・サン』でメジャー・デビュー。以降ニューヨークをベースに世界的な活躍を続け、自身のプロジェトに加えて、DJプレミアやアコヤ・アフロビート・アンサンブルのメンバーとしても活動。日本国内でもMISIAやJUJU、ceroとのコラボや、J-Squadの一員としてテレビ朝日系「報道ステーション」のテーマ曲を担当するなど、ジャンルを自由に横断しながらキャリアアップを重ねてきました。 コンコードから発表した前作『ジグザガー』(2016年)から3年半ぶりとなる新作は、「絶対的な自然と人間の偉大なる卑猥さの妙」をテーマに、自らプログラミングしたビートと生演奏の融合を実現。細部の音色やテクスチャーに至るまで綿密にプロダクションを構築した作品で、圧倒的なグルーヴとメロディ、そして切れ味のあるトランペット・プレイが冴えわたっています。 オリジナル曲をメインに、ディアンジェロのヴァージョンでも有名なオハイオ・プレイヤーズ「スイート・スティッキー・シング」、ハービー・ハンコック「テル・ミー・ア・ベッドタイム・ストーリー」のカヴァーを収録。 日本盤には、ソウル生まれ・東京育ちのDJ/シンガー・ソングライターYonYonと、マルチ・インストゥルメンタリスト安藤康平のソロ・プロジェクトMELRAWによる「ドゥ・ノー・ホワイ」のリワーク・ヴァージョンをボーナス・トラックとして収録。

Jazz/World

2016年の『デイ・ブレイクス』ぶりとなるフル・オリジナル・アルバムが2020年5月8日リリース。全体的には、前作同様ジャジーなノラを堪能することができる曲がメインだが、ピアノと共に歌い上げるバラードや、力強いブルース調の楽曲など、現在のノラのすべてを詰め込んだアルバム。 数曲、共同執筆者を迎えているものもあるが、作詞作曲はすべてノラ自身の手で行われている。また、プロデュースに関しても、収録されている11曲中、9曲をノラが担当。その他の2曲(「アイム・アライヴ」、「ヘヴン・アバヴ」)は、90年代からUSインディ・ロックを牽引し続けてきたウィルコのフロントマン、ジェフ・トゥイーディーがプロデュースを務め、また、ジェフはその2曲の作詞作曲もノラと共に行っている。 録音はこれまでノラの楽曲を数多く手掛けてきた名匠トム・シックや、グラミー賞の受賞経験もあるパトリック・ディレットなどが担当。各分野のトップランナーたちが集結し、作品を作りあげた。

Jazz/World

2016年の『デイ・ブレイクス』ぶりとなるフル・オリジナル・アルバムが2020年5月8日リリース。全体的には、前作同様ジャジーなノラを堪能することができる曲がメインだが、ピアノと共に歌い上げるバラードや、力強いブルース調の楽曲など、現在のノラのすべてを詰め込んだアルバム。 数曲、共同執筆者を迎えているものもあるが、作詞作曲はすべてノラ自身の手で行われている。また、プロデュースに関しても、収録されている11曲中、9曲をノラが担当。その他の2曲(「アイム・アライヴ」、「ヘヴン・アバヴ」)は、90年代からUSインディ・ロックを牽引し続けてきたウィルコのフロントマン、ジェフ・トゥイーディーがプロデュースを務め、また、ジェフはその2曲の作詞作曲もノラと共に行っている。 録音はこれまでノラの楽曲を数多く手掛けてきた名匠トム・シックや、グラミー賞の受賞経験もあるパトリック・ディレットなどが担当。各分野のトップランナーたちが集結し、作品を作りあげた。

View More Discography Collapse
Collapse

News

黒田卓也、新作ALから第2弾シングル"チェンジ"が先行配信 & MVも公開

黒田卓也、新作ALから第2弾シングル"チェンジ"が先行配信 & MVも公開

ジャズ・トランぺッター黒田卓也がニュー・アルバム『フライ・ムーン・ダイ・スーン』から先行シングル第2弾"チェンジ"を、24日(金)に配信リリースした。 "チェンジ"は、黒田の盟友であるトロンボーン奏者/ヴォーカリストのコーリー・キングが作詞を担当した、メ

黒田卓也、新作からの第一弾シングルが日本先行リリース

黒田卓也、新作からの第一弾シングルが日本先行リリース

ジャズ・トランペッターの黒田卓也がニュー・アルバム『フライ・ムーン・ダイ・スーン』からの先行シングルとなる"ドゥ・ノー・ホワイ"及びそのリワーク・ヴァージョンを配信リリースした。 "ドゥ・ノー・ホワイ"は、黒田の持ち味のひとつであるアフロビート調のダンサ

サムライ・トランペッター黒田卓也、延期となっていたニューALを8月5日に発売

サムライ・トランペッター黒田卓也、延期となっていたニューALを8月5日に発売

ジャズ・トランペッターの黒田卓也が、ニュー・アルバム『フライ・ムーン・ダイ・スーン』を8月5日(水)にリリースすることが発表された。 新型コロナウイルスの世界的感染拡大にともない5月の発売が延期になっていた本作。 アルバムには、J-Squadのメンバーや

ノラ・ジョーンズ、New AL『Pick Me Up Off The Floor』本日リリース

ノラ・ジョーンズ、New AL『Pick Me Up Off The Floor』本日リリース

シンガー・ソングライターのノラ・ジョーンズが、本日、約4年ぶりのリリースとなるオリジナル・ソロ・アルバム『ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア』をリリースした。 それに伴い、外出自粛期間中にバンド・メンバーたちとそれぞれの自宅から撮影したパフォーマンス

ノラ・ジョーンズがシングル「Tryin' To Keep It Together」を急遽リリース

ノラ・ジョーンズがシングル「Tryin' To Keep It Together」を急遽リリース

シンガー・ソングライターのノラ・ジョーンズが、本日、新シングル「トライン・トゥ・キープ・イット・トゥギャザー」をデジタル・リリースした。   本楽曲は、もともと、6月12日に発売を控える約4年ぶりのオリジナル・ソロ・アルバム『ピック・ミー・アップ・オフ・

ノラ・ジョーンズ、新アルバム発売延期を発表

ノラ・ジョーンズ、新アルバム発売延期を発表

シンガー・ソングライター、ノラ・ジョーンズが、約4年ぶりにリリースするオリジナル・フル・アルバム『ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア』の一曲目に収録されている楽曲「ハウ・アイ・ウィープ」の先行配信をスタート。 合わせて、新型コロナウィルスがロジスティ

View More News Collapse
サムライ・トランペッター黒田卓也、3年半ぶりのニュー・アルバム発売

サムライ・トランペッター黒田卓也、3年半ぶりのニュー・アルバム発売

ジャズ・トランペッターの黒田卓也が、ニュース・アルバム『フライ・ムーン・ダイ・スーン』を5月6日(水)にリリースする。 前作『ジグザガー』(2016年)から3年半ぶりとなる新作は、「絶対的な自然と人間の偉大なる卑猥さの妙」をテーマに、自らプログラミングし

ノラ・ジョーンズ"アイム・アライヴ"の日本語リリック・ビデオ公開、対訳は川上未映子

ノラ・ジョーンズ"アイム・アライヴ"の日本語リリック・ビデオ公開、対訳は川上未映子

ノラ・ジョーンズが5月8日にリリースする、約4年ぶりのオリジナル・フル・アルバム『ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア』より、”アイム・アライヴ”の日本語リリック・ビデオを公開した。 "アイム・アライヴ"は「生きること」に焦点を当てた楽曲で、ノラによる

ノラ・ジョーンズ、4年ぶりの新ALより先行シングル"アイム・アライヴ"のMV公開

ノラ・ジョーンズ、4年ぶりの新ALより先行シングル"アイム・アライヴ"のMV公開

シンガー・ソングライターのノラ・ジョーンズが、5月8日にリリースする、約4年ぶりのオリジナル・フル・アルバム『ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア』より先行配信が開始されている"アイム・アライヴ"のMVを公開した。 ニューヨークの一軒家を貸し切って撮影

ノラ・ジョーンズ、4年ぶりオリジナル・フル・アルバムのリリースが決定

ノラ・ジョーンズ、4年ぶりオリジナル・フル・アルバムのリリースが決定

9つのグラミー賞を受賞しているシンガー・ソングライターのノラ・ジョーンズ。 そんな彼女が、通算7枚目となるソロ・アルバム『ピック・ミー・アップ・オフ・ザ・フロア』を5月8日にジャズの名門レーベル、ブルーノート・レコードよりリリースする。 そもそもアルバム

ノラ・ジョーンズ、タリオナ“タンク”ボールとのコラボ曲「プレイング・アロング」配信開始

ノラ・ジョーンズ、タリオナ“タンク”ボールとのコラボ曲「プレイング・アロング」配信開始

ノラ・ジョーンズがシンガーのタリオナ“タンク”ボールをフィーチャーした新曲「プレイング・アロング」が本日デジタルリリースされた。 タンクは、彼女がフロントを務めるソウル・バンド、タンク・アンド・ザ・バンガスが第62回グラミー賞の最優秀新人賞にノミネートさ

ノラ・ジョーンズ、両A面シングル“I Forgot”、“Falling”デジタル配信開始

ノラ・ジョーンズ、両A面シングル“I Forgot”、“Falling”デジタル配信開始

過去9回のグラミー賞に輝いたシンガーソングライターのノラ・ジョーンズが本日、両A面シングルとなる“I Forgot”/“Falling”のデジタル配信を開始した。 両楽曲とも、ブラジルのシンガーソングライター、ロドリゴ・アマランテをフィーチャリングに迎え

伝説の名著『エフォートレス・マスタリー 〜あなたの内なる音楽を解放する〜』 11/17発売

伝説の名著『エフォートレス・マスタリー 〜あなたの内なる音楽を解放する〜』 11/17発売

音楽家のあいだで読み継がれる伝説の名著、ジャズ・ピアニストのケニー・ワーナーによる話題書『エフォートレス・マスタリー 〜あなたの内なる音楽を解放する〜』が11/17に発売される。 「この本が世代を超えて支持されているのには理由がある。 彼の考え方は、 普

ノラ・ジョーンズ+メイヴィス・ステイプルズがデジタルシングルを配信

ノラ・ジョーンズ+メイヴィス・ステイプルズがデジタルシングルを配信

ノラ・ジョーンズがリズム・アンド・ブルース、ソウル界のレジェジェンド、メイヴィス・ステイプルズとのコラボレーションしたデジタルシングル「アイル・ビー・ゴーン」をリリースした。 同楽曲はプロデューサーにピート・レムを迎え、ノスタルジー溢れるアメリカン・ルー

ノラ・ジョーンズによるガールズ・ユニット、プスンブーツ最新シングルを公開

ノラ・ジョーンズによるガールズ・ユニット、プスンブーツ最新シングルを公開

ノラ・ジョーンズを中心に、ジェシー・ハリスの秘蔵っ子として注目を浴びるサーシャ・ダブソンとベーシストのキャサリン・ポッパーの3人の女性ミュージシャンからなる、ガールズ・ユニット=プスンブーツが新曲を発表した。 楽曲は、カントリー界のトップ・シンガー、ドリ

ブルーノート・レコード創立80周年を祝う日本発トリビュート・アルバム発売決定

ブルーノート・レコード創立80周年を祝う日本発トリビュート・アルバム発売決定

今年創立80周年を迎えたジャズ・レーベル、ブルーノート・レコード。マイルス・デイヴィスからノラ・ジョーンズまで時代を代表する多くの名盤を発表し、長きにわたりシーンをリードしつづける革新的レーベルだ。 9月のドキュメンタリー映画『ブルーノート・レコード ジ

ノラ・ジョーンズ、デジタル・シングル「Take It Away feat. Tarriona Tank Ball」リリース

ノラ・ジョーンズ、デジタル・シングル「Take It Away feat. Tarriona Tank Ball」リリース

4月に2年半ぶりの作品『ビギン・アゲイン』をリリースしたノラ・ジョーンズ。 そんな彼女が、以前から大ファンと公言していたニューオーリンズのバンド「タンク・アンド・ザ・バンガス」のポエトリー・リーダー/シンガー「タリオナ“タンク”ボール」をフィーチャーした

OTOTOYハイレゾ試聴会 vol.3 山本浩司 × 高橋健太郎〈KORG Nu 1で聴く現代ブルーノートの名盤セレクション〉開催決定

OTOTOYハイレゾ試聴会 vol.3 山本浩司 × 高橋健太郎〈KORG Nu 1で聴く現代ブルーノートの名盤セレクション〉開催決定

OTOTOYが、第3回となる〈ハイレゾ試聴会〉を2019年4月10日(水)に開催する。 今回の試聴会では、『ステレオ・サウンド』誌などで健筆を振るうオーディオ評論家、山本浩司と音楽評論家でOTOTOYのプロデューサーでもある高橋健太郎が近年のブルー・ノー

ノラ・ジョーンズ、コンセプトAL『ビギン・アゲイン』発売決定

ノラ・ジョーンズ、コンセプトAL『ビギン・アゲイン』発売決定

ノラ・ジョーンズが、コンセプト・アルバム『ビギン・アゲイン』をリリースすることを発表した。 今作には、ノラがWILCOのフロントマン、ジェフ・トゥイーディーや、ソロ・プロジェクトのダヴマンでも活動しているトーマス・バートレットとのコラボレーションにより、

来日公演中のノラ・ジョーンズが、日本のファンにいち早く観せたかったMV

来日公演中のノラ・ジョーンズが、日本のファンにいち早く観せたかったMV

(C)Masanori Doi 現在日本ツアー中のノラ・ジョーンズが、最新MV「フリップサイド」を日本先行で公開した。 今回公開されたMVは、昨年リリースされた最新アルバム『デイ・ブレイクス』の収録曲「フリップサイド」。レス・マッキャン&エディ・ハリスの

”髪切った?”ノラ・ジョーンズ、6年半ぶりにタモリと再会決定

”髪切った?”ノラ・ジョーンズ、6年半ぶりにタモリと再会決定

ノラ・ジョーンズが9月9日(金)放送の「ミュージックステーション」に生出演することが発表された。 4年ぶり通算6作目となるアルバム『デイ・ブレイクス』を10月5日(水)に日本先行発売することが決定しており、プロモーションのため来日するノラ。 「Mステ」に

ノラ・ジョーンズ 4年ぶり新作発売 9月に来日決定

ノラ・ジョーンズ 4年ぶり新作発売 9月に来日決定

ノラ・ジョーンズの4年ぶり通算6作目となるアルバム『デイ・ブレイクス』が10月5日(水)に日本先行発売されることが決定した。 アルバムには、サックス奏者のウェイン・ショーター、オルガンのドクター・ロニー・スミスなどの巨匠たちも参加。恋愛から社会的/政治的

上野の初夏フェスに、ジェシー・ハリス、七尾旅人、i-depら集結

上野の初夏フェスに、ジェシー・ハリス、七尾旅人、i-depら集結

上野水上音楽堂で、毎年4月に開催されてきた春フェス〈ウォッチング・ザ・スカイ〉。今年はキセルとハンバート×ハンバートが出演し大盛況に終わった同フェスが、6月にも開催されることが発表された。 初夏の〈ウォッチング・ザ・スカイ〉に出演するのは、海外から

ノラ・ジョーンズ、7年ぶりの来日ツアー決定

ノラ・ジョーンズ、7年ぶりの来日ツアー決定

ニュー・アルバム『Little Broken Hearts』を4月に発表したノラ・ジョーンズが、新作を引っ提げての来日ツアーを行うことが決まった。 ノラ・ジョーンズはアルバム発売の度にプロモーション来日しているものの、来日公演を行うのは2005年以来、

Collapse

Articles

山本浩司 × 高橋健太郎〈KORG Nu 1で聴く現代ブルーノートの名盤セレクション〉

インタヴュー

山本浩司 × 高橋健太郎〈KORG Nu 1で聴く現代ブルーノートの名盤セレクション〉

OTOTOYが主催するイベント〈OTOTOYハイレゾ試聴会〉の第3回が、2019年4月10日(水)に行われた。メインMCに音楽評論家 / オーディオ評論家である高橋健太郎、今回はゲストに『ステレオ・サウンド』誌などで健筆を振るうオーディオ評論家、山本浩司が…